07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

マーティンがサントリーのCMに登場

2015/04/18
すでに各所で話題なので、今さらですが…。

われらがビルボ(…ジョン?)こと、マーティン・フリーマンが、サントリーのウイスキー、響 JAPANESE HARMONYのCMに登場しています



長谷川博己氏との共演なのね。
ベネさんのイメージ?(…とか言ったら、どっちのファンにも怒られそうだが…)

マーティンとウイスキーって、イメージ的にはあんまりピンとこないんだけど(…グレアムさんあたりだったら、スコットランド出身でもあるし、ちょうど良いのかな?)、顔と目の微妙な動きや表情で言葉より多くを語るマーティン演技の魅力は発揮されてますね

しかし、サントリーは、なんでマーティンを?

たしかに、『SHERLOCK』と『ホビット』で人気あるけど、近ごろの洋画・海外ドラマ不振のせいか、一部での熱い人気と裏腹に、一般知名度はイマイチな気がするのよね…。
洋画ファンじゃないまわりの人たちにマーティンの名前あげても、知らない人のほうが多いし。

サントリーの上層部にマーティン・ファンでもいるのかな?(笑)
理由はどうあれ、おかげさまで良いもん見せていただきました。ほくほく。

ところで、Twitterなんかを見てると、マーティンがCMに出てるんだから響を買わなくちゃ…という方々も多く。
今まで響を買ったことがない人も含めて、熱いマーティン・ファンが買いに走るなら、マーティンCMの効果は絶大なのかも。

ちなみに、私はどうかって?

…買いません。
たとえダヴェンさんやリチャードさんが出演しても、買わないなぁ。

私、好きな俳優さんがCMに出てるから、その商品を買う…って発想がそもそもないんですよね(…そういう発想や、そういう発想をされる方を否定しているつもりは毛頭ありません、念のため)。
商品買ったら、その俳優さんのレア・グッズがもらえる…とかなら考えなくもないけど、CMを喜んで観るだけで終わっちゃう(笑)

…もちろん、その商品に興味をもったら別だけど、今回の場合、ウイスキーだからなぁ。
そもそもウイスキー、飲まないし(爆)
お酒は嫌いじゃないし、弱くもないけど、ワインかチューハイ、カクテル、ビール程度しか飲まないんだよね。
しかも、自宅ではめったに飲まないし。

そんなわけで、響を買いには行かないけど、CMは楽しく拝見します~^^

スポンサーサイト
16:51 その他海外俳優 | コメント(0) | トラックバック(0)

知らなかった…ギブスさんがこんなとこにいたなんて。

2011/08/20
夕べ、ひさしぶりに『オペラ座の怪人』のDVDを観ていた私。

今日もファントム素敵だわ!…とテンション高くエンドクレジットを見てたら、ふとある名前に目がとまった…。

ケヴィン・R・マクナリー…あれ、この名前どっかで…?
もしかして、PotCのギブスさん役の俳優さんって、こんな名前じゃなかったけ…??

役名を見てみると、ブケーとなってる。
それって、ファントムを追っかけて、「イル・ムート」の上演中に殺されてしまう、あの…??

顔を思い出してみるけど、髪型と髭のせいか、ギブスさんというよりも、LOTRのエオメルを老けさせた感じだったような記憶。
ギブスさんというと、顎から頬にかけてのふさふさっぷりが特徴的なので、記憶の中のブケーの顔と結びつかない(汗)

…で、ほんとにギブスさんがブケーなのか自身がなかったので、Wikipediaで調べてみたら、ほんとにそうだった

PotCも『オペラ座』も数えきれないくらい繰り返し観てるはずなのに、どうして今まで気づかなかったんだろう!!

PotCはともかく、『オペラ座』はファントムばっかり注目して観てるからかなー(笑)

…で、ついでに。

Wikipediaを見たら、ギブスさん、もといマクナリーさん…『タロットカード殺人事件』にも出てるじゃないですか!

この映画もDVDを持ってるんだが…。
気づかなかった…っていうか、ギブスさんがこの映画で演じているという、Mike Tinsley(マイク・ティンスレー?)って…誰??
そんな人いたっけ???

今度もう1回観て確認しなければ…。

あ、『タロットカード殺人事件』といえば、黒ひげさんも出てたよね!
11:18 その他海外俳優 | コメント(0) | トラックバック(0)

書き忘れ…オージー俳優さんについて思うこと。

2009/02/13
前回の記事、『ニューヨークの恋人』の感想で書き忘れてたことが

前回、私は、ヒュー・ジャックマン演じる19世紀英国貴族レオポルドがすっごくかっこよかった…というよーなことをひたすら書いてたわけですが…。

…ミソはですね

クラシカルな貴族ファッションを着こなし、
美しいイギリス英語を話し、
19世紀英国貴族レオポルドを何の違和感もなく演じている、

ヒュー・ジャックマンがオーストラリア人だ…ってことです。

ヒュー・ジャックマンが素でどんな英語を話すのか、私は知らないんですが…(←ファン失格?)
ご両親はイングランド出身だそうなので、もしかするとイギリス英語が母語だったりするのかもしれませんが…。

でもまあ、オーストラリアっていったらアレですよ。
「Good day.」を「ぐっだい!」って発音するという…。
『マイ・フェア・レディ』もびっくり、PotCの水兵さん2人組もびっくり!な英語で有名。

そしてまあ…国土もどっちかっていうとイギリスよりはアメリカに近いような、広くて荒々しくて大自然~っていう感じの国ですよね?

でも、そんな国に生まれ育ったヒュー・ジャックマンなわけですが、この『ニューヨークの恋人』だけじゃなくて、『タロットカード殺人事件』でもノーブルな英国貴族(ただし現代の…)を演じてるんですよねー。
それがまた似合ってるし

それでいて、またこのあいだの『オーストラリア』で演じたドローヴァーみたいなワイルドな役柄も似合うという…
しかも、ワイルドな役柄を演じてるときでも、どこかノーブルさを感じさせるところがあって。

…っていう話で、つい先ごろ、友達のDちゃんがメールでナイスな表現をしてくれてました
勝手に紹介しちゃってもいいかな?

正確な文章はちょっと忘れてしまったんですが、その表現というのは、「オーストラリア出身の俳優さんはアメリカ的ワイルドさとイギリス的ノーブルさを兼ね備えてる」…っていうようなものでした。

そう、まさにソレ
的確すぎる表現だなぁ…と感嘆

何も、ヒュー・ジャックマンに限らず、オーストラリア出身の俳優さんって、なぜだかやたらとノーブルな雰囲気が漂ってる人が多い
役柄でいうと、貴族とか王族とか上流階級の人々…そんな役どころが似合うような。

たとえば、ケート・ブランシェットなんかが良い例です。
エルフの女王に、イギリス女王、上流階級のお嬢様…そこはかとなーく気品とか威厳を感じさせる風貌なので、そういう役柄がありえないくらいはまっちゃんですよね。

考えてみると、オーストラリア人俳優さんって、なぜだかコスプレ時代もの出演率、貴族役演じ率が高いような…。

その点、アメリカ人俳優さんって、なぜだかそういうのがあんまり似合わない人が多い…。
もちろん、例外はたくさんあるでしょうが、アメリカ人俳優さんは、アメリカ的ニオイがしてしまうので、イギリスとかヨーロッパの貴族役ってイマイチはまらないんですよね。

実際、コスプレ時代劇で貴族役を演じてる俳優さんって、イギリスとかオーストラリア出身であることが多い気がします。

しかも!

オーストラリア出身の俳優さんの場合、ただ単にノーブルなだけじゃなくて、ワイルドな役柄も似合うんですよね。

例えば、このあいだの『オーストラリア』に出演していたデイヴィッド・ウェンハムさんもその1人。
LOTRで演じてたファラミアは、ゴンドールの執政の息子だけあって、どちらかというとノーブルな役どころ。
一方、『オーストラリア』では、陰湿で野心家のカウボーイ役。
カウボーイ・スタイルがやたらと似合ってて、さすがはオージー俳優さんとびっくりしました。

そうそう!
PotCのバルボッサ役のジェフリー・ラッシュ氏もまさにワイルドさとノーブルさを感じさせる俳優さんじゃないかと思います。
バルボッサも、海賊だけあってかなりワイルドなんだけど、どこか古風なノーブルさもにおうんですよねぇ。

…と、長々と、しかも分かりにくく書いてしまいましたが…。

とにかく、オーストラリア出身の俳優さんはこれからも大注目だなぁ…ということで
20:55 その他海外俳優 | コメント(0) | トラックバック(0)

久々なあの人。

2008/12/27
今日の午後、年賀状を書いたりしつつ、テレビを見ていたら…。

年末だからか、イレギュラーな番組編成の中、謎の海外ドラマ?映画?が始まりました
あ、チャンネルはNHKです

映像は、南国トロピカルな水色の海
新聞のテレビ欄で確認するのも面倒なので…っていうか、寒いのでコタツから1歩出るのが非常にツライので…。
そのまま、ぼけーっと観てました。

そしたら、画面上ではキャストの名前が。

…っと、私は1つの名前に反応
誰かというと、ティム・ロス。

ブログの上部の自己紹介のところにこっそり(?)書いてるので、何気にご存知の方もいらっしゃるかもですが、彼は私の好きな俳優さんの1人なんですよね
『海の上のピアニスト』の1900役…タキシードやら20世紀初頭のジェントルマン風衣装が似合ってて、とっても素敵だったんですー

…ってことで、どういう番組かも分からず観始めることに。
いきなりパニック・シーンでびっくりしましたが…
観てると、コレ…どうやら、2004年のインドネシア・スマトラ島沖地震にともなうインド洋大津波を題材にしたテレビ映画らしい。
実際の大災害を題材にしているだけあって、前半は凄惨な場面が続きます…。

映画の主役は、カーター家とピーボディ家という、休暇でタイを訪れて津波に巻き込まれた2組の家族。
家族のメンバーが離れ離れになってしまったり、行方不明になってしまったり…。

物語は、この2組の家族をベースに進んでいくんですが、さて、ティム・ロスは何役なんでしょう。

…冒頭出てこなかったので、もしや私の見間違い???…とか思ってたころに、出てきました。

『海の上のピアニスト』のときのかっちりした正装とは360度…じゃなかった、180度違う、なんだかヨレヨレ…のだらしない服装でしたが
でも、あのくっきりして眠たいような(失礼)二重まぶたとちょっと憂いを帯びた瞳は、間違いなく彼でした

役どころは、ニック・フレイザーという、無神経で若干(?)嫌な奴…な新聞記者
うーん…まあ決して悪役ってわけじゃないんだけどね

まあ、ティム・ロスは、そういうアクの強い役どころがお似合いなのですが(笑)

ともかくも、久しぶりに姿を見られて嬉しかったです

いや…彼が最近メジャー作に出演してないとかってわけじゃないんですが、決して。
私が観るような映画にあんまり出てないのでね、つい…。
私は、俳優さん基準で観る映画を選ぶ…っていうよりは、ストーリーとかで選んじゃうんですよね

さてさて、このテレビ映画、今日は前編のみの放送だったので、明日は後編が放送されます
興味がある方はぜひぜひ観てみてくださいねー

NHKの番組情報へのリンクはこちら

↑のサイトのトップの写真で手前にうつってるのが、ティム・ロスです~。
ね、ヨレヨレでしょ?(笑)



22:41 その他海外俳優 | コメント(0) | トラックバック(0)

ハッピー・バースデー♪

2008/09/19
昨日は、久しぶりに大学へ行ってきました。
えっと…1ヶ月ぶり以上ですね

どうして行ってきたかっていうと、8月に仕上げた例の論文について、先生から問題点の指摘を受けるためです。
ともかくも、何とか修正したら無事提出できそうで、ちょっとひと安心。
しかし…これから9月末まで結構忙しくなりそうだなぁ

さて、今日は

昨年の9月19日にも書きましたが、ジェレミー・アイアンズさんのお誕生日です
彼については昨年の記事にわりと詳しいめに書いたので、今年はあえて書きませんが…。
気になる方は、昨年の記事を読んでみてください
えっ、誰だって?
私が大好きな映画『仮面の男』でアラミス役を演じているイギリス人俳優さんです。
渋いです。

ところで旅行話の続きを書こうかと思ったんですが、なんかモチベーション低めなので、今日は最近私が気になっている話を書こうと思います。

>>続きを読む・・・
15:05 その他海外俳優 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。