07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ホビットEEの特典映像観おわりました!

2013/11/28
このあいだ、ようやく『ホビット』第1部のEEの特典映像ディスクを観おわりました!

最初からついてるディスク3枚と、Amazonの購入特典のおまけDVD1枚…計4枚もあったので、ものすごく時間がかかりました

このあいだからちょこちょこ書いてるので、残すところ…ということで、最後に観たのは、挿入歌についてのドキュメンタリーとAmazonのおまけDVDです。

LOTRとホビットの音楽はすごく好きなので、挿入歌についてのドキュメンタリーは楽しく観ました。

これは、サントラについてのドキュメンタリーではないので、映画本編でドワーフたちや大ゴブリンが歌う歌やニール・フィンの歌う主題歌がフィーチャーされていました。

…そういえば、今回は、ハワード・ショア氏のサントラについてのドキュメンタリーがないのね…。
ちょっと残念。。

ここであつかわれるのは、サントラ収録前に作曲された挿入歌なので、ハワード・ショア氏によって作曲されたものではありません。

…っていうか、私、何にも知らなくて、ドワーフたちの歌う「Misty Mountains」もてっきりハワード・ショア氏が作曲したと思ってたら、Plan 9っていうニュージーランドのグループが作曲したんですね!
知らなかった

特典映像では、このPlan 9が作曲した「Misty Mountains」の別バージョンのデモテープもいくつか聴けたのですが、最初のバージョンは、中世の教会音楽(グレゴリオ聖歌とか)みたいな雰囲気で、2つ目のバージョンは、これまた中世の民謡みたいな感じでした。
どっちも悪くなかったけど、最終的に採用されたバージョンがやっぱり最高ですね!
キャッチーでありながら、哀愁が漂う民俗的なメロディが、ドワーフにぴったりです。

そして、もちろん、ハワード・ショア氏によるオーケストレーションのアレンジも素晴らしいし!

「Misty Mountains」といえば、リチャード・アーミティッジさんのキャスティングのポイントに歌声もあった…っていう話が、ファンとしては嬉しかったです。
脚本読み合わせの場面では、まだメロディができあがってなかったらしく、即興?で節をつけて歌詞を読みあげるRAさんの映像もありました。

あと、EEで出てくる裂け谷でボフールが歌う歌は、キャストのジェームズ・ネスビットさんが作曲したものなんですね。
彼は、「Blunt the Knives」で笛の演奏も披露してるし、多彩だなぁ…。

***

それから、AmazonのおまけDVDは、今年3月にネットで配信されたファンイベントのときの映像に字幕をつけて収録したものです。

だから、見たことがある映像なのですが、日本語字幕がついてて安心して見られるし、おまけに3月のことはすでにかなり忘れてしまってるので、あらためて楽しめました。

それにしても、第二部で新たに出てくるキャストばかり中心的にピックアップされてるので、われらがトーリンがほとんど出てこないのが寂しかった…。

そういえば、トーリンをスラ様が詰問する場面の収録風景では、トーリンとスラ様の身長がほぼ同じでしたね(笑)
リー・ペイス氏もかなりの長身だそうですが、この映像は最終的になんか加工されるんですよね、もちろん。

嬉しかったのは、LOTRとホビットで一番お気に入りの武器をたずねられたPJが、セオデンの剣と答えてたこと。

…というのも、私も、1つだけお気に入りの武器を選ぶなら、やっぱりセオデンの剣を選ぶから。
キャラとしてはトーリンのほうが好きだし、オルクリストも素敵だと思うけど、1番は、セオデンの剣。
アンドゥリルやグラムドリングも良いけど、やっぱりセオデンの剣です。

なぜって、やっぱりあのデザインは素晴らしいと思うから。
そういう意味では、この場合、原作ではなく、映画の小道具作成スタッフが素晴らしいってことなんですけど。

セオデンの剣は、ローハンにとって特別な意味をもつ馬のデザインで、2頭の馬が向かい合うようになっています。
剣だけじゃなく、ローハンの都エドラスの建物や黄金館も、馬のデザインが活かされていて、すごく好きなんです。

なんていうか、エルフ系のデザインが、現実には存在しない夢の世界のデザインとすれば、ローハンのデザインは、本当にありそうなところが魅力だと思うんです。
ローハンのデザインは、まるで800年くらい昔に、本当にそういう国が存在したんじゃないかと思えるくらい、リアルな歴史の重みを感じさせるんですよね。
そこが好き。

あと、グリーンのマントもすごくカッコよかったし、エオウィンのドレスもとっても素敵でした。

中つ国で、住むなら居心地の良いホビット穴が良いけど、憧れるのはローハンだったりします。

…と、話が逸れましたが。

とりあえず、これでEEの特典ディスクは観おわったので、あとはオーディオ・コメンタリーです!
先は長いな…。
でも、全部観おわったら、第二部の公開とEEリリースが待ち遠しくなりそう。。
スポンサーサイト
16:52 Hobbit AUJ | コメント(0) | トラックバック(0)

『ホビット』EEの特典映像とDoS情報

2013/11/23
このあいだ買ったばかりの『ホビット』第1部のEE。

本編はとりあえず1回通して観たのですが、特典映像がたんまりありすぎて(←嬉しい悲鳴)、どうしても夜更かし気味の今日この頃です…。
他にもやらないといけないことがあるので、DVD観るのは、どうしても夜遅くになってしまう…。。

とはいえ、ようやくAmazon独自特典のディスク以外の3枚は、9割がた観おわりました。

考えたら、昔のビデオテープだった時代は、こんなメイキング映像やらなんやらを付録でつけるってこともなかっただろうし、それと比べたら今は大変ですね…
それを最初から想定して、メイキング用の映像やインタビューまで用意しないといけないなんて。
ファンとしてはすごく嬉しいことだけど(笑)

ところで、今回の『ホビット』のEE。
個人的な印象ですけど、LOTRのSEEのときの特典映像とは、やっぱりちょっと違う感じです。

最近、LOTRのSEEの特典映像を長らく観ていないので、私の記憶違いかもですが、LOTRのときは、キャストが登場しない、マニアックな舞台裏映像が結構多かったような気がするんです。
いわゆる中つ国の世界観を作るための、映画を縁の下で支えるスタッフたちの映像で、それもかなりマニアックな感じの。
それっておもしろいんですが、技術的な話にそこまで興味がなかったりすると、少々退屈に感じてしまうこともありました。

でも、今回は、そういうスタッフを中心とした舞台裏映像もかなり入ってるのですが、キャストの映像も交えてあったりして、バランスが良いというか。
それほど技術的な話や映画製作そのものに興味がなくても、最後まで退屈しないで楽しめる作りになっていたので、めちゃくちゃ長い特典映像なんですけど、おもしろくて一気見してしまいました。

考えたら、LOTRのときは、特典映像はディスク2枚分…でしたよね?(たぶん)
今回は、1枚増えてるわけですね。

このあいだも書いたように、1枚目と2枚目は、クロノロジカルなメイキング映像+α。
3枚目は、キャラクターの解説などが中心です。

最後に観たのは、2枚目にあたるディスク。
主要撮影の後半から、追加撮影、プレミア…とメイキングが収録されていました。

メイキングでは、いつも本編にカメオ出演してるPJの映像がおもしろかったです。
今回、PJは、エレボールから脱出するドワーフの1人を演じてるわけですけど、その場面で、準主役のトーリンを食っちゃおうとしてるところが笑えたw
リチャードは重要じゃないから…って、トーリンを覆い隠しながら走って、自分を撮るようカメラに要求…っておい(笑)

あと、撮影終了のときのRAさんの挨拶もよかったです。

それにしても、今回のメイキングは、LOTRのときとは比べ物にならないくらい「ピー」が多いわ(笑)
口悪いのね、みんな…。

そして、「おまけ」として、第2部のメイキング映像のハイライトも少し入ってました。
バルドやバイン君、スラ王、レゴラス、タウリエルなどの映像もちらちらサービスされていました。
あと、ドワーフたちが樽に入って流されるシーン(この樽って、下半分はないんですね・笑)とか、闇の森のクモの糸に絡められてる場面も。

これまでPJのビデオブログなんかで観たような場面もありますが、私にとってははじめて観る場面も多々ありました。
ちらちら明かされる映像を全部観てるわけじゃないので、ひょっとしたらすでに公開されてきた映像なのかもしれませんが。

あと、期待してる人も多い(?)、ベネディクト・カンバーバッチさんの映像もありました。
顔にぽつぽつつけて、表情をとってるとことか、ちょこっとインタビューとか。

それにしても、ほんとにこういうメイキング映像を観ると、すっごく大変だろうけど、こういう生産的でクリエイティブなお仕事をされてる方々がうらやましくなります。

***

ところで、今回のDVDには、おまけとして、PCやタブレット、スマホなどに映画本編をダウンロードできるシリアルナンバーがついていました。
すごくファイルサイズが大きいけど、さっそくマイiPod touchに本編をダウンロードしました。
これで、いつでもどこでも『ホビット』が観られる♪

こういうおまけはありがたいですね。
(ゴラムカードよりずっとね…・笑)

***

そういえば、話変わるので、またいずれあらためて書こうと思いますが、第2部のサントラのハイライトが聴けるようになりましたね!
結構長いので、まだ全部聴けていませんが、ハワード・ショア氏の音楽は大好きなので、超絶期待!!

第1部は、LOTRの音楽を踏襲したものが多かったですが、今回は、新たなテーマがたくさん登場するという噂なので、すごく楽しみにしてるんです。

来月発売されるサントラも、もちろん買う予定♪
…でも、お金がないので(←IL DIVO貧乏)、へそくり?のAmazonギフトカードを使うつもりです…(苦笑)

17:57 Hobbit AUJ | コメント(0) | トラックバック(0)

リンディアがFIGWITだったとは…!

2013/11/20
昨日書いた『ホビット―思いがけない冒険』EEの話ですが…。

ホビット 思いがけない冒険 エクステンデッド・エディション DVD版(5枚組) (Amazon.co.jp限定 映像特典ディスク付) (初回限定生産)ホビット 思いがけない冒険 エクステンデッド・エディション DVD版(5枚組) (Amazon.co.jp限定 映像特典ディスク付) (初回限定生産)
(2013/11/13)
イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン 他

商品詳細を見る


夕べ、さっそく時間ができたので、特典ディスクを観ました。

これで、とりあえず最初に観はじめた特典ディスクともう1枚、計2枚観おわりました。
ちなみに、特典ディスクは、Amazon限定モノを入れて4枚あります。

昨日あらたに観たのは、特典ディスクの1枚目。

この1枚目では、PJによる挨拶兼特典ディスク解説がついてました。
最初にコレを観ろよ…ってことですね(汗)
でも、私は、ドワーフのキャスティングとかの話が気になったので、最初に3枚目を観てしまいました…。

特典ディスクは、トールキンにならって「追補編」という位置づけになってるようです。
今回の特典ディスクは、1枚目と2枚目が追補編7、3枚目が追補編8ということになっていて、なんで7と8なの?…って思ってたら、LOTRから通しで数えてるらしい。
FOTRが追補編1と2で、TTTが3と4、ROTKが5と6だから、今回は7からなんですね。

そういえば、LOTRのときは、SEEの特典ディスクは2枚だった気がするけど、今回は3枚あるから、増えてるってことですよね。

そういうわけで、ディスクは3枚だけど、追補編としては7と8の2編の設定。
ディスク1と2が追補編7ってことになってます。

昨日書いた追補編8は、登場人物紹介とかキャスティング、クリーチャーや武器、衣装などの造形がテーマ。
一方の追補編7は、メイキングを時系列に追った映像を編集したものです。

とりあえず、夕べは、この追補編7のディスク1を観たわけですが…。

『ホビット』の場合、かなりの紆余曲折を経て撮影にこぎつけた映画なので、そのあたりの苦労とかも語られていて、中身が濃かったです。
これだけの映画を完成させるっていうことが、どれほど大変なことかが伝わります。

それから、キャストが合流してからのくだりは、やっぱりファンとしては美味しい映像満載で、すごく楽しめました。

ドワーフのブート・キャンプの映像もたっぷり収録されていて、特に戦いの訓練の場面では、リチャード・アーミティッジさんとドワーリン役のグレアム・マクタビッシュさんの2人がやたらと登場するので、RAファンとしては美味しかったですw

ちなみに、この頃は、まだトーリンの髭を伸ばしてないので、トーリンというよりルーカス・ノース風のRAさんが濃紺のTシャツと短パン+巨大なドワーフブーツで格闘する場面がなんとも素敵でした
それにしても彼はスタイルが良いわ…。

ところで、この頃のRAさんと今現在をくらべると、なんだか風格が増してる気がします。
やっぱり王様を演じたせい?

あと、印象に残ったのは、ドワーフ+ホビットとのサイズの違いを出すために、1人だけ別のグリーン・スクリーンの袋小路屋敷で撮影しなければならなかったサー・イアンの苦労話。
誰もいない部屋で、そこにいない人物に語りかけなければならない孤独な撮影は、本当につらいものだったようで、あれだけのキャリアのあるサー・イアンが自信喪失して、思わず泣きごとを言ってしまった…というところは、ほろりとしました。
そして、そんな彼をはげますために、PJやスタッフが心をくだいたという話にも。

そんな裏話を聞いてから、袋小路屋敷の場面を観ると、さらに感慨もひとしおになりそうです。

それから、裂け谷の撮影では、ガラドリエル様が見られて嬉しかったです。
個人的に、ケイト・ブランシェットがすごく好きなので。

いやいや…彼女もエルフですね。
全然老けません。
そして、彼女の演技に対するこだわりや情熱も素敵だと思いました。

あと、ロンドンで撮影したというサルマン役のクリストファー・リー氏のお元気そうな姿が見られたのもよかった。

彼がいまだ現役のうちに『ホビット』の撮影ができて、本当によかったと思います。
彼以外のサルマンなんて、ありえない!!
あの素晴らしく響く声!!!

それから、タイトルにも書きましたが…。

裂け谷のエルフ、リンディア。
彼があの「FIGWIT」だったなんて!!

言われてみればそうだな…って思ったけど、全然気がつきませんでした。
ROTKでアップで映ったときと、ちょっと印象が違うよね(FOTRのときは一瞬だしちっちゃくてあんまりよく分からない…)。
衣装とかカツラのせいかな?

ROTKのときは、イマイチ冴えない感じがして、なんでこの人がそんなに話題になったんだろう…って思ったけど、今回は、エルフっぽい上品さがUPしてて良い感じ。

今回初めて役名がついたわけだけど、同じ裂け谷のエルフだし、エルロンドの側近?ぽいから、一応同一人物ってことになるのかな?

LOTRとホビットの場合、そういうマニアックな楽しみ方ができるところが好きなんだよね。

…ってわけで、また続きを観たらUPします!


15:21 Hobbit AUJ | コメント(0) | トラックバック(0)

『ホビット―思いがけない冒険』EE鑑賞中♪

2013/11/19
オフラインで何やらかんやら忙しくて、今さらながらになってしまいましたが…(大汗)

念願の『ホビット』EE…もちろん発売日に入手しましたよ~!

ホビット 思いがけない冒険 エクステンデッド・エディション DVD版(5枚組) (Amazon.co.jp限定 映像特典ディスク付) (初回限定生産)ホビット 思いがけない冒険 エクステンデッド・エディション DVD版(5枚組) (Amazon.co.jp限定 映像特典ディスク付) (初回限定生産)
(2013/11/13)
イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン 他

商品詳細を見る


…といっても、忙しくてなかなかじっくり観る時間がなく
なんとか本編は一度通して観たものの、特典ディスクは、まだ1枚途中まで観ただけです。。

実のところ、これだけファンのくせして、映画館には1回しか行けず、通常盤DVDリリース後も、EE発売を待つため通常盤は購入せず、レンタルもせず…ってことで、本編を観るのはたったの2回目だったりします。

だから、正直、内容もきっちり覚えてなかったので、細かいところは、確認しないとどこが未公開シーンなんだか…って部分もあったり。。

…とはいえ、今回は、LOTRのときと違って、未公開シーンの収録時間が13分(でしたっけ?)と短いこともあって、本編の新鮮さっていう意味ではちょっとばかり物足りないといえば物足りないところも…。
しかも、そのうちのかなりの時間を、ゴブリン王とボフールの歌が占めてるんじゃないかっていう…

ま、ってことは、劇場版にちゃーんと必要なシーンは盛り込まれてて、そんなにプラスαできるところがなかったってことで、良いことなんですけどね。
ちょっとでもお宝映像を拝みたいっていう、マニア心理だよね(笑)

もちろん、トーリンLOVEな人間からすると、トーリンとビルボが、裂け谷でのエルロンドとガンダルフの会話を(盗み)聞きしてしまう場面がイチオシですよね。

エルロンドは、トーリンが、スロールやスラインみたいに黄金にとり憑かれてしまうんじゃないか…っていう危惧をガンダルフに語るわけですが、それを聞いてしまったトーリン…驚いたり、憤ったりする様子はまるでなくて、自分でもそれを意識して、心の底で恐れながらもどこか覚悟してるってことなんだろうなぁ…と切なくなりました。
ビルボの表情もGood!

なんていうか、原作よりもトーリンの人物像とか、心理とかを深く掘り下げてくれてて、より複雑で(黒くも)魅力的なキャラクターになってると思います。

…しかし、どうしてこのシーンは削られたんだ??

あとは、ドワーフ連隊が裂け谷でいろいろやっちゃうシーンは、コミカルでいかにもEEの追加シーン的なノリが良かったですね!

***

未公開シーンはおいといて…上にも書いたとおり、本編は2回目の鑑賞なんですが…。

…あらためて、叫ばしてください。

RAトーリン素敵すぎっ!!!

劇場で観たときも感動した、ラストのビルボとの場面は言うにおよばず。

テンポが早くて劇場では気づかなかったけど、ゴブリンタウンでの戦いっぷりもカッコいいし!

なんていっても、暗くて情熱を秘めたような目の表情と、あの声が良いわ~!!
アップが映るシーンなんて、まじまじ見てしまいます(笑)

あらためて王様に惚れなおしました
ダークサイドに堕ちて、黒トーリンになっても応援してるからねっ!!

***

あとは、ボンブールが、もう存在自体可愛くて笑えます。
特典ディスクとかで、他の人が映ってる背後にちょこんと座ってたりするのがちらっと映ってるだけで、笑える。

それと、可愛いといえば、バーリン。
あのローブみたいな衣装も良いし、特典ディスクでも言ってたけど、声が良い!

可愛いドワーフ2強だと思います(笑)

***

それから、いまだにドワーフ13人の見分けがすんなりとはいかないんですが、ようやくほんのり分かってきました。

でも、やっぱり間違えそうになります。
どっちがビフールで、どっちがボフールだっけ?とか。
フィーリとキーリなんて、PJとか、エイダンさん本人すらも間違ってたらしい…。
名前が似てるから余計に難しいんだよ…。

***

あと、マーティン・ビルボは、やっぱり名キャスティングですね。
観れば観るほど思います。

彼の動きとか、セリフの言い方とか、表情とか…。
ほんと、才能ある俳優さんだと思うし、ビルボにハマってると思います。

ついついドワーフ(トーリン)に目が行ってしまうけど、彼あっての『ホビット』だしね。

***

特典ディスクは、とりあえず1枚だけ、あとちょっとで観終わる状態です。
どれを観たかっていうと、ドワーフのキャスティングとかキャラ作り、衣装や武器などの制作とか、ビルボのキャスティングなんかを語った「中つ国の世界」というのが入ってるディスクです。

トーリンについてもそれなりにたっぷり語ってありましたが、その他のドワーフ12人に比べるとちょっと影が薄い気も…。
トーリンのキャラクターゆえ、RAさんが他のドワーフ連となれなれしくしないようにしてたこととか、撮影前は集中するためにメイキング用のカメラを避けてたっていう事情も関係してるのかもしれません。

ファンとしては残念だけど、その分、RAトーリンの孤高の威厳ある姿が本編に凝縮されてるわけだから、仕方ないわけですよね。

あと、やっぱりRAさんは、シャイで真面目なんだな…って実感しました。
他のドワーフキャストとかマーティンなんて…ねぇ?(笑)

それにしても、男くさい現場だからか、特典ディスクの下ネタ度がLOTRと比べて半端なく上昇してます(苦笑)
みんな気心しれてて、遠慮がなくて、仲がいい証拠ですね。
…でも、もうちょっとお上品にね!(笑)

そうそう、特典ディスクといえば、第1部の特典ディスクなのに、第2部のメイキング映像がかなーり混じってました。
樽にはいってプカプカとか、クモの巣だらけのとことか。
ラダガスト役のシルヴェスターさんの撮影最終日とかまで出てて、彼はまだ第2部にも出るのに!…と思ってしまいました。

まあ、もうすぐ第2部公開だから、サービス精神??

そんなこんなの特典映像ですが、まだ一部しか見てないので、これからなんとか時間を捻出して観ようと思います!

17:10 Hobbit AUJ | コメント(0) | トラックバック(0)

『ホビット』EE発売情報!

2013/08/01
昨日は、待ちに待った『ホビット―思いがけない冒険』のエクステンディッド・エディション(EE)のリリース情報が出てきましたね!

Twitterでフォローしてるホビット関係のアカウントから、一斉にEE発売情報が出てきて、びっくりしました。

そういえば、LOTRのときは、「スペシャル・エクステンディッド・エディション」っていう名前だったと思うのですが、今回は「エクステンディッド・エディション」なんですね。
スペシャルはどこへ行った??

DVD版とブルーレイ版の両方が出るようで、ケースは、LOTRのときとお揃い。
本棚に飾っても素敵ですね!

DVD版は、本編ディスク2枚+特典映像ディスク3枚。
BD版は、3D本編ディスク2枚+2D本編ディスク1枚+特典映像ディスク2枚。

Amazon.co.jpで買うと、+αでおまけ特典映像DVDがついてくるようです。

あと、封入特典で、64ページのブックレットとキャラクターカード(ゴラム)がついてくるとか。
キャラクターカード…問答無用でゴラムって何??
せめて、どれが当たるかお楽しみ…くらいにしてほしかった。。
ゴラムって…言っちゃ悪いが、1番いらんのですが。

DVD版↓

ホビット 思いがけない冒険 エクステンデッド・エディション DVD版(5枚組) (Amazon.co.jp限定 映像特典ディスク付) (初回限定生産)ホビット 思いがけない冒険 エクステンデッド・エディション DVD版(5枚組) (Amazon.co.jp限定 映像特典ディスク付) (初回限定生産)
(2013/11/13)
イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン 他

商品詳細を見る


イギリスでの発売は11月4日、アメリカでは11月5日だそうですが、日本での発売は11月13日の予定。
とりあえず、日本だけすんごい遅い…っていうことはなくて済みそうです(ホッ)。

詳しい情報はこちら(日本語)。
Yahoo.ukのサイトでは、未公開シーンの映像(エルロンドとビルボが喋ってる場面)も見られます。

気になる未公開シーンの追加分は13分…ということで、ちょっと期待はずれに思ったファンも多いのではないでしょうか(…私もその1人)?
Twitterでの海外ファンの反応でも、がっかり…というトーンのものが散見されました。

でも、TORNのアカウントで、「Do keep in mind, PJ prolly made the Hobbit EE as much longer as he wanted to. No more, no less.」って言ってて、なるほどね…と思いなおしました。

ま、それにPJも追加撮影やら、2作目、3作目の編集作業やらで大忙しですからね。

そういえば、今回は、LOTRのときにはあったキャストによるオーディオ・コメンタリーがないんですね。
オーディオ・コメンタリーの中では、キャストのが1番好きだったので、これまた残念ですが、忙しいときだから仕方ないでしょうね…。
2作目以降ではあると嬉しいけど。

ちなみに、気になるお値段は、定価で7,980円。
各種サイトで予約購入すると、何割かお安くなるようです。
Amazonだと、5,933円だそうです。

予想どおり高価ですが、LOTRのSEEよりだいぶお安いですよね?
その分、中身が薄い…ってことじゃないと良いですが。

ま、特典映像も9時間分ほどついてくるみたいなので、ファンとしては、楽しみにしないわけにはいきません!

4月から、月1,000円のホビットEE貯金をしてるので、あと2,000円がんばります!

15:53 Hobbit AUJ | コメント(33) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。