05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

いよいよEURO2008決勝!!

2008/06/29
今夜は、いよいよEURO2008の決勝です

対戦カードは、ドイツ対スペイン。
決勝はウィーンで行われるので、日本時間では明日の未明にキックオフとなるらしい

いくらドイツ・ファンといえど、まさかそんな時間に起きて生中継を見るわけにはいきません
見たいのは山々なんだけどね。
明日は2限~5限まで学校だし…

なので、さっきビデオの予約録画をセットしてきました
ビデオの予約録画とかするのってあまりにも久しぶりすぎて、ちゃんとセットできてるかめっちゃ不安…。
撮れてなかったら、ものすごくショックなのですが

ちなみに、ビデオだと結果が分かってから見ることになって、イマイチ緊張感に欠けるんですよね…。
しかも、勝ってたらいいけど、そうじゃなかった場合(←試合前なので婉曲表現)、見る気があんまり起きないという説も…

でも!

ものすごく久しぶりにクローゼ選手の勇姿を見られるなら、それで良いのです
できればゴールを決めてほしいけど、彼はとっても謙虚な選手なので、アシストなんかで見事なチーム・プレー見せてくれるのにも期待

それから、もちろんクローゼ以外のドイツ代表選手も…。
誰がスタメンになるのかちょっと知らないんですけど、バラック、シュバインシュタイガー、ラーム、ボロウスキ、ポドルスキ、メルテザッカー…などなどの選手も、W杯以来なじみがあるので、活躍を楽しみにしています

ちなみに、新聞とかを見てると、スペインが有利…みたいなことが書かれてたりしますが、私はもちろんドイツの勝利を信じてます
ファンとか言っておきながらあんまりサッカーに詳しくないので、客観的判断ではなくて超主観的希望ですが。

ともかくも、ドイツ代表、がんばれ~
…ということで、寝ながら応援します(笑)

うーん…最近、サッカー・ネタ続きでスミマセン…
スポンサーサイト
22:52 サッカー | コメント(0) | トラックバック(0)

サッカー話のつづき。

2008/06/27
誰も読みたくないかもですが…。
この前のサッカーについての話の続きを書こうと思います。
…とある事情で、熱く語りたい気分なんですよ

前回は、私が高校生のときにワールドカップ日韓大会を観てドイツ代表チームおよびミロスラフ・クローゼ選手の大ファンになった…というところまで書きました

さて、そうやって大ファンになってしまった私ですが…。

ワールドカップが終わってしまうと、いかんせん情報量が激減してしまいます

日本代表チームなら、日本の地上波テレビでも絶対に試合を中継してくれます。
日本代表選手なら、(一部海外組の選手を除けば)Jリーグで活躍を見られます。

…しかし

ドイツ代表チームの出場する試合なんて、対戦相手が日本のチームでもないかぎり、地上波で見られることはめったにありません
ましてや、ドイツの一部リーグ(日本のJリーグみたいなもの)であるブンデスリーガの試合なんて、WOWWOWとかでないと放送してくれません
お金がないわが家で、そんな有料チャンネルに加入するなんてムリだし…

しかたなく、私はネットで情報収集を続けました。
日本国内でも、結構ドイツ・サッカーのファンの方ってたくさんいるんですよね。
だから、そういう方のHPとかその他諸々を見たりして、ドイツ代表の活躍ぶりを確かめてました。

でも、試合結果とかだけ知っても、あんまりピンとこないんですよね。
やっぱり、試合の映像が見たい…。
試合の映像が見られないと、ファン度も冷めてしまいます

というわけで、ワールドカップ直後をピークに、どんどん下がり続け…
だんだん、ネットでの情報収集すらしなくなっていきました

とはいえ、ワールドカップ以外にも、コンフェデレーションズ・カップとか、世界選抜チームとの親善試合(クローゼも参加)なんかは、地上波でも試合が見られるので、そういう機会には忘れず見てました。
でも、それでも頻度が低いので、ファンとしてのモチベーションはあんまりあがりません

そんな低めなモチベーションを再びアップさせる機会になったのが、もちろんのことながら2006年のワールドカップ
今度は開催国がドイツということもあって、盛り上がりも最高潮(?)です

…というわけで、再び熱狂的(…というほどでもないけど)ドイツ・ファンに逆戻りした私。
前回のワールドカップとは違って、今回は最初からドイツ代表のファンとして見ることになります。

当然、ドイツ代表が出場する試合はすべてビデオに録画。
試合前のちょっとしたチーム紹介の映像とか、ニュース映像なんかも録画。
日韓大会のときとは違って時差があるので、生中継では見られない場合は予約録画したうえで、学校に行く途中にケータイで結果とニュースをチェック。

…ということをやってました

今度は、あんまりまわりにサッカー好きがいなかったので、高校生のときみたいに人前で熱く語ったりはしませんでしたが
あ、ちなみに、ダヴェンポートさん&ノリントン・ファンっていうことを隠してるのと同じく、クローゼ選手のファンだっていうことは、家族には内緒です。
…なんか、恥ずかしいから(笑)
ドイツ代表ファンっていうことは公認もいいとこですけどね。

さて、ワールドカップ・ドイツ大会では、開催国ということもあって、ドイツ代表は前評判のイマイチさにもかかわらず、次々と勝ちぬいていきます
グループ・リーグの対戦相手にわりと恵まれてた…というのもありますが。

しかも!
クローゼ選手はまたも大活躍で、結果的に合計5得点を決めて、大会得点王に
ドイツ代表チームも3位に輝きました

これでまた、私の中のドイツ・サッカー・ブームが2度目のピークに。

しかし、ワールドカップが終わってしまうと、やっぱりまたモチベーションはダウンしてしまいます
ワールドカップが終わってしばらくすると、サッカーのことは完全に頭から抜けていき…。

そんな中、先日の書店での雑誌発見があったわけです。
雑誌の表紙写真のドイツ代表選手の姿に、燻っていたドイツ代表ファン意識にちょっと火がついたみたいで。
それで、この記事を書いたというわけです。

…で、この記事を書くために、過去の試合のこととかを調べていたところ…(←すっかり忘れてたから;)、私にとってはすっごく重要な情報が

今、ヨーロッパではEURO2008というサッカー欧州選手権をやってるんですが。
それ自体は、なんかニュースとか、それこそ外国語ラジオニュースなんかで聞いててうっすら知ってたんですよ。
でも、最近大してサッカーには興味を持ってなかったので、フツーに聞き流してました

…が

今日、ふっとフランス語ラジオニュースを聞いていたところ、EURO2008でドイツがどーしたこーしたみたいなことを言ってたんですよ。
それで、この記事を書く都合もあって、調べてみたら…。

なんと、ドイツ代表チームが決勝に進出してるじゃないですか
しかも、準々決勝、準決勝の両試合でクローゼがゴールを決めてるし。

知らなかったなんて、完全にファン失格ですよね

しかも、EURO2008は、TBSで深夜に生中継してるみたいで。
ああ…早くに知っていれば、間違いなく見たのに…

でも

まだ、遅すぎなかったのが幸いです
決勝は29日の日曜日。
相手は強豪スペインです

ドイツ代表が決勝まで残ってくれててよかった…

それにしても、本屋さんでドイツ代表の載ってる雑誌を見てなかったら、フランス語ニュースでドイツ代表のニュースを聞き流してたら…これすらも気づかずに終わってたんですよね
そう思うと、何だか運命めいたものを感じるのは私だけ???

ともかくも、日曜日の試合は必ず録画して観ます

クローゼ選手とドイツ代表の活躍を祈って…。

23:34 サッカー | コメント(0) | トラックバック(0)

本屋さんで…。

2008/06/24
今日、梅田の某書店で洋書コーナーを見ていたところ、懐かしい写真を発見
何かというと、サッカーのドイツ代表の写真でした。
見てみると、それはドイツのサッカー雑誌で、どうやら今やってるEURO2008かなんかの特集をやってるみたいでした。
全編ドイツ語なので、内容はさーっぱりなんですが

あんまり懐かしかったので、今日はサッカーのドイツ代表チームと某選手への思い入れを語ってみたいと思います。

知ってる人は知っていると思いますが(←当然)、私は6年前のFIFAワールドカップで一時的サッカー・ファンになった1人です。
…Mちゃんは知りすぎるくらい知ってるよね

しかも、まあ日本人として心情的に日本代表チームを応援するかたわら、熱烈にドイツ代表を応援していました…(笑)

なんでドイツ代表かっていうと、これまた偶然の産物なのですが。
とりあえず、語ってみる。
以下、少々マニアックなので、興味ない方はスルーしてください

たまたまテレビで見ていたのが、ドイツ対アイルランド戦。
たしか、いまだグループ・リーグの段階でした。

私は、テレビでそういう試合とかを見ていると、とりあえずどっちかを応援してみます。
だって、中立で見ててもおもしろくないから。

このとき、どっちを応援してたかというと…。
当然、ドイツ?
…いえいえ、アイルランドを応援していました(笑)

なぜかって?
特に理由はありません。
何となく、です。

心中で「アイルランド、がんばれー!」と応援していた私。
そんな私の目の前で(…って、テレビだけど)、ドイツの選手がゴール!

このときゴールを決めたのは、FWのミロスラフ・クローゼという選手。
ゴールを決めると、身軽な身体で宙返りをしてみせるのがトレード・マークでした。
のちに私はこの選手の大ファンになるのですが、いかんせんこのときの私はアイルランドを応援中。
かっこよすぎる宙返りも、腹立たしいものでしかありません(笑)

1-0になったことで、さらにアイルランド応援熱は高まり…。

そして忘れもしない後半ロスタイム。
試合終了直前に、アイルランドの選手が見事ゴールを決めたのです
アイルランドを応援していた私にとっては、劇的な瞬間でした。

結果、試合は1-1の引き分け。
試合終了間際のアイルランドのゴールに興奮していた私にとっては、見ごたえのある試合でした。

とはいえ、この時点ではいまだドイツ代表チームには興味なし。
もともと、この2002年時点では、私はそもそもドイツという国自体に興味がなかったのです。
そりゃあもう、フランス一筋でしたから…。

2002年…今から6年前の私はいまだ高校生でした(遠い目)

というか、高校3年生、つまり受験生でしたね
受験生のくせに、ワールド・カップなんかにハマってていいんかい!?…という話ですが。

よくないですよ、世間一般的には(汗)

でも、高校(←結構進学校だった)の視聴覚室で日本代表の試合を生中継で見たり、朝の電車で友達とドイツ代表のカッコよさについて熱く語り合ったり…(全然ワールド・カップに興味がないもう1人の友人は呆れてたなぁ
今ではよい思い出です

おかげで…かどうかは知りませんが、第1志望校に落ちて浪人するハメになったことなんて、気にしない気にしない(←オイ)。

さて、話がそれました。
もとに戻しましょう。

ドイツ代表にまったく興味をもつことなく、いやむしろアイルランドを応援したがためにほんのり敵意さえもっていた私が、どうしてドイツ代表のファンになったんでしょう???
このあたりの経緯は、今となってははっきりとは分かりませんが…

とにかく、ワールド・カップを見るのは楽しかったので、うちの家では暇があるとテレビをつけて試合を見ていたんですよ(←受験勉強は…???)。
そんな中、偶然にも、ドイツ代表が出場している試合を見ることが多かったように思います。
アイルランド戦の次のカメルーン戦、その次の決勝トーナメント第1戦のパラグアイ戦も見た記憶があります。
これは意図的なものではなくって、日にちとか時間帯とかの問題で、たまたまです。

ところで、この2試合では、私は前回とはうってかわってドイツを応援することにしていました。
昨日の敵は今日の味方…ってね(?)

おそらく、この2試合が私をドイツ代表ファンへと導くきっかけだったんでしょうね。
前述したアイルランド戦を含めて3試合も見ていたら、さすがに主だった選手の名前と顔も覚えてきます。
そうするうちに、だんだんと愛着も湧くというもの…。
ワールド・カップ中は、たくさんのチームの試合を見たわけですが、偶然とはいえ、こうも同じチームの試合を続けて見る…ということにはならなかったので、そういう意味でもドイツは私にとって特別だったんです。
しかも、あとの2試合は、ドイツ・サイドで見てたわけですから、なおさらドイツ・ファンになるわけです。

もうその後はドイツ代表ファン一直線でしたね
ドイツ代表が出場する試合をテレビで見るのはもちろんのこと、インターネットで情報を集めたり、サッカー雑誌を買ったりもしました(←勉強は…???)。

おまけに、決定的だったのは、このときのドイツ代表チームの躍進です
何か、前評判はそれほどでもなかったような気もするんですが、なんとなんと決勝トーナメントを勝ち進み、ついに決勝までいたったわけなんですよ
結果的に、ブラジルに敗れてしまったんですが、決勝にまで勝ち残るということは、それだけドイツ代表チームの出場する試合をたくさん見られるということ。
これまた私のファン心を煽ったことは間違いありません。

そしてもう1つ、さらに決定的に重要だったのが、先ほどアイルランド戦で登場した宙返りのFW、ミロスラフ・クローゼ選手です
彼は、グループ・リーグの初戦、サウジアラビア戦でハットトリックを決め(…あいにく、その試合は見逃しましたが)、グループ・リーグの3試合で合計5点をマーク。
最終的にはブラジルのロナウドに負けてしまうものの、得点王争いにも絡む活躍をしていました
しかも、ユニークだったのが、それらを(たしか)すべてヘディングで決めたということ。

…とまあ、活躍めざましい選手だったわけですが。
私にとって、それよりも重要だったのは…ルックスです(笑)
こんなことを言ったら怒られそうですが

ドイツ代表の白地に黒いラインの入った清潔感あふれる素敵なユニフォームがすっごく似合ってて、それはもうかっこよかったのですよ…
ノリントンのときと同様、まわりにあんまり分かってくれる人はいなかったけど
…と、こう書くと、どんなルックスやねん?と気になる方がいらっしゃるかもしれないので、とりあえずwikiのリンクをば。→こちら
…この写真はまあまあって感じなんですが。
どうでしょう???
これを読んでくださってるノリントン・ファンの方って、ある程度私と好みが似てるんじゃないか…とか思うんですが。
でも、彼はダヴェンポートさんとはまた違うタイプだからなぁ…。

とはいえ、ルックスだけじゃありません、もちろん。
試合でのプレーもさることながら、このころ買ったサッカー雑誌によると、人柄とかも好ましくて
そういうことを知るうち、ますますファンになったわけです。

テレビで放映される試合をビデオに録画したりはもちろん、試合前の特集映像とかインタビューとかも録画しましたねぇ…。
それから、ネットでの情報収集ではやっぱりドイツ語ができないと分からない部分が大きくて、高校の図書館でドイツ語の辞書を引っぱったりもしました。
もちろん、さっぱり分かりませんでしたが

もうお分かりかと思いますが、私のマニアックぶりは、このころからすでに始まっていました(笑)
…というか、正確にはこれ以前からなんですが。

…長々と語ってしまいましたね
というか、実はまだこれには続きがあったりします。
ですが、今日のところはこのへんで。
誰も読みたくないかもですが、続きはまた近いうちに。。。



19:08 サッカー | コメント(0) | トラックバック(0)

学会とキャビアとサミットと…。

2008/06/23
おとといは人生2度目の学会でした

今回は主催者側だったので、準備が結構大変
おかげで昨日・今日と筋肉痛に…
年齢を感じる今日この頃です(笑…えない)

ちなみに、学会のあとに、学内の食堂で懇親会があったんですが、会費が高かっただけのことはあって、品数は少ないもののなかなか豪華なお料理でした
ロブスターとか鴨肉のオレンジソース、それからキャビアらしきものまでありました
キャビア「らしきもの」と書いているのは、私はいまだかつてキャビアを見たことも食べたこともないために、それがキャビアかどうか確信が持てなかったから…

ともかくも、払った分は食べないと!ということで、たくさん食べまくりましたよ
間違いなくカロリー・オーバーだなぁ…

話は変わりますけど、もうすぐG8のサミット外相会合が京都で開かれるんですよね。

そのために、今、京都市内はとっても警戒中
駅では警察犬を連れた警察官の人たちが見回りをしてるし、ゴミ箱がいきなりスケルトンになるし…。
新聞によると、迎賓館のある京都御苑も立ち入り禁止になるとか。

…何だかものものしいです

ちなみに、外相会合…ということは、いつぞやの記事でも紹介した、歌う外務大臣's、クシュネルさん(=フランス外相)とシュタインマイヤーさん(=ドイツ外相)も京都にやってくるってことですよね!?
そう考えると、なぜだか楽しみに思えるから不思議…(笑)
いや…歌ってはくれないだろうけどね。

21:39 つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0)

イギリス英語のすすめ。

2008/06/18
最近、語学の勉強をしないといけないなぁ…とまた思い始めてます。
そんなふうに思うことは、年に何度か周期的にあるわけですが。
その度に、まあ…続かないというやつです(笑)

今回、始めたのはリスニング。
やっぱり聞き取れないと始まらない…というわけで。

リスニングは、何といっても、日ごろから聞くことを習慣づけるのが大事。
とはいえ、なかなか毎日聞くのは、時間的にもモチベーション的にもしんどいですよね

というわけで、まずは学校の行き帰りにひたすら英語を聞くことに。
…ベタな方法ですね

何を聞いてるかというと…分かる人には分かるはず。
ダヴェンポートさん朗読の例のCDです過去記事参照)
i podなどというハイカラ(笑)なものを持っていない私は、CD1をMDに入れてひたすら聞きまくってます。

音声記憶ってコワイもので、聞き続けてると、脳内で勝手に再生できるようになります(笑)
ちなみに、私は原作本の方も持っているのですが、この原作本を見るとCDを聞かずともダヴェンポートさん発音&イントネーションが蘇ってくるので、下手ながらも真似してみたり。
ちょっと気どった発音で音読してます(笑)
…これも英語上達への道ですよ!…多分

さて、まあこれはこれでリスニングの勉強なのですが(プラス癒しvv)、これに加えて、最近始めたのがインターネットで英語のラジオを聞くこと。
…これまたベタな方法ですね。

ちなみに、私は前々から、フランス語に関してはこの勉強法をたまーにやってたんですよ。
フランス語の場合、RFIという国際ラジオがあって、そこではノン・ネイティブ向けのちょっと易しいフランス語によるニュース放送があるもので。
あ、ちなみに、この勉強法をやっていたからといって、このニュースがすらすら分かるとかそういうのではないです
気分だけフレンチ~♪って感じで、単語を拾って何となく意味を推測してただけです

まあ、フランス語の話は置いておいて。

とにかく、英語でもこれをやってみよー!というわけです。

それでまず目をつけたのが、BBCラジオのワールド・サービスのホームページ
なんか色んなプログラムがあるので、興味のあるのを選んで聞いてみると面白いです。

ちなみに、私は毎日「News Bulletin」を聞いてます
英語の勉強と情報収集が同時にできるので一石二鳥
分かりにくいときは、日本語の新聞の国際欄なんかを読んでおくと、予備知識になって理解度が大幅にアップしますよ。

BBCのニュースはイギリス英語なので、ダヴェンポートさん発音に慣れた耳には比較的聞き取りやすいです。
そもそも、日本人には、流暢で巻き舌のアメリカ英語よりも、個々の発音がわりとはっきり聞こえるイギリス英語の方が聞き取りやすいんじゃないかと思います。
とはいえ、教育はアメリカ英語で行われてるので、そっちに慣れてるかもしれませんが…。

さて、私は個人的にイギリス英語が好きなんですが、アメリカ英語と聞き比べてみるのも面白いだろう…ということで、CNNのニュースも聞いてみることに。

CNNといえば、言わずと知れたアメリカのテレビ局なわけですが、コチラでビデオ付ニュースを見ることができます。
いろんなトピックから興味のあるニュースが選べるので、こちらもなかなか面白いです

…が、聞いてみると、やっぱり聞き取りづらい!
去年受けたTOEFLなんかは超アメリカ英語!だったわけで、それなりにリスニングもやってたはずなのに…

アメリカ英語のものすごく滑らかな発音もかっこいいけど、やっぱり気どったイギリス英語のほうが好き…と思いましたよ。
「こんぱす・だずんと・ぽいんと・のーす!」の嫌味さが良いのです(笑)
22:35 語学 | コメント(0) | トラックバック(0)

リスボン条約。

2008/06/15
最近、諸事情でEUに興味津々な私。

昨日ぼけーっとニュースを聞いていたら、リスボン条約がアイルランドの国民投票で否決されたとか。

リスボン条約というのは、EUの新しい基本条約となるはずのもの。
去年の秋のリスボン欧州理事会で調印されたので、「リスボン条約」と呼ばれます。

日本でもかなり大きなニュースになっていたので、ご存知の方が多いですよね。

周知のように、条約というのは、調印するだけでは不十分で、そのあとに批准という過程があってはじめて発効します。
批准の方法は、議会での承認、国民投票など、国や場合によってもさまざまなわけですが…。

EUの歴史を振り返ると、条約批准のための「国民投票」がいかに危険なものかが分かります。
思えば、マーストリヒト条約でのデンマーク、ニース条約でのアイルランド、欧州憲法条約でのフランス、オランダ…と、条約批准が国民投票で否決された例は数多くあります。

今回のアイルランドでもそうらしいですが、一部を除く主要政党が一致して条約批准に賛成していてもこういう事態になるわけですから、世論というのは複雑ですよね。
実際、長ったらしいうえに難しい条約本文を完全に理解して投票にいどむ人なんてそうそういないわけですから、批准の否決には感情的な部分があるんだろうなぁ…と思ったり。
欧州統合がエリート中心に進められている…というような批判も一般レベルでは根深いみたいですからね。

まあ、そんなわけで、今回のリスボン条約の批准にあたっては、ほとんどの国が国民投票での批准を回避したわけです。
…が、アイルランドではそういうわけにはいきませんでした。
その結果がこれです。

これから、欧州統合をさらに深化させていく過程では、国民投票は多くの国で回避できないものとなると思います。
その中で、世論を欧州懐疑派に向かわないようにするのは、なかなか難しい舵取りになるんじゃないでしょうか???

さて、肝心のリスボン条約ですが、まずは19-20日のブリュッセル欧州理事会で今後の方針が話し合われることでしょう。
前回同じく批准を拒否したニース条約のときとは異なり、今回はアイルランド政府は国民投票の再実施には慎重のようです。
国民投票の再実施以外には、条約内容の見直し、あるいはアイルランドを準加盟とする…という選択肢もあるわけですが、いずれにしても困難な作業になるという見通しだとか。
加えて、いまだ8カ国で批准作業が終わっていないため、これらの国々での批准の賛否も気になるところです。
もちろん、これらの国々はアイルランドとは異なり議会での承認でOKなので、否決の危険度はかなり低めですが。

ともかくも、7月から議長国となるフランス&サルコジ大統領にとっては腕の見せ所ですね!
…というわけで、この先のリスボン条約の行方を見守りたいと思います

…と、今日は何だかお堅い話を書いてしまいました



15:40 つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0)

お久しぶりです。

2008/06/13
ずいぶん更新の間があいてしまいました

最近、なんでこんなに忙しいんだろう???
誰か教えてください

ちなみに明日は初☆学会です

なんか、同期のM1の人たちは、わりと研究会やら学会やら行ったことがあるらしいのですが、私はのんびりのびのびと学部生活を送っていたので、そんなものには参加したことはありません
なので、どんな感じなのか分からなくって、若干緊張気味?
まあ、私が発表するわけじゃあないので、ぼんやり聴いてくるとします(←オイ)

さて、話は変わりますが、実は最近コンポを買ったのですよ
まる7年間愛用していた一代前のコンポ君は、CDもMDも故障気味だったので、リフォームを機に処分してしまったもので…。
お気に入りだったんだけどね

新しく買ったのは、ONKYOのFRシリーズのX-N7TXというコンポ。
コンポって上を見たらキリがないんですが、お手軽に買えるミニ・コンポの中ではわりと上質な製品みたいです。

今度のコンポはオーディオ専門メーカーのにしよう!…と決めていたので、DENONとONKYOで迷ったんですが、最終的には値段の安い方ってことでこちらにしたんですよね。
ちなみにお値段は、ネット通販で30000円ちょっと。
このランクのコンポにしてはとっても安いんですが、それでもこの出費は痛い…
ああ…また自己借金(←自分の貯金からの借金)が増える…

そんなわけで、金銭的には非常に苦しいんですが、コンポ自体は気に入ってます
形はいわゆる「凹」タイプで、濃い木目調なのがインテリアにもなってGood!
そして肝心の音もなかなかいい感じでした

…が!

口コミで、音質をもっとよくする方法を発見したんですよ。
なんでも、本体とスピーカーをつなぐスピーカー・ケーブルをより太いものに付け替えると中低音がよくなるとか。
しかも、もともとついてるケーブルがかなり細くてイマイチなので、そんなに高くないものに付け替えるだけでも音質が劇的に変わるということでした。

そこで、さっそく私もやってみることに。

まずは、某電気店に行って、スピーカー・ケーブルを探しました。
するとこのスピーカー・ケーブル、オーディオ製品売り場の中でもかなーりプロっぽい(?)コーナーにありました。
音響にこだわる男の人なんかが買いに行くような感じ。

ううっ、買いづらい…。
私みたいなシロウトが「これ下さい」って言ったら、「は?」みたいな目で見られるんじゃなかろーか???
…とか思って、かなり足がすくみましたよ

とはいえ、このまま引き下がるわけにもいかないので、店員さんに声をかけて、ケーブルを切ってもらいました(メートル測り売りなので…)。
本当はONKYOのページでも推奨していたモンスター・ケーブルという会社(?)のが欲しかったんですが、品切れだったので、DENONのAK-1000というケーブルを1メートルだけ買うことに。
このケーブル、1メートル210円ととってもリーズナブル

家へ帰ると、さっそく片方のスピーカー・ケーブルだけを買い換えたほうにチェンジ。
ちなみに、もともとついていたのと比べると、買い換えたほうはずいぶん太いです。
私が買ったケーブルは、お店にたくさん売ってた中ではごく細い方だったんですが、もともとついてたのはさらに細い!

さて、片方だけ取り替えると、まずはスピーカー・ケーブルによってどれだけ音が変わるかを検証してみることに。
ちなみに、私はそれほど音響やらにこだわるほうではなく、音質を聞き分ける自信もありませんでした。

…が、いざCDをかけてみると、左右のスピーカーで全然音が違いました!

もともとのケーブルでつないだスピーカーに比べて、つなぎ変えたほうはティンパニが響く響く…(←サンプルとして聴いたのは、モーツァルトの交響曲「ハフナー」)
もともとのケーブルのほうでは遠くの方でうっすらとしか聞こえないティンパニの音が、つなぎ変えたほうでは大きくしっかりと聞こえていました。

全体的には、もともとのほうがわりと軽い音だとすれば、つなぎ変えたほうはバスがかなりしっかりと厚みをもって響いていました。
それと、高音は高音でより澄んだ音になってるような気が。
ただし、高音はもともと結構よかったので、変化が激しいのはやっぱり低音でした。

これにはさすがの私もびっくり。
試しに何の予備知識もなくうちの母にも聴かせたところ、こちらもすぐに分かったみたいです。

210円でこんなに変わるなんてー!っていう感じです。
ひさびさによい買い物をしたなぁ…

あ、低音がよく響くということは、ダヴェンポートさん朗読CDもさらに素敵に聴くことができるんでしょうか???
明日にでもさっそく聴いてみようっと

23:26 つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。