09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

京都薪能2013に行ってきました。

2013/06/03
本日、めずらしく2回目の更新です!

さて、昨日は、平安神宮で行われた京都薪能に行ってきました。

IMG_388.jpg

会場は写真撮影NGだったので、帰りに外から平安神宮の門を撮った写真をば。

能なんて、高校生のとき、授業の一環で、観世会館で「羽衣」を見て以来。
何年ぶりなんだろう…?
数えたくもないわー…。

ちなみに、興味はあれど、まったく伝統芸能に造詣が深くない私。
高校生のときは、興味深く鑑賞しつつも、午後の睡魔に抵抗できず、途中、ぐっすり寝てしまったのです…

…で、今回も、眠くなったらどうしよう!…と、内心、不安でした。
午後5時半開演で、9時前くらいまで途中休憩なし(挨拶などの時間はある)で、狂言含む4つの演目が上演されると聞いていたので、なおさら…。

ちなみに、全席自由席なので、つまりは入場した順に良い席に座れる…というシステム。
開場は16時半ですが、早い人ではお昼くらいから並ぶのだそうで、私たちも15時くらいから並びました。
炎天下で、死にそうでした…。。

ま、その甲斐あって、前から3列目あたりのわりと良い席を確保できました!
でも、前の席は、かがり火の灰が降ってくる、降ってくる…。

さて、演目は、

観世流能「賀茂」
観世流半能「三山」
大蔵流狂言「首引」
金剛流能「大江山」

でした。

最初の「賀茂」は、日没前に上演されるのですが、そのあとに火入式があって、かがり火に火がともされました。

予備知識はほぼゼロなので、会場で販売されるパンフであらすじを勉強して観ました。

「賀茂」は、あらすじでもちょっと分かりにくくて、実際よく分からない部分も多々あったのですが、天女の衣装がすごく素敵で、ゆるやかで優美な舞の動きとあいまって、日本の伝統的な美意識の繊細さというか、そういうものを感じました。

次の「三山」は、半能ということで、短めでした。
この物語は、俗っぽく言うと男女の三角関係のお話で、1人の男性をめぐって若い女性とちょっと年をとった女性の2人が争う場面などが演じられました。
これまた衣装が素敵で、女性2人ということで、耽美的でいかにも能…といった雰囲気がありつつも、手にもっている枝でやりあうドロドロした?場面なんかがあったりして、おもしろかったです。

ちょうどこのころ、空は夕焼けでピンクに染まっていて、これまた美しい光景でした。

それから、狂言の「首引」。
これは、狂言なので、予備知識なんてまるでなくても楽しめました。
鬼につかまった若者と鬼、それから鬼の娘の鬼姫の3人が中心になった物語なのですが、めちゃくちゃ親バカ丸出しの鬼が、娘に接するときと若者に接するときで、まったく違う態度になって、大爆笑でした。

最後の「大江山」は、いわゆる鬼退治のお話。
最初の2つの能よりも素人には分かりやすくてテンポも早く、コミカルな場面があったり、チャンバラ的な場面や鬼がひっくりかえる場面があったりと、最後まで楽しめました。

4つも演目があって、最後まで集中して観られるかな…と心配していたのですが、演目の構成が緩急きいていて、中だるみしないで楽しめてよかったです。

前日が忙しくて睡眠時間が短かったこともあり、若干、「賀茂」が眠くなりかけたのですが、最初だったので良かったです。
最後に「賀茂」だったら、ちょっとヤバかったかもですが、最後が「大江山」だったので、まったく眠くなりませんでした。

ただ、真っ暗になるのは、狂言あたりからだったので、暗闇にかがり火の炎…という中での幽玄の世界…という、最初にイメージしていた感じとはちょっと違いました。
「大江山」は、幽玄の世界…というよりは、アクション的な要素があったので。
最初の2つの演目のほうが、幽玄の世界…というイメージには合ってたのかも。

でも、平安神宮の建物をバックに見る薪能は格別で、最初の不安はどこへやら、終わってみればあっという間の4時間弱でした。

***

ちなみに、さすがにこういうイベントなだけに、海外の方の多いこと!
着物を着こなした西洋の方も数人見かけました。

それにしても、かなりの通とかならともかく、海外の方の場合、古文調のセリフとかって分かるんでしょうか?
字幕とかないので、狂言ですら、理解するのはなかなか難しいですよね。
私たちが外国のオペラなんかを観るときみたいな感じでしょうか。

能のセリフや謡の言葉なんて、日本人のはずの私にも…。。
さすがに狂言は普通に理解できますが、能は、予備知識もないので、英語とかフランス語とかのリスニング並みにしか聞き取れませんでした…。
もう、何語!?状態で。

近くに座っていた西洋系のおじさんは、能の途中でやたらとあくびをしてました(笑)
そりゃ、眠いよね。

まあ、そのおじさんはともかく、きっと言葉が分からなくても、何か伝わるものがあるんでしょうね。

***

なかなか京都にいても、こういう伝統芸能を観る機会はないのですが、今回、思い切って行ってみてよかったです!
スポンサーサイト
18:23 京都 | コメント(0) | トラックバック(0)

異国料理とみたらしだんご

2010/06/07
昨日は、友達と京都でランチ&散策&お茶を楽しんできました~

珍しい料理を食べよう企画の第…何弾だろう??
メキシコにスペイン、ペルー、トルコ等々…いろいろ行ったから、もはや第何弾なのか分からず
いつのころからかカウントするのを忘れた…いや、もとからカウントしてなかったのか??

ちなみに、メンバーが違うのも含めて、これまでに食べた異国料理は↓

メキシコ、スペイン、インド、アジア、韓国、ベトナム、ポルトガル、ペルー、トルコ、アゼルバイジャン…等々。

…で、今回はというと。

イスラエル料理です

お店は、京阪出町柳駅近くにある、「ファラフェル・ガーデン」というレストランです

20100606140807_20100606220453.jpg

イスラエル料理というとめちゃくちゃレアな感じがするんですが、ここのウリでもある「ファラフェル」は、たとえばパリなんかでもユダヤ人の方々がたくさん暮らすマレ地区の名物だったりするので、意外とよく知られた料理なのかも

ちなみに、私はパリに行ったとき、このマレ地区に泊まったんだけど、ファラフェルは食べそこねたんですよね
マレ地区はおしゃれなお店も多く、17世紀あたりの貴族の館が建ちならぶ洒落た地区なので、パリにお立ちよりの際はぜひマレ地区でファラフェルをご賞味あれ

…って、ここでパリのファラフェルの宣伝してどうすんねん!(←ツッコミ)

さて、この京都の「ファラフェル・ガーデン」というレストラン。

町屋を改造したとあって、中に入ると奥行きが結構あり、オリーヴの木なんかが植わった明るい中庭もあったりなんかして、ナチュラルでロハス?な雰囲気でした
若干エキゾチックな内装に木のテーブルで、とっても落ち着きました

メニューは、ピタパンにいろいろなものをはさんだピタサンドが中心。
これは、ファーストフード的に、お手軽に食べられる料理です。
それ以外にも、ケバブやクスクスといった、中東・地中海料理がありました。

ピタパンにはさむ中身がいろいろ種類があって、どれにしようか迷ったんですが、とりあえずここは基本?でファラフェルを選びました。
さっきから何も説明せずに書いてましたが(汗)、ファラフェルというのは、すりつぶしたひよこ豆とスパイスを丸めてつくった小さなおだんごのようなコロッケです。
お肉とかを一切使ってないので、ベジタリアンでも大丈夫なメニューだとか

結局、私は、ファラフェルのピタサンドにフライドポテト、ドリンクがついたセットを注文しました。
ちなみに、ドリンクはチャイ。

2010_0606_120821-20100606120821.jpg

ピタパンの中に、たっぷりの野菜とファラフェルボールがたくさん入っていて、ヘルシーだけど満腹感の得られるメニューでした

ちなみに、写真のとおり、ピタサンドはなかなか大きなサイズで中身もたっぷり入っていたので、どうかじりつくか…というのが非常に悩ましいところで、セットメニューが運ばれてきたときに、私も友達2人も、とりあえずまずはフライドポテトをもくもくと食べていました(笑)

とはいえ(?)、ピタパンももっちりしてたし、ひよこ豆のファラフェルボールも美味しかったです
他のメニューも美味しそうで気になるし、また来たいなぁ。

さて、ランチのあとは、高野川沿いを歩いて、下鴨神社へ。
出町から下賀茂神社はわりとすぐなんですが、歩くと意外と距離を感じました。
しかし、食後の運動にはちょうど良いかも

下鴨神社は、私は高校の時に葵祭を見に行くフィールドワークで行って以来。

…何年ぶり??
考えないことにしよう、うん。

広い糺の森の木陰を歩いて行くと、目の前に真っ赤な鳥居が。

2010_0606_143446-20100606143446.jpg

世界遺産に指定されていることもあって、観光客の人たちも結構多いですが、それでもやっぱり清水寺とかあのあたりに比べると少なくて、ちょうど良い感じ

神社って、なんとなく神聖な雰囲気があって、そういう空気が好きです。

2010_0606_144420-20100606144420.jpg

それと、檜皮葺の屋根がとっても綺麗
瓦も良いけど、私は檜皮葺の屋根が好きだなぁ。

2010_0606_144434-20100606144434.jpg

下鴨神社といえば、葵祭で有名。
葵祭の前には、斎王代に選ばれた女性が、下鴨神社の御手洗川で禊をしますよね。

2010_0606_144949-20100606144949.jpg

…というわけで、神社の神聖な空気に浸ったあとは。

下鴨神社といえば…もう1つ、忘れてはならないものが。

それは…みたらしだんご!!

神社を出ると、とりあえず、おだんご屋さんを探して歩く私たち。
しかし、ありそうでなくって、神社の横をえんえん歩きました

それで、やっと見つけた『加茂みたらし茶屋』でお茶することに。

ここのお店…有名なお店だということで、さすがの混み具合
意外と目立たない場所にあるにもかかわらず、店内は満員でした。
しばらく待って、席に案内されたんですが、そのときにはお店の外まで行列が!

名物みたらし団子は、小ぶりのおだんごが5つ串にささったものが3本で1皿400円。
私たちは3人だったので、2皿頼んで、1人2本ずつ食べました。

2010_0606_155407-20100606155407.jpg

ここのおだんごは、黒蜜ベースのたれで、優しい甘さ。
だんご自体も、スーパーとかで売ってるのびるようなものと違って、やわらかくも歯切れの良い米粉のおだんご…という感じ。
しかも、焼きたてなので、とっても香ばしくて、たれがよくからんで、美味しかったです。
そして良いにおい…

さらに、1人1品以上注文してください…とのことだったので、もう1皿、あべかわを注文しました。
こちらは4つで1皿600円。

私的に、あべかわって家でつくるものなので、お店で食べるのは初めてだったんですが、これまた美味しかったです。

…と、和なお菓子でまったりなごんだあとは、市バスに乗って、友達とも別れ、この日は終わり…のはずが!

市バスでJR京都駅に戻る直前、もう駅ビルが見えてる…ってところで、市バスが突如動かなくなりました
動かなく…って、いえいえ、バス車体のトラブルではありません。
どうにもこうにも渋滞で動かないんです。

まあ、観光シーズンだしそんなもんか?…と思ってたら、何やら演説の声が。

バスの乗客のおじさんたちが、「なんか有名人でも来とんのか??」とか言ってたら。

なんと、民主党の福山さんとか蓮舫さんが街頭演説をしてました
こういう場面に遭遇したことなかったので、ちょっとびっくりー!
23:33 京都 | コメント(0) | トラックバック(0)

京都観光第4弾~龍安寺&仁和寺~

2010/04/13
ひさびさの京都ネタです

このとおり、話題があっちこっちとびまくるブログでございます

さて、今日書くのは、毎年恒例の京都観光について。
これ…私が地元の友人とやってる壮大なプロジェクト(笑)でして、地元・京都のメジャーな観光地をめぐろう!…というものです

このプロジェクトのコンセプトなんかについては、過去記事(第2弾第3弾)で書いてるので、今回はもう書きません(めんどくさいし…)。

ちなみに、これまでは、毎年1回、1月から3月くらいのオフシーズンに、以下の観光地をめぐりました!

第1弾(2007年):清水寺、知恩院、哲学の道、銀閣寺
第2弾(2008年):北野天満宮、金閣寺、二条城
第3弾(2009年):平等院、宇治神社、宇治上神社

…見事にメジャーどころばかりです。

そして、今年。

第4弾では、龍安寺仁和寺に行ってまいりました!

ちなみに、この2つのお寺をめぐるっていうのは、去年から決めてたことなんですが。
でも、龍安寺は、修復工事をやっていて、今年の2月末くらいまで拝観できないことになっていたので、一時は他のコースにするつもりだったんですよね。

結果的には、私の都合とかお天気の都合とかで日程が延び延びになってしまい、そうこうしてるうちに拝観が再開されたので、龍安寺と仁和寺をめぐることになりました

あ、ちなみに、行ってきたのは、3月20日あたりです。
…が、記事をUPするのに手間どり、今にいたる。。

では、今日は、写真もりだくさんで、京都観光の模様をお伝えします!

>>続きを読む・・・
17:52 京都 | コメント(0) | トラックバック(0)

京都北欧ツアー♪その2

2010/02/25
このあいだ書いた、京都北欧ツアーのレポその2でございます
遅くなってゴメンなさい

>>続きを読む・・・
23:16 京都 | コメント(0) | トラックバック(0)

京都北欧ツアー♪

2010/02/14
今日は、バレンタイン・デーですね

だからってわけじゃないけど、今日は昼から家でマカロンを作ってみました
初マカロンに挑戦です

出来のほうは、今度あらためて記事にするので、今日はナイショで(笑)
写真も撮ったので、またUPしますね!

…ってわけで、今日は別の話題です。

おとといは、久しぶりに、高校時代の友達と遊びに行ってきましたー

題して、京都北欧ツアー(←今、勝手に名づけただけだけど…)

京都で!北欧を旅するツアーでございます。
←「…は?」とか言わないで!

京都って、何気にフィンランドとかスウェーデンとか…北欧関連のショップがたくさんあるんです、実は。

…知らなかった?
私も知らなかった(笑)

去年、うちでとってる京都新聞に週1でついてくる情報誌に、そういうショップばかりを紹介する特集があって、初めて知りました。

ムーミン大好きなわたくしとしましては、コレは行かずにいられるかっ!てことで。
同じくムーミン好きの高校時代の友人とともに、そこに載ってたショップめぐりをすることにしたわけです。

…が!

私って、ついうっかり…な性格でして。
その特集記事をなくしてしまったのです(←バカ)

で、どうしたかっていうと、「ブルーベリーアイ」で有名な「わかさ生活」のHPをチェック。

わかさ生活って、えーと…みなさま、ご存知ですよね?
実は、あれは京都の企業でして。
京都では、映画館とかに行くと、映画がはじまる前に、かならずわかさ生活のCMが入るっていう…(他地域ではどうなんだろう???)。

わかさ生活は、北欧産のブルーベリーを使ってるとかで、北欧とは関係が深い企業。
なので、そのHPにも、北欧情報がたくさん載ってるんですよー
中でも、「北欧生活」というページには、北欧情報が充実してるので、北欧に興味のある方はぜひ1度ご覧になってください
お洒落な壁紙も無料でダウンロードできるので、めちゃくちゃおすすめです!

…とと。
話が逸れかけました。

それで、そのわかさ生活のHPには、北欧雑貨とかをあつかってるショップのリストが載ってるんです
なので、それを頼りに、いざ京都北欧ツアーにGO!

以下では、こんなテーマで京都散策もアリ?ってことで、京都北欧ツアーの模様をお届けします!

>>続きを読む・・・
21:41 京都 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。