04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

続フランスのクラシカルクロスオーバー・グループ

2012/05/25
昨日、「フランス版IL DIVO?」として紹介した、クラシカルクロスオーバー・グループ、「Les Stentors(レ・スタントール)」ですが。

Voyage En FranceVoyage En France
(2012/05/08)
Les Stentors

商品詳細を見る


試しにうちの母(IL DIVOファン)にも聴かせてみたら、好印象でした。
フランスの古い歌とかシャンソンなんかを歌っているところが新鮮だったようです。

CD欲しい…と言ってたので、買ってみようかと思ったら、日本のアマゾンでは現在品切れ中。

他のサイトはチェックしてないのですが、ヘタすると、Amazon.fr頼みかな…。
Amazon.frでは何度も買い物しているので、Amazon.frで買うこと自体に抵抗はないのですが。
送料が高くつく(13ユーロ+商品1つにつき1.90ユーロ)のが難点です。
でも、日本のアマゾンで買っても変わらないお値段なんだけどね。

でも、CD現品じゃなくてもよければ、iTunes Storeでダウンロードできます。
アルバム1枚12曲で1650円。
データだけなのに、結構高いよね。

どうしよう。。

ちなみに、このLes Stentorsについては、日本語で得られる情報がまだあまりないようなので、もし興味をもたれた方がいらっしゃったときのために、いくつか追加情報を書いておこうかと思います。

以下の情報は、Les Stentors公式サイトTF1の動画より。

グループ名

Les Stentors(レ・スタントール)

ギリシア神話に出てくるステントールにちなんでいるらしい。
ステントールとは、「中トロイア戦争に出る50人に匹敵する声をもつ伝令」(リーダーズ英和辞典)だそう。
グループ名は、メンバーの1人、Vianney Guyonnet(ヴィアネ・ギュイヨネ)さんが名付けたとか。

メンバー

Sébastien Lemoine(セバスティアン・ルモワン)
バス・バリトン。
ノルマンディー地方、ル・アーヴル出身。
海軍航空部隊のパイロットという異色の経歴を持つ。
「des Airs du temps」というスペクタクルで、ジャック・ブレルとヴェルディの作品のミックスを成功させたことで、クラシカルクロスオーバーのグループ結成を決心。
(英俳優ジェレミー・アイアンズにちょっと似ている…と私は勝手に思ってる・笑)

Mathieu Sempere(マチュー・サンペレ)
テノール
ラングドック・ルシヨン地方、モンペリエ出身
(黒縁メガネの人)

Vianney Guyonnet(ヴィアネ・ギュイヨネ)
バス・バリトン
ピカルディー地方、オワーズ、ピエールフォン出身
少年時代は木の十字架少年合唱団に所属。
(IL DIVOのSebにちょっと似ている…気がする)

Mowgli Laps(モーグリ・ラプス)
テノール
海外県グアドループ出身
(スキンヘッドっぽい人)

ディスコグラフィー

Les Stentors(2010年)

なぜかスイスで発売されたファースト・アルバム。
入手困難。

Voyages en France(2012年)

Voyage En FranceVoyage En France
(2012/05/08)
Les Stentors

商品詳細を見る


今度こそフランスで発売されたセカンド・アルバム。
フランスの各地方を音楽で旅する…がテーマで、フランス各地の伝統的な歌やフランスの各地方を歌ったシャンソンなどのカバー・アルバム。
メンバー4人ともが異なる地方の出身であり、フランスの各地方への賛歌として、このアルバムを制作。
ブルターニュの伝統的な歌「Pardon Spezed」やコルシカの「A Voce Rivolta」、ノールの炭坑地帯への賛歌「Les corons」などが選ばれている。

このアルバムから、「Les corons」のPV↓



フランス北部ノール地方の炭鉱地帯への賛歌…ということで、ボタ山(捨石集積場)の上で歌ってます。
ボレロのリズムで力強い仕上がり。
オリジナルはPierre Bachelet。

興味あれば、こちらもチェックしてみてください。

スポンサーサイト
13:50 その他クラシカル・クロスオーバー | コメント(0) | トラックバック(0)

フランス版IL DIVO?

2012/05/24
私は、フランスの音楽を開拓しようと、ときどきAmazon.fr(フランスのアマゾン)のベストセラーをのぞいてみたりするんですが。

今日、ひさしぶりに見てみたら、「Les Stentors」なるグループのアルバム「Voyage en France」を上位に発見。

Voyage En FranceVoyage En France
(2012/05/08)
Les Stentors

商品詳細を見る


日本のAmazonにもありました。

何だろ?…と思って試聴してみたら。
いわゆるクラシカル・クロスオーバー的な音楽でした。

タイトルには、「フランス版IL DIVO」なんて書きましたが、実際には、雰囲気はIL DIVOよりはBLAKEに近いかな?
しいて言うなら…ですが。

でも、試聴した感じでは、BLAKEよりもさらにクラシックよりに感じます。
そう感じるのは、歌い方というよりも、きっと選曲の影響ではないかという気もしますが。
フランスを音楽で旅する…というテーマのアルバムのようで、どうやらわりと古い歌とか、民謡調の歌なんかが選ばれてるみたいなので。

なかなかこのグループについての情報が見つからなくて、「ナニモノ?」とか思ってたら、インタビュー記事を見つけました。

それによると、オペラ界出身のテノール2人+バリトン2人のグループだそうで。
メンバーの1人でバリトン歌手のSébastien Lemoineさんが中心になって結成したそう。

インタビューなんか見てると、IL DIVOやBLAKEのような外国のクラシカル・クロスオーバー・グループよりは、Les prêtres(フランス版のザ・プリースツ)なんかが意識されてるようです。

Sony Music Franceによるアルバムのプロモ動画↓



プロモ動画なので、曲をまるごと聴いたりはできないので、雰囲気だけ。

フランスの各地方を音楽で旅する…っていうアルバム・コンセプトが良いと思う。

…が、アルバムを買ってみるほど興味を引くかというと、非常に微妙なところ。
とはいえ、私の好きなバスクっぽい曲もあるしなぁ。

しかし、今、他に欲しいCDがあるのですよ…。

i Tunes Storeでわりと長く試聴できるのですが、「Je viens du Sud」なんかはポップスっぽくて良いかと。

興味があったら、ちょこっと聴いてみてください。
18:47 その他クラシカル・クロスオーバー | コメント(0) | トラックバック(0)

KYOと映画『ラスト・オブ・モヒカン』

2012/05/23
こんにちは。
最近、オフラインが少々たてこんでおりまして、更新が滞ってしまいました

…とはいえ、先週は、京響(京都市交響楽団)の定期演奏会に行ってきました
3月のIL DIVO以来のコンサート、クラシックは結構久しぶりだったので、逆に新鮮で良かったです

プログラムは、エルガーの序曲「コケイン」とブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番、それからメンデルスゾーンの交響曲第3番「スコットランド」。
特に、メンデルスゾーンの「スコットランド」は、私が好きな曲の1つなので、生で聴くことができて嬉しかった

また家に眠ってる大量のクラシックCDを聴くとするか。

そうそう。

家に眠ってるCDで思い出したのですが。

最近、いまだに部屋の片づけをしている私。
CDを整理していて、中身も確認したりしていたら。

私がIL DIVOと並んでこよなく愛するフランスのバンド、KYOのファースト・アルバムで、驚きの事実?を発見。

KyoKyo
(2003/12/30)
Kyo

商品詳細を見る


KYOのファースト・アルバムに入っている曲に、「Fermons les yeux」という曲があります。
この曲…どこかノスタルジックで、私もすごく好きな曲なのですが。

…で、ファースト・アルバムのリーフレットを見ていたら、この曲は、アメリカ映画『ラスト・オブ・モヒカン』の映画音楽がもとになっているらしい。

今まで、特に何も意識せず聴いていたし、リーフレットも見ていなかったので、びっくりしてYou ○ubeで確認。

そしたら、たしかに!
もとの曲は、どうやらインストゥルメンタルのようなのですが、KYOの「Fermons les yeux」のサビそのもの。

インストゥルメンタルの映画音楽から曲を作る…って、IL DIVOもやってる手法ですが、KYOもやってたなんてね。

もとの映画音楽もなかなか素敵な曲で、どこかアイリッシュ調のサウンドが良い感じ。

オフィシャルな動画がないので、ブログにはアップできませんが、ぜひどちらも聴いてみてください。
『ラスト・オブ・モヒカン』の音楽はこちら
KYOの「Fermons les yeux」はこちら

KYOの曲は、どれもハズレなしで本当に素敵な曲ばかりなのですが、日本で公開されているオフィシャル動画がほとんどないから、紹介できない…。
オフィシャルじゃない動画はたくさんあるのですが、著作権の問題があるので…ね

そんな中で唯一見つけたのがコレ↓



KYOと女性歌手Sitaのコラボ曲、「Le Chemin」です。
KYOの音楽は、メロディも、ボーカルのBenさんの声も、バンドの演奏も、すべてが大好きなのです

ぜひ聴いてみてください♪
15:08 KYO | コメント(0) | トラックバック(0)

靴下にゃんこ

2012/05/14
今さらながら?、「靴下にゃんこ」がMyブーム。

靴下にゃんこ―毎日なんだかシアワセ靴下にゃんこ―毎日なんだかシアワセ
(2008/03)
トヤ ヨシエ

商品詳細を見る


最近、うちの母が近所の本屋さんで本↓を買ってきたのがきっかけ。

靴下にゃんこ〈4〉裏路地の奥はタソガレ靴下にゃんこ〈4〉裏路地の奥はタソガレ
(2011/03)
トヤ ヨシエ

商品詳細を見る


4巻なんですが、靴下にゃんこがパリへ行く編…的な感じで、気になって買ってきたらしい。

「靴下にゃんこ」というのは、リラックマと同じサンエックスからグッズが出ているキャラクターで、本はそのキャラクターブックのような感じ。
中身は、オールカラーで、コマが小さなストーリー・マンガと4コマ・マンガの2種類。

子供向け…かと思いきや、読んでみると、ネコ好き向け。
いや…ネコ・マニア向けか。

ネコの習性とか、ネコ・マニアの心理をかなり正確に描写していて、「これ、分かる!」とか「そうそう、これこれ!」とか、「うちの子もこれしてた!」とか、共感しまくり。
おまけに、にゃんこの絵とかしぐさとかセリフが可愛くて、ネコ・マニアのうちの母と私は、読みながら悶絶(笑)

ほっこり癒されるストーリーも素敵で、とにかくハマっています。
最初に母が買ってきたのが4巻だったので、このあいだ、1巻と2巻も調達。

ネコ・マニアは読んでみて損のないシリーズだと思います
17:02 読書 | コメント(0) | トラックバック(0)

大統領選挙

2012/05/07
昨日は、フランス大統領選の第2回投票日でしたね。

フランスの大統領選挙は、第1回投票で過半数を獲得する候補がいなかった場合、上位2名で決選投票をするという、2回投票制を採用しているので、今回もオランド氏とサルコジ氏という2名による決選投票が行われました。

結果的に、勝利したのは社会党(PS)のオランド氏。
現職のサルコジ氏は敗れたので、新しい大統領が誕生することになります。

社会党出身の大統領は、ミッテラン以来17年ぶり。
金融危機の中、財政緊縮一辺倒ではなく、成長重視を打ち出したオランド氏ですが、欧州との関係や財政・経済政策など、今後のフランスがどうなっていくのか、興味深いところです。

今は、便利なもので、海外の新聞やTVがネットで見られるので、選挙関連のニュースがいろいろ入ってきて、見ているとおもしろいです。

フランスは分析とか統計が好きみたいで、投票結果も、かなり細かく公表されていて、地域差とか、前回選挙との比較とか、いろいろ分かります

あと、演説の動画も、日本とはまったく違う政治文化というか何というか…聞いていると、興味深いです。

興味ある方は、Le Mondeのサイトなんかを見てみてください

***

ちなみに、IL DIVO唯一のフランス人、Sebさんも投票に行った…とfacebookに書いてましたね

Sebさんは、IL DIVOのお仕事もあって、フランスを離れて暮らしているけど、きちんと投票に行くことにはこだわりをもっているみたいですね。

…ところで、彼はどっちに入れたんでしょう?(笑)
12:30 フランス | コメント(0) | トラックバック(1)

デジイチ入門

2012/05/06
先月、CANONのデジイチ(デジタル一眼レフ)を買った…という話を書きましたが

なんていうか、デジイチ超初心者のその後の奮闘をお伝えしようかと(笑)

…買ったカメラは、CANONのEOS Kiss X4

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X4 ダブルズームキット KISSX4-WKITCanon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X4 ダブルズームキット KISSX4-WKIT
(2010/02/26)
キヤノン

商品詳細を見る


念のため、ダブルズームキットを買いましたが、今のところ、ズームの大きいほうのレンズは使ってません。
…大きいので持ち運びに不便というのもあるけど、もともとのレンズでもちょっとしたズームはきくので、風景撮りメインの私には、今のところ必要なくて。

これまでコンデジを使っていた私にとっては、「でかっ!」という感じですが、意外と軽いので、持った感じは、それほど負担にはならないレベル。
…とはいえ、やはり大きいので、出すのを躊躇する場所もあります…(汗)

付属品の純正ストラップがおじさんぽいので、早く可愛いストラップにつけかえたい今日この頃。
カメラ女子は、見た目にこだわる(笑)

右も左も分からない超初心者なので、ネットの情報とミラーレス一眼デビューしていた友人の助けを借りて、こまごまとした必需品類をそろえています。

まずカメラと一緒に買ったのは、防湿ケース

HAKUBA ドライボックスNEO 5.5L スモーク KMC-39HAKUBA ドライボックスNEO 5.5L スモーク KMC-39
()
ハクバ

商品詳細を見る


梅雨どきの湿気防止もあるけど、わが家はホコリっぽいので、ホコリ防止の意味もあって。
乾燥剤と防カビ剤を入れる場所もついてるし、とりあえずこの中に入れておけば安心。

サイズも迷いましたが、1番小さい5.5リットルで、付属レンズを装着したカメラ本体と交換レンズ1本、さらにお手入れグッズや充電器も余裕で入ります。

あとは、レンズ保護用のフィルター

Kenko 58S MCプロテクターKenko 58S MCプロテクター
(2002/02/23)
ケンコー

商品詳細を見る


それから、液晶保護用のフィルム

Kenko デジカメ用液晶プロテクター キヤノン EOS Kiss X4用Kenko デジカメ用液晶プロテクター キヤノン EOS Kiss X4用
(2010/02/26)
ケンコー

商品詳細を見る


コレ↑は、EOS Kiss X4専用なので、サイズがぴったり。
こういうの貼るのが下手くそな私でも、綺麗に貼れました。
空気が入っても、翌日にはぴたーっと密着してて、びっくり。

あと、ブロワーと、レンズ用クリーニングクロス、ボディ用クリーニングクロスも購入。

それから、意外と活躍してくれてるのが、100均で買ったチークブラシ。
使用後のボディのお手入れ用ブラシ代わりなのですが、キャップ付で、しかも持ち手のシルバーのリングをひっぱると中からカバーが出てきて、ブラシの毛先を巻き込まずにキャップを装着できるという優れモノ。

あと、もちろんSDカード。
SDカードは8GBのにしました。

…とまあ、とりあえずはこんな感じですかね…。
よく分かってないので、まだまだ勉強中です。

慣れるために、うちの家の庭なんかを撮ってみたりしてます。

IMG_0251.jpg

IMG_0262.jpg

あと、家の中の多肉ちゃんとか。

IMG_0268.jpg

ウデが足りなさすぎるんだけど、カメラが良いので、コンデジ時代より断然綺麗にとれて嬉しいです
しかし、もうカメラのせいにはできないのだ…。
16:59 写真 | コメント(4) | トラックバック(0)

IL DIVOベスト

2012/05/04
私が音楽を聴くツールは、家だとコンポ、ノートPC、CDプレーヤー。
出先だと、ipod touch。
あと、車のCDプレーヤーとか。

その中で、車用とか、コンポ、CDプレーヤーで聴く用には、しばしばCDを編集します

CDを編集するときは、ジャンル横断的に好きな曲をとにかく入れるときもあれば、ジャンル別のベスト盤を作ってみたり、特定のアーティストのベスト盤を作ってみたり。

中でも、IL DIVO関連は、コンサートのセットリスト通りのCDとか、カバー曲ばかりのCDとか、いろいろ作ってるのですが。

このあいだ、IL DIVOのベスト盤を作り直しました。
「ベスト盤」といっても、私が好きな曲…という基準でのベスト盤。
つまり、私が特に好きな曲ばかり集めたCDです

ちなみに、作り直したのは、『ウィキッド・ゲーム』の新曲を入れたバージョンにするため。
曲が増えた分、80分におさめるために取捨選択するのが大変でした

そんなわけで、今日は、そのCDの曲目リストをご紹介
…ようするに、私が特に好きなIL DIVOの曲はコレだ!…という紹介です(笑)

あ、曲順は、好きな順ではなく、アルバム発表順です。
好きな曲順とか…決められないですから(汗)

あと、イタリア語とスペイン語の曲名のアルファベットにくっついてる記号は省略。
ネット上でやろうとすると、出し方がややこしいので…

1.Passera

コレは基本ではずせない曲です

2.Everytime I Look at You

IL DIVOのすべての曲の中でも、私の中でベスト3確実の、特に好きな曲。
ロマンティックの極み(笑)
ラストのクライマックスで盛りあがった直後にSebさんのソロで急降下して静かに終わるところが心憎い。
ちなみに、ライヴ・バージョンよりも、アルバム・バージョンのほうが好き。

3.The Man You Love

Carlosさんのソロがやたらと長い、ほとんどCarlosさんのための曲。
中盤のUrsさんのソロも好きだけど、やっぱりこの曲の魅力はCarlosさんの歌唱。
ドラマチックなポップス仕立てで、Carlosさんが他の曲よりもポップス的に歌ってるところが好き。

4.Feelings

これまたドラマチックなポップス仕立てのメロディが素敵。
後半の男らしい雰囲気も良し。
それと、低めのUrsさんのソロが好き。

5.Isabel

フォーレのパヴァーヌをもとにしたメロディがすごく繊細でお気に入り。

6.I Believe in You (Je crois en toi)

セリーヌ・ディオンとのコラボ曲。
これまたIL DIVOの曲の中でも、特に特に好きな曲。
とにかくメロディが素敵だし、セリーヌ・ディオンとのコラボもごく自然にうまくいってるし、中盤のフランス語の響きも良い。
冒頭2人目にソロを歌うUrsさんのソロが特にお気に入り。

7.Si Tu Me Amas

スペイン的な雰囲気漂う曲。
最初のサビのUrsさんのソロにとにかく鳥肌。
Sebさんのソロの乾いた雰囲気も、曲によく合っていて好き。
最近のライブ・バージョンのアレンジはいまひとつ。

8.Hasta Mi Final

これも特にお気に入りの曲の1つ。
ドラマチックな雰囲気とアイリッシュ風の伴奏がマッチしていて◎

9.Esisti Dentro Me

なぜか日本国内盤からはカットされてしまった名曲。
冒頭のUrsさんのソロ…Ursさんの声の柔らかい雰囲気の良さが活きていて、すごく好きな曲。

10.The Power of Love

ちょっと暗めのドラマチックな雰囲気が好きな曲。
刻むようなピアノのリズムも

11.La Promesa

最初にIL DIVOって良いかも…と思うきっかけになった思い出の曲。
この曲を聴くと、前回ツアーのコンサートの記憶がよみがえります。
もちろんサビのUrsさんのソロが好き。

12.Hallelujah (Aleluya)

Ursさんの「ア~レル~ヤ~♪」は天にも昇りそうな声で、毎回聴き惚れます

13.Angelina

3拍子とフラメンコのリズムが独特。
民族音楽調のポップスっていうのが新鮮で、すごくお気に入りの曲。
これもベスト3に入るくらい特に好きな曲の1つ。

14.Amazing Grace

定番中の定番曲なので、この曲を入れるかどうかは迷いました。
…が、Ursさんのソロがすごく好きなので、入れることに。
Ursさんの声は、曲によって高低いろいろなトーンが使い分けられてる感じですが、この曲のトーンがすごく好き。
バグパイプの間奏も素敵です。

15.Wicked Game (Melanconia)

「The Power of Love」にも通じる、暗めのドラマチックな雰囲気が印象的な曲。
冒頭3人目のUrsさんのソロに鳥肌。
浮遊感のある「メランコニィ~ア~」というところが

16.Falling Slowly(Te Prometo)

淡々としたメロディの中に入る、CarlosさんとUrsさんが歌うソロの部分が好き。
「テ・プロテヘレ」っていう歌詞の響きもなぜか好き。

17.Come What May (Te Amare)

アルバム『Wicked Game』の中で1番好きな曲。
気がつくと、ついつい口ずさんでしまってる今日この頃。
正統派ポップス的曲と見せかけて、ところどころちょっと独特のメロディになってるところが良かったり。
オリジナルのニコール×ユアン・バージョンも結構好き。

18.Time to Say Goodbye

なんだかんだでやっぱりこの曲は好き。


…と、絞りに絞って、全18曲です

各曲について気のきいたコメントができないのが残念…(汗)
ボキャブラリーが少なくて。。

こうやって見てみると、3rdアルバムの『Siempre』から1曲も入ってない…

ラテン・アルバムといわれる3rdアルバムですが…「La Vida Sin Amor」とかわりと好きなんだけど、18曲の取捨選択からは漏れた感じ。
IL DIVOスタイルで歌う、正統派ポップスらしい曲…というのが私の好みなので、『Siempre』のラテン演歌調の曲はいまひとつピンとこないところもあるのです。

でも、あとのアルバムからは、わりと均等に入りました。

とはいえ、コンサートの定番曲は意外と少なかったりします。
私のお気に入り曲は、コンサートであんまりやってくれない曲が結構多いので、次回ツアーあたりではぜひLIVEで聴きたいところです。
15:33 IL DIVO | コメント(0) | トラックバック(0)

ツアー・ファンクラブのプレゼント発表。

2012/05/02
IL DIVOもようやくワールド・ツアーの前半を終えたところで、IL DIVO DIVASツアー・ファンクラブからのお知らせが届きました

今回はUrsさんからのメッセージと、ファンクラブ限定プレゼントの発表がありました!

ツアーが始まっても、全然発表される気配がないので、どうなったんだろう…と思っていたプレゼント。
ようやく発表されて、ちょっと嬉しい

前回ツアーでは、エコバッグだったそうですが、今回は、ロゴ入りチャームのついたブレスレット。
写真を見た感じでは、シンプルで、洒落た感じのデザイン。
写真では、質感までは分からないのですが…。

ブレスレットをすることはないのですが、バッグとかなんかにつけるチャームとして使えるかも?…なんて思ってます

いつ頃届くのかな?

ついでと言っては何ですが、GW前半に名古屋に遊びに行ったので、写真を載せておきます↓

IMG_0101.jpg

IMG_0130.jpg

お天気はいまひとつだったけれど、新緑とボタンが綺麗でした!
美味しいものをたくさん食べて、リフレッシュしてきました。

…が、新しいカメラはまだ使いこなせず…(汗)
16:28 コンサート | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。