01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

『ナルニア』について語る。

2011/02/27
昨日は、『ナルニア』について書いたけど、そういや、最近あんまり映画ネタを書いてなかったなぁ…。

…ってわけで、今日も『ナルニア』について書こう。

昨日は、『ナルニア』の1作目が地上波放映されましたね!
これは劇場で観た作品なんですけど、ずいぶん内容を忘れてしまってたので、私も観ました。

…っていうか、2作目放映の次の日に1作目放映って…
TV局が違うから仕方ないのかもしれないけど、おいおい…って感じです。

さてさて、1作目、『ナルニア国物語―ライオンと魔女』ですけど。

アスラン処刑の場面は何度観ても不気味ですね~
白い魔女の取りまきの方々…怖すぎです。

そして、ビーバー夫婦は可愛すぎでしょ!
とくに、旦那さんのほう、戦いの場面で、鎖帷子着てるし!!
しっぽ出てるし!!!

動物好きにはたまらんですなぁ

そういや、『ナルニア』1作目では、いわゆる人間は、ぺペンシー兄弟しか登場しないんでしたね。
いや…ロンドンとかは別として、ナルニアで。

LOTR(=『ロード・オブ・ザ・リング』)は、まあ、オークとかウルク=ハイとかゴラムとかグワイヒアとか…は別として、人間ぽいキャラが多いですが、ナルニアは動物度が高いです。
LOTRも、ホビットとかエルフとかドワーフとか…人間じゃないですけど、動物でもないというか。

とはいえ、『ナルニア』も、2作目は、「テルマール人」なる人たちが出てきて、人間度が大幅アップ

そうそう、2作目と比べると、ぺペンシー兄弟の…特に下2人はずいぶん幼いですね!
今上映中の3作目なんて、末っ子ルーシーちゃんは、えらく大きくなってるみたいだし…。
子供の成長は早いなぁ。

ちなみに、『ナルニア』のストーリーは、LOTRより単純そうで、複雑です。
映画を観ても、いまひとつよく分からない部分がいくつかあったり。
原作を最後まで読んだら分かるのかもだけど…。

ナルニア国って、そもそも何なんだ?的な…。

いやいや、LOTRみたいな物語なら、中つ国、ああそう…って感じなのですが。

ナルニアの場合、いわゆる異世界トリップものでしょ?
なので、この世界とナルニアとの関係とか、なぜぺペンシー兄弟が呼ばれるのかとか、テルマール人はどこ(いつの時代のどこ)に帰ったのか、いったいどこからどこまでがアスランの意思で動いてるのか、とか。
しかも、この世界とナルニアとの時間の進み方は違うみたいだし。

…ややこしい(汗)

そういえば、この手のファンタジーって、結構、異世界トリップものとか、そうじゃなくても現実の世界が登場するお話が多いですよね。

『ハリー・ポッター』も、まあそういう話だろうし。
『ライラの冒険』は、ちょっとややこしい設定なので、なんとも言えないけど、でもイギリスっぽい世界が登場するし。

あ、『エラゴン』は、純粋にそっちの世界の話か。

で、『LOTR』も純粋にそっちの世界の話ですよね。
…つまり、イギリスだとか、アメリカだとかいう国は登場しないという…。

私は、どっちかっていうと、こういう異世界トリップ系じゃない話の方が好きなんですよ。
特に、『LOTR』は、ファンタジーってことを忘れて、なんだか歴史ドラマみたいな感じで楽しめるので。
まあ、『LOTR』の場合、あんまり魔法だとかいう類のものが登場しないから余計に…。

でもまあ、今回TV放映で2夜連続で観て、『ナルニア』も悪くはないなぁ…と、あらためて思いました。
それなりにおもしろいし、何度観ても飽きないよね。

でも!

やはり、『LOTR』クオリティには及ばず…。

ちょっとね、CGっぽさが目立つとことかもあるしね。
映画としての、世界観の作りこみ方が、まだ足りないっていうか。

音楽も、メインテーマはなかなか勇壮で素敵なのですが、それ以外がまったく印象に残らない。。
『LOTR』の場合、各種族とか各国、各登場人物にあわせたテーマ曲があったりして、それがまた良いんですよね。

あと、子供が主人公なんで、ちょっと共感しづらい部分もあって。

まあね、でも、つい比べたくなるけど、これはこれ、あれはあれですよね。
比べてばっかりでごめんなさい。。

比べついでにもっかい比べとくと(オイ!)、私がこれまで観たファンタジー映画のおもしろさは、こんな感じです↓

LOTR>>>>>>>>ナルニア>ライラ>>>エラゴン

『ハリー・ポッター』は、ほとんど観てないに等しい(バスで観たけど…)ので、入れてません。

『ナルニア』と『ライラ』は、微妙なとこなんだけど、続編なく宙ぶらりんな点で『ライラ』が劣るかな。
『ライラ』の場合、キャスティングがやたらと豪華なのがポイント高いんですが。。

『エラゴン』は…ジェレミー・アイアンズ氏、好きなんだけど…。。
映画としてはほとんど記憶に残ってない…orz

『LOTR』はやっぱりほんとに素晴らしいですね。
ほかの3作と違って、脇役にもきちんと光が当たってて、むしろ主役の影薄い?みたいな感じなとこが、脇役LOVERな私にはツボだしね。

ところで、『ナルニア』ですよ!

今公開中の3作目、『アスラン王と魔法の島』。
まだ観てないんですが、ちょっと気になってきた。

カスピアン王も登場するしね!
ねずみ隊長(リーピチープ)もおっきく登場するし!!

しかも、3作目は航海ものだそうで。
PotCファンの私としては、気になるポイントだったりします。

でも、しばらくムリかなー。。
どうだろ。
スポンサーサイト
14:47 映画雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)

『ナルニア国物語ーカスピアン王子の角笛』地上波放映♪

2011/02/26
今日は地上波放映された映画、『ナルニア国物語ーカスピアン王子の角笛』を観ました。

『ナルニア』シリーズは、1作目劇場で観たんだけど、2作目は観てませんでした。
このシリーズは、続きものではあるけど、一応1話完結?もしてるので、それほど続きが気になる展開ではなかったというか…

何度も書いてるけど、私はLOTRは大・大・大好きなのですが、ナルニアはそれほどでも…って感じだったんですよね(^^;;

で、せっかくのTV放映だしってことで、今日は観ました♪

今日はiPodからの更新なので、詳しい感想はまた今度ってことで。
とりあえず、今日はちょこっとコメントだけ。
箇条書きでお送りします。

・カスピアン王子(ベン・バーンズ)がかっこ良かったw若干ヘタレだったけど…

・名前忘れたけど、アナグマさんの後ろ姿がやたらめったら可愛かった。

・ネズミ連隊?がツボw

・何とか人?の軍隊の兜の仮面がヒゲと眉毛がついてて笑えた。

・ラストの川がどどーんってなるとこ、アルウェンの場面と似てるかも?

とりあえずそんなとこかなぁ。
お兄ちゃん(ピーター)も、1作目のときより成長してて、なかなかかっこ良かったです。

がやはり1番のポイントは、私的には、カスピアン王子でした(*^^*)
最近、私、黒髪×長髪に弱い…気が(笑)
某ウルスさんとかね。
00:13 映画雑記 | コメント(2) | トラックバック(0)

iTunes Storeでのダウンロードが始まりました。

2011/02/20
このあいだからしつこく書いてる、IL DIVOの新曲「Time to Say Goodbye」ですが。

iTunes Storeでの配信がスタートしました~

ちなみに1曲150円です

iTunes Storeは、私もときどき利用してます。
洋楽ですでにMP3配信しかやってない音楽をダウンロードして聴くためとか、CDの全曲はいらないけどピンポイントで1曲だけ欲しいときとか。
国内盤と海外盤の収録曲が違って、両方買うのはなぁ…というときにも大活躍。
かぶってない曲だけ買えるのが便利ですw

ちなみに、iPodを使いはじめる前から利用してました。
iPodもってなくても、iTunesを使えばCDに焼けるので、CDプレイヤーで聴けますよw
あ、もちろんパソコンでも。

まあ、基本はやっぱりコレクター体質なので、CD派ですが…。

そんなわけで、「Time to Say Goodbye」もダウンロードしてしまいました

CD買う予定なのに…(汗)
150円ていう、高いんだか安いんだか分からない値段がミソというか。。
お菓子買うの我慢する代わりだとか考えてしまうから。

しかも、3月はしばらく日本を留守にするので、発売日には買えない…ってのもあるし。

言いわけはこれくらいにして。

あらためて最初から最後まで聴いてますが(←現在進行形)。

イタリア語+英語まじりなんですね!
サラ・ブライトマンのは、「Time to Say Goodbye」のみ英語だけど、IL DIVOバージョンは半々くらい?

英語にすると、よりポップス的で、流麗?な感じで聴きやすい印象です。
軽やかさという点ではイタリア語も軽やかなんだけど、イタリア語はやっぱりクラシカルな雰囲気になるからなぁ。

ウルスさんの「こんめ~」が耳に残るわ
この曲では、より低めで落ち着いた声で、それがまた魅力的という
ウルスさんの声は天使の歌声みたいな高音も素敵だけど、低音は低音で、なんていうの?ぞくっとさせるような響きがありますね。

あと、サビのセバスチャンさんの歌声が素敵ですね
歌詞が手元にないから間違ってるかもだけど、サビの「I will go」(?)ってとこの発音がなんか素敵
なんか彼の英語の発音が好きです。
結構、セバスチャンさんのサビの部分長いし、大活躍!

デイヴィッドさんとカルロスさんは、言うに及ばずもちろん大活躍で、例のごとくドラマティックに盛りあげてくれてますよね!

全体的に、英語多めだし、サビにセバスチャンさんを持ってきてることもあって、IL DIVOの曲の中では、ポップスよりの仕上がりだと思います。
「MAMA」みたいな感じ?
IL DIVO導入編?としても良いんじゃないかと。

まあまあ、ラストはIL DIVO節?(というかカルロスさん節?)全開ですが(笑)
でも、それがないとないで、きっと寂しいんだよね。

ちなみに、前にも書いたと思いますが、この「Time to Say Goodbye」、イギリス人4人のクラシカル・クロスオーバー・グループ、BLAKEも歌ってます。

…が、こちらはどうも、私的にはイマイチでした。
うーん…リズムが単調(木魚風?)で、歌い方も同じパターンを繰り返してる感じで、だんだん退屈してしまうんです。
最後の転調してからの盛りあがりも物足りない感じ。

同じBLAKEでも、「ハレルヤ」とか「ムーン・リバー」は好きなんですが。

一方、サラ・ブライトマンの「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」は、ソロ・バージョンでも、ボレロのリズムがはっきり出てて、歌い方もメリハリ?緩急?があって、ラストも大きく盛りあがるから好きなんだけど。

IL DIVOバージョンも、リズムの点では、ボレロのリズムはあんまり押し出してない感じではあります。
でも、なんせ声質のまったく異なる4人が順番に歌いつなぐから退屈なんてありえないし、オケの伴奏もよりゴージャスで緩急つけたドラマティックな仕上がりになってるので、良いアレンジになってると思います。

あ、iTunes Storeはともかく、IL DIVOの「Time to Say Goodbye」が収録される、ドラマ『外交官・黒田康作』のサントラは3月9日発売予定です↓

外交官・黒田康作 オリジナル・サウンドトラック外交官・黒田康作 オリジナル・サウンドトラック
(2011/03/09)
TVサントラ

商品詳細を見る


いつの間にか、ジャケット写真がUPされてるけど、オサレですね~
キャストの写真とかになると思ってたら、夜景をバックに英語タイトルですか!

いつもドラマ観てても思うけど、スタイリッシュな二枚目路線を目ざしてるドラマですな。
そして私はそういうのが嫌いじゃない(笑)

ちなみに、IL DIVOだけじゃなく、菅野祐悟さんの音楽もほんとに素敵です
だからこそ、私もサントラ欲しいって思ってるわけで。

興味ある方はぜひ~!
14:15 IL DIVO | コメント(4) | トラックバック(0)

ウルスさんのソロ♪

2011/02/18
ちょこまか更新(?)2日目です。

昨日は、あのあと夜10時から、いつものようにドラマ『外交官 黒田康作』を観ましたよー♪

ドラマのほうは、いよいよ事件の全貌が見えつつあるかなー…というところまでやってきましたね。
過去の事件の復讐パターンは、『アマルフィ』と共通してるね!

ところで、内容はさておき。

昨日の回では、やっと、やっと!

IL DIVOが歌う主題歌「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」が最初から最後まで聴けました!

例のごとく、ドラマ本編とかぶってはいたんですが、ウルスさんのソロもばっちり聴けましたよー
やはり彼はレチタティーヴォ的な部分を歌うのね!…と(笑)
ほやほや~っとしたウルス語(笑)にはぴったりですね

IL DIVO的アレンジもかなり良い感じにハマってて、ストリングスの伴奏も上品だし、これはますますCD発売が楽しみです!

そして。

IL DIVOからは話それるけど。
その主題歌のときのドラマのやりとりが少々ツボでした。

ドラマの最後で、黒田さん(織田裕司)と大垣さん(柴咲コウ)がおでん屋さんで食べてるんだけど。
ほろ酔い(…というよりべろんべろん?)状態の大垣さんが黒田さんに「おでんは何が好きなんですかぁ~?」的なことを聞いたんですよね。

そしたら、黒田さん…「ちくわ」って言った!「ちくわ」って!(←あんまりおもしろいので2回言う!)
超庶民的なおでん屋さんでも黒っぽいスーツで決めまくってて、クールにスマートにふるまってるのに、「ちくわ」ですか!?
…って、「こんにゃく」とかだったらいいってもんでもないけど!

ドラマの中盤では、副大臣のおさそいで超高級レストランで食事してたのにね…。
そっちは問題なくハマってたのですが。。

めちゃくちゃギャップで、笑えました。

そういや、このドラマでは、黒田さんは超二枚目路線をひた走ってるのですが、ときどき人間臭さをにおわせてるなぁ。
何でも知ってるくせして、海外生活が長いから最近の日本についていけてないようで、電車のICカードを知らなかったりとかね…。

まあまあ、それはさておき、ドラマはこれからが佳境ですね!
14:38 メディア露出 | コメント(0) | トラックバック(0)

イタリアとの親善試合

2011/02/17
論文書かなきゃ、フランス語の原稿書かなきゃ…と、いつもながらに追いこまれ気味な管理人です(汗)

そういうときこそ、ブログの更新!(←おい)

長文体質なんで、Twitterなんて夢のまた夢だけど、ちょこっと一言(←私の一言は長い…)更新をしてみよう。

そうそう、つい先日行われた、サッカーのドイツ代表vsイタリア代表との親善試合。

1-1のドローだったのは残念なものの、われらがクローゼ選手が得点したそうで!!

一時は代表引退なんて噂が流れたけど、まだまだ現役!
バイエルンではイマイチ活躍できない彼だけど、代表にとってはなくてはならない存在です

この調子でまだまだ活躍してほしいなぁ
次回のW杯にも出場して、歴代得点ランキング1位に名前を残してほしいところ。

それから、話変わりますけど、今日は黒田さんの日でーす!
なので、あとちょっと執筆がんばったら、テレビを観よう。。
21:11 サッカー | コメント(2) | トラックバック(0)

Eメールのフランス語

2011/02/10
おひさしぶりです。

長いこと更新があいてしまってるのは、まあオフラインがゴタゴタと忙しすぎるせいもあるんですが…。
実は、映画ネタで長文記事をちまちまと鋭意作成中だからだったりします。

ネタは、LOTRです。
ついに書きますよ。

これは、完成次第UPするとして…。

そうそう、IL DIVOの歌う「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」の着うたが配信スタートしたみたいですね!

ちなみに、私は、ダウンロードしませんが…。。
だって、着うたフルなんて、パケット通信代がおそろしくて…
定額とか入ってたら安心だろうけど、そんなの入ってないので、大人しくCD発売を待つことにします。

4人バージョン…早く聴きたいんだけどなぁ。。

さてさて。
オフラインの話をちょこっと。

最近は、もっぱらフランス語の日々!…な私
メールやら原稿作成やら…もうすぐ、なんやらかんやらがあるので(←?)、必然的にフランス語漬けにならざるをえません…orz

私のフランス語能力ははなはだ心もとないので、日々精進あるのみ!…なのですが。
ムリ…あるよねぇ、私のなんちゃってフランス語では。。

…ってわけで、藁にもすがる思いで、こんなの買ってみました↓

Eメールのフランス語Eメールのフランス語
(2008/12/01)
田中 幸子、イザベル・フォルテット 他

商品詳細を見る


フランス語でのEメールの書き方が、豊富な文例とともに解説されてる本です。
友達へのメールからフォーマルまで、なかなか使える本だと思います。
あ、でも、どっちかっていうと学生とか大学関係の人向けで、ビジネスにはあんまり向いてないと思いますが。。

即対応することが求められたので、買ったものの、実はまだあんまり読めてないですけどね。
でも、実際、載ってる表現をそのまま使えましたよw

それと、今までは、キーボードでフランス語打つとき、いちいちIMEパッドを出してきて記号付きの文字を打ってた私。

今回、はじめて入力言語をフランス語(カナダ)にして、そっち式のキーボード配列で打ってみました。

フランス語(カナダ)なのは、フランス語(フランス)よりも配列が英語式に近いかららしい。
上の本でもおすすめされてました。

でも、配列覚えるの、苦労します…。
アクサン付の文字…どこだっけ?って、そこらじゅう打ちまくってます(汗)

がんばろうっと!
17:11 フランス | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。