09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

芸術の秋…?

2008/10/31
今日は、芸術の秋…ってことで、京都市美術館で開催されている『芸術の都パリ100年展』を観に行ってきました。

この展覧会…前から行きたいと思ってたんですけど、何だかんだで行けず
結局、会期終了間際の今日になって、やっと観に行くことができました
ちなみに、会期は11月3日まで。

ちなみに、私は、美術館の大混雑っていうのがとーってもっ苦手で、土曜とか日曜、祝日に観に行くなんてとんでもない…っていう主義者です。
以前、どうしようもなくって日曜日に行ったら、入場制限するくらい恐ろしく混んでて、有名な絵の前では文字通り押しつぶされそうになってしまいましたよ…
それ以来、極力、世間の休日には行かないことに。

さて、今日観て来た展覧会は、日仏交流150周年と、パリ市&京都市姉妹都市盟約締結50周年を記念したものです
1830年から1930年のパリをテーマに、絵画や彫刻、写真など、様々な展示が行われていました。
オルセー美術館やらポンピドゥー・センター、カルナヴァレなど、フランス国内の様々な美術館からの貸し出しだったみたい。

この展覧会に来ていた作品は、教科書なんかに載るくらいに超メジャーなものとかではないんですが、主として19世紀後半から20世紀初頭あたりのパリ…というのをテーマに様々な角度から展示が行われていて、なかなか面白かったです。
芸術作品の鑑賞…っていうだけじゃなく、ある意味でパリという都市の歴史をたどれる展示ってところがよかった

そんな意味では、絵画もよかったけど、写真が興味深かったり
エッフェル塔の建築過程を順に追っていけるような写真の展示とか…楽しめました

ついでに言うと、何せ、つい2ヶ月ほど前にパリに行ってきたばかりなので、パリの情景を描いた絵画とか写真は、すっごく懐かしいというか、感慨深いというか…

ともかく、そんなに期待せずに行ったわりには、かなりよかった
京阪神圏の方…11月3日までなので、興味あれば行ってみられるとよいと思います。


さてさて…。
ここまで芸術の秋の話をしてきたわけですが。

それだけで終わるはずもなく。

美術館に行ったあとは、激混みの市バスに揺られて京都駅へ
そして、駅前の某ホテルのレストランでコース料理なるものを食べました
今日はスポンサーが一緒だったのでね…。
もちろん、普段はそんなの食べないです。

何を食べたかっていうと…。

何料理とかって書いてなかった気もするんですが、内容的にフレンチっぽかったです。
お肉あり、魚ありで、デザートにはモンブランもついてたりなんかして、美味しかった

ただし…何気に大食いだったりする私には、ちょっと量が少なかったかも。
いわゆる上品フレンチっていうか、お皿の真ん中にちょこんって乗ってる感じだったので。
やっぱり私には、普通のお安いレストランあるいはファーストフード店が向いてるのかもね(笑)

食事のあとは、駅付近のお店をぶらぶら。

地下街のお店で、新しいブーツを買いました
去年履いてたやつは、履きすぎてボロボロになってしまったもので…。

ちなみに、私はあんまり靴を買い換えないタイプです。
靴って結構お値段はるし、たくさんあっても邪魔になりそうだし…。
なので、今履いてるパンプスは、ヒールのゴムはり替えをもはや3~4回してます
すっごく気に入ってるやつなので、完全にダメになるまではとことんヒールをはり替えて履き続けますよ!

…というわけで、今日はなんだかまとまりのない記事でした。
スポンサーサイト
22:44 展覧会 | コメント(2) | トラックバック(0)

続・円高

2008/10/25
さっきの記事で、円高だからユーロに両替しちゃった…という話を書きましたが。

今日の新聞(地元紙)を読んでると、なんと、昨日私が換金した両替屋さんが写真つきで出ていました
ちょっとびっくり
しかも、写真に出てたのは、ちょうど私が両替したときのレートでした。
ちょうど同じくらいの時間帯に取材が来てたのかな?

しかも、両替屋さんのお話として、海外旅行を控えた日本人のお客さんの来店が増えたというのが出ていました。
なんでも、その日1日で30人ほどだったとか。
私もその中に入ってるのかな?
ちなみに、私は海外旅行を控えてはいませんが

京都は観光客が多いので、外国からのお客さんがレートのあまりの変化っぷりに困惑…だそうです。
そりゃあ、ほんの2、3日でこうも為替相場が乱降下したら、持ってきたお金の価値もえらいこと目減りするもんね…
外国からの観光客が減るのは、京都にとっても大きな打撃です

そういえば、9月にフランスに行ったとき、バスで後ろに座ってたおそらくアメリカからの旅行者と思われるおにーさん2人組の会話を耳に挟んだんですが、「ここじゃ、何もかもが高いよ!USドルの価値は下がるばっかりだし…」とぼやいていました。
そのときは円→ユーロもユーロ高・円安だったので、「その気持ち、分かる!」と内心共感しつつ、あまりの落胆っぷりとフランスでは久しく聞かなかった超アメリカ英語に思わず微笑ましく思ってしまったんですが…(笑)

21:21 つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0)

円高

2008/10/25
ここしばらく、何だかおそろしい勢いで円高が進んでますね

ユーロなんて、8月上旬頃には1ユーロ=170円くらいだったのに、今日なんて最低で1ユーロ=115円まで下がったとか
たった3ヶ月弱で50円以上下がるなんて、あな恐ろしや…

そもそも、私が9月にフランスに旅行に出かけたときでも、まだ円→外貨換金手数料込みで1ユーロ=160円くらいでした。
それが、今や手数料込みでも1ユーロ=130円を切ってます。

1ユーロあたり30円ほど違うってことは、たとえば50ユーロの洋服が9月には8000円だったのが、今や6500円だってことです。
うーん…何だか損した気分

ながらくユーロ高が続いてたので、突然の急激な円高は、ほんと、びっくりです。
経済って分からないね…。

こう円高が進んでしまうと、輸出企業にとっては大きなダメージ
輸出企業に支えられている日本の経済に悪影響も出始めています。

そもそも、アメリカ発の危機は金融市場で起こったもので、今のところそれほど日本の実体経済には影響が出てないですが、それも時間の問題なんでしょうね

ところで、円高は輸出企業とか、それに支えられる日本の経済にとっては悪影響なわけですが、海外旅行とかするのにはありがたい…。
円→外貨のレートが良くなるので、たとえば、以前なら16000円で泊まれたホテルに今だと13000円で泊まれちゃったり。

なので、円高が進んだところで、将来のヨーロッパ旅行のためにユーロに換えとこうか…とか思った私。
とはいえ、私は経済にはとーっても疎い
今後の外国為替相場の動きが読めるわけでは到底ないので、いつ換えるのがお得なのやら…

でも、そもそも換えたユーロはユーロ圏で使うんであって、再び円安になったときに円に戻して儲けよう…なんて大それたことを考えてるわけではありません。
それなら、9月に行ったときよりお得なレートになってることには違いないんだし、今円高になってるうちにとりあえず換えとこうかなぁ…なんて。
今後、さらに円高が進んだら、ちょっとは損した気分になるけど、かといって永遠に円高が続くわけでもないだろうし。
旅行のときにちょっとでもお得なレートで換金したお金を使えれば…と思っただけだしなぁ。

というわけで、昨日、200ユーロ分、換えてしまいました…

これが正しい選択だったのかどうかは、あとになってみないと分かりませんが

今は、ドルやらユーロなど他の外貨に比べて円が比較的安全だと思われてて、そんな消去法で円が買われて円高になってるわけで、今後もそれが続く保証はありません。
というか、ひたすら円高・ドル安・ユーロ安が続いたら、各国政府だって困るし、それを阻止しようとはするだろうし。
経済ってちょっとしたことでぽーんっと動いてしまうから、いつまた反動的に円安に戻るか分からないし。

…と、自分を納得させることに。

…っていうか、いつヨーロッパに行くんだ、私?
行く前提でユーロ買っちゃったけど、具体的な予定があるわけではないです(笑)
だって、9月の旅行のおかげで今はお金ないしね…

まあ、一生行かないってこともないだろうから、いつか使えるときは来るはず!

願わくは、それまでにユーロがとんでもないことになってませんように…。
まあ、そんなことになったら、ユーロ圏の国々がそれこそ大変なことになってしまうので、大丈夫でしょう…(多分)。
それまで、がんばってね、ECB


ところで、円高ってことは、海外からの輸入商品がお安くなるってことですよ!

テレビでも、ワインなんかの円高還元セールのニュースをやってましたが、たとえばAmazonなんかで輸入モノを買うのも今ならお得
ユーロだけじゃなく、ドルとかポンドとかも一様におっそろしく下がってるので、買い時かも…なんて思ったり(今後ますます下がるのかもだけど)。

でも、今、特に欲しいものがないんですよねー
CDとか、DVDとか、あとは研究用の文献とか…どれをとってみても、特に必要なものはなく。
必要ないのに無理に買うのもバカだしなぁ…。

ってわけで、あんまり関係ないかも

17:43 つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0)

風邪ひいてました;

2008/10/23
実は、このあいだの土曜日あたりから風邪をひいてました…

土曜日といえば、ムダにブログを2回も更新した日なので、「ほんまかい」と思われそうですが。

実のところ、土曜日は、ひどいくしゃみと鼻水(…汚くってごめんなさい)に悩まされていました
でも、このときはまだ、「ああ、花粉症か~」くらいに思ってたんです。
…というのも、私はかなりのアレルギー体質なので。

でも、日曜日の朝起きると、なんだか体が重たい…
しかも、やたらと頭がくらくらする…

このときになって、やっと風邪をひいたと気づくあたり、われながら間抜けですな

その日は、大学時代の友達と久しぶりに会う約束をしていて、とっておきのランチを期待してたんですが、あえなくキャンセル…
昼まで寝込んだうえに、午後からは家の中で休養…

そして夜。

翌月曜日は、どーうしてもっ休めない授業がありました。
普通の授業とかなら、まあ休んでも仕方ないんだけど、その日はオランダ人の先生による特別講義。
レポートも課されるし、単位にも響くので、休むわけにはいきません…。

だったらさっさと寝ろ…という話なんですが、その日はついついテレビでやっていたトム・クルーズの『M:I-2』を観てしまい…
結局、寝たのは11時半。
しかも、寝る前に体温を測ったところ、37度を越えていました…

…が、日曜日の朝と夜に飲んだ風邪薬が効いたのか、翌朝は頭がすっきり。
ってことで、とりあえず学校に行くことができました(ホッ)。

まだ少し鼻・喉の調子があまりよくないものの、とりあえずは復活です

23:08 つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0)

またまたオブジェみたいなのを作ってみた。

2008/10/18
今日、2度目の更新です。
無駄に更新しています

さて、今日は、玄関に飾るためのオブジェっぽいものを作りました。
以前の記事で紹介したノリントン・オブジェをちょっとアレンジしたものです。

ちなみに、今回はノリントンのイメージではないです。
今回のイメージは、「パリの秋」ってことで。

こんなんです↓

20081018142910.jpg

この写真では分かりにくいけど、リボンは焦茶と赤紫の2色を重ねて結んであります。
秋らしいカラーということで。

ちなみに、ワイン・グラスはやはりダイソーです。
グラスの中に入ってる透明のガラス玉もダイソー(以前から家にあったものの一部)。
薔薇の造花は、手芸洋品店で1枝100円で売ってたのをバラしました。

…で、ついでに玄関のスペース全体を秋らしく模様替えしてみた↓

20081018143050.jpg


20081018143010.jpg

下に紫色のフェルト生地を敷いて、その上に雑貨類を並べてみました。

後ろ左側の額は、ずっと前に美術館で買ってたもの。

後ろ右側の写真立ては、ダイソー。
中身の写真は、旅行先で撮ったものです。

手前右側の葉っぱの形のお皿は、ずっと前にダイソーで買って、お風呂場の石鹸置きとして使ってたモノです
その上の木の実ピックとリンゴのキャンドルは、ダイソーではない100均で。

左側のレースの敷物も同じ100均で買いました。

それと、そこのお店の300円商品だったのが、エッフェル塔の絵の描かれた四角いタイルと左の端っこにある小さなフレグランスのボトルです。
四角いタイルは、とってもレトロで古びた感じが出ていてすっごく可愛いんです!
他の絵柄もあって、どれも欲しかった…。
それと、フレグランスのボトルは、青リンゴの爽やかで良い香りがします。
他にラベンダーとかシトラスもあったみたい。

タイルの上の葉っぱは、ワイン・グラスの中に入ってるバラの残り物です(笑)

それから、ミニ・エッフェル塔は、このあいだの旅行のお土産。

…とまあ、こんな感じです。

部屋のイメージにあわせて、このあいだの記事で紹介したダイニングのディスプレイとは雰囲気を変えてみました。
ダイニングはカントリー調でプロヴァンス風、玄関はクラシックなパリ風味ってことで。
もうちょっとお洒落にしてみたいんですけど、いかんせん、センスがなくって…
20:54 インテリア&プチ・リフォーム | コメント(3) | トラックバック(0)

気になる映画。

2008/10/18
今日、Yahooのニュースを見てたら、ブッシュ大統領の伝記映画が全米公開されたとかって出てました

ブッシュ大統領って、パパ・ブッシュさんの方じゃなくって、ブッシュJr.の方ね。
つまり、現職の大統領。

現職の大統領の伝記映画を在任中に作って公開するなんて、アメリカらしいというか、なんというか…。

公式サイトを見てみたんですけど、トレイラーを見たかぎり、結構おもしろそう
トレイラーでは、わりとポップな(?)感じでした。

ストーリーとしては、ブッシュ大統領個人の改宗とか、父親との対立とか、イラク戦争のときの政権内の葛藤とか…なんか、そんなのを扱ってるみたいです。
現実に今生きてる人なだけに、どこまでホントでどこまでフィクションなのか分からないところですけど、人間ドラマ、政治ドラマとして楽しめるんじゃないか…とちょこっと期待してみたり。
とにかく話題性はありそうなので、日本で公開されたら観てみたいなぁ。

そして気になるのが、キャスト。

面白いなぁ…と思ったのが、ヨアン・グリフィズさんがトニー・ブレアの役っていうこと。
トニー・ブレアというと、前イギリス首相の彼ですよ。
これって結構ハマリ役じゃないですか?
私的には、結構顔似てる気がするし…。

…というか、ブッシュ大統領の映画だし、イラク戦争開戦とか扱うから、やっぱりイギリス首相とかも出るのねー…って感じですね。
ついでに、ド・ヴィルパン仏首相とかも出てこないかなぁ。
ちょい役でもいいから、見てみたい…。

それから、公式サイトの写真を見るかぎり、ホンモノと似てそう…って思ったのが、ラムズフェルド元国防長官と、ライス国務長官、チェイニー副大統領あたり。
映像で観たらそんなに似てないのかもですが、写真では結構似てました。

肝心のブッシュ大統領役は、ジョシュ・ブローリン。
写真ではあんまり似てないなぁ…って感じですが、トレイラーでは、表情によってふっと似てると思える瞬間がありました。
あと、喋り方が似てるって思った(笑)

この映画…

監督はオリバー・ストーン監督。
タイトルは『W.』です。
日本版のタイトルはどうなるんだろう???
それと、若干マニアックなキャスティングだけど、日本公開はされる…よね?
20:18 映画雑記 | コメント(2) | トラックバック(0)

無性に…

2008/10/16
なんだか無性に何かが恋しくなることってありませんか?
…ありますよね?
いや、あるはずだ!(←強引)

それは食べ物だったり、音楽だったり、本だったり、はたまた人だったり…。

たとえば、私の場合、無性にマクドのバーガーが食べたくなったりするんです
…あ、東の方は、「マクド」って言わないんでしたっけ。
「マック」?
とにかく、マクドナルドです。
話がそれました

あと、忘れたころに突然やたらと聞きたくなってしまうのが、ビートルズの名曲「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」。
みなさんご存知でしょうか?
ジョン・レノンが歌ってる曲で、ちょっと不思議な感じのメロディーです
初めて聞いたときは、正直あんまり好きじゃない…って思ったのに、なぜだかふと聞きたくなる…ってことが何度もありました。
…で、今では結構好きな曲だったり。

さて、本題です。
…って、今までのは本題じゃなかったんかい!

たった今、私が無性に恋しいもの…それはっ!!

ダヴェンポートさんの声

あー…なんだか久しぶりにダヴェンポートさんの名前を書いた気が…

このあいだ、英語の勉強を再活性化しようと思ったときに、例の朗読CDを聞こうと思ってたんですけど、なんだか忙しくてそのままになってたんですよ
なので、明日こそは、行き帰りの電車の中で麗しいブリティッシュ・イングリッシュに浸ることにします。
ダヴェンさんの声…すっごく良い声だけによく寝られるしね…(オイ)

…というわけで、Myウォークマン君にたっぷりエサをやっておくことにします
23:04 ジャック・ダヴェンポート | コメント(0) | トラックバック(0)

バトン

2008/10/13
オフラインでのお友達でもある「ゆさ」さんからまわってきたバトンです


お約束

・正直に書くこと。
・お世辞は必要ありません。
・エンドレスバトンなので止めないで下さい。
・強制です。バトンは必ず回して下さい。

…だそうです。


01:誰から回ってきた?

  ゆささんから

02:その人と初めて会った時の第一印象は?

  初めて…って幼稚園の時だからなぁ
  大昔すぎて、第一印象なんて思い出せない…

03:その人を色で例えて下さい。

  何となく、栗色って感じかな?
  あ、それか抹茶色(…本人なら分かるよね?)

04:その人の好きなところを言って下さい。

  さばさばしてて話しやすいところかな。

05:その人の嫌いなところを言って下さい。

  これといっては特に。

06:その人を野菜で例えて下さい。

  や…やさい?
  うーん…何だろう…???
  クルミとか?…っていうか、それって野菜なの?

07:その人を動物で例えて下さい。

  なんとなく、リスっぽいかも。
  秋生まれだから、秋っぽいイメージで。

08:その人は最初何歳と思った?

  いやいや…同級生ですから。
  何歳とか思うまでもなく(笑)

09:その人は誰に似てる?

  作曲家のフランツ・リストの若かりし頃。
  中学のときの音楽の資料集に載ってた写真を見て、激似だと思いました。
  …リストの若い頃はなかなかの美形さんなので、怒らないでね

10:その人はかわいい?かっこいい?

  かっこいい系というよりはかわいい系かな。
  
11:その人に向かって一言!

  考えたら、幼稚園のときから、かれこれ20年近いおつきあいになるんだねぇ…。
  とにかく、これからも末永くよろしく~

12:バトン6人に指名してください。

  えーと…誰にまわしたらいいんだろう?
  それじゃ、よろしければ、ニキヤスさんとdoranikovさんにお願いしたいと思います。
  お時間があれば、やってみてください
  あと4人は…思いつかないので、放置します


12:53 バトン | コメント(4) | トラックバック(0)

ちょっとしたMyブーム。

2008/10/12
最近、部屋の飾りつけ?模様替え?…がMyブームです。

家の中のちょっとしたスペースに雑貨を飾ってみたり、自分で撮った写真を引き伸ばしプリントしてもらって額に入れて飾ったり…。
気分転換になって楽しいんですよね

とはいえ、緊縮財政な今日この頃。
できるだけお金をかけない方法でなくてはなりません。

…というわけで、写真引き伸ばしは、貯まってたポイントを使って激安で。
写真を入れる額は、○ドバシカメラでこれまた貯まってたポイントを使って無料でGET(しかも、もともと500円程度のやつ)。
そして、雑貨類は、もともと家にあったものを使ったり、100均で買ったり…。

そんなこんなで、まずはダイニングから飾りつけてみました↓

20081011135525.jpg

ちなみに、上に見えてる額に入ってるのは、前から飾ってあった1000ピースのパズルです。

チェストの上の部分のみ拡大↓

20081011135443.jpg

ヨーロピアン・カントリー風の雑貨屋さんっぽいイメージを目ざしてみました。

ワイン・グラスはダイソー。
コルクのふたのついたビンは無印良品で300円くらいで買ったもの。ちなみになぜだかスペイン製。
小さなカゴ、その中のリンゴのキャンドル、木製のコースター、半透明の四角いキャンドル立て、その中の木の実のピックは、梅田の某おしゃれな100均で買いました。
同じ100均の300円商品だったのが、下に敷いてるランチョンマット。
カゴに入ったドライフラワーはいつからか家にあったもの。
白い鳥かごみたいなのは、ずっと前に300均で買ったもの。
その中の赤いポプリのサシェは、卒業旅行のときにお土産として買ったもの。
写真立ては100均です。
それから、小さいカゴに入ってるコルクは、前に家で飲んだワインの(笑)

できるだけ安いものを使ったんですが、それでも全部あわせるとまあまあな金額に。
でも、100均以外の雑貨屋さんなんかで買うよりは、かなり安くあがってるはず。

それにしても、もっとおしゃれに飾りたいんですけど、こういうのって難しい…
可愛い雑貨屋さんとかでショッピングするときには、ディスプレイの仕方とかを真似しようと思ってじっくり見てるんですけど、いざ自分でやろうとすると、上手くいかない。
ああいうセンスが欲しいもんです。

ちなみに、ここのコーナーはとりあえず完成なんですが、また11月半ばごろにはクリスマス・バージョンに模様替えする予定。
今度は、家にあるものを使ってちょっと変えるだけになると思いますが…。

それから、玄関とか、他のスペースも飾ってみるつもりです
できたら、またブログ上に写真をアップするかも。

21:01 インテリア&プチ・リフォーム | コメント(0) | トラックバック(0)

月曜日は英語を話そう。

2008/10/07
このほど、うちの研究室にオランダの大学から先生が来られました

期間は6週間ほどらしいんですが、昨日はその先生の歓迎会がありました

その先生は、もちろんというか何というか、オランダ人。
日本語は話せないそうなんですが、英・独・仏はペラペラだとか。

歓迎会のあいだ、私たち院生は、その先生と話すことを義務づけられました…
何を話すって、自己紹介なんですけどね。
要するに、名前と専門分野です。

突然のことだったので、少し緊張はしたんですが、何とか話すことができました。
なんか、旅行先でサバイバル会話を繰り返してたおかげで、ちょっと度胸はついたかも…。

旅行先では、どんなシチュエーションがあるか分からないですよね。
だから、前もって文章を考えておく…とかって、あんまり役に立たないんです。
むしろ、最初から完璧な英語をめざすんじゃなくて、その場その場でヘタくそなりに一生懸命言いたいことを伝えようとする感じ。

昨日、そのオランダ人の先生と話したときも、その要領でなんとか話しました。
私のは、超低レベルな英語でしたが

ちなみに、今月は2回ほど、その先生による講義を聴くことになります。
英語で専門的な話をされると、(話にもよるけど)たいがい半分くらいしか分からないんですよねー
うーん…今からまたリスニングの勉強を本腰入れて始めようかな。

そして、今期はまた英語演習をとってしまったので、英語でプレゼンしないといけないんですよ

なんか、これは英語の勉強をがんばれ…という啓示(?)な気が…
というわけで、明日からダヴェンポートさんのCDを聞くことにしますね(笑)


21:16 つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0)

ピサロ展に行ってきました。

2008/10/05
おとといは、大学院の友達とおでかけしてきました

最近、やたらとおでかけが多いって…?
気のせい、気のせい

メインは、京都駅ビルでやってたピサロ展だったんですが、お昼集合だったので梅田でランチしてから京都へGO
湯葉とモツァレラチーズのトマトソース・パスタ…美味でした

さて、ピサロ展ですが。

ピサロっていうと、あれですよ。
印象派の画家で、時に点描技法なんかもやったりしてたカミーユ・ピサロ。

私は、何気にピサロの絵が結構好きだったりするのです
なんか、のどかで心が和む感じ。
…つまり、癒し系?

今回駅ビル美術館に来てたのは、オックスフォード大学のアシュモリアン美術館というところから海を渡ってやってきた絵たちです。
ものすごく有名な絵がきてたってわけじゃないんですが、ピサロ息子とか孫とかの絵が見られたりもして、なかなかレアな展覧会でした。
…っていうか、ピサロの子孫が画家になってたなんて、今回初めて知りました
息子ピサロのうちの…えっと…フェリックスさんだっけ?のねずみの絵が強烈なインパクトでした

それとピサロと関連する画家の作品として、ミレーの絵がきてたんですよ
何を隠そう、私は大のミレー好き
とても小さい絵でしたが、空のグレーのグラデーションの何とも言えない色が素敵でした

ピサロ展を見たあとは、このあいだ高校時代の友達と食べて感激したパフェをふたたび食べました
最近、食べてばっかり…?
食欲の秋、メタボにならないように注意せねば!



19:52 展覧会 | コメント(0) | トラックバック(0)

「ウィリアム」君を食べよう。

2008/10/02
…変なタイトルをつけてしまいました

っと、本題に入る前に…

今日は、さっそくTA初日でした。
心配だったプロジェクターも特にトラブルもなく使えたので、ひと安心。
でも、スクリーン、プロジェクター、ノートPCを1人で運んだので、明日は筋肉痛確率90%です
…だって、離れた建物の3階まで運ばないといけないんですよ?
お金をもらってやってることなので、文句は言えませんが
まあ、ダイエットになるとでも思っておくことにします(笑)

ここで本題です。じゃじゃんっ(←効果音)

今日、うちの母がめずらしくデパ地下なるところへ行きまして…。
なんか、ケーキとともにお菓子を何種類か買ってきたんです。
その中に、なんと「ウィリアム」という名前のお菓子がありました。
そういう名前のお菓子って、メジャーなんですか?
私はあんまりお菓子の名前とか知らないので、よく分からないんですが。

以下、そのときの会話↓

私:「ウィリアムやって!…ターナー?」
母:「なんでお菓子がウィリアム・ターナーやねん」
私:「他にウィリアムのつく有名人とか思いつかへんし。どんなお菓子?」
母:「リンゴが入ってるらしいよ」
私:「ウィリアム…・テル?」

ツッコミどころは多々あるかと思いますが

ともかくも、この「ウィリアム」君…しっとりとしていてとても美味しかったです

22:49 つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0)

今日から新学期。

2008/10/01
長かったような、短かったような夏休みも終わり、いよいよ今日から新学期が始まりました。

…といっても、今日は、特に授業をとるわけでもなく、ちょこっと研究室に顔を出しただけ。
明日から始まるTA(ティーチング・アシスタント)のために、プロジェクターの使い方を先輩に教えてもらうためです。
ちなみに、TAというのは、先生の授業のお手伝いをするバイトみたいなもの
重たいものを1人で運ばないといけないので、結構体力勝負?

さてさて、実は、夏休み明けに提出しないといけないレポートというのがあるんですが、まだ全然手をつけられてないんですよね…
これ…自分の研究テーマの先行研究についてまとめるレポートなので、先行研究を把握してないと書けない!
でも、夏休み中は、別のテーマの論文を書くのにほぼ全精力をついやした挙句、旅行とか…行っちゃったので、まだ今の研究テーマについての文献は読めてないんです~
どうしよう…
…って読むしかないんだけど
今読んでる文献…全部で200ページ以上あるんですけど、まだ70ページくらいしか読めてない
何とかこの土日に全部目を通して(←「読んで」とは言わない;)、来週中にはレポートを提出しないと
せめてもこの文献がフランス語ではなかったことを神に感謝しましょう…(←どこの神?)。

22:40 つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。