FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

映単語☆第2回

2009/02/09
本題に入る前に…

今日、テレビを見てたら、おととい試写会で観た映画『オーストラリア』の予告編CMやってました~
…で、うちの母に、ヒュー・ジャックマンを宣伝しときました(笑)

それにしても、公式サイトのトレイラーもそうだけど、実際に劇場で観るのと予告編とじゃ…ずいぶんイメージが違いますねぇ。
セリフの訳とかもかなり違ってて、トレイラーのイメージのまま劇場で本編を観ると「アレ?」ってな部分が結構ありました(←あ、別にこれは落胆した…っていうことじゃないですよ)。
まあ…トレイラーは、「観に行きたい!」と思わせてなんぼですからね…。

さて、本題です。

今日は、映単語の第2回。

今回は、この間の第1回で紹介した「Your Majesty」のときにちょこっと予告していた、国王以外の王族に対する呼びかけ表現を紹介します

"Your Highness"

これは、日本語の「殿下」にあたる表現で、王子様などの王族に用いられる呼称です

私がこの表現を初めて聞いたのは、ドリュー・バリモア主演の『エバー・アフター』という映画↓

エバー・アフター [DVD]エバー・アフター [DVD]
(2007/05/18)
ドリュー・バリモアアンジェリカ・ヒューストン

商品詳細を見る


以前にもちょこっと紹介したことがあると思いますが、この映画は、御伽噺のシンデレラがベースになっています。

…なので、意地悪な継母やガラスの靴、王子様も登場。

でも、もともとの御伽噺をずいぶんアレンジしてあり、ドリュー・バリモア演じる主人公のシンデレラことダニエルは、めちゃくちゃ主体的な女性。
ダメ王子に説教したり、継母・義理姉に対抗してみたり…。
最終的には、魔法使い…ではなくレオナルド・ダ・ヴィンチの力を借りつつも、自ら運命を切り開いていく強さを兼ね備えています。

そんなダニエルが、王子(ダグレイ・スコット)に対して使う呼称がコレ、「Your Highness」。

この物語の舞台は16世紀フランス。
レオナルド・ダ・ヴィンチ、フランソワ1世、イギリス国教会成立、探検家カルティエ…などなど、ちょっとした歴史マメ知識が登場するのも楽しいところです。

まあ、それは置いといて。

とにかく、国王やら王子が登場する身分制社会を舞台にしているため、当然、このような王族に対する呼称がばんばん出てくるわけです。

とりわけ、シンデレラ・ストーリーだけあって、主人公の相手役は王子様。
なので、「Your Highness」の使用頻度も高い!

主人公ダニエルと王子ヘンリーが親しくなってからは、名前で「ヘンリー」と呼ぶんですが、それまでの間は、やたらと「Your Highness」が出てきます。

最初、この映画を観たときは、ちょうど『仮面の男』にハマってた時期でもあり、「Your Majesty」とどう違うんだろう???と思ったのを覚えています。
でも、「Your Majesty」=「陛下」、「Your Highness」=「殿下」と考えると分かりやすいですねー。

スポンサーサイト



22:04 映単語 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |