09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

綺麗な部屋づくり(3)

2012/10/28
私の部屋のリフォーム後の試行錯誤の記録第3回です

前回、マスキングテープを使ったパネルのリメイクを紹介したので、今回も、マスキングテープつながりでいこうと思います。

私の部屋を片づけるのに、ネックになっていたのが、紙の多さ
紙…というのは、研究で使う資料や、レジュメやなんやら…という、いわゆるコピー用紙の束でございます。

どれだけあったかっていうと、ほんとに信じられないくらいたくさん。

これらが、リフォーム前は、床に置いた紙袋のなかにつっこんであったり、床に置いたバスケットの中につみあげてあったり…と、まさに悲惨な状態。

これを何とかしなければ、いくらリフォームしても部屋は綺麗にならない!…ということで、どうやったら綺麗にすっきり収納できるか、ずいぶん頭を悩ませました。

…といっても、あまりお金はかけられないので、なんとかもともとあった棚を活用しつつ、見た目にもすっきり…と、考えた結果がコレ↓

IMG_1168.jpg

この棚は、もともとあったものです。
カラーボックスとも違うサイズで、この中にぴったり入る収納ボックスもなく、どうしようか…と考えた結果、A4サイズが縦で入るファイルボックスを3個ならべるとちょうどぴったりなことに気づいて、A4ファイルボックスを買いました。

ファイルボックスは、これまでA4が横に入るものをよく使っていたのですが、それだと、この棚でははみでてしまって不格好。
そこで、縦型のものを使ってみることにしました。

縦型は、書類がふにゃんとなるかな…と心配しましたが、ファイルやなんかも一緒に入れてるので、意外と大丈夫。

このファイルボックスは、幅が10センチあるので、この棚だと合計18個おける計算で、結構たくさんの書類が入ります。
上記のコピー用紙以外にも、各種取扱説明書の類なんかもここに収納。
ごちゃごちゃしたものが一切見えないので、見た目すっきりで、心もすっきり。

ちなみに、ファイルボックスは、当初、無印のピリプロピレンのホワイトを買おうと思ってたのですが、1個あたりのお値段が500円以上するので、18個も買おうと思うと、高額になってしまうため、断念。
結局、同じ無印の紙製のファイルボックスを買いました。
こちらは5個組で800円程度だったと思います。

ただ、ポリプロピレンに比べると、紙はやっぱり強度が心配。
底が組み立て式なので、重いものを入れると、底が抜けてしまったりしそうで怖い。
それに、組み立てると、どうしても隅っこや底に小さな隙間ができてしまうので、そこからホコリが入るのもちょっと心配。

…で、考えたのが、ファイルボックスの前面から底にかけて、幅広(幅10cm)のマスキングテープを貼って補強すること。

2012_0902_134535-P1070882.jpg

右がもともとのファイルボックス、左がマスキングテープを貼った状態です。
マスキングテープだけでなく、100円ショップのセリアで売ってるアンティーク風のラベルシールを貼ってみました。
ここに中身を書いておけば、「あれどこに入れたっけ?」ということにもならなくて済むかと。

マスキングテープはちょうど幅10cmなので、このファイルボックスにぴったり。
横からちょっと見える側面は貼ってないので、もともとのクラフト紙の色が見えますが、まあ許容範囲ということで。

マスキングテープを貼ることで、強度もアップするし、見た目にもちょっとグレードアップした感じになって、われながら、なかなか良いアイデアだったかもー

マスキングテープといえば、木目調のマスキングテープも出ていて…。

IMG_1174.jpg

こんなところに貼ってみました。

IMG_1175.jpg

これ、さっきの棚なんですが、実は、ずいぶん前にこれを買ったとき、不良品で、板の1枚の金具の穴が間違ってあって、組み立ててみると、前面の細い部分の化粧板の面とむきだしの面が逆になってしまってたんです

それで、以前は、ダイソーの木目テープを貼ったりしてたんですが、はがれやすくて、結局とってしまってたんです。

…で、今回このマステを貼ってみると…。
色はなんかちょっと明るすぎたけど、むきだしよりはずいぶんよくなりました。
今のところはがれてもこないので、満足しています。
スポンサーサイト
13:05 インテリア&プチ・リフォーム | コメント(0) | トラックバック(0)

綺麗な部屋づくり(2)

2012/10/26
私の部屋のリフォーム後の試行錯誤の記録第2回です。
第1回からずいぶん間があいてしまいました

第1回の記事はこちら

今回のリフォームは、できるだけお金をかけないように…というのもあったので、いろいろ工夫する必要がありました。
…ま、そんな工夫が楽しいといえば楽しいんですが。

その1つがまずコレ↓

1.jpg

こちらは完成図なんですが、1000ピースのパズルの額です。
うちの家族は、ジグソーパズルが趣味だった時期があって、家にはたくさん1000ピースのパズルが飾ってあるのですが。

このパズルの額(パネル)って、結構高いんです
そして、パネルには、木製のと、アルミ製のがあって、アルミのほうが安いんです。

私の部屋には、2つのパズルが飾ってあったんですが、1つは木製、もう1つは白く塗装されたアルミのパネルに飾ってありました。

…というわけで、片方だけアルミっていうのが不細工だし、気に入らない!
おまけに、アルミ製はやっぱり安っぽい感じがして、ナチュラル・シックな部屋を目ざしてるのに、そぐわない!

でも、だからといって、そのためだけにパネルを買い替えるのはもったいないし、そんなお金もない。。

そこで、考えました。
白いアルミのパネルの上から、茶色のマスキングテープを貼ればいいんじゃない??

…で、やってみた結果が上の写真です。

もとの白いアルミパネルだったときの写真がないので、比べられないですが。。
でも、これ、まぎれもなく、もとは真っ白のつるっとしたアルミのパネルだったものです。

そこに、mtのマスキングテープ(幅広のもの)を貼ったのがコレ。
マスキングテープって、和紙で、マットな感じなので、遠目には、木製パネルとそう変わりません。

近くで見ると、こんな感じ↓

IMG_1170.jpg

はしっこの処理がテキトーなのは、性格です…(汗)
でも、近くで見ても、わりと綺麗でしょ?

貼るの難しいかも…なんて思ったけど、マスキングテープの性質か、シワさえ寄らないようにピンと貼れば、すごく自然な仕上がりになります。
ちょっと裏技??

もともと木製のパネルはこちら↓

IMG_1158.jpg

遜色ないって思ってるのは、私だけ??
16:06 インテリア&プチ・リフォーム | コメント(0) | トラックバック(0)

綺麗な部屋づくり(1)

2012/09/20
長らくひどい状態だった私の部屋を、先月、リフォームしました

デキる人間の部屋は片づいていて美しい!…という話を聞いて、こりゃいかんわ…と思ったのが、リフォームのきっかけ。

私の部屋は、かつて母が若いときに使っていた部屋で、畳はネコの爪とぎでボロボロ、壁もしかり。
ロクな家具をもっていなかったこともあり、収納できない本やCD、書類の山が床においた紙袋や収納ボックスにどっさり。
カーペットは、重くて移動できない家具があったせいで、タイル式カーペットをまだらに敷いてる始末…。
おまけに母の大きな本棚もあって、もう何が何だか…。

そんな状態を脱するべく、今年の3月あたりから、いらないものを分別・処分して、ついに先月、リフォームにいたったわけです。

まあ、リフォーム自体は、壁の貼り替えと床をフローリングにしてもらうだけの単純なものだったんですが。
そのあとを含めて、低予算でどうやって美しい部屋にするか…非常に悩みながらいろいろ試行錯誤したので、このブログでも、そんな試行錯誤をちょっとずつ紹介しようかと思います。
ひょっとしたら誰かの参考になるかもしれないしね。

とりあえず、もともとの状態がどんなだったか…ってことなんですが。
1番ひどいときの写真は撮ってないので、リフォーム直前に部屋を空っぽにするべく片づけてる最中に撮った写真をば。

2012_0803_183607-P1070835.jpg

は…恥ずかしいね///

半分くらい片づけたあとなので、タイル・カーペットが一部なくなってるし(←コイツはもうひどい状態だったので処分しました)、床においた書類のたぐいも半分くらいになってます。
床の布製収納ボックスの中身も移したので空だし、スライド式の本棚も空だしね。
…あ、そこここにかぶせられたビニールは、片づけ中のホコリよけです。

まあ、大分モノを捨てて、リフォームのために移動したあとなので、そこまでひどくはないですが、まあ、お世辞にも綺麗な部屋とは言えないよね…。

それから、見て分かるように、土壁、畳の和室だったわけです。

…で、リフォーム後の写真。

2012_0913_103603-P1080064.jpg

ちょっと…いや、かなり写真が悪くてごめんなさい。
逆光で撮ったので、暗いですね。

でも、壁が白いパネルになってて、床もフローリングになってるのは分かると思います。

ちなみに、まだ片づけてる途中の写真なので、棚の中が空いてて見苦しいですね。

…と、とりあえず全体写真を紹介しておいて。

今日は、リフォーム後の試行錯誤についてお話しする第1回として、ふすまのはり替えとカラー・コーディネートの話を書こうと思います。

今回のリフォームでは、低予算で仕上げるために、大工さんには、床と壁のみを直してもらうことにしました。

でも、本当のところ、ふすまもひどかった…。

あ、そうそう、私の部屋は、和室だったので、隣の部屋との境目はふすま。
しかも、小さな押入れの戸もふすまだったのです…。

でも、ふすまのはり替えを業者さんに頼むとそれなりに高くつくので、今回は断念。

とはいえ、白地に青いラインが真ん中に入った超古典的なふすまは、洋室になった部屋に笑いたくなるくらい合わないばかりか、長年の使用で黄ばんで、ものすごく汚い。
おまけに、小さな押入れのふすまは、以前、自分ではり替えたものの、柄がビミョーだし、こちらもすでに汚い。

…で、ネットで調べたところ、洋室にもなじむふすまにする方法として、ふすまに壁紙をはる…というのがあることが分かり。

早速、ネットの壁紙屋さんで壁紙を注文することに。

…が、どれを選ぶ?という話で。

壁紙って、今はものすごく柄が豊富で、とっても可愛い柄がたくさんあるんですが。

まず、部屋に合う、合わない…という問題があるし。
好きな色をただ選べば良い…ってわけではなく。
そもそも部屋をどんなイメージにするか、ということを考えねば…ということで。

いろいろ考えた結果、部屋のカラー・コーディネートとして、ベージュ~ブラウン系を基調にすることにしました。

地味かなぁ…とかも考えたけど、ブラウン系の部屋なら落ち着くし、ナチュラル・シックな感じにしたかったので、あえて地味にまとめることにしました。

…で、ふすまに貼る壁紙ですよ。

そんなコンセプトを念頭に、私が選んだのは、濃いめのブラウンで、ファブリックっぽい質感(地模様)の無地の壁紙。

壁紙って、石っぽい質感のとか、つるっとしたものとか、いろいろあるけど、ふすまに貼るものなので、ここはファブリック系が合うかな…と思って。
それから、模様の入った壁紙は、とても素敵だったけど、私が目指す?方向性には、かえって無地のほうが合ってるんじゃないかと思って。
しかも、濃い色のブラウンにすることで、ふすまがもつ和室っぽさを軽減できるんじゃないかな…と期待。

貼り方は、ネットショップのHPでも紹介されているのですが、両面テープで貼りました。
のりで貼る方法もあったけど、両面テープのほうが手軽そうだったので…。
まあ、うまく貼れば、のりのほうが美しく貼れそうですが。

この作業…両面テープの消費量が半端ないです…。
ちまちまと貼ってはめくる作業…職人気分でしたよ…。

…で、貼ったところがコチラ↓

IMG_1117.jpg

ちょっとシワになってますが…(汗)
実際には、そんなにシワが目立つわけではありません。

あ、これはちなみに小さな押入れのほうですが、隣の部屋との仕切りのふすまもおんなじような感じです。

1メートル380円くらいで壁紙が買えたので、お安くふすまをはり替えることができました。

仕上がりとしては、わりと洋室にも違和感なくなじむ感じで、まあ、よかったかな、と。

ついでに、カラー・コーディネートとして、ベージュ~ブラウン系に決めたので、カーテンはベージュにしました

カーテンも、非常に悩んで、ベージュの無地のカーテンなんて、20代女子の部屋としては地味すぎるんじゃないか…とか迷ったのですが。
結果的には大正解でした。

たしかに地味だけど、部屋全体の色のバランスが崩れないし、変に柄が入ってないから安っぽく見えないし。

逆に、カーテンもブラウンにする…という案もあったのですが、ふすまのすぐ横にカーテンがくるので、少し違う色のほうがセンス良く見えるんじゃないか…とか勝手に考えて、ブラウンは却下しました。
それに、濃いブラウンのカーテンにすると、陰気になりそうで。

ちなみに、このカーテンもネットでお安く買いましたが、ドレープがとっても綺麗です。
今まで、カーテンのドレープなんて気にしたことなかったけど、違うもんだね…。

あとは、デスクチェアを買いかえたのですが、これはブラウンにしました。

IMG_1128.jpg

デスクチェアは、今までは小学校時代から使っている学習デスクについていた椅子をそのまま使っていたんですが、さすがに座り心地が悪い。
デスクワークが多い人間なので、椅子くらいは買いかえよう…とキャスター付の椅子を買いました。

こちらもベージュという選択肢もあったのですが、これまたカーテンのそばに置くものなので、バランスを考えてこちらは濃いブラウンに。
汚れも目立ちにくいだろうし。

ちなみに、デスクチェアの上に置いてるクッションは、このあいだダイソーで見つけた100円のミニ・クッション。
細かいドット柄で、ベージュを買いました。
他にもピンクやブラウンもありました。
腰のところにあてるのにちょうど良いわ~(笑)

…で、これまで使っていた学習デスクの椅子はどうなったかというと。

当初は処分するつもりでした。

…が、なんだか愛着があったし、もったいなく思えてきて、再利用することに。

とはいえ、座面の布はボロボロで、中のスポンジが見えていたし、このまま使うのはちょっと…ということで、座面のはり替えをすることに。

椅子って、大抵の場合は座面のはり替えが可能なんだそうです。

ネットで調べると、座面のはり替え方法がいろいろ出ていたので、それにしたがってやってみることに。

必要なものは、新しくはりたい布、そして工作用ステープラーです。

工作用ステープラーは、ダイソーにも売っているということだったので、早速買いに。
大きなダイソーの工具売り場にありました。
さすがに100円ではなく、たしか420円くらい?

…で、布は、手芸店へ。

最初は、キャンバス地みたいなのにしようかと思ったのですが。
あとあとのことを考えると、合皮のほうが拭いたりできて、掃除がしやすい…。

…ということで、合皮っぽい生地を買うことに。
色はもちろんブラウンです。
本当は、もうちょっと濃い色がよかったけど、合皮の場合、それほど選択肢があるわけではなかったので、仕方ない。

椅子の座面より余裕を見て、生地を購入。

そして、家でさっそくはり替え。

まず、椅子の座面をとりはずして、生地をそれよりひとまわり大きく裁断。
そして、ダイソーで買ってきた工作用ステープラーで生地をとめていきます。

この工作用ステープラー…針がうち込まれるときの衝撃が結構すごくて、ちょっと怖かった…。
うっかり力が緩んで、変なとこにささったら恐ろしい…。

でも、まあ、そんなこともなく、無事はり替え完了。

IMG_1130.jpg

まあまあ綺麗にはり替えることができました。

ちなみに、これ…何に使うかというと、鞄を置くのに使います。
リフォーム前みたいに、床にいろいろモノを置くのはもうごめんなので…。

ところで、椅子の横においてるバスケットには、ハンディ・クリーナーが入ってます。
目隠しにはバスケットを利用~。

…と、今日のところはこのあたりで。
13:17 インテリア&プチ・リフォーム | コメント(0) | トラックバック(0)

ひさしぶりにディスプレイの写真をのせてみる。

2011/11/21
時間ができてデジカメの画像をパソコンにとり込んだので、ひさびさにうちの家のディスプレイの画像をUPしたいと思います

最近、忙しいやら何やらで、前みたいにマメにディスプレイを変えたり…ってことができなくなってるので、マンネリ気味なのですが

これは、壁にとりつけたミニシェルフのディスプレイ。

P1070449.jpg

ミニ・シェルフとその下のポストカードを立てるレール?は、以前、キッチン・キッチンで買ったものです。

ブリキ製のアルファベットのオブジェは、最近、雑貨屋さんで買いました。
一見したところ重たそうだけど、すごく軽いですw

お隣の小さなビンは、ずーっと前に100均で買った竹ひごアロマのボトルの再利用です。
このあいだまで、ドライフラワーを飾ってたんですが、うちの父の育てた菊を飾ってみました。
赤茶色っぽい色の菊で、隣のクラシックなグリーンのエッフェル塔のボトルと相性が良かったのでw
色合いがちょっとアンティークな感じだと思いません?

エッフェル塔のボトルも雑貨屋さんで買ったものです。

隣のボトルは、100均で買ったのに、中にドライ木の実?を入れてみました。
それと、木製のリスの置物で秋っぽく。

下は、パリの街角の本屋さんで買ったモノクロのポストカード2枚と門司港で買ったフランス製のポストカードを飾っています。

一応、フレンチ・カントリー的な感じを目指した…つもりなのですが(汗)

最近は、玄関ディスプレイは、もっぱら植物園状態になってます(笑)

P1070447.jpg

P1070448.jpg

最初は、インテリアのつもりではじめた植物なのですが、今や、飾ることよりも育てること自体にハマっちゃって…。
22:51 インテリア&プチ・リフォーム | コメント(0) | トラックバック(0)

ひさびさ玄関ディスプレイ♪

2010/05/17
ずいぶん更新の間があいてしまいました

怒涛のよーなGWも終わり、友達とスイーツバイキングを堪能し、そのあとまた怒涛のよーな1週間が過ぎ…。。
やっと…落ちついた…のだろーか…。

ブログに書きたいネタは、とーってもたくさんあるんですが。
いかんせん忙しくて

で、何から書こうかと考えたんですが、とりあえず、まずはディスプレイのお話から!

ディスプレイ…ひさしぶりですよね、ほんと。

ブログに書くのがひさしぶりってわけではなく、ほんとに放置してた…(汗)

去年のクリスマスのディスプレイ以来、さすがにクリスマスはまずかろーと、クリスマス後にそれっぽい部分をとりのぞきはしたものの…。
つい、このあいだの5月はじめまで、雪の結晶型の飾りとか、フェルトのマットとか、そのままにしてました

どうも、インスピレーションが湧かなくって。
あと、忙しくて、そっち方面に気をつかう余裕もなかったし。

でも、いつまでも冬仕様にしとくと、そろそろ本気で暑苦しいんで。
ここ1週間ほどで、模様替えをどどーんとやりました!

いつもなら、あらかじめ何らかのイメージというか、コンセプトというかを決めてから、そのイメージにそったディスプレイを考えていく私。
たとえば、去年のだと、「ビアリッツでバカンス」だとか、「ボルドーの収穫祭」だとか、「アルザスのホワイト・クリスマス」だとか。

…ですが。

今回は、そういうの、一切ナシで!
出たとこ勝負、結果オーライ!
なりゆきにまかせてみました

…だって、イメージ…まったく浮かばなかったから(苦笑)

5月って、実は苦手です。
3月、4月だと春らしいピンキー?なイメージだけど、5月ってどっちかっていうとグリーンなイメージで、そこからどうふくらましていいのか分からない。。

でも、結果的には、後づけでコンセプトをつけられそうな感じに仕上がったので、つけてみました。

…はい。

今回は、「イングリッシュ・ガーデン・パーティー」です(笑)
完成写真は下のほうにあります。

フレンチを目ざしたはずが、できあがってみると、どうもイギリス風味に。
とはいえ、私が勝手に考えるイギリスなので、あしからず。

さて、今回、1つだけ決めてたのは、わが家で育ててる観葉植物ちゃんたちをメインに据えること!

…というのも、観葉植物…増えすぎて置き場がないんですよ(汗)

私が観葉植物を育てはじめたのって、そもそもインテリアにグリーンをオサレにとりいれたかったから。
でも、本末転倒とゆーか何とゆーか…今となっては、インテリアのためじゃなく、植物を育てることが自己目的化?しちゃってます。
なので、飾るとこ考えずにいろいろ買っちゃったりとか、育ててくうちに鉢におさまりきらず株分けして増えちゃったりとか。

そんなわけで、正直、置くとこないんで(笑)
今まで、あんまり植物を置いてなかった玄関スペースにも観葉植物ちゃんたちを進出させることにしたのです!

…で、たくさんある観葉植物ちゃんたちのうちのどれを置くかってことですが。

うちにたくさんいるコたちは、主に多肉ちゃんなのですよ(近々ブログに書きます!)。
多肉ちゃんはですね…ぷくぷくしててとってもラブリーなのですが。
インテリア・グリーンとしてはイマイチ絵にならないところが問題で。

なので、ここはシンプルに、多肉じゃないフツーの観葉植物…の中でも、私が大好きなつる性の植物を置くことにしました。

まずはこのコ↓

2010年5月5日① (2)

ワイヤープランツです。
今年の2月ごろにダイソーで買った苗なんですが、めちゃくちゃよく育ってます。

2月にはこんな↓だったんですよ。

2010年2月2日

それがいまや…って感じでしょ?

…で、あまりに伸び放題で恰好も悪いので、ちょっと切り戻したりもしてたんですが。
そもそも、鉢が窮屈そうなので、この際、ディスプレイ用をかねて、植え替え&お色直し?をすることに。

植え替える鉢は、これまたダイソーで10個で100円で買ってきたプラスチックの鉢↓に。

2010_0516_111157-P1030032.jpg

でも、これじゃあんまりですからね。

この鉢を見栄えよくしてくれる鉢カバーになりそうなものを、同じくダイソーで物色。。

…と、ありました!

ちょっと大きめの、カゴ。
持ち手がついてて、カントリー風な色合いもなかなか素敵
200円商品だけど、仕方あるまい…。

カゴの写真があるとよかったんですが、撮り忘れ。。

さて、とはいえ、そのカゴだけだとちょっとさびしいので、ついでにレースのリボン↓と、小鳥をかたどったアイアンのタグ(3枚入り)↓と、麻布↓も、同じくダイソーで買いました。

2010_0507_214818-P1020956.jpg

2010_0507_214803-P1020955.jpg

2010_0507_214858-P1020957.jpg

…で、そのリボンをカゴにくるっと巻いて、家にあった(以前ダイソーで買っていまだなくならない)麻ひもで小鳥のアイアン・タグを結びつけ、カゴの中に麻布を敷いて、その上に鉢の受け皿と鉢を入れました

カゴは大きいので、鉢を入れても左半分があいてしまうので、そこには冬のディスプレイでも使っていたアートフラワーをオン。
さらに、庭で雨ざらしになっていた鉢から、バケツ&スコップのピックをとってきて、鉢の中に突刺してみました。

そして完成図がこちら↓

2010_0516_141611-P1030076.jpg

われながら、満足な出来です!
お花屋さんで売ってる、ちょっとこじゃれたアレンジ?みたいじゃないですか??
…って、それは自画自賛しすぎか(汗)

とにかく、これならカゴが大きいので、伸び放題のワイヤープランツのバランスも悪くないし、お皿が中に入ってるので世話もしやすいです。
そして、カッコ悪く伸びてきたら切る!

当分はこれでいけますな。

さて、このワイヤープランツに加えて、フィカス・プミラ↓とグリーンネックレス↓も置くことに。

2010年5月16日

↑フィカス・プミラ

これは、うちの母が去年のクリスマス前に地元のお花屋さんで買ってきたもの。
スノーマンの可愛いピックがついていて、ラブリーだったんですが。
いかんせん、そのときから根づまり気味で…。
このたび、いよいよ生存が危ぶまれてきたので、思い切って植え替えてみました。

鉢は、私がお気に入りで行きつけてる、JR二条駅構内のお花屋さんで購入。
素朴でシンプルなところがお気に入り。
サイズもちょうどです。

2010_0516_115910-P1030046.jpg

↑グリーンネックレス

これは多肉でしたね。
ずーっと欲しかったんだけど、冬のあいだは我慢してて、最近ようやくダイソーで買いました。

ガラスの容器は、キッチンキッチン(100円ショップ)で前に買っていたもの。
上のほうの写真ではワイヤープランツが入ってますね。
ワイヤープランツはこのとおり植え替えたので、替わりにグリーンネックレスを。

ダイソーの円形プラ鉢と、このキッチンキッチンの容器…サイズぴったりなのが嬉しいところ。
でも、いずれは大きくなって植え替えないといけないので、グリーンネックレスを入れとけるのも今のうちですね…。

つる性なところが魅力なので、ちょっと高いところから…と思い、ナチュラルキッチン(100円ショップ)で買った木製のミニコンテナ?↓を逆さにして、その上に置いてみました。

2010_0510_124557-P1020966.jpg

…さて、それではいよいよ全体像です↓

2010_0516_141330-P1030064.jpg

2010_0516_141354-P1030066.jpg

「イングリッシュ・ガーデン・パーティー」…イメージ分かっていただけるでしょうかね?

下に敷いてる小花柄の布とか、ワイヤープランツ、フィカス・プミラの細かい葉のイメージ、白いアイアンのベンチ…などなどが、なんとなくイングリッシュ…多分。

植物についてはすでに説明したのでいいとして。

まず、ワインのボトル。

これは、イギリスでもなんでもなく。
スリムななで肩タイプのボトルは、ドイツ文化圏の香り…ってことで、左がアルザス・ワイン、右はドイツのモーゼルかどっかのワインのボトルです。

アルザスのは、前のディスプレイでも使ってましたね。
ドイツのほうは、去年、大阪でのドイツ・クリスマスマーケットで買ったワインを、最近飲みおわりまして。
ボトルの色がキレイだったので、ディスプレイ用に使うことにしました。

それから、正面手前の白いアイアンのミニ・ベンチ。

2010_0516_141509-P1030071.jpg

これは、ナチュラル・キッチンで買ったもの↓に、これまたナチュラル・キッチンで買ったミニサイズの丸いフラワーベースと、パリ土産のミニ・エッフェル塔を置き、フラワーベースの中にはうちの庭で咲いたスズランの花を切ってさしました。
スズラン…ちょっとしおれかけてるけど。。

2010_0510_124646-P1020969.jpg

このたぐいのアイアンのミニチュアは、ほかにも椅子とかテーブルとか持ってるんですが、このベンチは使い勝手が良いです!
100円なのに、良い仕事してくれるなぁ。

それからそれから、そのベンチの横の一画。

2010_0516_141554-P1030074.jpg

小鳥の陶器の置物は、ナチュラル・キッチン。
ずいぶん前に買ったもので、私の部屋に置いてました。
もしかしたら300円商品だったかも。

白い陶器のバラもナチュラル・キッチン。
これは100円商品です。
これもずいぶん前に買ってあったもの。

そして、小さなカゴ。
これまたナチュラル・キッチンで買ったものですが、中身は私が入れました。
買ったときはこんな感じ↓

2010_0510_124634-P1020968.jpg

底にラッピング用の紙を細く切ったものを入れて、お花屋さんで買ったピンクのペッパーベリーのドライフラワー?と、ナチュラルキッチンで前に買ってダイニングのディスプレイで使ってたリンゴのピック、これまたダイニングからとってきたラベンダーとけむくじゃらのドライフラワーをさしてみました。
ピクニックのバスケットみたいなイメージです。
ちっちゃいので、ラブリー

そして、いつもの?ワイングラス。

2010_0516_141605-P1030075.jpg

今回は、カントリー調なので、サテンのリボンではなく、上のほうで紹介したダイソーで買ったレースのリボンの余りと、麻ひもを結びました。
ちょいイマイチなんですが、まあ仕方ないでしょう。。

そうそう。
忘れちゃいけないのが、下に敷いてる布。

この小花柄の布…70×120cmという、かなり大きなサイズで100円というお買い得価格で、ダイソーでGETしたものです。
まあ、安かろう悪かろう…で、布自体の質感とかはかなりよろしくないんですが、柄はあんまり安っぽい感じがしないので、購入。
つるっとした生地なので、汚れをとりやすそうってのもポイント高し。


…というわけで、今回は、観葉植物を活かしたガーデン風のディスプレイでした。

そろそろめんどくさいので、当分のあいだはこれでいこうかと思います(笑)
20:21 インテリア&プチ・リフォーム | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。