07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

BLAKEのクリスマス・アルバムが届きました!

2015/12/06
またまたお久しぶりの更新です。

さて、Twitterではすでに書きましたが、11月末は、BLAKEの新しいアルバム『A Classic Christmas』の発売日でした♪



タイトルのとおり、BLAKE初のクリスマス・アルバムです

私は、いつものように、彼らがアルバム制作&プロモ資金調達のために利用しているPledge Musicを通じて、サイン入りのCDを注文していたのですが、先日、無事に届きました~↓

CU1MVUHVAAEspST.jpg

オレンジ色のトーンといい、なんだか30~40年前のカホリがするジャケ写ですが…(笑)

Pledge Musicでは、サイン入りCD以外にもいろんなプレミアグッズや権利がお手頃価格で出されていて、前回は、私もサイン入りバースデーカードを注文したのですが。
今回、メンバーからのビデオメッセージを注文しようかな…と思っていたのですが、旅行に行ったりして金欠だったため、サイン入りCDのみを注文しました。

それにしても、『Start Over』以来、BLAKEのサイン入りグッズが着実に増えている…(笑)
でも、アーティストを応援してる…って実感できるところが、このPledgeのシステムの良いところですよね。

***

さて、このアルバム『A Classic Chirstmas』についてですが。
クリスマス・ソングって、親しみやすい曲が多いので、すでに脳内再生できるほど記憶に残ってる(笑)

ちなみに、収録曲はこちら↓

1. The Christmas Song (Chestnuts Roasting on an Open Fire)
2. Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!
3. Christmas Time is Here
4. Frosty the Snowman
5. Have Yourself A Merry Little Christmas
6. It's Beginning to Look a Lot Like Christmas
7. Little Saint Nick
8. Walking in the Air
9. In the Bleak Midwinter
10. O Holy Night
11. I'll be Home for Christmas
12. Back in Your Arms (For Christmas)
13. Silent Night


「ザ・クリスマス・ソング」や「きよしこの夜」のような定番曲も入っていますが、私は3分の2くらいが知らない曲でした。
ちなみに、3は、スヌーピーの曲なんだとか

IL DIVOも以前にクリスマス・アルバムをリリースしていますが、「O Holy Night」と「Silent Night」以外はかぶってません。

選曲がいかにもBLAKEらしいな…という感じで、アップテンポでノリの良いポップス調の楽しい曲(2、4、6、7)もあれば、ムードたっぷりに情感を込めて歌うスローテンポの曲(1、3、5、11)もあり、さらには教会の神聖な空気を感じさせる美しいハーモニーのアカペラで歌うキャロル(9、13)があるかと思えば、オペラのように朗々と歌いあげる曲(10)もあり…。

BLAKEの場合、これまでもそうでしたが、1枚のアルバムの中に「これ、ほんとに、1つのグループが歌ってるの?」と首をかしげたくなるほど、歌い方や発声、スタイルのバラエティに富んだ曲が収録されていて、彼らの歌唱力と器用さに驚かされっぱなしです。
それでいて、美しいハーモニーという彼らのアイデンティティが、すべての曲に共通してるんですよね。

いや、ほんとこの選曲、BLAKEじゃないとできないですよ。

さて、今回のアルバムの目玉の1つは、デイム・シャーリー・バッシーとデュエットした「ザ・クリスマス・ソング」。
複数のジェームズ・ボンド映画の主題歌を歌い、「デイム」の称号をもつ伝説的歌手とのデュエットということで、BLAKEのメンバーもさすがに興奮気味(笑)

「デイム・シャーリー」は御年78歳だそうですが、それをまったく感じさせないパワフルな歌声で、BLAKEのハーモニーとも相性ばっちり。
MVが公開されているので、ぜひとも聴いてみてください↓



***

『A Classis Christmas』というタイトルのように、わりと往年の曲のカバーが中心のこのアルバム。
古臭く感じるかな…と思いましたが、クリスマス・ソングって、妙に新しいよりもむしろちょっとレトロで昔懐かしいような曲のほうがしっくりくるみたいで、全然大丈夫でした。
BLAKEの先のアルバム『In Harmony』も良かったけど、むしろ個人的には今回のほうがより気に入ってさっそくヘビロテしてます。
…クリスマス・ソングばっかりなので、1年中聴くにはちょっと…というのが残念ですけど(笑)

収録曲すべてについて語るつもりはありませんが、このアルバムの中で私が特に好きな曲について少し。

このアルバムの中で、私が特に気に入った曲は、「Walking in the Air」「Back in Your Arms (For Christmas)」の2曲。
あと、「The Christmas Song」も好きだし、スティーヴンさんが可愛らしい「Frosty the Snowman」も気に入ってます。
…いや、どれも好きなんですけどね(笑)

ま、ここではとりあえず上の2曲について書きたいと思います。

まず、「Walking in the Air」

これ、イギリスのTVアニメ『スノーマン』の挿入歌として有名だそうで、私は知らなかったんですけど、母が知ってました。

どこか物悲しいような雰囲気のとても美しい曲で、中心的にソロを務めるハンフリーさんの澄んだピュアな歌声が曲の雰囲気を盛りあげています(ハンフリーさんといえば、最近、子守唄のソロアルバムをリリースしたそう)
さらに、バックコーラスを務めるスティーヴンさんとオリーさんの重層的なハーモニーがまた美しい…!

BLAKEといえば、やっぱりハーモニー。
そんなBLAKEの魅力をひときわ輝かせてくれている一曲だと思います。

それから、「Back in Your Arms (For Christmas)」

この曲は、このアルバムで唯一、カバー曲ではなく、オリジナルです。
しかも、BLAKEのメンバー3人も曲作りに参加したということで、そっちの才能も感じさせてくれる一曲になっています。

故郷を離れて暮らす人たちのことを思って作ったというこの曲、わりと往年の雰囲気の曲揃いのアルバムの中にあって、この曲は、モダンな中に懐かしさのあるメロディで、クラシカルクロスオーバーというよりは、ウエストライフみたいな爽やかなポップスをイメージさせます。
メンバー3人それぞれの良さを活かしたソロもあって、とても素敵な仕上がりになっています。

***

ほんとに素敵なアルバムなので、ぜひぜひ皆さまも手にとってみてくださいませ~^^


スポンサーサイト
19:04 BLAKE | コメント(0) | トラックバック(0)

BLAKEのクリスマス・アルバムのプロジェクト開始

2015/06/02
今日は、ひさしぶりにBLAKEの話題です♪

BLAKEが、今年の11月にグループ初となるクリスマス・アルバムをリリースすることは、ずいぶん前にお知らせがあったのですが、このほど6月1日から、そのアルバムの制作とプロモーションのための資金を集めるPledgeMusicのプロジェクトが開始しました~

PledgeMusicとは何ぞや…という点に関しては、以前から何度も紹介してきたので、詳細はパスさせていただきますが、要するに、
アルバム制作資金を集めるためにアーティストとコアなファンをつなぐシステムで、アーティストはプレミアムなグッズやなんかをファンに提供、ファンはそれを予約購入(プレッジ)することでアーティストに投資する…という仕組み。
以前は、英語のみでしたが、最近じゃ、ようやく日本語対応が進んできた模様(…でも、ところどころ変な日本語っぽい)。

BLAKEは、ユニバーサルから独立して以来、アルバム制作資金を集めるのが容易ではないのか、『Start Over』以来、PledgeMusicを利用したキャンペーンを毎回張っていて、今回のクリスマス・アルバムでかれこれ3回目。
お金の問題だけじゃなく、ファンとの距離の近さを大事にしているグループだけに、PledgeMusicでのプロジェクトを通じてファンと協力しながらアルバムを作る…っていうのが気に入っているのかもしれません。

…で、今回のプロジェクトでも、BLAKEからは超絶ゴージャスなアイテムが提供されています

サイン入りのニューアルバムやサイン入りポートレート、カレンダーなどはもちろん、アルバム・ブックレットへの名前の記載権、BLAKEのコンサートのVIPチケットなど、以前のプロジェクトと同様のアイテムがずらり。

BLAKEのメンバーによる歌のレッスンや、コンサートのステージでメンバーと一緒に歌う権利、レコーディングの見学、BLAKEと一緒にレコーディング…。

さらには、これまでのプロジェクトでは、ロンドンの高級ホテルでメンバーとアフタヌーンティーなんていうのがありましたが、今回は、ハイドパークでシャンパン・ピクニック+湖をボートで遊覧に変わっています(笑)
…これ、ファンのリクエストで実現したらしい(凄)
たぶんランチ付なんだけど(ケータリング?)、195ポンド(37,000円くらい)なので、内容考えたらリーズナブルよね。
だって、IL DIVOのM&Gなんて、あれだけの内容で5万円もするんですよ…(行ったことないけどさ)。

あと、前回から加わった、BLAKEメンバーと一緒にケーキ教室っていうのも、今回もあります(笑)
…これはかなり高い。

変わり種で行くと、BLAKEメンバーと一緒にスキーなんてのも…。

ロンドンに住んでたら、手ごろなやつならぜひぜひ参加したいところですが、日本からだとロンドンまでの旅費がねぇ…。

日本から利用できる…ってなると、お好きなメンバーとスカイプで20分間ビデオチャットなんてのもあります。
これ…たったの45ポンド(8,500円くらい)なんですよ~!
チャットの中で、歌も歌ってくれるかも…なんだそうで
すごいよね、すごいよね!

でも、20分も英語で話すなんて、ムリムリ~!
そりゃ、BLAKEのメンバーはとっても分かりやすい英語を話してくれるし、前にStephenさんのビデオQ&Aセッションがあったときなんかでも、はっきりした発音で丁寧に話してくれるのでなんとか理解できたんですけど…。
向こうの英語が分かっても、こっちがねぇ…。
英語能力という大問題に加えて、BLAKEのメンバーを(画面の)前にしたら、頭の中ぐちゃぐちゃで英語も何もかも吹っ飛びそうで…(大汗)
大体、何喋ったらいいのよ…。

あと、BLAKEからのパーソナライズド・クリスマスカードもあります。
これは、前回のプロジェクトのときにあった、パーソナライズド・グリーティング・カードのクリスマス版ね。

以前の記事に書きましたが、前回のプロジェクトでは、私…バースデー・カードをお願いしました。
BLAKEのマネジメント担当者さん?と数回メールのやりとりをして、結果、私の名前やなんかが印刷されたカードが、ちゃんと誕生日に合わせて(ちょっと早かったけど)届きました
もちろん、中にはサイン入り^^

今回のクリスマスカードも気にはなるんだけど、たぶん前回のグリーティング・カードと似たようなものだと思うので、今回はパスしようかなぁ…。

とりあえず、プロジェクトはまだはじまったばかりで急ぐ必要はないので、何をプレッジするかは、もうちょっと時間をかけて考えたいと思います。

ただ、プレッジした人だけが見ることができるアルバム制作のアップデート情報へのアクセス権が欲しいので、とりあえずサイン入りアルバムはプレオーダーしました。
サイン入りなのに、送料込18ポンドでした

PledgeMusicの日本語対応も進んで敷居が低くなっているので、BLAKE、クラシカル・クロスオーバーに興味がある方はぜひプレッジを考えてみてください♪
(注: サイン入りアルバムやポートレート、カレンダーなどは大丈夫ですが、ビデオチャットやクリスマスカード、ビデオメッセージなどは、英語でのメールのやりとりが必要になるかもしれませんのであしからず)

PledgeMusicのサイトはこちら

20:39 BLAKE | コメント(0) | トラックバック(0)

コラブロ来日に乗じてBLAKEを売りこむ。

2015/05/06
つい先日は、イギリスの若手クラシカルクロスオーバー・ユニットのコラブロの来日が話題になっていましたね

コラブロについては、以前にもちらっと触れましたが、私としては、今のところ、興味はあるけど静観中な感じ。
…これ以上、追っかけるアーティストを増やすと大変なことになるからね
でも、母は、Mステを見たようです。

とはいえ、こうやって若手のクラシカルクロスオーバー・ユニットが出てきて、日本でも話題になるのは良いことだなぁ…と。
IL DIVOは、もともと年配層をターゲットにしているので、10~30代あたりでの知名度と人気がイマイチ。
だから、コラブロ人気で、若い世代にもクラシカルクロスオーバーの魅力が認知されるようになるのを期待してます。

ちなみに、私の勝手な意見ですが、IL DIVOファンの方々のコラブロに対する反応って、①「こっちもなかなか好きかも。ついでに応援しちゃお」、②「IL DIVOに比べると物足りないわ。興味なし」…って分かれるのかな、なーんて思うのですが、どうでしょう?

コラブロは、ハーモニーを売りにしているグループだと思うので、IL DIVOとは方向性が少なからず違うのですが、ミュージカル曲を歌っている…という点ではかぶる部分も多々あり。
ハーモニーを売りにしているっていう点では、むしろBLAKEにも近いのですが、逆に、BLAKEは、ミュージカル曲も歌わなくはないけど、それがメインではないんですよね。

まー何というか、IL DIVOもBLAKEも聴いてる私からすると、IL DIVOはこってりしたフォアグラみたいなもんで、美味しいけど毎日食べてるとだんだん胃にもたれてくるというか、一方、BLAKEやコラブロは美味しいサラダみたいなもんで、フォアグラに比べると物足りなさは感じるかもしれないけど、毎日朝からでもいけるというか(笑)

コラブロは帰国しましたが、すでに次の日本公演も決まったというし、これから日本でも人気のグループになる可能性はわりとあるんじゃないかなぁ。

結局のところ、こういう世界は実力だけじゃダメで、音楽業界がプッシュしてくれるかどうかが大きいと思うんですよ。
だから、今回のテレビ出演やらライブで、日本の音楽業界が手ごたえを感じたなら、今後、さらに人気が高まる可能性はあるよね。
それにはもちろん、熱心なファンが少なからず存在することも重要ですが、あとはレコード会社とかプロモーター次第かな、と。

…で。

今回、コラブロに興味をもった人たちが、「こういうグループ、他にもないかなぁ」なーんて思ってくれたら、BLAKEにもチャンスがあるんじゃないかと…(←そっちかい!)。

実際、私の場合、サラ・ブライトマンに興味をもったのがきっかけでクラシカルクロスオーバーのジャンルに出会って、IL DIVO→BLAKEと来てるので、派生的にBLAKEの知名度もあがると良いなぁ。
…んで、日本の音楽業界がBLAKEを再発見してくれたら…!

なので、コラブロに興味をもったそこのアナタ!

同じUK出身で、コラブロよりは年上だけどIL DIVOよりは若い(笑)クラシカルクロスオーバー・ユニット、BLAKEはいかが?

クラシックに美しいハーモニーで歌いあげるこんな歌もあるけど…↓



ポップス調のこんな曲や…↓



こんな曲も歌っている、とっても器用なグループです↓



クラシック調の曲がお好みの方はこちらのアルバム↓



ポップス調の曲がお好みの方にはこちらのアルバムがおすすめ↓



最新アルバムはこちら↓



…と、コラブロ来日に便乗して、BLAKEを売り込むわたくしw

コラブロがきっかけで日本にもBLAKEファンが増えて、いつかBLAKEが来日公演できるようになるといいのだけど…
道は遠そうだけど、宣伝がんばります~

14:56 BLAKE | コメント(0) | トラックバック(0)

元BLAKEメンバーのJulesさんがソロ・デビュー

2015/03/22
このニュース…しばらく前(1か月くらい前だったかな?)に出たものなので、ファンにとってはすんごく今さらなんですけど…。
一応、何も触れないのもアレかと思うんで、今さらながら書いておきます。

BLAKEの元メンバーで、BBCの医療ドラマ『Holby City』への出演が決まって脱退したJulesさんが、このたび、ドラマを去り、ふたたび歌手としての活動を始めることにしたようです。
俳優志望ってことでBLAKEをやめたわけだけど、歌手としての活動が恋しくなったのだとか。

さて、そのJulesさん。
BLAKEに戻るのではなく、ソロ歌手としてデビューするようです。

アルバムは『Change of Heart』という(意味深な?)タイトルで、来月リリース予定。
随所で出ているインタビューやSNSでの発言によると、幅広いジャンルからJulesさんに個人的に影響を与えた歌を集めたアルバムだそう。
BLAKEのメンバーの中では一番ポップス調の歌声の持ち主だったJulesさんなので、わりとポップス系のアルバムになるんじゃないかと勝手に予想してるんですが、どうでしょう?

BLAKEと同じく、PledgeMusicで資金集めキャンペーンをやっているのですが、少々苦戦中↓

http://www.pledgemusic.com/projects/julesknight

期限まであと1か月を切っているのですが、まだ目標金額の30パーセントを越えたばかり。
…かく言う私も、まだPledgeしてないんですけどねー…(苦笑)

Pledge商品は、だいたいBLAKEと似たようなグッズが出ています。
サイン入りCDやポートレートはもちろん、パーソナル・ビデオ・メッセージやらグリーティング・カードやら。
イギリス在住の方向けには、Julesさんと一緒にワークアウトとか、演技レッスンなんてのもあります。

金欠の私は、とりあえずサイン入りCDを注文しようかな…と思案中。
かつてのBLAKEの中では、Julesさんの声はStephenさんと並んで好きだったけど、個人的にJulesさんのファンというほどでもないので…。
でもまあ、新しいソロ・アルバムを聴いたら、ファンになるかもですけどね。

ところで、このJulesさんのソロ・デビューの件、私のチェック不足かもしれませんが、見たところBLAKEサイドではこのことにまったく触れていなくて、どーなってるんだろうなぁ…と思わなくもなかったり。
もちろん、脱退したメンバーのことだから、あえて触れる必要はないわけですけど、Julesさん、俳優業に転向するからってアルバムのリリース直後のちょっとマズいタイミングでいきなり脱退した感あったから、それが今になってソロ・デビューって話になって、BLAKE側としたら少々引っかかるとこあるんじゃないか、って思えて。
StephenさんとJulesさん、仲良しっぽかったから、なんかちょっと心配。
ま、私の勝手な妄想ですから、ただ単に忘れてるだけかもしれないし、杞憂だと良いのだけど。

それはさておき。
Julesさんのソロ・アルバム、これはこれで楽しみです♪
早くPledgeしなくちゃ。

16:39 BLAKE | コメント(0) | トラックバック(0)

BLAKEのバースデーカードが届きました!

2015/03/15
書きたいことはたくさんあるのに、時間がなくてなかなか追いつきません…(汗)

…てなわけで、今日は、BLAKEの話題をば。

イギリスの若手クラシカルクロスオーバー・ユニット、コラブロが日本のTVに出たりもして人気上昇中の昨今。
Twitterのフォロワーさんの中に、早くからコラブロに注目されてた方がいらっしゃったので、なんとなく存在は知っていたのですが、BGT出身で、IL DIVOや1Dと同じサイモン・コーウェルのSyco Music所属、両方の良いとこどりしたようなボーイズ・バンドなので、こうやってメディア露出が増えると、日本でも人気が出そうだなぁ…と予感。

ちなみに、私としては、ハーモニーも綺麗だし、IL DIVOと違って(笑)フレッシュな魅力があると思うんですが、金欠の中、これ以上追っかけるアーティストを増やす余裕がまったくないので、静観してます。
ミュージカル音楽ってのにあんまりそそられないっていうのもあるけど(ミュージカル自体は好きなんだけど、ミュージカル曲のカバーっていうのにあんまり興味がないというか)。

さて、UKのクラシカルクロスオーバー系ボーイズ・バンドが熱いってことで、忘れちゃならないのがBLAKEですよ!
便乗して日本でもBLAKEを売り込もうよ!

IL DIVOやコラブロみたいに大手レーベルに所属していない(かつてユニバーサルから独立したからね…)彼ら。
アルバム制作のたびに、最近じゃ、Pledge Musicでの資金集めプロジェクトをやっていて、ファンのためにサイン入りグッズなどのプレミアグッズを出品してくれているわけですが。

先のアルバム『In Harmony』のプロジェクトのとき、私は、サイン入りアルバム2枚(『In Harmony』と『Start Over』EE)に加えて、パーソナライズド・グリーティング・カードなるものを注文していました。

…これ、誕生日でも結婚記念日でも、はたまた何の記念日でもなくても、希望する時期に希望する内容でのグリーティング・カードをオーダーメイドで作って送ってくれる…というものでした。
詳しい説明はなかったので、どんなもんかも分からなかったのですが、25ポンドとお手頃だったこともあり、とりあえず「BLAKEのメンバーからカードが送られてくるなんて、すごいんちゃう?」と思って、自分の誕生日用にバースデーカードを注文してみました。

すると、BLAKEのマネジメント担当と思われる方と何度かメールのやりとりがあって、このほど私の誕生日が近づいてきたので、そのカードが実際に送られてきました

ちなみに、なぜかフランスから送られてきたので、フランスの知り合いから手紙でも来たのかと思った
フランスのほうが郵便料金が安いとか、そーいう事情??

…で、届いたカードがこれですよ~
古いiPod touchの写真なので、ピンぼけですみません。

IMG_1791.jpg

『In Harmony』のジャケ写を使ったカードで、この写真では見えないようにしてますが、「Happy 30th Birthday」のあとに私の名前が入ってます。
…っと、年齢がバレて恥ずかしい///

わざわざ年齢を入れてくれたのは、メールで、「今年は30歳の節目のバースデーなので、BLAKEにお祝いしてもらったらとっても嬉しいです」とかなんとか書いたからであります。

んで、中身がこれ。

IMG_1798.jpg

中にもオリジナル・メッセージ(印刷)が入っていて、その下にはスティーヴンさん、オリーさん、ハンフリーさんの直筆サインが!
すごくね、丁寧にサインしてくれてる感じで、それが嬉しかった

あの3人がこのカードに触ったのね…と思うと、なおさら感慨深い…(ヘン○イではありません、念のため)。

せっかくなら、メッセージと名前も直筆で書いてほしかったなぁ…とも思わなくもなかったけど、そんな贅沢は忘れて、ひたすら大喜びしておきます
PledgeMusicのおかげで、BLAKEのサインはすでにいくつかもってるけど、これもそのお宝コレクションに加えるわ~。

ちなみに、このカード。
こういうオリジナルのカードを作ってくれるサービスがあるようで、それを利用して作ってくれたみたいです(もちろん、本人たちじゃないと思うけど、スタッフも含めてチーム・ブレイクだと思うから、いいのだ)。
写真を選んで、メッセージをタイプすると、それを印刷して送ってくれる…的な。

その辺でテキトーに買ってきたカードにサインして、メッセージでも入れるだけかと思ってたら、意外と手が込んでました。

今年で三十路かぁ…と思うと、気が重くなるばかりだったけど、こうやってBLAKEにお祝いしてもらった…って思うと、なんだか最高の誕生日に思えてくる気がする。
…ま、25ポンド払ったの、自分だけどさ(笑)

***

さて、そんなBLAKEですが、去年ニューアルバムをリリースしたばかりなので、今年はアルバムはないかなぁ…と思ってたら、今年秋ごろに待望のクリスマス・アルバムをリリースする予定だそうです!

今回も、PledgeMusicで資金集めプロジェクトが立ち上がるようで、それは5月か6月あたりに始まるのだとか。

ぜひ、皆さまも、美しいハーモニーの英国紳士なBLAKEを応援してあげてくださいね!

16:25 BLAKE | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。