09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ひさびさノリントーン。

2010/04/06
昨日は、新しい大学での新入生健康診断なるものを受けてきました

実のところ、健康診断が大っっきらいな私
はっきり言ってパスしようかと思ったんですが、そうもいかなさそうだったので、まじめに受診。
そんなわけで、ストレスフルな1日でございましたよ。。

身長が3ミリちぢんでたのは、そのストレスのせいに違いない…(←違)。

さて、今日のネタは、久しぶりにPotCでございますよ

以下、暴走気味?なので、マニアックネタに抵抗のある方はスルーしてくださいませm(..)m

というわけで、やってましたね!
3作目のAWEの地上波放映

そして、提督というか、大将(←この呼び方、あんまり好きじゃない。。「アドミラル」っていう英語はかっこいいのに…)というか、われらがジェームズ・ノリントン氏は…

主役級のあつかいでしたね(←違)

ご覧になった方はご存知でしょうが、AWEは本編が長いので、2週に分けての放送でした。
…で、このあいだはその1週目だったわけで。

そして、その1回目の放送のラストがあれですよ、あ・れ

そう、ノリントンの最期の場面です…

あそこで終わるって、大きな意味があると思いませんか??

ほんとの本編では、あのあと、まるで何事もなかったかのよーに(泣)物語が続いていくわけなんだけど。

あえて!そこで「はい、続きは来週ね~!」ってすることによって!
視聴者の皆さまの脳裏には、ノリントーンの勇ましくも悲劇的な最期が焼きつくわけですよ。

もう、これはノリントンが主役の映画と化してると言っても過言ではないでしょう…!!

しかも、吹き替えで若干聞き取りにくかったけど、エリザベス嬢が「じぇーむず!」って叫んでくれたおかげで、ノリントーン氏のファーストネームがジェームズだということも、まあ100人中1人くらいの記憶には残るわけですよ、うん

…え、言いすぎですか??(笑)

さて、まあ、あの場面。

何度見ても切なくなります…
なんて気の毒なの!

吹き替えだったからダヴェン氏の声で聴けなかったのが残念ではありますが、「私たちの運命は~…」のくだりとか…切ない
もう、この時点で自分の運命がわかってるんですよね、彼は。

英語はどうだったか、あらためて調べてみないと分からないけど、このセリフが過去形で訳されてるところが切ないです!
つまり、彼らの運命はこれまでも重なることがなかったし、これからも永遠に重なることはない…ってことだから。

まあ、彼が生きてたとしても、2人が結ばれることはなかっただろうけども。。

彼自身、エリザベスの心が自分に向くことはないってことは、とっくに分かってたんだと思います。
でも、エリザベス以外の人を好きになることは今後もきっとムリ。
おまけに、地位と身分を取り戻したとはいえ、それは手段を選ばず得たものだから、きっと根っこの部分では彼のプライドに陰をさしてたんだろうなぁ。。

そんなこんなで、最後くらいは誇りにまっすぐに、愛するエリザベスを命にかえても守り抜く…って決意したんでしょう。

にょろにょろデイヴィーさんの問いかけに対して、声にならない「ノー」をつきつけたノリントーン。
きっと彼には後悔はなかったでしょう…。

しかしながら。

エリザベスも、どーして彼の良さが分からないのー!?…と叫びたくなりますな。
「それはジェームズのカツラのせいよ!あのカツラはいただけないわ!」(byエリザベス…なんて・笑)

でも、最後に「じぇーむず!」って叫んでくれたから、よしとするか、とりあえず(上から目線)。


ああ…でも、続編(どーなるのか知らないけど)で、復活してくれないかなぁ???

リンゴかじってお亡くなりになったはずのヘクターさんとか、巨大イカにのみこまれたはずの某船長さんとか、みんななぜだか生き返ってるんだし。
あの映画は、なんだかんだいって、なんでもありだしね。
もう1人くらい復活させたって、問題ない、問題ない!(笑)

そして、復活するときは、白髪くるくる左右1個ずつ希望です!
スポンサーサイト
21:19 ジェームズ・ノリントン | コメント(2) | トラックバック(0)

ドーントレス号…じゃないけど。。

2009/08/16
お盆休みも今日で終わりですね。
…といっても、いまだ学生の私にはあんまり関係ないんだけど

さてさて、昨日は、学部時代のお友達がうちの家に遊びにきてくれました

うちの家は京都の田舎にあるので、すっごく遠くて時間がかかるんですが
ほんと、よくきてくれたなぁ

家はボロいし、大したおもてなしもできなかったんだけど(…ゴメンね)、ひさしぶりにみんなでのんびりと喋ることができて楽しかったです~

またきてね~(←私信)


話は変わりますが、このあいだ、こんなの買いました↓

20090816143123.jpg

見てのとおり、ボトルシップです

ご存知のとおり、雑貨屋さんとかを見てまわるのが好きな私。

お気に入りのお店はいくつかあるけど、その中の1つが、梅田の阪神百貨店に入ってるキャトル・セゾン(キャトル・セゾンはディアモールにも入ってるけど、そっちはお店がちょっと小さめなので、個人的には阪神のほうがお気に入りなんです)。

キャトル・セゾンは有名なお店なのでご存知の方も多いかなぁ…と思うんですが、フレンチ・テイストの雑貨をたくさんあつかってます。
あ、それとデュランス社とかの南仏メーカーのフレグランスなんかも売ってます。
すっごく私好みの雑貨をたくさん売ってて、お店の中を見てまわるのが楽しいので、ときどきのぞくんですが、結構お高いのでたいていは見るだけ。

ところで、このお店を少し前にのぞいたとき、発見したのが上のボトルシップ。

提督ファンな私にとって、帆船というのは特別思い入れのあるシロモノなので、当然気になったわけですが。
ちっちゃいのに1000円くらいしてて、これはちょっと買えないわ…と思ってあきらめてました。

そしたら、このあいだ、用事があって阪神百貨店に行ったついでに見てみたら、セールでお安くなってたんです!

お値段は、なんと半額以下の315円
それで迷わず買ってしまいました(←緊縮財政中なのに…)

このボトルシップ…ドイツ製だとかで、何ccだったかは忘れたけど、手のりサイズのちっちゃいものです。

お店には2種類売ってて、1つはアメリカ国旗が描かれたEAGLE号。
そしてもう1つがこの、ドイツ国旗が描かれたPASSAT号です。
ドイツのメーカーのものだし…と思って、ドイツ国旗のほうを選んだというわけ。

調べてみたら、このPASSAT号という船は、「4本マスト・バーク型鋼船、3,181総トン、1911年建造、1960年よりドイツ、リューベック市所有。海洋少年の宿泊訓練船として保存されている。」だそうです。

20世紀の船なので、ノリントーンのドーントレス号とかインターセプター号とかとはちょっと違うけど…。
でも、帆船好きなので満足

前に買ったダ○ソーの100円の帆船と自分で作ったノリントン・オブジェの横に飾ってロイヤル・ネイビー・コーナーを作ります(←ドイツ国旗がついてるけど…

…しかし、今日の記事、カテゴリを「ジェームズ・ノリントン」にしちゃったけど、いいのかこれで…。。

22:22 ジェームズ・ノリントン | コメント(0) | トラックバック(0)

こんなの見つけました。

2008/08/11
昨日は、日曜日ということで、某K市にあるスーパーに買い物に行きました

で、ついでにわが御用達の百均、ダ○ソーへ。
そこで見つけて、ついつい誘惑に勝てずに買ってしまったのがコレ↓

20080811144001.jpg

「ヨーロッパのミニ帆船」だそうです

これは台(?)付きタイプなんですが、他にマグネット・タイプもありました。
冷蔵庫とかに貼り付けろ…ってことなんでしょうか。

色とか模様とかもいくつか種類があって、グリーンと赤の2色のとか、白地に青いラインのとか、なんかいろいろありましたよ
私が選んだのは、写真のとおり、紺色に黄色いラインの入ったデザイン。
黄色のラインがちょいと斜めになってるところがマイナスではありますが

なぜコレを選んだかはお分かりですよね?
そこはかとなーくRoyal Navyっぽかったからです。
そしてもちろん、ノリントンっぽかったからです〈笑〉
この色合い、風をはらんだ(ように見える)帆の具合…これはどう見たって、ノリントン・グッズじゃないですか
…っていうか、少なくとも、私にはそう見える、ってことで。

100円商品のわりには、結構手の込んだつくりになってるんですよねー

なかなか素敵な帆船なので、いろいろと写真を撮ってみた↓

20080811145125.jpg

まずは斜め前方から。
この角度からが一番船っぽくて良し。
ウィルとスパロウさんが「頂戴した」直後、インターセプター号が大海原を走る場面の音楽が聴こえてきそうですね〈笑〉

20080811145221.jpg

せっかくなのでディスプレイしてみました↑
後ろに見えてるのは、以前作ったノリ・オブジェです。
こうやって見ると、大きさが分かるかな?

22:42 ジェームズ・ノリントン | コメント(3) | トラックバック(0)

祝☆ブログ開設1周年!

2008/05/31
ここのところ忙しい日々が続いて、ブログの更新が停滞しまくってしまいましたね

5月の更新は…と見てみると、今日を入れてなんと5回。
院ゼミの発表やら、部屋の片づけやらで忙しかったからね…とか言いわけしてみる。

さて、そうこうして更新をサボってるうちに、うちのブログもとうとう1周年を迎えてしまってました

私がこのブログを開設したのが、去年の5月19日。
AWEの公開を前にマニア魂(?)についつい火がついてしまって、ブログを書きはじめたわけですが…。

よく続いたなぁ、われながら

それもこれもひとえに、マニアックな話題についてきてくださる方々がいらっしゃるおかげです。
ここのブログで書いているようなマニアな話題を分かってくれる人って、世の中広しといえどもそうはいないものなので、ブログを通じてお知り合いになれた方々は私にとってほんと貴重な存在なんですよ。
…というわけで、この場を借りて一言お礼をば。

何だか初っ端から堅苦しくなってしまいましたね(←そうか?)

さて、今日は、ブログ開設1周年を記念して、ノリントン・グッズ第3弾を紹介したいと思います

今回紹介するのは、以前の記事で作り方のアイデアだけ紹介していたものです。
リフォームの後片付けに追われて、実際に作ってみるのが遅くなってしまいましたが、この度やっと完成したので写真付でお送りしたいと思います!

…まずは完成写真から↓

20080531163240.jpg


携帯のカメラなので、あんまり画像がよくないですね…
実物はもうちょっと良い感じなのですが。

以前紹介したのとはちょっと違う部分もありますが、大枠は当初のアイデア通り。

では、さっそく作り方(…っていうほどのものでもないけど)を紹介してみます

○用意するもの

・ダ○ソーの200円商品のワイン・グラス(細長いタイプのもの)
・手芸用品屋さんで100円で購入した造花
・雑貨屋さんで200円で購入した青系のグラス・サンド
・輪ゴム
・以前ノリ・グッズPart1のブック・マーカーを作ったときの残りの紺色のサテンっぽいリボン
・ユーロの10セント&20セントのコイン

しめて500円+αって感じですね。
どうでもいいけど、ダ○ソーで200円商品を買うと、ものすごく贅沢した気がするのは私だけ…???
そして、本物のコインをこんな道楽のために使っちゃいかんよ、私。
↑次にユーロ圏に行くときには、ここから取り出して使うからいいのだ!とか言いわけしてみたり。

造花については、私は白いフリージアの造花を使いました。
別に何でもいいんですけど、ノリントンのイメージはやっぱり爽やかで一途で清廉潔白な白!!…ということで。

ちなみにワイン・グラスの柄の部分にリボンを結ぶときの滑り止めとして輪ゴムを使う…というアイデアは、ニキヤス様から教えていただきました~m(._.)m
輪ゴムなしでリボンを結ぼうとすると、ほんとに滑ってリボンが下に落ちてしまうので、これはとっても重宝するアイデアです

○作り方

① ワイン・グラスの柄の部分に輪ゴムを巻きつける。位置はお好みで…。

② ①で巻きつけた輪ゴムの上からかぶせるようにして、リボンを結ぶ。
↑これが結構難しいキレイにちょうちょ結びするのって難易度高いです…

③ ワイン・グラスの中に、グラス・サンドを入れる。

④ グラス・サンドの上にコインをお好みで乗せる。
↑私の場合、フリージアの造花の花の部分を切り取って、3つ重ねてみました。背の高いワイン・グラスだとこういうことができるところが良いですね。

⑤ ワイン・グラスの中に、造花をお好みで入れれば完成

一応、中身の拡大写真を載せておきます↓

20080531163204.jpg


うーん…画像がイマイチ。

ちなみに、実はこれ、一度作り直してるんですよ。
最初に作ったのは、こんな感じ↓

20080530125754.jpg


完成版とは違って、フリージアの造花を枝ごとそのままぐさっとワイン・グラスに突き刺してました…
これじゃあんまり芸がない…ということで、花の部分を1個1個切り離してグラスに入れたのが完成版なわけです。

それから、実は実は…グラスの中に入ってる細かいグラス・サンド。
一度、ワイン・グラスごと倒してしまって、中身がぶわーっとこぼれてしまいました…。
しかも、こぼれた先は、重ーい本棚の後ろだったので、回収できず…
なので、量がだいぶん減っています。
もうちょっと多いほうがいいんですけどねぇ。

まあ、作り方に関しては、そんな感じです。

出来上がりのイメージとしては、やっぱりRoyal Navyの提督コスチュームを思わせる青×白を基調に、クラシックで洗練された貴族っぽい感じにしたかったんですよ。
…そうなってるかどうかは皆さんのご判断にお任せしますが…

個人的には、スリムなワイン・グラスがお気に入りです~
なぜ、このタイプのグラスを買ったかというとですね…私の行きつけの(笑)ダ○ソーにはノーマル・タイプのワイン・グラスが売ってなかったからなんです
カクテル・グラスとかシャンパン・グラスとか、あとチューリップみたいなのとかはあったんですが。
それで、この細長いタイプにしたんですけど、結果的には正解だったかなと。
造花を入れるのもやりやすいし、背の高いところが提督を思わせて…なんて(笑)

そうそう、なぜコインを入れたか…ってところは聞かないで下さい。
別に、提督が守銭奴だとか言いたいわけではもちろんありません。
単に見た目にキレイかと思って…それだけです。

以上、今日はノリントン・グッズ第3弾を紹介してみました。
こんなの作ってるなんて、なんだかんだ言って結局暇人やん!…という指摘が聞こえてきそうですが…おっしゃるとおりです

23:45 ジェームズ・ノリントン | コメント(2) | トラックバック(0)

ノリントン・グッズを作ろう☆その3

2008/04/19
いやぁ~ひさびさですね、ノリントンの話題
そして、ブログの更新もひさびさになってしまいました

…なんか、最近異様に忙しいのですよ。
リフォームのせいで、家の中がもんのすごいことになってるしね

ちなみに、今…うちの家ではテレビが観られません…
わが家のテレビとDVDプレーヤーは、新しく完成したダイニングにコードを抜かれた状態で鎮座しております。。。

学校のほうは…やたらとプレッシャーをかけられまくってるわりには、勉強が進みません…
このままじゃ、いかんなぁ

さて、今日はちょっとそういう憂鬱な話は忘れて、ひさしぶりのノリントン・トークで憂さ晴らし(?)をしましょう

最近、リフォーム中ということもあって、部屋のインテリアに凝っているんですよ
100均とか300均とかで見つけてきたモノを組み合わせたりなんかして、ちょっとしたお洒落な飾りにしたりとか。

そんなことをやっていたところ、早速思いつきましたよ
ノリントン・グッズというほどのもんじゃないんですが、ノリントンをイメージしたオブジェ(?)みたいなのを。

私自身、いまだ実際に作ってみたわけじゃないので、とりあえずアイデアをメモってみます
作ってみたいって方が万が一いらっしゃったら、どうぞ作ってみてください

○用意するもの
・ダ○ソーとかで200円くらいで売ってるワイン・グラス(ノーマル・タイプもしくはスパークリング・ワイン用の細長いタイプがベター)
・紺色のサテン地のリボン
・青系の細かい砂状のガラス、もしくは青系のビー玉など(水槽とかに入れる用に売ってるもの)

○作り方
①ワイン・グラスに青系の細かいガラスを入れる。
②ワイン・グラスの柄の部分に紺色のリボンを結ぶ。
③完成。

…それだけかよ!?って感じですよね
すんません、しょーもなくて。

一応、ノリントンの貴族っぽさとか、洗練されてる感じとか、上品さとか、海とか、紺色の軍服とか、くるくるカツラの後ろのしっぽを結んでるリボンとか…なんやらかんやらをイメージしてます。
実際作ってみたら、結構それなりにキレーじゃないかと思うんですが。。。
さて、どうでしょう???
22:20 ジェームズ・ノリントン | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。