FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

試写会に行ってきました!

2009/02/08
昨日は、友達のDちゃんのお誘いで…というか、諸事情で招待券をいただいちゃって、映画の試写会に行ってきました

映画の試写会とかって、これまで一度も行ったことのない私。
ちょっとどきどき…(笑)

会場は、兵庫県は芦屋市の市民会館みたいなところ。
芦屋=セレブ…というイメージがあるので、ちょっとびくびく…(笑)

市民会館ということで、内部はごく普通のホール。
多分、映画上映には向いてないと思います

だってね…コンサート・ホールみたいな感じで、ステージのまわりを客席が扇形にとりかこんでるんですよ。
扇形の端っこに当たった日には、スクリーンをめちゃくちゃ斜めから覗き込む格好になってしまいます
しかも、2階席もありました…(笑)

とはいえ、私は何とか、「スクリーンの正面ではないけどそこまで端っこでもない席」を確保したので、わりと快適に観ることができました。
3時間近くある大作映画だったので、そこは大事なポイントです。

さてさて、何の映画の試写会だったかというと、バズ・ラーマン監督&ニコール・キッドマン&ヒュー・ジャックマン主演の『オーストラリア』という作品
今月末から公開されるんですが、皆さま、ご存知ですかね?
公式サイトはこちら(長めのトレイラーも観られますよ~

オーストラリア [DVD]オーストラリア [DVD]
(2012/10/26)
ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン 他

商品詳細を見る


オーストラリア [Blu-ray]オーストラリア [Blu-ray]
(2010/07/02)
ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン 他

商品詳細を見る


私は、ニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンという主演の2人が結構好きっていうこともあって、Dちゃんのお誘いを嬉々として受けたわけです。

しかも、ちょっと時代モノなんですよ、この作品は。
そこも私の好みをついております。

ネタばれなしのあらすじをごくごく簡単に言っちゃうと、こんな感じ↓

舞台は第二次大戦勃発の年、1939年。

英国貴族の夫人サラ・アシュレイは、一向に戻ってこない夫をたずねて、はるばるオーストラリアの領地「ファラウェイ・ダウンズ」へとやってきた。
しかし、そこで彼女を待ち受けていたのは、何者かによって殺害された夫の遺体と、荒れ果てた屋敷。

サラは、領地を守るため、残された1500頭の牛を遠く離れた都市ダーウィンに駐留する軍に売り渡すことを決意する。
そこで、協力を頼んだのが、牛追いのプロ、カウボーイのドローヴァー(ヒュー・ジャックマン)だった。

サラは、ドローヴァーや、屋敷に残されたメンバー、先住民アボリジナルと白人の混血の少年ナラ、牧童たちとともに、ダーウィンに向けて牛追いの旅に出る。

さまざまな困難に遭遇しながら旅を続けるうち、サラとドローヴァー、そしてナラの間には、大きな絆が芽生え始めるが…。

詳しく書いちゃうとネタばれになってしまうので、まあこんなところで。

上のあらすじを読んでもらったら分かるように、全体としてはまあわりとありがちな感じのベタな話ではあるんですが、エンタテイメントとしては秀逸だなぁ…という印象でした

まず、主演の2人が美しい

ニコール・キッドマンは、埃まみれになっても、汗まみれになっても、やっぱり美しかったです。
そして、ヒュー・ジャックマン
白いスーツ?タキシード?も似合ってたけど、ヒゲ面&カウボーイ・スタイルが似合いすぎ!
彼を見るためにこの映画を観ても損はしないでしょう(笑)

それから、オーストラリアの風景が美しい

私はオーストラリアの地理にあんまり…というか全然詳しくないんですが、北部がメインみたいで、荒々しい雄大な大自然が堪能できます
カンガルーも出てくるし

…ってわけで、まず目の保養になります(笑)

それから、ストーリー展開も、なかなか良かったんじゃないかと。

何せ、165分もの長編です。
途中で飽きちゃうとか、退屈する…なんていうことも非常にありうる話です。

でも、この映画の何が良かったって、前半と後半とで話を分けてあったこと。
前半は牛追いの旅がメイン、後半は第二次大戦がメイン…というように、1本の映画の中に2つの話を盛りこむことで、長編映画にありがちな中だるみを防ぐことに成功してたと思います。
それでいて、全体を通して1つの筋は通っていて、前半と後半がちぐはぐ…もしくはぷっつり断絶みたいな事態にはなっていませんでした。

…ってわけで、最後までハラハラ&どきどきしながら、良い意味で緊張感をもって楽しむことができました

さて、そろそろディープな感想を書きたいところです。
というわけで、ネタばれOK!な方のみ、「続きを読む」をクリック

>>続きを読む・・・
スポンサーサイト



20:05 映画感想 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |