07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ウルスさんが「いいね」してくれた…!

2016/05/22
最近忙しくて、なかなかブログを書けずにいますが。
これだけは書いておかなければ…!という話が1つばかりあるので、今日こそは書きます!

知らないあいだに5月末になっててだいぶタイミング外してるんですけど、4月のIL DIVO来日公演のあと、私にとってはビッグな出来事がありました

何かというと、フェスティバルホールでのIL DIVOのコンサートのあと、Twitterでメンバー4人への@ツイートで、素晴らしいコンサートをありがとう…てな感想を、コンサートのパンフ、公式グッズのペンライト、コンサートにもっていったオペラグラス(かつて公式から販売されたボックスセットに入ってたオマケ)の写真とともに呟いたんですよ。

そしたら…!!!

通知が来てるので見てみたら、まさかのウルスさんご本人からの「いいね」↓

IMG_8800 (1)

IMG_8798.png

メンバーからのリアクションを期待して@ツイートしたわけではなく、ほんとに素晴らしいコンサートだったので感謝の気持ちで@ツイートしただけだったので、まさか反応があるとは思わず、ほんとにびっくりしました!
BLAKEのスティーブンさんなんかだと、アルバムの感想とかをツイートするとしばしばリアクションしてくれるので、反応を期待して@ツイートしたりするのですが、IL DIVOの場合、ファンの数も多いし、ほんと全然予期してなくて、まさに不意打ち。

し・か・も…!

最終的に、ウルスさん以外の3人からは何の反応も返ってこなかったのに、ウルスさんだけが反応してくれたという…!

メンバー4人の中で、いちばん遅くにSNSをはじめたウルスさん。
(リプもらったわけじゃなく、「いいね」ではあるんですけど)まさかいちファンからのツイートにそんなマメに反応してくれるタイプとは思わなかったし(…失礼?)、メンバー4人の中でも特にウルスさんが好きな私は、ものすごーく感激でした

ウルスさんの「いいね」履歴を見てみたところ、ファンからのツイートを片っ端から「いいね」してるってわけでもなさそうだったので、運がよかったのか、タイミングがよかったのか、はたまた写真に写ってたペンライトがよかったのか…(?)

…って、よく考えたら、私のiPod touchで撮ったテキトーな写真をウルスさんが見たのね…とか思ったらなんか恥ずかしいな///

ともかく、ウルスさんの「いいね」のおかげで、しんどい4月をうきうきと過ごすことができたのでした


スポンサーサイト
19:23 小ネタ | コメント(0) | トラックバック(0)

IL DIVO来日公演2016レポ

2016/05/02
ブログの更新が滞りがちでスミマセン…
最近、すっかりTwitterメインになっちゃってて(汗)

滞ってるあいだに、IL DIVOのワールドツアーが始まり、いよいよ日本公演も始まっちゃいました

ここのところIL DIVOからちょっと離れ気味(…といっても、IL DIVOの曲をまったく聴かずに1週間を終えることはないので、それなりにIL DIVOを摂取してはいる・笑)だった私ですが、今回の来日公演も行ってきました~

離れ気味だったとはいえ、最新アルバムがとっても良かったので、今回のツアーはすごく楽しみにしてました!

ただ、今回は、新年度が始まる4月の公演…。
しかも、チケット販売時期の直前に海外旅行に行ったこともあって、金銭的にも余裕がなく。
あと、年齢のせいか、最近体力がはなはだしくないので、2夜連続公演に行く自信がない…ということで。

今回は、大阪1公演@フェスティバルホールのみの参加です。

ちなみに、今までは、2009年:1公演→2012年:2公演→2014年:2公演参加してました。
…IL DIVOファンの方々の中には、何公演も参加される方も多いと聞きますが、皆さま、体力も経済力もすごいわ…

というか、今、振りかえってみて気づいたけど、IL DIVOのファンになってかれこれ7年経つことにもびっくり。
そりゃ、私も年とるはずだわ。。

さて、フェスティバルホールでの公演。
今回はこの1公演のみ、しかもいつものファンチケではなくUDOの先行でフツーにとったチケットだったので、ちょっとしょんぼりしながらの参加ではあったのですが(…前回、2公演を最前列中央で聴いただけに、贅沢になっちゃって)。

まあ、その一方で、ちょっと離れ気味の席のほうが歌やステージそのものに集中できるよね…とポジティブ思考を心掛けつつ、この1公演にすべてのエネルギーを注ぎ込むことに。

…結果、とっても素晴らしいコンサートでした

詳しいことは「続きを読む」以下に書きますが、あらためてIL DIVOというグループが好きになりました。
…いや、ずっと好きなんだけど、魅力を再確認したというか。
あと、今回のコンサートは、今までとはずいぶん違うことをやって新境地を開拓してもいたので、そういう意味でも。

…いや、次は、体力とお金貯めて、やっぱり2公演は行きたい…!
(あ、でも2公演行った経験から言うと、やっぱりでもまっさらな状態で聴く1公演目って特別だと思います。2回目になると、MCで笑えるところとかも新鮮に感じられなくなっちゃうからね。だから、1公演目に集中することも大事だと)。

ではではレポ書きます↓
セットリストなど、ネタバレあるので、OKな方のみどぞ。

…あ、コンサートに行ってから少し時間がたってしまったので、ウロ覚えで記憶違いしてるかもですが、ご容赦を。

>>続きを読む・・・
18:40 コンサート | コメント(2) | トラックバック(0)

『幸せはシャンソニア劇場から』の感想

2016/01/25
あけましておめでとうございます

…って、1月ももう終わりにさしかかってますが…(大汗)

リア充でもなんでもないんですが(哀)、オフラインが忙しかったこともあり、ブログは放置に放置を重ねてしまいました。。
サボりぐせがつくと、ますますサボっちゃう…。

今年も、ちょっといろいろ忙しくなりそうなんで、どの程度更新できるか分かりませんが、IL DIVOの来日公演もあるし、KYOもニューアルバムを出すらしいし、ぼちぼち書いていきたいなぁ…とは思っているので、マイペースにおつきあいいただけたら幸いです。

…ということで、今年もどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

んで。

今日はというと、実は、書きかけでほったらかしてた記事がありまして。
このままお蔵入りさせるのもアレなんで、アップしようかと思います。

ひさしぶりに映画の感想です。

…といっても、映画館にはしばらく足を運んでいないので、Huluで観た映画です。
Huluは、海外ドラマのラインナップはなかなか充実してるんだけど、映画のほうはイマイチ。
でも、時々掘り出しものの映画が入ってるので、たまに観てます^^

今回観たのは、仏・独・チェコ合作の映画『幸せはシャンソニア劇場から』(2008年)。



舞台は、第一次大戦と第二次大戦の戦間期、1936年のパリ。
不況による資金繰りの悪化から閉鎖に追いこまれた下町の劇場「シャンソニア」の裏方として長年働いていた主人公ピゴワルが、かつての仲間たちとともに劇場の再開に奮闘するお話です。

下町の劇場を舞台に、ユーモアと悲哀がうまくミックスされた、ホロリとさせながらも心温まる映画。
劇中で歌われる、レトロでありながらどこか現代的な雰囲気も感じさせる美しい楽曲の数々もとても素敵でした

以下、ネタバレありで感想書きます↓

>>続きを読む・・・
17:38 映画感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

BLAKEのクリスマス・アルバムが届きました!

2015/12/06
またまたお久しぶりの更新です。

さて、Twitterではすでに書きましたが、11月末は、BLAKEの新しいアルバム『A Classic Christmas』の発売日でした♪



タイトルのとおり、BLAKE初のクリスマス・アルバムです

私は、いつものように、彼らがアルバム制作&プロモ資金調達のために利用しているPledge Musicを通じて、サイン入りのCDを注文していたのですが、先日、無事に届きました~↓

CU1MVUHVAAEspST.jpg

オレンジ色のトーンといい、なんだか30~40年前のカホリがするジャケ写ですが…(笑)

Pledge Musicでは、サイン入りCD以外にもいろんなプレミアグッズや権利がお手頃価格で出されていて、前回は、私もサイン入りバースデーカードを注文したのですが。
今回、メンバーからのビデオメッセージを注文しようかな…と思っていたのですが、旅行に行ったりして金欠だったため、サイン入りCDのみを注文しました。

それにしても、『Start Over』以来、BLAKEのサイン入りグッズが着実に増えている…(笑)
でも、アーティストを応援してる…って実感できるところが、このPledgeのシステムの良いところですよね。

***

さて、このアルバム『A Classic Chirstmas』についてですが。
クリスマス・ソングって、親しみやすい曲が多いので、すでに脳内再生できるほど記憶に残ってる(笑)

ちなみに、収録曲はこちら↓

1. The Christmas Song (Chestnuts Roasting on an Open Fire)
2. Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!
3. Christmas Time is Here
4. Frosty the Snowman
5. Have Yourself A Merry Little Christmas
6. It's Beginning to Look a Lot Like Christmas
7. Little Saint Nick
8. Walking in the Air
9. In the Bleak Midwinter
10. O Holy Night
11. I'll be Home for Christmas
12. Back in Your Arms (For Christmas)
13. Silent Night


「ザ・クリスマス・ソング」や「きよしこの夜」のような定番曲も入っていますが、私は3分の2くらいが知らない曲でした。
ちなみに、3は、スヌーピーの曲なんだとか

IL DIVOも以前にクリスマス・アルバムをリリースしていますが、「O Holy Night」と「Silent Night」以外はかぶってません。

選曲がいかにもBLAKEらしいな…という感じで、アップテンポでノリの良いポップス調の楽しい曲(2、4、6、7)もあれば、ムードたっぷりに情感を込めて歌うスローテンポの曲(1、3、5、11)もあり、さらには教会の神聖な空気を感じさせる美しいハーモニーのアカペラで歌うキャロル(9、13)があるかと思えば、オペラのように朗々と歌いあげる曲(10)もあり…。

BLAKEの場合、これまでもそうでしたが、1枚のアルバムの中に「これ、ほんとに、1つのグループが歌ってるの?」と首をかしげたくなるほど、歌い方や発声、スタイルのバラエティに富んだ曲が収録されていて、彼らの歌唱力と器用さに驚かされっぱなしです。
それでいて、美しいハーモニーという彼らのアイデンティティが、すべての曲に共通してるんですよね。

いや、ほんとこの選曲、BLAKEじゃないとできないですよ。

さて、今回のアルバムの目玉の1つは、デイム・シャーリー・バッシーとデュエットした「ザ・クリスマス・ソング」。
複数のジェームズ・ボンド映画の主題歌を歌い、「デイム」の称号をもつ伝説的歌手とのデュエットということで、BLAKEのメンバーもさすがに興奮気味(笑)

「デイム・シャーリー」は御年78歳だそうですが、それをまったく感じさせないパワフルな歌声で、BLAKEのハーモニーとも相性ばっちり。
MVが公開されているので、ぜひとも聴いてみてください↓



***

『A Classis Christmas』というタイトルのように、わりと往年の曲のカバーが中心のこのアルバム。
古臭く感じるかな…と思いましたが、クリスマス・ソングって、妙に新しいよりもむしろちょっとレトロで昔懐かしいような曲のほうがしっくりくるみたいで、全然大丈夫でした。
BLAKEの先のアルバム『In Harmony』も良かったけど、むしろ個人的には今回のほうがより気に入ってさっそくヘビロテしてます。
…クリスマス・ソングばっかりなので、1年中聴くにはちょっと…というのが残念ですけど(笑)

収録曲すべてについて語るつもりはありませんが、このアルバムの中で私が特に好きな曲について少し。

このアルバムの中で、私が特に気に入った曲は、「Walking in the Air」「Back in Your Arms (For Christmas)」の2曲。
あと、「The Christmas Song」も好きだし、スティーヴンさんが可愛らしい「Frosty the Snowman」も気に入ってます。
…いや、どれも好きなんですけどね(笑)

ま、ここではとりあえず上の2曲について書きたいと思います。

まず、「Walking in the Air」

これ、イギリスのTVアニメ『スノーマン』の挿入歌として有名だそうで、私は知らなかったんですけど、母が知ってました。

どこか物悲しいような雰囲気のとても美しい曲で、中心的にソロを務めるハンフリーさんの澄んだピュアな歌声が曲の雰囲気を盛りあげています(ハンフリーさんといえば、最近、子守唄のソロアルバムをリリースしたそう)
さらに、バックコーラスを務めるスティーヴンさんとオリーさんの重層的なハーモニーがまた美しい…!

BLAKEといえば、やっぱりハーモニー。
そんなBLAKEの魅力をひときわ輝かせてくれている一曲だと思います。

それから、「Back in Your Arms (For Christmas)」

この曲は、このアルバムで唯一、カバー曲ではなく、オリジナルです。
しかも、BLAKEのメンバー3人も曲作りに参加したということで、そっちの才能も感じさせてくれる一曲になっています。

故郷を離れて暮らす人たちのことを思って作ったというこの曲、わりと往年の雰囲気の曲揃いのアルバムの中にあって、この曲は、モダンな中に懐かしさのあるメロディで、クラシカルクロスオーバーというよりは、ウエストライフみたいな爽やかなポップスをイメージさせます。
メンバー3人それぞれの良さを活かしたソロもあって、とても素敵な仕上がりになっています。

***

ほんとに素敵なアルバムなので、ぜひぜひ皆さまも手にとってみてくださいませ~^^


19:04 BLAKE | コメント(0) | トラックバック(0)

パリのテロ事件に思う

2015/11/16
お久しぶりの更新です。

更新をお休みしているあいだに、パリでは悲劇的な事件が起きてしまいましたね…。

このブログを読んでくださっている方はご存じかと思いますが、私は、自他ともに認めるフランス好きでございまして。
少なからずフランスとは関わりをもっているし、フランスには友人・知人もいます。
おまけに、2か月ほど前、9月にはフランスに旅行したばかり。

シャルリ・エブドの事件のあと、パリはなんだか物々しい…と聞いていたのですが、9月にパリを訪れたときはそんな様子もあまり感じられず、ようやく落ち着いてきたのかな…と思っていたところにさらなる悲劇。

犠牲になった方々のご家族や親しい人たちはもちろん、フランスの人たちのショックと悲しみ、怒りは計り知れないものだと思います。
1年のあいだに何度もテロに見舞われて、トラウマになってしまわないと良いのですが…。
また、これをきっかけに、フランスやヨーロッパ各地で、人種対立やまっとうなムスリムへの憎悪が煽り立てられないことを祈ります。

Toutes mes condoléances aux familles et aux proches des victimes innocentes.
Je souhaite que la France retrouve vite la tranquilité.

罪なき犠牲者の方々のご家族、親しい人たちにお悔やみを申し上げます。
フランスがはやく平安をとり戻しますように。

P1070157.jpg


12:10 フランス | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。