01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

お知らせ

2008/02/19
やっと時間的余裕ができて、ブログ活動も本格的に復活してきたところなんですが…
明日からしばらくの間、更新をお休みさせていただきます

理由はですね

卒業旅行に出かけるから…なのです

行き先は、とりあえず内緒にしておきます(笑)
帰って来たら、写真とともにちょっとした感想くらいは書こうと思います。

復活は…ダヴェンポートさんのお誕生日には完全に復活できるはず。
…というか、復活します
お祝いコメントを書かないといけないので…(笑)

というわけで、しばらくの間、コメントへのレスなどもできませんので、あしからず。
あ、帰って来たらレスしますので、コメントしてくださっても構いません。
…というか、むしろ歓迎しますが

それから、最近、スパム・コメントがちょっと増えております。
一応、スパムの多い一部の過去記事へはコメントを受けつけない設定にはしておきましたが…。
それらの削除も当分できないので、見つけた方はクリックなどなさらないよう、十分ご注意ください。
万が一、それをクリックされて何か不都合な事態が生じた場合でも、当方では一切責任を負いかねますので…。

それでは~。
スポンサーサイト
19:03 お知らせ | コメント(1) | トラックバック(0)

今日もどっぷりイギリス史。

2008/02/18
昨日は久しぶりの同窓会…ってことで、今日はお昼すぎまで寝てしまいました
昼まで寝てるのは、いつものことなんだけども…

さて、今日は、卒業旅行の荷物を準備しよう…と思ってたんですが、まあ…いろいろとありまして、準備は延期。
代わりに、暇なんで、ここ最近ずーっと読んでるイギリス史の本を読むことに…
旅行に出発するまでに読み終えときたいのでね。

ということで、せっかくなので、今日はその本を紹介しようと思います

興味アリ!な方は「続きを読む」をクリック↓


>>続きを読む・・・
00:24 歴史 | コメント(0) | トラックバック(0)

『エリザベス―ゴールデン・エイジ』

2008/02/15
いよいよ、明日は『エリザベス―ゴールデン・エイジ』の公開ですね

すぐにでもケイトの絢爛豪華な勇姿を観たい…んですが、私が観られるのは3月に入ってからだなぁ…多分。
2月後半は予定が立て込んでましてね


そうそう、『エリザベス―ゴールデン・エイジ』といえば


われらが(?)ケイト・ブランシェットが、アカデミー賞の主演女優賞にノミネートされてますね
ボブ・ディランを演じた(!)『アイム・ノット・ゼア』での助演女優賞とともにWノミネート…ということで、ケイト…凄すぎです

『アビエイター』で一度はオスカーを手にしているとはいえ、今回2度目の受賞となることを期待します

このブログではあんまり彼女のことは語ってないんですが…(ノリさん関連の話題がメインなのでね)、私が一番好きな女優さんがケイト・ブランシェットさんなのです

自分が女性…ということもあって、映画ではついついカッコいい男性に目がいってしまいがちなんですが、そんな中でも彼女にはずっと注目してたり。

なんかね…よく分からないんですけど、彼女は映画スターにありがちなうわついたところがなくって堅実…っていうイメージなんです。
あんまりプライベートがニュースにならないしね。

しかも、結構特徴的な顔立ちなのに、役柄によってがらっと雰囲気が変わってしまうほどの演技力
以前の記事にも書きましたが、少ない出番ですら圧倒的な存在感を放つ女優さんだと思います。

ついでに言うと、硬質でなかば中性的な感じの美貌も私好み(…ってヘンな意味じゃないですよ)で、なんかもう…とにかくああいう女性に憧れます


…なんか、こんなこと書いてると、『エリザベス―ゴールデン・エイジ』が観たくなってきました~
予告編を見たかぎりでは、ほんっとに期待感が大きいんですよね


それにしても…この映画といい、最近イギリスの歴史漬けの日々だなぁ、私。

21:59 その他海外俳優 | コメント(0) | トラックバック(0)

18世紀のイギリス海軍

2008/02/14
ここのところ、私は、大学院入学に向けて勉強しないと!…という思いに駆られて、いくつか歴史に関する本を読んでたりします。

読んでる本は、今年の10月以降に買ったものの、卒論に追われて今まで読めなかったものばかり。
いわゆる「積読」してた本たちですね…

実はこれらの本たち、今学期に私がとっていたイギリス史の講義の先生が薦められたor参考書として指定されたものなんです。

ということはつまり…

すべてイギリス史の本

私はイギリス史専門というわけではないんですが、専門外だからってほっとくわけにもいかないのでね…
やっぱり知識は広く身につけないと!

とはいえ、イギリス史…。

私は、なぜかコイツに抵抗があったんですよ
なんだか小難しい印象だし、私の研究する国にとっちゃ敵国であることが多いし…。

しかーし、今学期とってた講義と最近読んだ本たちのおかげで、イギリス史にも興味が湧いてきた今日この頃。
なんてったって、提督の故郷だしね

というわけで、今日は、イギリス史のお話を少し。
今学期の講義でいくつか面白い話を聞いたので、その1つを紹介したいと思います

あ、ちなみに、ウロ覚えで書いてたりするので、あんまり信用しないでもらえるとうれしかったり…
ついでに言っとくと、イギリス史は完全に私の専門外なので…

PotCにも関係する話なので、興味のある方は続きをどうぞ

>>続きを読む・・・
22:18 歴史 | コメント(2) | トラックバック(0)

ダヴェンポート「教授」…???

2008/02/13
何だか思わせぶりなタイトルを書いてしまいましたが…。

今から書くネタは、ダヴェンポートさんが新作で大学教授を演じる…とかいったような一大ニュースではありません。
…残念ながら。

しょーもない話なので、興味のある方のみ続きをどうぞ


>>続きを読む・・・
23:42 ジャック・ダヴェンポート | コメント(0) | トラックバック(0)

ノリントン登場シーンについて語ろう(14)

2008/02/12
さてさて…お久しぶりすぎですね、この企画

前回の更新っていつだっけ~???…と、見てみたところ…



なんと、去年の9月9日でした…orz



そんなに更新をサボってたとは…われながら、まったく知りませんでした
せいぜい2ヶ月くらいかな…と思ってたんですが。

ついでに言うと、最近ノリ関係の記事が激減してしまってますけど、彼への愛が覚めたわけではありませんからねっ(←力説)
まあ…わりと飽きっぽい性格ではありますが、一度好きになったモノは大抵ずーっと好きなままです

記事が書けないのは、むしろ愛ゆえというか…(笑)
思い入れがありすぎて、いい加減なことは書けない…と思うと、どんどん書けなくなっちゃうんですよ
つい、長文になってしまうし…。

こういうわけですが、これからもちょびちょびとPotC関連の記事も書こうと思ってますので、それを楽しみにしてるんだよー…という天使のような方がいらっしゃるなら、また読んでくださるとへっぽこ管理人としては嬉しいかぎりです

それでは、本題に入りましょうっ

>>続きを読む・・・
22:24 ノリントン登場シーンについて語ろう | コメント(2) | トラックバック(0)

買い物

2008/02/11
春休みに突入したのに、なぜだか毎日忙しいです

今日は、地元の某市のスーパーに行って、卒業旅行の準備の買い物をしてきました

買い物のメインは、スーツケース
持ってないわけじゃないんですけど、あまりに巨大で…
大は小をかねる…とか言うけど、自力で持ち上げられないようなシロモノを持っていくわけにはいかないですからね
それに小回りきくほうが楽だし
…ってなわけで、小さめスーツケースを買いに行ったのです。

淡いグリーンとかライトブルーにしようっかな~とか考えて売り場に行くと…。
あんまり種類がないうえに、なぜだかファスナー式のものばっかり…
…ってなわけで、選択の余地なしでした
結局、普通だったら買わないような色のスーツケースになってしまいましたが、これも仕方あるまい。
目立つ色なので、間違われなくていいかもしれない…と考えておきます。
…そんなに悪い色でもないしね。

まあ、こんなハプニング(?)はありましたが、よさげなワンピースもゲットできたし、ゴキゲンな一日でした

さてさて、停滞してしまってるPotCネタですが、明日あたり更新できるかも…???



23:33 つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0)

人生初…☆

2008/02/06
ご存知のとおり…かどうかは分かりませんが、私は京都生まれの京都育ち。
根っからの京都っ子です
…ただし、京都「市」ではないですが…

そんなわけで、ユネスコ世界遺産でいっぱいの京都を観光する機会なんて腐るほどある…はず。

なのですが。

近くにある観光地ほど行かない…というのが世のセオリー。
私もご多分に漏れず、京都市内のメジャー観光地にはほとんど行ったことがありませんでした。

遠足といえば、京都市を通り越して奈良とか滋賀だし。
かろうじて京都市内だった遠足(小学校低学年)はといえば、動物園だし。

高校では、まあ…ちょっと特殊な学校だったので、三大祭を制覇したり嵐山に古典ゆかりの地をたずねたり…ってことはしたんですが。

…私はごく最近まで、清水寺にも金閣寺にも銀閣寺にも行ったことがなかったんです。

シェーンブルン宮殿には行ったことがあるのに、清水寺に行ったことがない…なんて、日本人としてどうよ?
せっかく近くに世界的な観光地があるんだから、行っとかないと!

…このままじゃいかん!と思いました(笑)

それで、去年から地元の友達と始めたのが、京都観光日帰りツアーなるもの。
…単に、日帰りで京都市内のメジャー観光地をめぐる…ってだけですが。

去年行ったのは、清水寺と知恩院、銀閣。

これらすべてを京都駅から出発して歩いてまわる…というムボーなことをやってしまいました
…京都駅から清水寺は、まあ徒歩圏内(結構遠いけど…)ですが、清水寺から銀閣は遠かった…。
しかも、地図ナシ・予備知識ナシで、京都駅で見た案内板の記憶を頼りに歩きました。
「ずーっと左で岡崎から上」…という、いい加減情報で歩き続けたわけです。
それでもたどり着くんだから、京都の街はすごい。
碁盤の目バンザイです(笑)

まあ、これは去年の話。
第2弾となる今年は、昨日実行に移しました

なんで冬に?…というハナシですが…。
冬だと観光客が少なくてのんびりできるんですよ。
寒いけど。

で、今年の行き先はというと…。

まずは北野天満宮
前の道路を通ったことは結構あるんですけど、入ったことはなかったんですよね。
私は受験生ではないですが、学問の神様ということで、大学院での研究がうまくいくよう祈っておきました。
それと、今年は初詣でに行けなかったので、おみくじをば。
そうそう、梅がちらほら咲いてましたよ

第2の目的地は、やっぱり定番の金閣
去年は「銀」の方だったけど、「金」も見とかないとねー(笑)
よく写真とかで見るまんまの風景が広がっていて、なかなか感動モノでした
小雨が降っていて、急ぎ足で見ないといけなかったのが残念でしたが

それから、最後に二条城
実は、浪人時代、私はこのお城のすぐそばの予備校に通ってたんですよね。
毎日、お城の門の前を通り過ぎながらも、一度も入ったことがなかったという…。
それで、1回入ってみたかったんです(笑)

入ってみると、二の丸御殿の中も見られて、結構楽しめました
ここに徳川家康とか慶喜とかがいたんだねぇ…と思うと感慨深かったり。
そうそう、大政奉還の間が意外と狭かったのが驚きでした


…というわけで、今日は、最後にお土産写真を載せときます
携帯カメラで撮った金閣です
天気があまりよくなかったので、暗めなのがマイナスですが、なかなか良く撮れてるんじゃないかと

20080205122912.jpg


22:03 京都 | コメント(0) | トラックバック(0)

や…やっと…!

2008/02/01
やっと終わりましたよ

そ・つ・ろ・んが

…って、提出はもう1ヶ月近く前にしてたんですけどね。
昨日、それについての口頭試問があって、それが終わって初めて完全に終了だったのですよ。

そう、昨日は、恐ろしい口頭試問を受けてきました

うちの学校の卒論口頭試問は、私×教授さん2人の1対2面接。
30分間、みっちりと卒論についての質疑応答がなされます。

良かったところは褒めてくださいますが、もちろん厳しいご意見も…
私は院進学組なので、辛い言葉こそ自分の成長の糧…と思って受け入れないと…

…なんですが、やっぱりヘコみます

全体的に考えると、そんなに厳しいことばっかり言われたわけじゃないし、ちゃんと褒めてもいただいたんですけどね…。
こういう面に関しては、ネガティブ思考の自信ナシ人間なので、厳しい意見ばかりが印象に残ってしまいます

でも、まあ…卒業はできそうな気配なので、大学院に入ってからリベンジしたいと思います
(↑できるのか…???)


さてさて、卒論のお話はこれくらいにいたしましょう。

今日から2月。
もう授業も終わったし、これからは楽しい予定が山ほど詰まってます
友達とご飯食べに行ったり、京都観光に行ったり、高校の同窓会に行ったり、研究室の歓送会に行ったり、それから卒業旅行も…
なんだか2月は半分以上遊びに行く予定が入ってる気が…。

…って、オイ、勉強しろよ

でも、これまで卒論ばっかりで、ほんと、遊ぶ予定は全然なかったからねぇ…。
少しの間は許してもらいましょう。(←誰に

そうそう、ずーっと忙しくて更新をサボってたノリントン企画その他もろもろも、マイペースに再開していきたいかな…と思ってます
気長な話ですが、興味のある方は、どうぞお付き合いを


23:19 つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。