FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

Tokayoって何???

2008/07/09
それは昨日のことでした。(←なぜか物語風。)

いつものように、フランスの某国際ラジオのホームページを見ていた私。
聴く前に、まずはスクリプトを確認して、予備知識を得ておこうと思いました。
私のフランス語能力では、聴き取るだけで意味を把握するのは厳しいからです。

スクリプトを見てみると、いろんなニュースに混じって、サミットのニュースもありました。
ちなみに、「G8(じー・えいと)」はフランス語では「じぇ・ゆいっと」と言います。
…と、それはどうでもいいんですが。

スクリプトを読んでいた私は、サミットのニュースの中に、見慣れない単語があるのに気づきました。
何と書かれていたかというと、「Tokayo」。

ん?…「とかよ」???

勘の鋭い方は、もうこれが何を意味するのか、お気づきになったかもしれませんね。
でも、私には分かりませんでした。

文脈を見てみると、どうやらサミットのニュースについて、「Tokayo」にいる某ラジオ局の特派員みたいな人が報告しますよ…というような内容でした。
つまり、「Tokayo」は地名なのです。

さて、日本に「とかよ」という地名があるのでしょうか?
そして、たとえあったとしても、海外のラジオ局の特派員がわざわざ滞在してサミットのニュースを伝えるような場所なのでしょうか?

ここで私はふと思いました。
「Tokayo」は「Tokyo」の間違いなんじゃないかと。
見ての通り、「Tokayo」から「a」をとると、「Tokyo」になりますよね。

そう思った私は、さっそく音声を聴いてみました。

すると…

「Tokayo」と読むべきところで聴こえてきたのは…「とやこ」でした。
ちなみに、ちょっと説明しておくと、フランス語ではローマ字でのばすべきところをのばさず読むので、「おおさか」は「おさか」になります。
つまり、「Tokayo」は「Toyako」、「洞爺湖」だったわけです。

ここまで読むと、「なーんだ」という実にしょーもない話です。
最初に「Tokayo」が出てきたときにすでに「洞爺湖」だと気づいていた人にとっては、さらにしょーもない話ですね。

でも、まあ…サミット終了記念(?)ということで、こういうネタもありなんじゃないかと…。
スポンサーサイト



21:15 語学 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |