02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

『スターダスト』感想。

2008/03/30
少々お久しぶりの更新になってしまいました

ただいま、うちの家はリフォーム真っ最中
しかも、1階部分を完全に改装してしまう…という大掛かりなリフォームなので、大掃除が大変です
なぜだか小学校・中学校時代のしょーもないプリントとかを残してしまってて、ゴミが出るわ出るわ…
環境破壊しまくりで、心が痛む今日この頃です…。

ちなみに、このリフォームでは私の趣味に一直線な内装にしてやろう…と画策中です(笑)

そのプランでは…

ダイニングは、黄色と緑を基調にして、モダンかつ南仏テイストに。
客間(…というか、ピアノと本棚を置くための部屋)は、クラシック&ヨーロピアンに。

…ってな感じにしたいんですよ。
あ、ちなみに、リビングとかその他の部屋は適当ね。

いろいろと計画はあるんですけど、経済的制約が大きいからなぁ…。
実現できるかどうかはちょっと怪しいです。
まあ、インテリアとかは100均とか300均とかに大いにお世話になると思いますけどね(笑)

では、本題に入りましょう。

今日は、卒業旅行の往復飛行機で観た映画の感想…第3弾です
…といっても、そろそろホンキで忘れてきたので、あくまで簡単に。

で、何の映画かというと、クレア・デインズ主演の『スターダスト』です

スターダスト スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]スターダスト スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/07/10)
クレア・デインズ、チャーリー・コックス 他

商品詳細を見る


この映画…『ロードショー』の紹介記事を読んで注目してた作品でした。
…が、例によって(?)、劇場公開時には見逃し
なので、DVDを買おうかな…と思ってたんですが、飛行機で観られたのでよかったよかった

ネタバレありの感想に入る前に、ちょっとしたコメントを。

この作品…ジャンル的にはファンタジーです。
もっと正確に言うと、ファンタジー&アドベンチャー&ラブコメって感じかな。
ハッピーエンドなので安心して観られるし、かといって退屈にはならなくて、とっても楽しめる映画でした

キャストは、クレア・デインズ、シエナ・ミラー、ミシェル・ファイファー、ロバート・デニーロ…と何気に豪華
シエナ・ミラー&チャーリー・コックスという『カサノバ』の姉弟コンビが再共演してるのも面白かったんですが、個人的にすっごく良かったのがロバート・デニーロ
空飛ぶ海賊キャプテン・シェークスピアを嬉々として演じてるんですけど、そのキャラクターがお茶目で可愛い
ネタバレになるのでここでは言いませんが、ほんとに意外で面白かったです
あ、それから、クレア・デインズも文字通り「輝いていて」素敵でしたよ

>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
17:42 映画感想 | コメント(2) | トラックバック(0)

卒業式♪

2008/03/25
昨日は、ウチの大学の卒業式でした

朝4時45分に起きて、美容院で袴を着付けてもらって、髪の毛をセットしてもらって、電車で会場へ…。

卒業式の会場は、この4年間1度たりとも行ったことのないキャンパスで(ウチの学部は別のキャンパスだったので)、何とも不思議な感じでしたよ。
「全然愛着湧かへんなー、このキャンパス」
「っていうか、ここに愛着持とうと思ったこともないしな」
…という会話を友達としてました(笑)

全体の卒業式が終わると、今度は通いなれたキャンパスに移動して、学部の「セレモニー」なるものがありました
「セレモニー」とかいうと何か凄そうですけど、普段の講義室に集まって学位記を1人1人もらうだけです

さらにセレモニーが終わると、今度は研究室へ。
メンバーが集まって、ささやかな(?)宴が催されました
生春巻きとかアボカドの生ハム巻きとかムサカとか…ちょっと変わった美味しい食べ物が出て、あとは酒盛りです(笑)
みんなで写真を撮ったりして、楽しかったなぁ
…それにしても、終わったあと、廊下のゴミ箱横にワイン・ボトルがずらりと並ぶ様は圧巻でしたよ(笑)
どんな研究室やねん???

ところで、私自身は来年からも研究室に残ることになるので、あんまり卒業したっていう実感がないんですよね。
通う場所が変わるわけでもないし、生活も大きく変化するわけじゃないし。
でも、よくよく考えると、私は変わらなくても周りはどんどん変わっていくんだなぁ…と思いました。
ほとんどの人は就職するわけで、遠く離れたところへ行ってしまう人も。
4月からも、私自身は同じ場所、同じ研究室に行くけど、そこにはもうみんなはいないわけで。
そう考えると、何だか寂しくなりますね

…と、つらつらとを書いてしまいましたが、決して感傷的な気分に浸ってるわけじゃありません
4月からはまた新たな出会いもあり、さらにこれまでの友達関係も続いていくんですからね


19:28 つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0)

ケーキはやっぱり2個でしょう!

2008/03/20
…ごめんなさい、超!内輪ネタなタイトルです。

では、気を取りなおして。

最近、わがボロ家ではリフォームを始めておりまして、とっても落ち着かない日々です
まあ、家がちっとはキレイになると思えば、我慢できなくもないかもしれない…んですが。

そんな中、昨日は騒音の現場を離れて、友達のお家に遊びに行かせてもらいました
というのも、昨日は、卒業旅行の写真の大交換会だったんですね。
つまり、お互いのカメラで撮った写真を交換しよう!ってわけです。

みんなで集合後、ケーキを買いに行って、友達のお家で豪華ランチをご馳走になって、みんなで写真を交換して…。
なんだか、卒業旅行の続きみたいで楽しかったです

それで、今日は、昨日みんなにもらったCD-Rの写真を見ました
みんなおんなじ場所へ行ったとはいえ、人によって違う写真を撮ってるのがまた面白いかったり。
…しかし…私のヘンな顔が結構写っていて、恥ずかしすぎる~///

まだまだ南仏気分な管理人でした。


23:39 つれづれ | コメント(2) | トラックバック(0)

『タロットカード殺人事件』感想。

2008/03/15
さてさて、卒業旅行の往復飛行機で観た映画の感想第2弾です。
今日は、珍しく、2回もブログを更新してしまいました。

第2弾としては…来る3月19日にDVDが発売されるらしく、タイムリー(?)な映画、『タロットカード殺人事件』の感想を書きたいと思います

タロットカード殺人事件 [DVD]タロットカード殺人事件 [DVD]
(2011/01/19)
スカーレット・ヨハンソン、ヒュー・ジャックマン 他

商品詳細を見る


この映画…実は、劇場公開時に観に行きたかったんだけど、ちょうど卒論で忙しくて観に行けなかった作品だったりします。
ヒュー・ジャックマンがわりと好きなので、観たかったんですよね。
ストーリー的にも、面白そうだったし。

ネタバレありの感想に入る前に、簡単に印象を書いてみると…。

個人的には、すっごくオススメです
スカーレット・ヨハンソン、ヒュー・ジャックマン、そしてウッディ・アレンといったキャストもそれぞれハマリ役でいい味だしてるし
何より、軽快でテンポのいい、そしてどことなくレトロっぽいストーリーと映像がよかったです
あ、ちなみに、タイトルからすると、サスペンス色が強そうですが、ドキドキ・ハラハラのミステリー…って感じではないです。
どちらかというと、サスペンス色もある洗練されたコメディという感じなので、スカーレット・ヨハンソンとウッディ・アレンの軽妙な掛け合いとか、英国貴族を演じるヒュー・ジャックマンの紳士っぷりを楽しんでください
>>続きを読む・・・
17:21 映画感想 | コメント(2) | トラックバック(0)

ロードショー4月号とケイト・ブランシェット

2008/03/15
おとといは、ひさびさに学校に行ってきました

院の入学手続きと、研究室のミーティングに出るためです。
いよいよ大学院かぁ…と、ぼんやりと感じ始めている今日この頃なんですが…。

それにしても、めんどくさいね!
おんなじ学校の院に行くだけなのに、入学手続きとか継続手続きとか…。
書いて提出しないといけない書類が結構たくさんあって、ちょっとお疲れ気味です

そうそう!
大学に行ったついでに、遅ればせながら4月号の『ロードショー』を買いました
ほんとは、今月は買わない予定だったんですけどね
本屋さんで立ち読みしたところ…ケイト・ブランシェットの特集ページが
なんだか良さげな特集だったので、急遽、買うことにしました。

ROADSHOW (ロードショー) 2008年 04月号 [雑誌]ROADSHOW (ロードショー) 2008年 04月号 [雑誌]
(2008/02/21)
不明

商品詳細を見る


今さら紹介するのもアレなんですが…一応、その記事の内容を紹介してみると…。

「ケート・ブランシェットを輝かせる5つの美徳」(だったっけ?)というようなタイトルで、アカデミー賞にWノミネートされたケイトの魅力に迫る!…的なモノでした。
全5ページほどで、まず表紙1ページ、見開きでその「5つの美徳」を紹介、さらに見開きで最近のインタビュー記事と写真が載っていました。

たった5ページの特集とはいえ、ケイト・ファンならこれは買いですよ

表紙とインタビューの写真はとーってもキレイだし
「5つの美徳」とやらも、大して目新しい話ではないとはいえ、「そうそう、だから私はケイトが好きなんだよー!」とまさに思ってたことが書かれていて、うんうん頷きながら読みました。
インタビューも、女優として、母親としての強くて素敵な人柄がにじみ出ていて、とってもよかったし
…というわけで、あらためてケイトの魅力を確認できること間違いなしです


それから、『ライラの冒険』とか『魔法にかけられて』とか、ちょっと気になってる映画の紹介も出てたので、実はそっちも気になってたり。
『ライラの冒険』…紹介記事読んだら、観たくなってきたなぁ…。
ニコール・キッドマンも出てるしなぁ…。


16:42 その他海外俳優 | コメント(0) | トラックバック(0)

『エリザベス―ゴールデン・エイジ』感想―その2―

2008/03/12
わりと更新があいたかもー…と思ってブログのカレンダーを確認したところ、おととい更新したばっかりでした
今日も相変わらずボケボケな管理人です

昨日から今日にかけて、ちょっとヘコむことがあったんですが、やっと片付きかけてほっと一息
とはいえ、その内容を書いても仕方がないので、書かないでおきましょー。

そういえば、最近ノリさん関連&ダヴェンさん関連の記事を書いてませんね
…決して愛が冷めたわけではございませんよ(笑)
他に書かないといけないネタがたくさんあって、追いつかないだけなんです、おそらく。
その「おそらく」って何だ!?…というツッコミはしないでくれたまえ。

ミニ・アンケートの結果エトセトラは、今心の中で書きためてるネタが終了したら書きます、多分。
その「多分」って…(以下略)。

では、唐突に本日の本題に入りましょう

今日こそは、この間「その1」を書いたまま放置していた『エリザベス―ゴールデン・エイジ』の感想のつづきを書きます。
そろそろ内容を忘れかけているので、ごく簡単にいきたいと思います、できれば。

とはいえ!

ネタバレはありまくりです!!
なので、未見の方はご注意ください!!

エリザベス:ゴールデン・エイジ [DVD]エリザベス:ゴールデン・エイジ [DVD]
(2012/04/13)
ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ 他

商品詳細を見る


エリザベス:ゴールデン・エイジ [Blu-ray]エリザベス:ゴールデン・エイジ [Blu-ray]
(2012/04/13)
ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ 他

商品詳細を見る

>>続きを読む・・・
22:39 映画感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

今日は感謝デー。

2008/03/10
『エリザベス―ゴールデン・エイジ』の感想の続きを書かないといけないんですが
…書くのに時間がかかりそうなので、今日のところはお休みしますm(._.)m

さて、今日はうちの大学の今年度の卒業者の発表がありました。
交通費と時間がもったいなかったり、忘れてたり…で、私自身は発表を見に行ってないんですが、友達が写メで教えてくれたので、結果を知ることができました
…Dちゃん、ありがとう

で、気になる結果ですが、無事、卒業できることが決定しました~

いや…さすがに卒業できないってことはないとは思ってましたけどね
でも、世の中、何が起こるか分からないじゃないですか?
ちゃんと何回も数えたはずの単位が、もしかすると足りなかったりとか。
だから、正式に発表されるまでは、やっぱり心配で。

ともかくも、よかったよかった


それから、話が前後しますけど、昨日は宝塚の舞台を観に行ってきました

もちろん、人生初です。
関西に住んでて、うちの学校から宝塚まではわりと近い…にもかかわらず、今まで私は宝塚歌劇とはまったく縁のない生活を送ってました。
何ていうか…「食わず嫌い」じゃないけど、自分とは違う世界だー…みたいに思ってたんですよね。
…が、大学に入ってから宝塚の大ファンになったという幼なじみに連れられて、観劇デビュー(?)を果たしました☆

感想はというと…

私はもともとオペラとかミュージカルとかが好きなので、抵抗なくわりとすんなり入れた感じでした。
予備知識とか皆無だったので、いろいろと分からないことはありましたけれども。
基本、コスプレもの好きな私は、数々のきらびやかな衣装に魅せられたり。
18世紀衣装はなかったんですけど、スーツとかタキシードとか軍服とかがカッコよかったです

そうそう、家に帰ってから親と話してたんですが…
歌舞伎の女形の方の立ち居振る舞いは本物の女性より女らしくて艶めかしい感じで、逆に宝塚の男役の方の立ち居振る舞いは本物の男性より男らしくて颯爽とした感じですよね?
…だから何?と言われても困るんですが。
なるほどと思った一日でした。

連れて行ってくれて色々と解説してくれたMちゃん、ありがとう


…というわけで、今日は感謝デーでした。



22:55 コンサート・観劇 | コメント(2) | トラックバック(0)

『エリザベス―ゴールデン・エイジ』感想―その1―

2008/03/06
前回の記事で予告した、飛行機で観た映画の感想第1弾です

…と、いきたいところなんですが、今日はちょっとイレギュラーです。

というのも、実は昨日、レディース・デイということで、映画館に行ってまいりまして、『エリザベス―ゴールデン・エイジ』を観てきたんですよ。
…この映画、私はもちろん飛行機でも観ています。

なので、今日は、飛行機で観た映画紹介+劇場で観た映画紹介の合体版として、『エリザベス―ゴールデン・エイジ』の感想を書きたいと思います

エリザベス:ゴールデン・エイジ [DVD]エリザベス:ゴールデン・エイジ [DVD]
(2012/04/13)
ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ 他

商品詳細を見る


エリザベス:ゴールデン・エイジ [Blu-ray]エリザベス:ゴールデン・エイジ [Blu-ray]
(2012/04/13)
ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ 他

商品詳細を見る


本日は、ネタバレなしのライトな感想になる予定です。

>>続きを読む・・・
22:50 映画感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

映画三昧♪

2008/03/04
今回の卒業旅行で何気にびっくりしたんですけど、最近の飛行機はスゴイですね

え、突然何やねん…ってはなしですけど。
まあ、聞いてください。

今回、私たちはプロヴァンスに行くのに、オランダはアムステルダム経由のKLMを利用したんですよ。
水色の機体のアレです、アレ。
選んだ理由は、安さと空席状況なんですが。

ハナシには聞いてたんですけども、乗ってみると、機内エンタテイメントが超充実
各座席の前に個人用モニターがついていて、オンデマンド方式で映画やら音楽やらゲームやらが楽しめるわけですが…。

選べる映画の多いこと!
しかも、超最新作から往年の名作まで揃ってて、どれを観ようか悩み放題!(笑)

具体的にどんな映画が選べたかというと…

『つぐない』
『エリザベス―ゴールデン・エイジ』
『オーシャンズ13』
『ボーン・アルティメイタム』
『ファンタスティック・フォー』2作目
『ハリー・ポッター』5作目
『Mr.ビーン―カンヌで大迷惑!?』
『スターダスト』
『タロットカード殺人事件』
『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』
『トゥー・ウィークス・ノーティス』
『雨に唄えば』
『レミーのおいしいレストラン』
『幸せのレシピ』

…などなど。
私自身の記憶があいまいなので、これでもほんの一部にすぎません。
そうそう!AWEもありましたよ

まだDVD未発売の作品はもちろん、『エリザベス―ゴールデンエイジ』なんて日本では現在公開中の作品だし、『つぐない』にいたっては日本ではまだ公開されていない作品ですよね。
スゴイなぁ…飛行機

あ、ちなみに、貧乏学生の私がビジネスクラスなんぞというものに乗れるはずもなく、これはあくまでエコノミークラスのおはなしなんですよ。

…と、しょっぱなからびっくりしてみましたが、普段から飛行機に乗りつけている方なら、こんなことは驚くべきことではないんでしょうね。
でも、私はめったに飛行機には乗らない身。

おまけに、前回(1年半前)乗った某欧州系航空会社は機体が古く、各座席にモニターがついている…なんてことはなかったんです。
そのときは、昔ながらの何列かに1つのモニターで、決められた映画を決められた時間に観る…という形式でした。
しかも、放送された映画がまた古かった…

なので、今回の飛行機でのエンタテイメントの充実度は、私にとってはびっくりでした。

ただし、日本語字幕版はないので、英語の聞き取りのできない私は、日本語吹き替え版でしか観られないのが、ちょっと残念…。
ついでに言うと、エンジンの轟音の中では、ボリュームをかなり上げないと日本語の聞き取りすらままなりません
あと、液晶画面なので、ちょっと観にくいのも欠点かな。

とはいえ!
映画館でも自宅でもなく飛行機の中なんだから、それは仕方ないですよね。

さてさて、それで、結局私は何を観たんでしょう?

経由地アムステルダムまでの往復約20時間。
観ようと思えば、かなりの本数を観ることが可能ですが…。
目も疲れるし、眠たくなるし…、結局私が観たのは往復で5本。

いずれにせよ映画館で観る予定だった『エリザベス―ゴールデン・エイジ』 (歴史活劇)
劇場公開では見逃して、DVDを買おうか悩み中だった『スターダスト』 (ラブコメ+ファンタジー+アドベンチャー)
同じく劇場公開では見逃して、気になってた『タロットカード殺人事件』 (ミステリー+コメディ)
以前ロードショーの紹介記事を読んで気になってた『トゥー・ウィークス・ノーティス』 (ラブコメ)
日本での公開はまだだけど注目していた『つぐない』 (超シリアス文芸モノ)

の5本です。
私の趣味が分かってしまうような選択ですね…

他にも観たいのはあったんですけど、時間と体力の関係で断念…。

とはいえ、この選択はなかなか良かったと思います。
程度の差はあれ、どれもそれなりに面白かったし

…というわけで、今日から5回にわたって、この5本の映画の感想を簡単に書きたいと思います。
暇つぶしに1回観ただけなので、ごく簡単に…。

今日はもう長くなってしまったので、また明日あたりに書こうと思います。
22:14 映画雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

アカデミー主演女優賞☆

2008/03/03
今さら…って感じですが、今日は今年のアカデミー賞について書こうと思います。

授賞式は2月25日。
私が卒業旅行に行ってた間に行われたわけですよね。

今回、私が注目したのが、主演女優賞。
好きな女優さんであるケイト・ブランシェットがノミネートされてた…というのも理由の1つです。

…が!
それ以上に、大きな理由が。

というのは、めでたくオスカーを手にした女優さんがフランス人だから…なのです。
昨日の記事でも書いたとおり、2月25日といえば、私は当のフランスにいました。
フランス人の女優さんがアカデミー主演女優賞を受賞した…となれば、それはそれは大ニュースです。
お土産のワインを包むために(失礼)、エクスの観光局でもらった無料の地方紙のようなものにも、一面にでかでかと写真と記事が載っていました
さらに1ページめくったところにも写真つきの詳しい記事が。
さらにさらに、最後のページには、TF1が出してるのかな?…とにかく、「ありがとう、マリオン・コティヤール!」みたいな広告記事が載っていました。
そのときは、私自身が旅行ボケでアカデミー賞のことなど忘れていたこともあって、「ああ~、アカデミー賞決まったんやなぁ」程度に思ってたんですが。
そういえば、天気予報を見るためにつけっぱなしていたテレビのニュースでも、彼女の姿を見た気がします。

そんなわけで、ちょっと、今年のアカデミー賞は、主演女優賞に注目したんです。

とはいえ!

私…観てないんですよね、『エディット・ピアフ~愛の賛歌~』。
なので、どうこうコメントすることはできません。

だからといって、何も書かずにコレで終わるのもアレなので…。

さてさて、オスカーを手にしたマリオン・コティヤールさんですが。

私が観た、彼女の出演作っていうと、アレですよ。
『TAXi』シリーズ。

それこそ、マルセイユの街をぶっとばすプジョーのタクシーによるアクション映画。
そんな破天荒なタクシー運転手のおにーさんの、これまた破天荒な恋人役が、このマリオン・コティヤールさんだったのです。
私がこの映画を初めて観たのは、高校1年のとき。
なかなか強烈な印象でした…(笑)
2作目だったかで登場する、この恋人のお父さんの将軍かなんかも、また強烈なんですが。

それから、他の出演作でいうと、『世界でいちばん不運で幸せな私』。
これは、確かGyaOでやっていて、観ようかな~と思ったんですけど、ラストが微妙そうで、結局観なかった作品です。
共演がギョーム・カネで、ちょっと気になってたんですけどね。

『ロング・エンゲージメント』もなんだかんだで観てないし。

でも、これを機に観てみようかなぁ…とも思ったり。
フランス語の勉強にもなるかもしれないし!ってことで(笑)


22:32 その他海外俳優 | コメント(0) | トラックバック(0)

満喫、プロヴァンス♪

2008/03/02
さて、今日は予告どおり、卒業旅行について書こうと思います

今まで、もったいぶって行き先を内緒にしてたわけですが…。
どこへ行ってきたかと言うと、フランス南部のプロヴァンス地方とその周辺です

もともと日本でも有名な地方ですし、最近ではピーター・メイルの著作とその映画化なんかでさらに有名になってるので、ご存知の方が多いんじゃないでしょうか?

とはいえ、「どこだよ、ソレ!」ってな方もいらっしゃるかもなので、ちょこっと説明しておくと…。
プロヴァンスというのは、フランス南東部、地中海に面した一帯を指します。
といっても、ニースやカンヌがあるコート・ダジュール地方とは異なり、わりと内陸部に見どころが集中しているのも特徴。
具体的な地名で言うと、マルセイユ、アルル、アヴィニョン、エクス・アン・プロヴァンス…なんかがプロヴァンスにあたります。
マルセイユは、フランス第2の都市で、映画『TAXI』の舞台にもなった港町ですよね
ただし、マルセイユは治安がかなりよろしくないので、今回の旅行では通り過ぎただけなんですが

地図を載せようかな…と思ったんですが、グーグル・マップを載せてみたところ、トラブってしまったのでやめときます…
興味ある方は、ご自分でググって下さい

今回の旅行は、9日間でこのプロヴァンスとその周辺をのんびりまわる…というもの。
旅行会社をまったく介さない、完全な個人旅行です

9日間のフランス旅行…なんて書くと、リッチに聞こえるかもしれませんが、かなりの貧乏旅行です(笑)
ホテルは1泊平均5000円だし、食事はほとんどスーパーで買ったものをホテルで食べたし…。
まあ、若いうちなんで、そういうのが楽しいんですが。

旅行の詳しい内容は、いずれ専門のサイトを立ち上げて書きたいと思ってるので、ここでは写真とともに簡単なコメントを載せたいと思います。


>>続きを読む・・・
23:05 旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)

ハッピー・バースデイ♪

2008/03/01
お久しぶりです。

一昨日、卒業旅行から無事帰還しました
少々の時差ボケと睡眠不足で、ブログの更新は遅くなってしまいましたが…

とはいえ!

今日は更新しないわけにはいきません。


なんといっても、本日3月1日は、ジャック・ダヴェンポートさんのお誕生日ですもんね


…というわけで、唐突ですが。

ダヴェンポートさん、35回目の誕生日おめでとうございます

…っと、ここでふと気づいたことが1つ。

ダヴェンポートさんは、今年で35歳。
一方の私は、今年で23歳。

つまり、ちょうどひと回り違うわけですね!

だから何やねん…というハナシですが。

イギリス人にとっては何の意味もないんでしょうけど、干支が一緒だなーっと…。
ついでに言うと、私自身も3月生まれ(日は全然違いますが)なので、同じ月生まれだなーっと…。

どうでもいいことですけど、そういう共通点がちょっと嬉しかったりしません???

…どうでもいい話でした


ところで、卒業旅行については、次回の記事でちょこっと書きたいと思います
写真もあるので、お楽しみに
21:21 ジェームズ・ノリントン | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。