08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

FCバイエルンvsFCバーゼル

2010/09/29
昨日行われた欧州CLの試合で、バイエルンがFCバーゼルに2-1で勝利しましたね

クローゼの得点がなかったのがさびしいところですが、われらがドイツ代表のMFシュバインシュタイガー(「シュバイニー」って呼ばれるの、本人が嫌がってるらしいと聞いたので、長い名前のままで書きます)が2得点決めてくれました!

1点目は、PK。
2点目は、バドシュトゥバーのFKクロスから。

ドイツ代表では、最近、どっちかっていうと縁の下の力持ち的存在としてがんばってて、自らゴール決めることってあんまりない気がするシュバインシュタイガーですが。
やってくれましたね

ここのところ、バイエルンは、ブンデスの試合でいまひとつ…という感じだったみたいなので、こうやって勝ってくれてよかったです。

試合の模様は観てないので、なんとも言えませんが、内容的にはあんまり良くなかったようですが…。。

とはいえ、これで、バイエルンは、決勝トーナメント進出に1歩近づいたわけなので、1試合1試合、着実に勝っていってほしいですね!
スポンサーサイト
22:03 サッカー | コメント(0) | トラックバック(0)

『ホビットの冒険』映画化。

2010/09/28
めちゃくちゃ今さら知ったんですけど

J.R.R.トールキン原作の『ホビットの冒険』って、映画化決まってたんですね
しかも、ピーター・ジャクソン監督参加で

全然知らなかったよ~
自称LOTRマニア失格ですね…

めちゃくちゃ遅ればせながら、映画化のことに気づいたのは、たまたまケート・ブランシェット=ガラドリエル様のIMDbのページをのぞいたとき。
彼女がロビンフッドの映画に出るっていうんで、ちょこっと見てみたら…。

ピーター・ジャクソン監督だし、LOTRのシリーズものとして撮るみたいなので、当然のことながら、LOTRのキャストも出演するみたいですね

とはいえ、『ホビットの冒険』は、主人公がビルボだし、LOTRよりも年代がさかのぼることになるので、両方に登場するのはごく一部のキャラクターだけど…。

今のところ、少なくともイアン・マッケラン=ガンダルフと、アンディ・サーキス=ゴラムと、ヒューゴ・ウィービング=エルロンドは出演するって決まってるみたいです(たぶん)

あと、少なくとも、ケートのガラドリエル様には出演してほしいなぁ
ガラドリエル様好きー

…っていうか、私…『ホビットの冒険』読んだことないんですよね。。

だから、あとどういうキャラが登場するのか知らない…(汗)
レゴラス・パパ?のスランドゥイルとかが出てるはずじゃなかったっけ??
あと、ドワーフの誰かとか…。

ちなみに、『ホビットの冒険』は、実は持ってることは持ってます。
LOTR3部作とセットになってた原作ペーパーバックを買ったので…。

それ、映画やってたときくらいに販売されてたやつなので、LOTRのほうの表紙が映画の写真なんですよー
しかも、4冊まとめて入れるための箱の1番広い面の写真が、エオウィンだという
それ目当てで買いました…

だから、『ホビットの冒険』はおろか、LOTRのほうもほとんど読んでません…(←読めよ)。
英語のペーパーバック、さくっと読めるような人間じゃないんで。。

それから、LOTRのほうは、邦訳版の文庫のを持ってるんだけど、全巻(=10巻くらいある)そろえるの大変で、半分くらいしかもってないという。。

原作から入ったんじゃなく、映画から入ったもんで、原作はちょっと敷居が高いのです。
文学部出身だけど、読書家じゃないしなー。

でも!
原作の追補編は、小ネタ満載でしっかり読みました!!(←言い訳??)

まあ、そんなわけで、『ホビットの冒険』のこともあんまりよく分かってないんですけども。

でもでも!
映画のLOTRはこよなく愛してるので、またあの世界観に浸れると思うと、めちゃくちゃ嬉しいです

同類のファンタジー映画って、LOTRのあとに結構たくさんあって、私もいくつか観たんですけど、やっぱりLOTRは別格

このブログではあんまりLOTRのことは書いてないんですが。
…というのも、そもそもこのブログを立ち上げたのは、むしろPotC(というか、提督)について語るためだったし。

でも、私の中で、LOTRは常に特別です

LOTRの魅力は、やっぱりその入念に作りこまれた世界観と、キャラクターだと思うのですが。

意外なことに、私は、LOTRでは男性キャラにはあんまりハマらなかった。
まわりじゃ、やれアラゴルンだの、やれレゴラスだの…というふうに、男性キャラにハマってる女子は多かったのですが…。

むしろ、LOTRで、私が1番好きなのは、やっぱりローハンの白い姫君エオウィン

演じるミランダ・オットーもすっごく綺麗で可愛くてしかもカッコ良くて
戦う姫君でめちゃくちゃ強いのに、料理下手だったり、恋愛不器用だったり、意外と脆かったり…。
とにかくツボ
同性として憧れる!…って感じでした

あとは、ガラドリエル様は殿堂入り…って感じだな。
ケート・ブランシェットはさすがです。

あ、でも、アルウェンはあんまり好きではないのです…。
姫、姫しすぎてて。
彼女はむしろ男性ウケしそう。

えーと…でも、LOTRの男性キャラが全然ダメってわけじゃないですよ。

アラゴルンにしても、レゴラスにしても、客観的にはやっぱりカッコいいとは思います。
ただ、好みじゃないだけで…(笑)

あと、ボロミアとか、ファラミアとか、エオメルとか…あのあたりの人たちは良い味だしてますよね!

でも、個人的に、男性キャラで好きなのは、ローハンのセオデン王(タイタニックのスミス船長ことバーナード・ヒル)とエルフのハルディア様(クレイグ・パーカー)ですね

セオデン王は、上品なおじさま…という感じで、ローハンのグリーンのマントの似合うこと
サルマンの傀儡みたいになっちゃってたときはダメだけど、TTTのラストとか、ROTKの「デ~スッ」の場面は鳥肌モノです

ハルディア様はですね…あのちょっと気どった態度、上品な声と喋り方がツボでした
フロドたちがロスロリアンに着いたときとか、角笛城に援軍に来たときとか。
ノリントンといい、私は気どったキャラが好きなのか??

演じるクレイグ・パーカーさんは、ハルディア(輝くブロンドの長髪…エルフですから)とは違って、ダークブラウンの髪に青い瞳なので、最初見たとき、「誰!?」って思いました(笑)
上品な美形さんなので、貴族役とかが似合いそう。
「どんな人?」って思った方は、「Craig Parker」でググってくださいませ。

しかし…マニアックですね、われながら

エオウィン好き!…って言うと、大抵、「は?」っていう反応が返ってきます。。
そして、ハルディアにいたっては、きっと「誰それ?そんなキャラいたっけ?」っていう反応が返ってくる気が。。

でも、マニアックなのは私のアイデンティティなので!

そして、話戻しますけど、『ホビットの冒険』。
なんか、噂では来年?あたりから撮りはじめるとか何とか…。

そうだ、ダヴェンさん出演とかないでしょーか…。
最近、スクリーンで観られないの、哀しいから。。

オーランド・ブルームだって、PotCとLOTRの両方出てるし!
アリですよね!

ダヴェンさんなら、人間の騎士役なんていうのが正統的だと思いますが。

ロココの白髪カツラを着こなした彼ですから!
エルフの金髪ロングヘアーもきっと似合うに違いない!!
オーランド・ブルームも、クレイグ・パーカーもダーク・ヘアーでエルフ役だったわけですから、ダヴェンさんもいけるはず!

ダヴェンさんのエルフ姿…見てみたいです(笑)
スランドゥイル役…なんてどう??

17:15 映画雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

ユトリロ展に行ってきました!+拍手コメお礼

2010/09/26
お久しぶりの更新になってしまいました

…とゆーのも、論文の締め切りがせまってまして
8月から9月のはじめにかけて、調子に乗ってさぼってたツケがまわってきてるという…。。

ちなみに、夏休みの宿題は、ほぼ毎年最終日に徹夜してた私でございます…
小学校から高校まで、一貫して、です。はい。

高校時代なんて、それでも仕上がらなくて、もう、提出するの諦めた英作文とかあったなぁ…。
…で、お正月過ぎたころに、「いい加減出しなさいよ!」…ってことになって、慌てて書いたりして

こんなふうに言うと、しばしば意外がられるのですが、でもコレ、ほんとの話。
不真面目っ子です。

とはいえ。

なんとか論文は完成しましたよー
出来はイマイチ気にくわないけど、仕方あるまい。。

…というわけで。

今週は、ほぼ缶ヅメ状態でそいつを書いてたんですが。

なのに、1日はお出かけしてきました~(ダメダメですね…)

JR京都駅の駅ビルに入ってる伊勢丹の美術館「えき」でやってるユトリロ展

ユトリロは、私はわりと好き…という程度なのですが、うちの母がすごくファンなんですよ。
それで、私が伊勢丹のアイカード会員で1人分タダで入れる…ってこともあって、観にいってきました

展覧会は、全作品ユトリロ・オンリー(=ちょいマニアック)だからか、それともデパートの美術館だからか…思ったほど混んでなくて、というかほんとに空いてて、ゆっくりじっくり観ることができましたw

展示されてたのは、90点ほどで、全作品日本初公開なのだとか。
超メジャー級の作品はないけど、ユトリロの生涯を追いながら、ユトリロらしい絵を堪能することができました

時代別に展示してあった中で、やっぱり私は有名な「白の時代」の絵が好きだなー…と思いました。

何て言ったらいいのか、白の時代に描かれたパリの風景の壁面の「乾いた」感じ…というか、フランス語の「sec」という言葉がしっくりくるのですが、そういう感じがとっても印象的でした。
ちょっと孤独な感じがぐっときますよね。

あとは、展覧会的には、ユトリロと宗教(キリスト教)とのつながり…という切り口が、なかなか興味深かったです。

展覧会を観おわったあとは、伊勢丹をぶらぶらして、ラ・ドログリー(パリ発の手芸屋さん)の期間限定のお店でブローチを買ったりしつつ、マールブランシュでお茶して帰りました

20100921162342.jpg

マールブランシュは、京都じゃとっても有名なお店なのですが、実際に行ったのははじめて。

期間限定の「無花果のヨーグルト・チーズ・ケーキ」というパフェを食べたんですが、赤ワインの濃厚な風味がきいていて、とっても大人な味で美味しかったです

今まで食べたパフェでは、リプトンのカフェの林檎の赤ワイン・コンポート・パフェ(だっけ?)と並ぶヒットでした

***

以下、拍手コメントへのレスです

JunJun様、拍手コメントありがとうございました!
お返事がめちゃくちゃ遅くなってしまい、ごめんなさいm(_ _)m

携帯からコメントくださってるんですね!
いつも本当にありがとうございます!

ちなみに、ブログ下のコメント欄は、オープンなものなので、会員登録等をしなくても使っていただけると思います(^^)
私としては、拍手コメントでも、ブログ下のコメント欄でも、コメントしていただけること自体が本当に嬉しいので、どちらでもご都合のよい方を使ってくだされば構いません

バイエルン…このあいだのCLでのローマ戦のあとは、ブンデスリーガで1勝1敗1引き分け…と、ちょっと微妙な感じですが、これからどんどん調子をあげていってくれることを期待してます!
CLにブンデスリーガにEURO予選に…と、めちゃくちゃ忙しいドイツ代表選手たちですが、いろんなところで活躍してくれるといいですね(^^)

それから、レアルのエジル&ケディラのコンビも、この調子でがんばってほしいですね!
16:53 展覧会 | コメント(0) | トラックバック(0)

バイエルン、ローマに勝利!

2010/09/16
開幕したばかりの欧州CL…15日の試合で、我らが?バイエルン・ミュンヘンが、ローマに2-0で勝ちましたね

しかも、嬉しいのは、バイエルンの2点が、それぞれミュラーとクローゼというドイツ代表メンバーによるゴールだったってこと

とりわけ、クラブでは不振続きでバッシングすらされてしまってるクローゼが、こうやって活躍してくれるのは、ファンとしては嬉しいかぎりです
代表ではもちろん、やっぱりクラブでも活躍してほしいですからね!

この試合では、リベリーが出場停止だったらしく、いつもとちょっと違うメンバーが起用されたらしく、クローゼはスタメンからはずされて途中交代での出場だったのですが。
…にもかかわらず、期待に応えたゴール…これで、ファン・ハール監督の信頼を勝ちとってくれるといいんだけど

19:46 サッカー | コメント(0) | トラックバック(0)

ウルス…でも熊の話。

2010/09/14
昨日はドイツ・サッカーの話を書いたので、書きそびれてたんですが…。

日曜日、東京から家に帰ってまったりしてたら、NHKで「投稿DO画」とかいう番組をやってました

コレ…You Tubeに投稿された動画とか、視聴者から投稿された動画とかを紹介する番組…らしいのですが。

それを観てたら、動物特集?みたいなのをやってて、そこで、スイスの首都ベルンにある動物園の熊の親子の動画が出てました。

その動画は、「子グマを救う母グマの奮闘」ってことで、細い木の上に登っちゃったはいいけど、そこから降りられなくなってしまった生後4カ月の子グマの男の子を、母グマがなんとかして助けようとする…というもの。
You Tubeに投稿されて話題になった動画らしいです。

母グマさんは木を揺らすんだけど、子グマちゃんは降りられなくて、ついには母グマさんは決意して、木に乗っかって折っちゃうことで小グマちゃんを助けてました。

…と、それだけなら、可愛らしい動画だなぁ…で終わるんですけど。

なんとその小グマちゃん…お名前が「ウルスくん」というのです

ウルス…って、IL DIVOのあのウルスさんと同じ名前

動画のあとに、飼育員のおじさんのコメントが紹介されたんですけど、「ウルスはやんちゃすぎるんです」とかって言ってて、思わずあのウルスさんの顔が浮かんじゃって、「や…やんちゃ…?」とウケまくってしまいました(笑)

まあ、あのウルスさんも、あんなエルフみたいな顔しといて、趣味はバイクだし、かつてはハードロック・バンドのボーカルだし…ってことで、「やんちゃ」なのかもしれませんけどね

ちなみに、「ウルス」という名前…私はあんまり耳なじみがない…というか、その名前の人ってIL DIVOのウルスさんしか知らなかったんですけど、スイスとかドイツとかでは結構ある名前なんでしょうかね??

この動画を見たとき、熊の「ウルスくん」…ってことで、字幕も日本語字幕だったし、もしかして、フランス語の「ours(「ウルス」と発音する。「熊」の意)」から来てるのかな??って思ったんですよ。

でも、スイスっていっても、ドイツ語圏のベルンだし、おまけに熊だからって「熊」って意味の単語を名前にするなんて安易すぎるだろ…と思って、調べてみたところ、熊の「ウルスくん」は「Urs」くんでした。
…つまり、IL DIVOの「Urs Bühler」さんと同じスペル。

どういう由来で名付けられたのか分かりませんが、偶然?にも同じ名前…ということで。

ちなみにちなみに、スイスのウルスくんの動画はこちらで観られます↓



最初は別の動画なので、1分40秒あたりからどぞ!
20:20 小ネタ | コメント(0) | トラックバック(0)

ブンデスとか、マンシャフトとか。

2010/09/13
土日の学会も無事に終わり、家に帰ってきましたよー

学会は、得るものもたくさんあったし、いろいろな方々とお知り合いになれたし…とても収穫のあるものでした

そして、学会が終わったあと、日曜の午後には、関東に住んでる友達と、東京駅の近くで遅めのランチとお茶してきました

20100912154503.jpg

塩キャラメルのケーキ…美味でした

さてさて、去る9月11日は、クローゼの所属するFCバイエルン・ミュンヘンと、ヴェルダー・ブレーメンの試合でしたね!

…といっても、私は中継観られたわけでもなんでもないんですけど…

ちなみに、私は、今まで、代表の試合はチェックするけど、ブンデスまでは手がまわらない…っていう感じだったのですが。

だって、代表の試合もそうだけど、ブンデスとなると、さらに観るの難しくて…
うちの家じゃ、某有料放送に加入するなんて、夢のまた夢ですからねー…

でも、まあ今回、ふたたびドイツ・サッカー熱が上がったところで、ちまちまではあるけどブンデスもチェックくらいはしようかなーと。

とはいえ、私の場合、どこを応援してるとかはないのですよ、ブンデスでは。
クローゼが所属してるからバイエルン…とも思うけど、そう単純にはいかなくて

たしかに、バイエルンは、日本の野球でいうと某○人みたいな、オールスター的チームだし、ドイツ代表のかなりたくさんの選手がバイエルン所属なんですけれども。
実際、クローゼ以外に、ラーム、シュバインシュタイガー、ミュラー、クロース、バドシュトゥバーなんかが出場すると、ニアリーイコールでドイツ代表みたいな感じですけれども。
(これって、スペイン代表≒バルサ…っていうのと似てる気がする…。)

でも、メルテザッカーとかマリンとかはブレーメンだし。
ポルディはケルンだし。
他にも、シャルケとかハンブルガーSVとかレバークーゼンとか…にも代表選手はいるし。

どこを応援する…とかは決められないんです

まあ、その一因には、ミロさんがブンデス…というか、とりわけバイエルンでは輝けてない…ってのも大きく影響してるのですが。。
クローゼは、やっぱり代表メンバーの中でこそ、水を得た魚?みたいに輝けるのかなぁ。

とはいえ、彼には、ブンデスでも、そういう悪評をはねのけるくらいの活躍をしてほしいのですが。

…とまあ、前置きは置いといて。

11日のバイエルンvsブレーメンは、スコアレスのドローだったそうで。

ミロさんはやはり活躍できず、後半ではクロースが代わりに出場したようです。

うーん…しかしまあ、代表での試合の疲れもたまってるだろうしね、今回は。
実際、ミュラーは、代表戦での疲労を理由に、前日の調整には不参加だったとか。
まだまだ若いミュラーでも疲れるくらいなんだから、クローゼはもっと疲れてるよね

しかも、そういえばなんですが、最近の代表の試合では、クローゼは途中交代なしで最後までフル出場のことが多いですよね。
2002年とか2006年のW杯のときは、結構途中交代してたような記憶があるんですが。
前線から守備に奔走するスタイルのクローゼにとっては、体力的に大変なんじゃないかなー…とか思ったり。

それから、ブレーメンといえば!

私がクローゼの次くらいに応援してるメルテザッカー選手が
このあいだの代表でのアゼルバイジャン戦での負傷がかなりひどかったようで、眼の下あたり?を骨折して、しばらくのあいだ試合に出場できないそうです
手術まではしなくていいらしいですが、痛々しい…。。

ドイツ代表はもちろん、ブレーメンにとってはさらに痛手でしょうね…。
でも、11日の試合では、メルテザッカーを欠きながらも、バイエルン相手に健闘したようでw

それにしても、次のトルコ戦…ドイツ代表のEURO2012予選では最初の山場になりそうなんだけど、メルテザッカーは出場できるんでしょうかね??
このあいだのアゼルバイジャン戦はなんとかなったけど、守備の要のCBである彼がいないと、ドイツにとっては痛いですよね

彼には、今はゆっくり療養して、でも早いとこ完全復活してほしいです

それから、負傷といえば!

レバークーゼンに戻ってきたバラックが、またまた負傷してしまったらしいです

バラックといえば、このあいだのW杯にも、負傷が原因で出場できなかったわけですが…。
やっと復帰できたと思ったら、この怪我
本人は相当ショックでしょうね…。。

バラックをめぐっては、ドイツ代表のキャプテンをラームのままにするか、バラックに戻すか…あるいは、バラックなしで機能しているチームの中で彼をスタメンで起用すべきか…などなど、いろいろメディアも騒がしかったようですが。
この負傷の結果、バラックは10月のトルコ戦なども含めて当分のあいだ試合には出場できないようで、そんな騒動も吹っ飛んでしまいました…。
そういう騒動はドイツ代表にとっては決してプラスじゃなかったわけですが、こんな形で当面の決着を見るというのは、なんとも悲しいですね…。

バラックも早く復帰してくれると良いです

***

以下、拍手コメへのお礼です。

JunJun様、コメントありがとうございます!

W杯後は、どうしても情報量も減ってしまうし、私もなかなかチェックできなくなるんですよ
前々回、前回は、そのままさらっと忘れてしまって、ごくたまに思い出す…という感じになってしまってました
なので、今回は、ちょっと意識的にチェックしようかな…と思ってるんですが、いかんせん、地上波放映とかがないので。。

クローゼの代表引退撤回は、ほんとに嬉しいニュースですよね!
実際問題として、次回のブラジル大会に出場できるかどうかはまだまだ分かりませんが、ぜひとも出場して、記録更新ともども、活躍する姿(と宙返り)をまた見せてほしいです

ミュラーは、EURO予選ではまだ得点が決められてなくて、アゼルバイジャン戦ではちょっと元気がなかった?みたいですが、彼はまだまだこれからの選手なので、伸びしろも大きいと思います!
ブラジル大会では、ミュラーを含め、エジルやケディラなどなど、今回活躍した若手選手がひとまわりもふたまわりも成長して、さらなる飛躍した姿を見せてくれるのに期待したいですね
21:19 サッカー | コメント(0) | トラックバック(0)

IL DIVOのファン層

2010/09/11
初めて携帯から投稿してみました!

今日と明日は、某関東地方のほうで開かれる学会に参加するので、今は新幹線の中です。
実のところ、関東はなんか苦手な私…
根っからの関西人の私には、どうにも馴染めないものがあるように思えて仕方ない…。。
やっぱり、京都が好きだなぁ…って痛感

さて、そんなこんなで一向にあがらないテンションをちょっとでも向上させようと、昨日は久しぶりにIL DIVOの「ライヴ・イン・バルセロナ」のDVDを観ました

彼らの場合、CDはもちろん良いんだけど、やっぱりライヴ・パフォーマンスが素晴らしいので、DVDはさらに良いですね
美しいルックスはもちろんのこと、1人1人に合わせた(アルマーニの)凝った衣装も観察できるしw
ところで、そのDVDを観てて思ったのは、スペインの観客層は意外と若い??ってことです。
観客のほとんどが女性ってところはいずこも同じですが(苦笑)、日本とかアメリカに比べると、若めの人も結構多い…気がする。

いやいや…、なんでこんなことを書くかっていうとですね、日本じゃIL DIVOのファン層って結構年齢高めの方が多いので、20代の私はなんとなく肩身が狭いというか。。
実際、同世代でIL DIVO好きーみたいな人に出会うのは稀だし…。

そもそも、IL DIVOのファン層が年齢高めなのって、マーケティング戦略?とプロモーションのせいだと思うんですよ。
彼らがカバーする曲の多くはいわゆる往年の名曲だし、来日時には某○子さんの部屋に出演したりなんかして、プロモーションも若者をターゲットにしてるとは思えないから…。。

でも、実際のところ、IL DIVOっていうグループ自体には、10代、20代にも受け入れられる要素は多分にあると思うんですよ。
たしかに、クラシックっぽいから声楽に親しみがない人にはとっつきにくいかもですが
でも若い人でもミュージカルなんかが好きな人は多いし、おまけにIL DIVOの曲自体はクラシックというより完全にポップスなので、聴く機会さえあればファンになる人も多いんじゃないかと思うのですが、どうでしょう??

スーツとか燕尾フェチだって結構いるし!(←私のことじゃ…)

そう信じて、日夜?同世代の友人にせっせと布教(笑)してる私なのです

ちなみに、布教の結果は…わりと好感触?とか思ってるんですが。
「思ったより聴きやすい」とか「意外と普通やん」的な感想が多い気がする。

…でも、みんな私に気を使ってくれてるだけかも??
あとは、あえて聴きやすい曲を選んでるってのもあるし。

でも、まだ「好き」とまで言ってくれた友人は少数派なんですよね
まあ、ちょろっと聴いただけでは無理がありますよね。

実際、私も、最初に聴いたときはそこまでど真ん中じゃないっていうか、微妙だったんですよ、実は。
でも、ライヴ行ったり、CD聴きこんだりしてるうちに、どんどん深みに…(笑)

第一印象のインパクトのわりには、あとからじわじわ効いてくるタイプかもしれません

…なので、みなさま、興味があれば(なくても)、ぜひぜひ一度ならず、何度も繰り返して聴いてみて下さい
そしたらきっと、私と同じくIL DIVOにハマってしまってるはず!(←布教・笑)
09:53 小ネタ | コメント(4) | トラックバック(0)

ドイツ、アゼルバイジャンに勝利!

2010/09/08
昨日は、EURO2012予選の第2戦、ドイツvsアゼルバイジャン戦がありました
今回は、ホームのケルンにて

当然のことながら、うちの家のテレビじゃ、試合の中継なんて観られないので、ネットでハイライト動画を観ました

結果は、6-1でドイツの勝利

格下の相手とはいえ、大量得点で勝ててよかったです
惜しむらくは、相手に許した1点かな?

試合は、初っ端からメルテザッカーが負傷して交代する羽目になってしまったようですが…。
どうやら、相手GKのあと、ボールの競り合いでジャンプしたところで、相手選手の肘かなんかが顔面にあたったみたい…

メルテザッカーといえば、W杯でも顔面セーブしてたし、なにかと顔面に縁のある?選手ですよね…なんて(笑)
彼は、いかにも「ドイツの好青年」…っていう感じの、なかなか素敵なお顔立ちなので、あまり顔を傷つけないようにね!

それにしても、今回の試合での怪我がなんともないといいんだけど。。
お大事に

そんなこんなで、いきなりピンチな立ちあがり?だったようですが、そのメルテザッカーの代わりに入ったヴェスターマンが先制ゴールを決めてくれました

この先制ゴール…ラームのクロスをクローゼが処理してフリーのヴェスターマンに送ったことから生まれた1点。
ミロの名アシスト

そして、2点目はポルディ。

さらに、その直後、同じくポルディのアシストで、今度はクローゼがゴール
前半ロスタイムの出来事でした。

後半は、まずはアゼルバイジャンのオウンゴールで、ドイツに追加点。
ケディラからクローゼにクロスを入れようか…というような場面でした。

そのあと、アゼルバイジャンが反撃。
ちょっとどっかで見たような気がしないでもないようなCKの処理ミスで、アゼルバイジャンに1点が入りました。
…ノイアー君~

でも、これで終わるドイツではなく。

エジルのCKにバトシュトゥバーが頭で合わせて5点目。
バトシュトゥバーは、これが代表初ゴールだったそうでw

さらに、終了間際には、ポルディのサイドからのパスをカカウが流して、クローゼがダメ押しの1点。

ミロは、この試合2ゴール+1点目のアシストもする、大活躍でした
このあいだのベルギー戦といい、まだまだドイツ代表になくてはならない…っていう存在感を見せつけてくれたんじゃないでしょうか

クローゼは、これで代表歴代2位タイの55得点目だったそうで
まだまだ記録をぬりかえてくれそうですね!!

一方、試合を最初から最後まで観たわけじゃないのでなんとも言えないんだけど、このあいだのベルギー戦といい、ミュラーはちょっと存在感薄かったかな??
W杯で注目されただけあって、マークも厳しいのかもですが、彼は今後のドイツ代表を背負って立つ選手の1人だと思うので、単なる「シンデレラ・ボーイ」に終わってしまわないように、これから奮起してくれるのを期待してます

あとは…メルテザッカーの代わりに入ったヴェスターマンとか、W杯ではあんまり出場できずに終わってしまったバトシュトゥバーがゴールを決められたのは良かったですね!
彼らにとっても、良い経験になったんじゃないでしょうか。

次は本命?トルコ戦です!
油断できない相手だと思いますが、存分に戦って、良い結果を残してほしいですね!
18:57 サッカー | コメント(0) | トラックバック(0)

ドーントレス号??

2010/09/07
このあいだ、門司港に旅行したときに、こんなの買いました↓

2010_0901_131337-P1030725.jpg

HMSプリンス号のちっちゃな模型です

「ちっちゃな」…と言っても、まあまあのサイズで、横10センチくらい??あります。

他の帆船グッズと一緒に部屋に飾ってみた↓

2010_0901_131240-P1030724.jpg

いまいち片づいてないから、綺麗に飾れてませんがっ

画像では分かりにくいかもですが、背後には、以前ダイソーで買った210円の木製の帆船模型があります。
そして、本の隣あたりには、以前バーゲンで315円で買ったミニサイズのボトルシップも。

模型には、いくつか種類があったんですが、これを選んだ決め手は、名前に「HMS」がついてたことと、ユニオンジャックがついてたこと!
気分はもう、HMSドーントレス号ですよ♪(←ちがうから…)

門司港レトロには、港町だからか、帆船の模型なんかを売ってるお店が結構あります。

2月ごろに行ったときから気になってたんですが、そのときは時間もなくて
次に行ったら、必ず買うぞ!…って思ってたから、こうやって買えて大満足♪

木製とかじゃないので、よくよく見ると安っぽくもあるかもですが、でもなかなか精巧な作りで、こうやって撮ってみるとわりとリアルじゃないですか??↓

2010_0901_131436-P1030726.jpg
22:04 つれづれ | コメント(0) | トラックバック(0)

2014年のW杯も?

2010/09/06
昨日の記事では、EURO2012の予選でクローゼがゴールを決めて、ドイツ代表がベルギー代表に勝った…という話を書きました

そこで、クローゼがW杯南ア大会後もしばらくは代表にとどまってくれるみたい…ってことを書いたわけですが。

もうちょっと調べてみたら、彼は「もうしばらく」どころか、次の2014年のW杯への出場も視野に入れてるらしいですね!

今回の南ア大会後の代表引退もささやかれたクローゼですが。
南ア大会でも4得点をあげて、「まだまだいける!」って自信をつけたのかな?

4年後は、クローゼも36歳。
若い選手の多いドイツ代表の中では、今の32歳でも、すでに「ご老体」あつかいされてるような部分もありましたが…(哀)

私としては、クローゼが代表引退を思いとどまってくれたのは、とっても嬉しいです

そりゃ、ドイツ代表のことを思えば、クローゼを超える若手選手が育ってくれて、クローゼなんかもういらないよ…ってくらいになることが望ましいわけですが。
でも、今のドイツでは、そこまでの役割を果たせるCFが果たしているかどうか…。

それに、私は、ドイツ代表のファンである前に、クローゼっていう選手のことが好きなので
クローゼがドイツ代表の一員として戦う姿を、できるだけ長いあいだ見ることができる…っていうのは、この上ない喜びなんですよね

実際のところ、4年後も、ドイツ代表チームがクローゼを必要とするかどうか、クローゼがどの程度コンディションを保つことができるか…まだまだ分かりませんが、たとえフル出場じゃなくても、彼がまたW杯の舞台に立つ姿をぜひとも見たいものです!
このあいだの南ア大会では、最後は怪我で欠場という残念な結果だったから、余計にそう思います。

そして、次こそは、ドイツ代表の一員としてW杯を手にしてほしいです
もちろん、W杯通算得点記録の更新も期待
21:33 サッカー | コメント(0) | トラックバック(0)

EURO2012予選

2010/09/05
ブログ記事UPが遅くなりましたが…。。

サッカー欧州選手権、EURO2012の予選がはじまりましたね
W杯が終わって、うっかりドイツ代表のことを忘れかけてた私ですが、うっかりしてられませんね!

ドイツ代表は、グループAで、トルコ、オーストリア、アゼルバイジャン、ベルギー、カザフスタンと同じグループです。

第1戦は、ベルギー戦でした。

さっそく、現地時間で9月3日に行われたようで。
ドイツにとっては、アウェーでのゲームで、お相手のベルギーはなんだかんだで侮れないチームでしたが。

結果は、1-0でドイツの勝利

私は、結果は新聞で知ったんですが、そこには詳しいことは何も書かれてなくて(スコアのみ)、DFBの公式サイトでハイライト動画を観ました

そしたら、ドイツの決勝点は、なんとクローゼが決めてくれてて、二重の喜びでした~
おめでとう、ミロ!

W杯後の引退…なんて話も出てましたが、しばらくはとどまってくれるみたいですね!

世間じゃ衰えが指摘されてるクローゼですが、肝心のチャンスにこうやって確実に決めてくれる決定力と、地味ながらチームに貢献してる前線からの地道な守備、それからチームの精神的な支えとしての存在感で、もうしばらくはがんばってほしいと思います!
誠心誠意、応援してます

ちなみに、ベルギー戦での代表メンバーは、W杯とほぼ同じでしたね。
ボアテンクが怪我で招集されなかったみたいですが。。

ひさびさに、ドイツ代表の戦う姿を観ることができて、大満足です~!(しかも勝ってるし!)

次は9月7日のアゼルバイジャン戦です!!
がんばれ、ドイツ代表
21:04 サッカー | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。