11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

『ライラの冒険―黄金の羅針盤』のミニ感想。

2010/12/27
うっかり忘れるとこでしたが、そういえば11月末に地上波放映された映画『ライラの冒険―黄金の羅針盤』の感想を書いてません…でしたよね?

自他ともに認める、『ロード・オブ・ザ・リング(LOTR)』マニアの私。

LOTRシリーズは、私の好きな映画ベスト3に間違いなく入るほどの、大・大・大好きな作品です

3作とも、コレクターズ・エディション、スペシャル・エクステンディッド・エディション(4枚組)ともに持ってて、セリフ覚えるくらい繰りかえし観ました。
ちなみに、スペシャル・エクステンディッド・エディションは、すっごく高かったけど、パッケージもアンティークの本みたいですっごく素敵だし、私の宝物の1つなのですよー

あと、原作本(日本語・英語両方)、ポストカード、サントラ…などなど、『LOTR』のために散財したのは間違いない…。

…で、『LOTR』がきっかけになって、『ナルニア』と『エラゴン』も観にいったのですが。

正直、期待はずれ…とまでは言いませんが、物足りなさを感じたのは事実。

どっちも、別に悪くはないんですよ、悪くは。
特に、『エラゴン』なんて、私の大好きな映画『仮面の男』のアラミス様&アトス・コンビのジェレミー・アイアンズさんとジョン・マルコヴィッチさんが出演してて、マニアックながら渋いキャスティングだったんですけど。

何かが足りない…。

…っていうか、『LOTR』があまりにまぶしすぎて。
丁寧に作りこまれた世界観にしても、その忠実な映像化にしても、やっぱりあの映画は特別だったんだと思います。

『ナルニア』も『エラゴン』も、つい『LOTR』と比べてしまうんだけど、そうするとやっぱり見劣りするんだよね…。。
どっちも、劇場で1回観ただけで、DVDすら買ってないし…。
『ナルニア』は続編も観てないしなー。

…ハマれないんです、どっちも。

あと、ファンタジー映画って、もともと原作が子供向けのものが多いってこともあって、主人公が子供~ティーンエイジャーくらいまでの場合が多いじゃないですか。
…あれがまた、私的にはいただけないわけで。

どうもね…この年になると、子供が主人公のストーリーにはあんまり入りこめないっていうか。
子供(たち)ががんばって成長するアドベンチャー…みたいなのは、王道すぎてどうも…。。

その点、『LOTR』の場合、主人公のフロドはああ見えておっさんですからね!(笑)
イライジャ・ウッドが演じると、どうにもいたいけな青年に見えるけど、彼はホビットなので、結構歳くってます。
しかも、成長もするけど、むしろアンチ・ヒーローな面も強くて、最後もほろ苦い展開。
そういうののほうが、どうにも私にはあってる気がします。

そんなわけで、『ライラ』も、気になりつつも、劇場では観ずに終わってたんですが、今回、地上波放映…ってことで、観てみることに。

スマイルBEST ライラの冒険 黄金の羅針盤 スタンダード・エディション [DVD]スマイルBEST ライラの冒険 黄金の羅針盤 スタンダード・エディション [DVD]
(2009/06/26)
ダコタ・ブルー・リチャーズ、ニコール・キッドマン 他

商品詳細を見る


観てから結構日にちがたってるので、感想は簡潔に。

この作品は、『LOTR』と同じニューラインシネマ製作だったんですが、やはり『LOTR』クオリティには及ばないか…という感じ。
ちょっと世界観が複雑…というか、分かりにくいものの、内容的には普通に楽しめましたけどね。

とはいえ、この映画のポイントは、やっぱりキャスティングですよねー!

敵?役のコールター夫人にはニコール・キッドマン、ライラの叔父(ということになってる)アスリエル卿にはダニエル・クレイグ、さらには『キングダム・オブ・ヘブン』にも出てたエヴァ・グリーン、サルマンことクリストファー・リー…と、無駄に豪華なキャスティング。
しかも私好み。

なので、たとえ中身はどうあれ、私的には楽しめる映画でした。

ニコールもゴージャスかつクラシカルな装いで、美しさが際立ってましたしね!
目の保養にぜひ…。

あと、みんなにくっついてる動物の形をしたダイモンなる守護精霊も可愛いし(ただしモノによるが…)。

しかし…ストーリー的にはですね。
一応、完結してはいるんだけど、かなーり途中っぽい。
つまり、続編がないと、宙ぶらりんなままな感じなんですよね。

ダイモンと切り離された男の子はどうなるの?
コールター夫人は?
アスリエル卿は無事なのか?
その他、謎の組織にまつわる分からないことも多々…。

「次週に続く!」…みたいな感じ。

なのに!

全米での興行成績がいまいちだったり、金融危機の影響だったりで、続編は無期限延期…らしいです。

映画もビジネスなんで、仕方ないことだとは思いますが、おいおい…。
続きが気になるぞ…。

そんなわけで、わりとおもしろくはあったんだけど、後味の非常に悪い映画でした(汗)
続編が作られることになったら、観ると思いますけどね。







スポンサーサイト
19:17 映画感想 | コメント(0) | トラックバック(0)

IL DIVO『クリスマス・コレクション』

2010/12/24
みなさま、メリー・クリスマス

今日はイブだというのに、家にこもりきりで論文作成中の私です…(涙)
大学関連の締め切りって、大抵が1月あたまだから、クリスマスもお正月もない…っていうのがフツーになってきつつあります。。

哀しすぎる…。

しかも、今日は諸々の事情で家族も留守なのです。
…夜遅くには帰ってくるんだけど。

…ってわけで、先ほど1人きりの寂しすぎるディナーを済ませてきました。
あ、もちろん家で。

基本的に食べるの専門な私なので、スーパーのお惣菜と冷凍の豆腐ハンバーグを解凍…というわびしい食卓。

さすがにわびしすぎるので、+1品を作ってみることに。
冷蔵個の中身をあさって、もやし入りチーズ・オムレツ…という、わけの分からないものを作りました(汗)

…だって、冷蔵庫にどーんともやしが入ってたから。。
チーズは、朝食のトースト用のとろけるチーズがダイニングのテーブルの上になぜだか1枚だけ放置されてたから。。。

彼らが「使って!」…と呼びかけてきたんですよ、たぶん。

ちなみに、見た目はアレでしたが、お味はフツーにいけました。
まあ、材料が材料なので、失敗はないと思う…。

さて。

そんな寂しい私の食卓についてこれ以上書いても不毛なので。
今日は、クリスマスにふさわしいCDの紹介を書こうかと思います。

CDはこちら↓

クリスマス・コレクションクリスマス・コレクション
(2006/12/06)
イル・ディーヴォ

商品詳細を見る


われらがIL DIVOのクリスマス・コレクションのCDです

個人的には、ジャケット写真はいまひとつだな。。
なんか、ちょっと1960~70年代っぽい古臭さの漂う写真だと思うのですが…。

…他のアルバムのジャケット写真のほうが好きw

さて、このクリスマス・アルバム。
IL DIVOデビューの翌年の2005年秋にアメリカでリリースされたあと、1年後の2006年にそれ以外の地域でも発売されたという代物です。

そういう事情もあってか、2曲ほどはセカンド・アルバムの『アンコール』とかぶってます。

収録曲はこちら↓

1. オー・ホーリー・ナイト(O Holy Night)
2.ホワイト・クリスマス(White Christmas)
3.アヴェ・マリア(Ave Maria)
4.哀しみのソレアード(When A Child Is Born)
5.神の御子は今宵しも(アデステ・フィデレス)(Adeste Fideles/ O Come All Ye Faithful)
6.虹の彼方に(Over the Rainbow)
7.天使の糧(Panis Angelicus)
8.リジョイス(Rejoice)
9.きよしこの夜(Silent Night)
10.主の祈り(The Lord's Prayer)

以上、10曲です。

全体に、IL DIVOにしてはめずらしく英語で歌われる曲が多めになってます。
途中でスペイン語になっちゃったりするのは、お約束ですかね。

1.オー・ホーリー・ナイト

セカンド・アルバム『アンコール』にも収録の、IL DIVOのクリスマス・ソングといえばコレ!な曲。
有名な曲ですが、私はこれを聴くまで知らなかった…(汗)

冒頭のウルスさんの清らかなで包みこむような歌声がクリスマスにぴったり
そして、セバスチャンさんが歌う「Fall on your Knees」のところも、すごくドラマティック
あと、その直後のウルスさんのパートの発音が、どこか投げやりに聴こえて(ごめんなさい、ジョークです。ツッコミたくなるんです)、そんなところもおもしろかったり。

子供たちの合唱が入ってるところもクリスマスらしくて良いですw

今ではすっかりお気に入りのクリスマス・ソングです。

2.ホワイト・クリスマス

定番曲。
英語ではじまって、スペイン語になるところがIL DIVOっぽいです。
「ほわいと・くりすます」→「ら・ぶらんか・なびだー」。

この曲はポップス系なので、冒頭はセバスチャンさん。
終始低音気味のウルスさんの声が魅惑的~♪

3.アヴェ・マリア

これまた『アンコール』にも収録されていた曲。
シューベルトのアヴェ・マリアです。
クラシカル・クロスオーバーの定番ですね。

冒頭はウルスさん。
教会みたいな響く空間で歌ってほしい歌声です。
彼のソロも多めなので、ファンとしては嬉しいところですw

中盤のセバスチャンさんの声が気合入ってます。

ただ、フィナーレのポリフォニック?なアレンジは、ちょっと私好みではないかな。。
しっとりと終わってもよかったかも。

4.哀しみのソレアード

これもポップス調だからか、冒頭はセバスチャンさん。

ケルト的な間奏が良い感じですw
フィナーレのカルロスさんの熱唱はいつものことながら迫力満点。

5.神の御子は今宵しも(アデステ・フィデレス)

私の好きなクリスマス・ソングの1つ。

これも冒頭はセバスチャンさん。
繊細な歌いだしです。

その後は、ハーモニーを活かしたこれまた繊細な歌いつなぎが印象的。
中盤以降は荘厳な感じです。

6.虹の彼方に

ミュージカル『オズの魔法使い』に出てくる有名な曲。
映画『オーストラリア』では、ニコール・キッドマンも歌ってました♪

冒頭のウルスさんの歌声が、まさにこの世のものとは思われないくらい美しい
しかし、歌詞カードを見てやっと「なるほど!」と思える…というくらい、何言ってるのか分かんない…
まさに「ウルス語」の典型のような、ほわほわ~っとしてはっきりしない歌詞の発音なのでした(笑)

そして、次に歌うデイヴィッドさんの部分…下から上に音があがるところが、いかにもミュージカルっ!って感じでドラマティック

中盤で、朗々たるテノールでデイヴィッドさんが「lemondrops(レモンのしずく)」だとか「chimney(えんとつ)」だとかいう可愛らしい単語を歌いあげるのには、なぜだか微笑ましく思えてしまいます(笑)

7.天使の糧

フランクのミサ曲イ長調をもとにした曲だそうです。

冒頭はセバスチャンさん。
彼の歌声は、繊細でどこか無垢な響きがあるので、こういうクリスマス・ソングにぴったりですね♪

8.リジョイス

このアルバム唯一のオリジナル曲。
どことなくノスタルジックな香りの漂う、とっても繊細で綺麗な曲です
アイリッシュ・テイストの間奏も良い感じ♪
IL DIVOの曲の中では軽やかでポップス色が強いほうだと思う。

歌詞は英語→スペイン語→英語。
特にクリスマス限定…っていうような内容でもない…と思う。

冒頭の繊細であどけなさすら感じさせる、セバスチャンさんの甘い歌声が素敵です

あと、超高音なデイヴィッドさんの澄み切った歌声もw
デイヴィッドさんって、常に高音テノールが美しいけど、この曲ではそれがさらに際立ってます。

9.きよしこの夜

定番クリスマス・ソング♪

冒頭はウルスさん。
彼の声は、こういうゆるやかなテンポの教会系の曲にお似合いでw
「All is calm,…」のところの澄みきった高音が美しいです

ラストのセバスチャンさんのソロも良いですね。

10.主の祈り

荘厳な…という言葉がぴったりの曲。
短めですが、フィナーレっぽい雰囲気満点で、締めくくりにぴったりの曲です。
カルロスさんの熱唱もひときわ力が入ってます(笑)

***

…と、まあ、こんな感じです。

定番をおさえつつも、マニアックどころも、さらにはオリジナルまで…と、盛り沢山の1枚です~!

私の特にお気に入りは、1.オー・ホーリー・ナイト、8.リジョイスの2曲です
ぜひ聴いてみてくださいね~!!

ではでは、みなさま、素敵なクリスマスを!
19:52 CD/DVD | コメント(0) | トラックバック(0)

サラ・ブライトマン『ラ・ルーナ』の感想♪

2010/12/05
更新サボリ気味でごめんなさい…(汗)

オフラインが引き続き忙しい管理人です

でも、このあいだは久々?に大学時代の友達とお出かけしてきました
神戸でロシア料理ランチです
寒い季節にボルシチはあたたまる…

それにしても、ブログに書きたいネタがすっごくたくさんあったのに、どれもこれも時機を逃してしまった…

…思いつくのだけでも、リストアップしてみた。

・『オペラ座の怪人』の特典DVDの感想
・『オペラ座の怪人』の二次創作?本、『ファントム』の感想
・気になる音楽について

他にもいろいろあったんだけどなー…。

DVDの感想も、本の感想もそうだけど、観たり読んだりしてから1か月以上たってるから、内容ウロ覚えなんだよね…
観た直後、読んだ直後はすっごいインパクトあったりして、語りたいことが山ほどあったんだけど。

…また、もう1回観たり、読んだりしてから書こう。

とりあえず、今日は、前から書こうと思ってたネタで行きます!

何かっていうと、サラ・ブライトマンのアルバム『ラ・ルーナ』の感想です

ラ・ルーナラ・ルーナ
(2000/09/06)
サラ・ブライトマン

商品詳細を見る


コレ↑ね。

2000年に出たアルバムなので、何を今さら…という感じなのですが、買ったのがつい最近なので。

なぜこれを買ったかというと、10月のサラの来日コンサートで聴いた「月の息子(Hijo De La Luna)」っていう曲が妙に耳に残って、すっごく印象的だったから。
それで、その「月の息子」の入ってるアルバム『ラ・ルーナ』を買ったというわけで。

アルバムの収録曲はこのとおり↓

1.ラ・ルーネ
2.ウィンター・イン・ジュライ
3.スカボロー・フェア
4.フィリオ・ペルドゥート
5.青い影
6.ヒー・ダズント・シー・ミー
7.セレナーデ
8.ここは素晴らしい場所
9.月の息子
10.ヒア・ウィズ・ミー
11.ラ・カリッファ
12.ディス・ラヴ
13.ソロ・コン・テ
14.暗い日曜日
15.ラ・ルーナ
(シークレット・トラック)ムーン・リヴァ―
16.(ボーナス・トラック)若葉のころ(ライヴ盤)

アルバム・タイトルのとおり、「月」がテーマになったアルバムです

月って、神秘的で、静寂とかをイメージさせるけど、その一方で英語の「lunatic」っていう言葉が「狂気」を意味するように、とても危険をはらんだ存在でもあって。

こういうテーマ性のあるアルバムって、おもしろいですね

全体を通して、サラ・ブライトマン節?なのはお約束ですが。
このアルバムのポイントは、選曲の妙かなぁ…と思います。

いきなり、神秘的なサウンドで始まる「ラ・ルーネ」からして、月のもつ不思議な世界にぐっと引き込まれる感じ。
この曲はフランス語なんだけど、サラが歌うと、わりと何語っていうのはどうでもよくなる感じ(笑)

4曲目の「フィリオ・ペルドゥート」は、ベートーヴェンの有名な交響曲第7番の第2楽章をもとにした曲。
あの、暗く淡々とした曲の雰囲気を活かしつつ、現代的なエッセンスが加えられています。

うちの母は、「お経みたいな曲」…という感想でしたが(笑)、たしかにそうとも言えるかも
でも、私は結構この曲好き。

ちなみに、歌詞はどうやらシューベルトの歌曲「魔王」にも使われた、ゲーテの詩をもとにしているようです。
だから「フィリオ・ペルドゥート(イタリア語で「失われた息子)」なんですね

9曲目の「月の息子」は、私がこのアルバムを買うきっかけにもなった曲ですが、オリジナルはスペインのポップバンド、メカーノの曲だとか。
めずらしく3拍子の、メリーゴーラウンドの音楽みたいなメロディーと、なんとも不可思議なスペイン語の響きがあいまって、神秘的でメルヘンチック、それでいてどこか不気味さと恐ろしさを感じさせる、どうにもこうにも不思議で印象的な曲です。

歌詞の中身は知らなかったんだけど、歌詞を読んで納得。
ロマの伝説?がもとになったという歌詞は、その不可思議なメロディーと響きにぴったりの、恐ろしくて物哀しいおとぎ話でした。

10曲目の「ヒア・ウィズ・ミー」は、なんとなんと、私が大好きなイギリスの女性歌手ダイド(Dido)の代表曲のカバーです!
「ヒア・ウィズ・ミー」は、NHKでも放送してた海外ドラマ『ロズウェル』の主題歌だったので、知ってる方も多いんじゃないでしょうか。

それにしても、サラ・ブライトマンがカバーしてたなんて、知らなかった!

サラ・ブライトマン・バージョンは、ダイドのオリジナルよりも素直な?感じ。
ダイドの声は、ソフトで落ち着いててちょっとこもった感じのアルトっぽい声なのですが、サラ・ブライトマンは澄んだソプラノで歌ってるので。
ダイドのオリジナルのもつミステリアスな感じはあんまり感じられません。

これはこれでアリですが、個人的にはやっぱりダイドのオリジナルのほうが好きかな。

それから、シークレット・トラックの「ムーン・リヴァー」。
やっぱり「月」がテーマなら、はずせない名曲ですよね!
私もとっても好きな曲なので、嬉しい選曲でした。

サラ・ブライトマン・バージョンは、静かにささやくような感じ。
ブレイクが歌ってるバージョンもなかなか好きなのですが、サラのも良かったです。

全体としては、やっぱり「月」がテーマなだけあって、夜、寝る前なんかに聴くのがおすすめのアルバムだと思います。
聴きやすい曲が多いし、テーマ性があるので、ちょっとしたサウンドトラックみたいです。
14:07 その他クラシカル・クロスオーバー | コメント(1) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。