10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

「The Last Goodbye」

2014/11/25
このあいだ公開された、『ホビット―決戦のゆくえ』主題歌、ビリー・ボイドが歌う「The Last Goodbye」のミュージックビデオ。

…これ、もうね…涙腺直撃間違いなしですね



曲もさることながら、LOTRとホビットあわせて6部作の映像を使ったビデオが秀逸です。
こうやって見ると、ホント…6部作なんだな、って思います。

霧ふり山脈を歩いていく旅の仲間からドワーフ連への切り替えとか、ビルボとフロドそれぞれのつらぬき丸との出会い、折れたナルシルからアラゴルンがアンドゥリルを受けとる場面…。

赤表紙本ではじまって終わる編集もうまいけど、選んである場面がまた、名場面ぞろいで…余計にウルっときますね。

モリアから出てきて、ガンダルフの死を素直に嘆き悲しむメリーとピピンのショットにぐっときたら、TTTラストのフロドの笑顔にウルウルして、死の床のボロミアとアラゴルンの場面に涙。
灰色港でサムの頭にキスするフロドのシーンなんて、もう…
それから、AUJでのトーリンとビルボがハグする場面も忘れられません!

ローハン推しの私としては、戦いに赴くセオデンのモノローグのショットと、エドラスの黄金館の前に立つエオウィンのショットが入ってるのが、超絶嬉しいです。
あとは、ROTKでのローハン軍の突撃の前のセオデンとか、エオウィンの「I am no man!」も捨てがたいけど。

入ってない場面では、灰色港から発つフロドの笑顔とか、同じ場面でのガラ様の意味深な微笑みも忘れられないのですが。

あとは、これから公開されるホビット最終章の場面は、さすがにまだナイショの部分が多いから、特にトーリン関係とか、本当の名場面は出し惜しみしてるだろうし、(ムリだろうけど)公開後にそういう名場面も入れて、完全版としてアップしてほしいなぁ…なんて。

…それから、舞台裏映像もちょこちょこはさまってるのがまた良い。

あ、ちなみに、ナズグルにたいまつを投げつけるアラゴルンからの一連の場面、編集の関係で、アラゴルンがヘルム峡谷の要塞を破壊したように見えてなんか笑えました。
アラゴルン、最強(笑)

あ、肝心の音楽についてですが、シリーズの世界観にぴったりで、最終章にふさわしい主題歌ですね

以下、原作既読前提で書くので、ネタばれ回避したい方はパスしてくださいませ。

>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
15:25 Hobbit BOFA | コメント(4) | トラックバック(0)

IL DIVOの『A Musical Affair』フランス盤リリース

2014/11/24
このあいだからアナウンスしているIL DIVOの『A Musical Affair』のフランス盤。

国内盤『ミュージカル・アフェア(フレンチ・バージョン)』↓のリリースは12月3日ですが、本国フランスでは、今日がアルバムのリリース日です!


ミュージカル・アフェア(フレンチ・ヴァージョン)ミュージカル・アフェア(フレンチ・ヴァージョン)
(2014/12/03)
イル・ディーヴォ

商品詳細を見る


…てことで、DIVOのメンバーからフランス語でご挨拶。



一応、何を喋ってるのかを、おおよその意訳でダイジェストにすると、セブさんが「今日は、アルバムのリリースだよ。たくさんの才能あるフランス人アーティストと一緒にレコーディングできて、僕たちは、とってもハッピーで、ものすごくうれしいよ」…云々と言っていて、ウルスさんが「アルバムを聴いてね。お店に行ってね。それから特に、遠慮しないで、SNSでコメントをシェアしてね。さよなら」と言ってます(たぶんね)。

…あと、このあいだ出てた、このアルバムに収録されるLisaさんとの「Can You Feel the Love Tonight」のティーザーも貼っときます↓



ところで、このフレンチ・バージョン…私は、国内盤発売を待たず、今日、Amazon.frでポチしてしまいました~。
本を買うついでがあったから、ね
…あと、せっかくのフレンチ・バージョンなので、フランスのフランス盤が欲しかったってのもあったり(←どうでもいいこだわり)。

ちなみに、Amazon.frのクーポンがあったから、使えるかな…と思ったんだけど、それは使えませんでした。
…が、他にもCDを買ったからか、お会計の段階で、CD類はすべていくらか割引されてました。

もともと16.99ユーロだったところ、14.16ユーロになったので、お財布にはかなり嬉しい。
今のレートだと、だいたい2千円強ってところですね。
国内盤が3,000円なので、それよりはずいぶんお安く買えました(…もちろん、送料がトータル17ユーロほどかかってるので、コレだけ買うなら、国内盤を買ったほうが安いですが)。

あと、割引で安くなった分、このあいだから気になっていたNolwenn Leroyのアルバムも注文しちゃいました。


O Filles De L'eauO Filles De L'eau
(2012/12/04)
Nolwenn Leroy

商品詳細を見る


こちらは、このあいだ見たときより安くなっていて、8ユーロ弱だったのですが、これまた割引で5.83ユーロになりました。
お買い得~

あと、母に頼まれて、フランス版IL DIVO(…と私が勝手に思っている)Les Stentorsの新しいアルバムもポチしました。

届くのが今から楽しみです!

19:30 CD/DVD | コメント(0) | トラックバック(0)

「3 lettres」のビデオクリップとBenoitさんインタビュー

2014/11/20
このあいだから書こうと思って、すっかり後回しになっていましたが、KYOのLe Graal Tourが、しばらく小休止したあと、また再開しております~




おなじみになってきた、ライブ開催地のモニュメントとのコラボ・フォトですが、これは、アルザス地方のSausheimの。
赤砂岩ぽい石を使った建物が、いかにもアルザスな感じ。

…で、ツアー再開に際して、ファンには嬉しいこんなプレゼントが!

ツアーのセットリストで唯一、アルバム未収録曲の「3 lettres」のスタジオ録音バージョンに、ライブ映像をコラージュした、素敵すぎるビデオです




あと、このあいだからブログに書こうと思いながら、時間をとれずにいて放置していた記事が1つ。

ボーカルのBenさんが『LE PETIT NIÇOIS』誌(コート・ダジュール地方の地方誌)のインタビューに答えた記事なんですが、内容がすごく良かったので、自分用のメモも兼ねてリンクを載せておきます(コチラ)。

どのQ&Aも興味深い内容なんですが、全訳するのはめんどいので、特に印象に残った部分のみ、ざっくり意訳して以下に抜粋してみます。
私の語学能力の低さゆえ、もし内容が間違っていてもご容赦くださいませ~(汗)

Q. いくらかの歌詞は、あなたの個人的な経験からくるものなんですか?
A. 幸いなことに、すべてが自伝的なものじゃありません。そうじゃなかったら、僕はとても不幸だってことになりますから!(以下略)


…(笑)。そういや、KYOの歌詞は、ハッピーなものってあんまりないかも…(汗)

Q. グループを再結成することは、難しい選択でしたか?
A. いいえ。もし、もっと早くに再結成していたら、難しかったかもしれませんね。再結成は、みんなの望みでした。僕たちはみんな、再開したかったんです。僕たちにとって、KYOがあまりに恋しかったんです。

Q. あなたは、以前のインタビューで、「続けていくのに十分なほど売れるといいんだけど」と言っていましたね。あなたたちは、活動を続けるつもりですか?
A. ええ。アルバムはうまく行っていますし、ツアーは完売するかもしれません。オーディエンスは僕たちに信頼の証を与えてくれますし、僕は満足しています。(中略)。僕たちは、もうすぐ新しいアルバムを作るつもりです。


…ここが一番重要ですよね!
ちょっと最後、意訳になってますけど、10年のブランクを経て活動再開したけど、これっきりで終わるつもりはないようで、ほっとしました。
それもこれも、『L'Équilibre』とLe Graal Tourがうまくいったから…ってことですね!

よかった、よかった

このインタビューでは、個人的なこともちらっと語ってますが、KYOが活動休止した10年前は、Benさんもまだ25歳だったし、売れっ子ミュージシャンになったはいいけど、精神的ストレスとか、かなりのものがあったんでしょうね…。

35歳になって、家族もできた今、余裕をもって活動できるようになった…ってことかな?
そういう感じなら、このまま活動を続けていってくれるかも…なんて期待。

あと、このインタビューでもちらっと書いてありますが、近々(?)、『L'Équilibre』収録の「Poupées russes」が新たにシングルカットされて、ビデオクリップが作られることが決まっている模様。



「L'Équilibre」、「Le Graal」に続いて3曲目になりますが、この曲は私も大好きな曲なので、どんなクリップができるのか楽しみです~


L'equilibreL'equilibre
(2014/04/01)
Kyo

商品詳細を見る


14:25 KYO | コメント(0) | トラックバック(0)

IL DIVOの『ライヴ・アット武道館』がリリースされました!

2014/11/19
今日は、IL DIVOの『ライヴ・アット武道館』の発売日です~

…が、予約してたので、すでに昨日届いてますけどね(笑)

いろいろな種類が出てますが、私は、今のところ、ブルーレイのみ買いました。


ライヴ・アット武道館 [Blu-ray]ライヴ・アット武道館 [Blu-ray]
(2014/11/19)
イル・ディーヴォ

商品詳細を見る



ライヴ・アット武道館 [DVD]ライヴ・アット武道館 [DVD]
(2014/11/19)
イル・ディーヴォ、レア・サロンガ 他

商品詳細を見る



ライヴ・アット武道館(CD+DVD)(初回生産限定盤)ライヴ・アット武道館(CD+DVD)(初回生産限定盤)
(2014/11/19)
イル・ディーヴォ

商品詳細を見る


あと、CDは、も少ししたら買う予定。
…お金に余裕ができたらね。

ちなみに、ホビットDOSのEEのブルーレイも、まだ観られていない状況なので、この『ライヴ・アット武道館』のブルーレイは、手元にあるけどしばらくお預け状態。

武道館は行ってないけど、大阪&広島で観た(聴いた)のと同じセットリストだし、コンサートの記憶を蘇らせながらブルーレイを観るのが楽しみ♪
大阪&広島のときは、初めての最前列だったので、舞いあがっちゃってて、記憶がおぼろげだからね…(大汗)

***

あと、セブさんのインタビューが掲載された『Inrock』12月号も発売中です。


INROCK (イン・ロック) 2014年 12月号 [雑誌]INROCK (イン・ロック) 2014年 12月号 [雑誌]
(2014/11/15)
イン・ロック

商品詳細を見る


私は、立ち読みで…ごにょごにょ。

***

それから、ブログ記事にするのが遅くなりましたが、『A Musical Affair』のフレンチ・バージョンの新しいプロモ動画もアップされてましたね。



ナターシャさんとの「Aimer」に引き続き、ヴァンサン・ニクロ氏との「Le temps des cathédrales」です。

こちらも、もうすぐリリースされますね!


ミュージカル・アフェア(フレンチ・ヴァージョン)ミュージカル・アフェア(フレンチ・ヴァージョン)
(2014/12/03)
イル・ディーヴォ

商品詳細を見る


16:22 CD/DVD | コメント(0) | トラックバック(0)

ホビットBOFAトレイラー

2014/11/12
ようやく時間がとれて、『ホビット 決戦のゆくえ』のトレイラーを観ることができました

DOSのエクステンディッド・エディションも、今日届いたことだし、最終章へ向けてますます盛りあがっていきますね~!
最終章は、観たいような、観るのが怖いような、でも観たい…というのが、トーリンを愛する複雑な乙女心(笑)ですけど。



とりあえず、日本語字幕版が出たので、そっちを貼っときますが、雰囲気翻訳調で誤解を招いてる気がするのはいつものお約束ですね

トレイラーをざっくり観て、思ったこと(ネタばれなし)。

・写真で出てたときからずっと思ってたけど、トーリン、鎧が似合わなさすぎる。
・それでもリチャードさんは素敵。
・最初のアップの青い瞳…!どっかのエルフさんたちとは違って、カラコンじゃないもんね!(笑)

・ヘラジカのスラ様!

・キーリ、出番多いな。

・と…とろる!?

・レゴラスの見せ場はハズせないらしい。。

…とりあえず、ネタばれなしでは、こんなところで。
とにかくシリアスで、予告編観ただけで、感動必至な感じですね~!

以下、原作既読前提のコメントをば。

>>続きを読む・・・
18:00 Hobbit BOFA | コメント(4) | トラックバック(0)

BLAKEのサイン入りCD届きました!

2014/11/10
週末にかけて忙しい身分なので、TwitterのTLは追いきれず、いろいろ情報に乗り遅れ気味の今日この頃。
ホビットBOFAのトレイラーもまだ観られてないし…(大汗)

ところで、昨日、何やらフランスから小さな包みが届きました。
フランスの業者に何かを注文した覚えはないし、さっぱり訳が分からず、フランスの知りあいが何か送ってくれたのかな?…と思って開けてみたら。

なんと、Pledge Musicで注文していた、BLAKEのサイン入りニューアルバムと、同じくサイン入りの『Start Over』のエクステンディッド・エディションでした

先のアルバムのときにも、私は、Pledge Musicでサイン入りアルバムを注文している。
そのときはRoyal Mailでイギリスから届けられて、ちゃんと送り主もPledge Musicって書いてあったんですが。

今回は、Pledge Musicではなく、別の業者名しか書いてないし、La Posteでパリから送られてきました。

なんでわざわざドーバー海峡を越えて発送されたのかは謎。
フランスからのほうが、送料が安かったとか、そういう事情かね?

…ちなみに、今回は、Pledge Musicが下請け業者にでも委託したのか、領収書的なものも一切入っていないし、FRAGILEシールも貼ってないし、そのせいか、『Start Over』のEEは、プラケースが破損してたし(苦情言って取り替えてもらうのも逆にめんどいので、ケースは自分でとりかえようと思います)。
おまけに、前回はちゃんと発送メールもあったのに、今回はまったく連絡なし。

どーなってんだ?

…と、真っ先に文句を書いてしまいましたが

もちろん、これはBLAKEが悪いわけじゃなく、業者がいい加減だってことなんですが、実際、BLAKEが誠実にがんばってくれてるんだから、業者もきちんとしてほしいです。

…でもまあ、海外の業者の場合、こういうのはありがちですけど。。
ちゃんと届いただけマシかぁ…。

***

…んで、肝心のサイン入りアルバムです~

IMG_1504_20141109180823884.jpg

古いiPod touchしかもってないので、画像が不鮮明でゴメンなさい
でも、サインしてあるのは、分かりますよね?

どっちのアルバムも、ちゃんと3人ともが、几帳面に自分の写真のところにサインしてくれてるのが、なんか良い

前回の『Start Over』(通常盤)のときは、ジュールズさんもいて、彼のサインもあったので、3人になっちゃったのは、ちょっと寂しいですが。。

ちなみに、前回のサインと比べてみると、ハンフリーさんのサインが変わってる
前は、苗字のBerneyのほうでサインしてたのが、今回はHumphって書いてますね。

***

ところで、ニューアルバムの『In Harmony』は、すでにブログにも書いてるように、Pledge Musicでプレッジした人への特典として、リリース前のダウンロード権が与えられていたので、円盤を受けとる前にすでにダウンロードして聴いているのですが。


In HarmonyIn Harmony
(2014/11/11)
Blake

商品詳細を見る


『Start Over』のエクステンディッド・エディションは、夏ごろ(だっけ?)に発売されたのを知りながらも、Pledge Musicでサイン入りを注文するために今までガマンしていたので、ようやく聴けるのがすんごく嬉しい


Start Over Extended EditionStart Over Extended Edition
(2014/07/15)
Blake

商品詳細を見る


ニューアルバム『In Harmony』ももちろん良いけど、私の中では、BLAKEのベスト盤は今でも『Start Over』なので、通常盤に収録されていない曲を聴くのが楽しみで仕方ない♪

また、感想はあらためて書きますね~。

とりあえず、このサイン入りCDは、家宝にします

12:00 BLAKE | コメント(0) | トラックバック(0)

IL DIVO en France

2014/11/02
今日は、KYOのボーカル、Benoitさんの興味深いインタビューのことを書こうと思ってましたが、諸々の事情で時間がないので、代わりにIL DIVOの話題をば。

いよいよ11月に入って、『A Musical Affair』のフレンチ・ヴァージョンの発売が近づいてきましたね~♪


ミュージカル・アフェア(フレンチ・ヴァージョン)ミュージカル・アフェア(フレンチ・ヴァージョン)
(2014/12/03)
イル・ディーヴォ

商品詳細を見る


…ってことで、2本ほど、新しい動画が出てたのを貼っときます。

まずは、フレンチ・ヴァージョンに収録される新曲「Aimer」のクリップ。



「Aimer」だけなので、他の新曲と一緒にまとめられていた、以前のクリップより長めです。
まだ全体像は分からないので、それはリリース後のお楽しみ♪

冒頭のウルスさんの歌声が、まさに私が大好きな高さのウルスさんの声でうっとりですが、その次のセブさんのパートも、ポップス歌唱が活きてて素敵ですね~
唯一のネイティブだけあって発音がナチュラルだし(ウルスさんもフランス語は堪能だけど、彼の場合は何語であろうとウルス語なので…)、いつも以上に水を得た魚って感じですね!

今までのフランス語の曲っていうと、「Pour que tu…」と、一部フランス語の「I Believe in You」の2曲ですが、それらを聴いていると、やっぱりセブさんのパートが素敵なんですよ。
(私がウルス・ファンなので、ウルスさんは別として)他の2人も悪くないし、発音も正しいんだけど、ナチュラルさでやっぱりセブさんにはかなわないというか。
それに、どちらの曲もポップス寄りだから、余計にセブさんが活きるんですよね。
うまく言えないけど、緩急・強弱の緩・弱、力を抜くところ、の使い方がうまいというか。

デイヴィッドさんは、やっぱり英語の、それも澄んだ高音が活きる曲で活き活きしてるし(「Bring Him Home」とか「Rejoice」)、カルロスさんは、なんだかんだでスペイン語の、ラテン臭い曲で活き活きしてるなぁ…(「Angelina」とか)と思います。

ウルスさんは…何歌っても素敵~っていうのは、ウルス・ファンの戯言です…(笑)

…んで、もう1つビデオ。

フランス語でのプロモです↓



この時期だし、上記アルバムのプロモかと思って見てみたら、違いました
アルバムの宣伝ではなく、11月2日にパリのZenithで開かれるコンサートの宣伝です。

逐語訳すると、私のフランス語能力の低さがバレバレになっちゃうのでやめときますが(リスニングは超苦手…大汗)、代わりに、だいたいの概要をば。
…って、大したこと、言ってないんだけども。

要するに、セブさんは「僕たちはフランスには長らく来てなかったけど、ついにフランスで大々的なコンサートをやるよ。大きなサプライズも用意してるからね~」的なことを言ってて、ウルスさんは「11月2日にパリのZenithでコンサートをやるから、みんな来てね。一緒に素晴らしい時間を過ごそうね~」的なことを言ってる気がします。
…だいたいね、だいたい。
細部が違っても怒らないでくださいね~

何がおもしろいって、2人が喋ってるあいだのデイヴィッドさんとカルロスさんの、微妙に手持無沙汰そうな様子がおもしろいです(笑)

17:47 CD/DVD | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。