09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

IL DIVOの『アモール&パシオン』聴きました

2015/10/29
来日公演のごたごたから数日…。
このブログにもいろいろ愚痴ってしまいましたが(大汗)

なんだかどうでもよくなってきちゃった(笑)
なんか最近、物欲とか、いろいろ欲が薄れてきてる気がする…。
歳ですかね?

さて、発売日の前日にとどいたIL DIVOの『アモール&パシオン』ですが。



とりあえず、まだ一度だけなんですが、さらっと通して聴いてみました。

ざっくりした感想ですが、期待以上で、良い意味でサプライズでした♪

今回は、ラテンアルバムということで、3rdアルバム『オールウェイズ』みたいな、ちょっと懐かしい感じのラテン演歌調の曲ばっかりかと思ってたんですけど、聴いてみたらあら意外、往年の名曲が入っているにもかかわらず、全体としての雰囲気は思っていたよりもずっとイマドキ風でアップテンポ、聴きやすいポップス調。

『オールウェイズ』は、IL DIVOのアルバムの中では私にとっては聴く機会が少ないほうなんですが、今度の『アモール&パシオン』はヘビロテしそうかも

おまけに、前回のアルバム『ミュージカル・アフェア』など、ここしばらくはスローテンポで高らかに歌いあげるバラードに偏向していたようなので、今回のアルバムにアップテンポで軽やかなポップス調の曲がわりと入っているのはすごく新鮮に感じました。
高らかに歌いあげるバラードは、IL DIVOの歌唱力を発揮するには良いんだろうけど、私としては、そういう曲ばっかりだと飽きるし、歌唱力ばかりを前面にどーんと出した曲は疲れます。

IL DIVOは、クラシックとポップスのあいだに位置づけられるグループですが、『ミュージカル・アフェア』がどちらかというと真ん中よりクラシック寄りだったのに対して、今回は真ん中よりポップス寄りなところが良かったなぁ…と。
なんだかんだで、私は、初期のころみたいな、軽やかでロマンチックなポップス調の曲が好きなんですよね。

…んでもって、前回の『ミュージカル・アフェア』は、英米のミュージカル曲中心で、せっかくIL DIVOがもつラテン的なエッセンスが活かされてなくて個人的には「うーん…」という感じだったんですが、今回は、ラテンの曲中心なので、やっぱりIL DIVOの真骨頂というか、IL DIVOの魅力を最大限に引き出してくれるのはこういう曲なんだなぁ…と再確認しました。

しかも、それでいてカルロス隊長とバックコーラス…になってないところが良い(笑)

これまで、IL DIVOといえば、たいてい1人ずつのソロ→カルロスさん中心の叫びまくる(笑)クライマックス…というお決まりパターンでしたが、今回のアルバムでは、ソロのとり方、歌いつなぎ方がいつもとちょっと違う感じだし、カルロスさん中心のクライマックスではなく、全員の声をバランスよくミックスして歌をもりあげて終わるような形が見られて、これまた新鮮でした。
お決まりパターンは、安定感と安心感はあるけど、何の意外性もなくて、有名曲のカバーだと、初めて聴く前からなんか仕上がりが予想できて、実際聴いてみてもその予想を大きく外さなかったしね…。

各曲については、またじっくり聴いてから…なのですが、2つほど。

「エレス・トゥー」…どっかで聴いたことのあるメロディとすごく似ていて、初めて聴いた気がしなかったんですが、母がプレスリーの「Can't Help Falling Love」に似てるって言ってて、たしかに…と思いました。
でも、私が似てるって思ったのは、モーツァルトのミサ曲(雀ミサだったかな?)の「キリエ」でした(笑)
でも、この「エレス・トゥー」、すごく良い曲ですね^^

あと、最後の「歓喜の歌」…。
これ、悪くないけど、別にこのアルバムに入れなくてもよくない??…という疑問は残りました。。
フィナーレにはふさわしい盛りあがりだけど、ラテンのリズムとポップス調の雰囲気の中で、いきなり最後にベートーヴェン…。
なぜこの曲が入ったのか、説明がほしいところですね(笑)



スポンサーサイト
21:10 IL DIVO | コメント(0) | トラックバック(0)

IL DIVOのニューアルバム到着&来日公演チケットとりました。

2015/10/27
ショッキングなVIPパッケージの発表から一夜…明日発売のIL DIVOのニューアルバム『アモール&パシオン』がうちにも届きました



楽天リサーチとツールバーでちまちま貯めたポイントを使ったので、400円で買えました(笑)

ところで、届いたものの、まだ聴いていません。
夜になってからじっくり聴くつもり。

それにしても、今回、来日公演の詳細発表がこのタイミングになったのって、アルバム発売、プロモ来日に合わせることで雰囲気を盛りあげて、アルバムと公演チケット両方の売り上げ増を狙ったんだと思うんですけど、私を含め、昨日のVIPパッケージ詳細発表のせいでテンションが下がっちゃってるファンも多いんじゃないでしょうか?
もちろんそれとアルバムの価値とは別問題なんですけど、なんだかせっかくニューアルバム発売を楽しみにしてた気持ちに水を差された気分で、ちょっと残念です。

まあ、あるいは、がっかりした気分をなぐさめてくれるのにちょうどいいところにアルバムが届いた…とも言えるんですけど(笑)

さて、来日公演ですが。

ネットやTwitterなどを見てると、あのVIPパッケージに対しては、批判的なコメントや「がっかりした」、「切ない」…といったコメントも数多く見られて、私だけじゃなかったんだな…となんだかほっとしました。

なんていうか、その金額を払えるかどうか…っていう現実的問題もあるけど、それ以上に、正直、ああいうやり方が気に食わないんですよね。

そりゃ商売なんだからある程度は仕方ないんでしょうけど、あくまで夢を売る商売なんだから見え透いた金儲け主義はやめてほしいです。

中には、10万円、15万円くらいどうってことないわ…って方もいらっしゃるでしょうけど、多くは日頃節約して貯めたお金でコンサートへ行くことを楽しみにしてるファンなんですから、そういう一般的なファンだってやっぱり大事にしてほしいなぁ…と思います。
富裕層ばかりをターゲットにした戦略を展開されると、一般的なファンにとって「ちょっとしたご褒美」だったものが、ますます手の届かないものになってしまって、中にはファンをやめてしまう方も出てくるかもしれませんから…。

もちろん、この件に関しては、メンバーが悪いわけではないでしょうし、海外コンサートの情報を見てるとかなり特殊日本的な事情なんだと思いますが、うっかりするとアーティスト自身のイメージにも傷をつけかねないので、やっぱり売り手側はよくよく考えてほしいです。

***

…で、肝心のチケットですが。

従来、公式サイトで売られてきたファンチケが今回あるかどうかがいまだ不明の現在…。
悩ましい気持ちはみなさん同じですよね。

ただ、かぎられた数の良席は、すでにVIPパッケージとUDOの有料会員向けに開放されてるわけですから、もしファンチケがあったとしても、従来よりは悪い席になるとか、数が少ないとか、そういった可能性は否めないですね…。
VIPパッケージって、どれくらいの数用意してるんでしょうね?
東京公演の場合、同じVIPでも席の位置に差をつけてるくらいですからね…。

ファンチケの詳細情報が出るのは、これまでも遅かったので、まだ「ある」とも「ない」とも言い切れませんが、私は、もうなんだか疲れてきたので、とりあえず今日から発売のUDOの一般向け先行でとりました。

UDOの一般向け先行では、以前にも買ったことがあるのですが、たしか大阪城ホールでアリーナ21列目はしっこあたりだった気がします。
…なので、座席は期待してません。

ただ、今回は、どうせ大阪城ホールの悪い席になるんなら、音響が良いと言われるフェスティバルホールでなら良席じゃなくても納得できそう…と思ったので、フェスティバルホールのチケットをとりました。
フェスティバルホールはチケットとりにくいかも…と思ったけど、まだ今の時点でも空席ありになってるので、そうでもないようです。

今後、もしファンチケの発売があれば、城ホールの参戦も考えなくはないし、悩むことになりそうですが、もしファンチケがなければ、今回はフェスティバルホールのみにしようと思ってます。

私は、IL DIVOがはじめて来日公演を行った年のコンサートには行ってないんですが、2回目からは毎回行ってるので、今回で4回目。

はじめての年は、「ためしに行ってみよう」くらいの気持ちで行ったので、城ホールのA席だったと思います。
あの頃は城ホールを縦使いしていたので、ステージからは一番遠いスタンド席の天井近くで、スクリーンに映ったメンバーの姿を双眼鏡で見る…という始末。

そのあと、ファンチケの存在を知って、次のコンサート(『ウィキッド・ゲーム』のツアー)では5列目から間近でメンバーの姿を見ることができて(2日間参戦したので、もう1日はUDO先行でアリーナ21列目)、ついに前回のコンサート(『ミュージカル・アフェア』)では、大阪と広島で二度も最前列中央からメンバーをガン見できたのでした…(遠い目)。

もちろん、ステージ近くでメンバーを肉眼で見ることができるというのは特別な体験で、おまけにまわりは熱心なファンの方々ばかりなので盛りあがって楽しいのですが、思い返せばスタンド席から聴いたはじめてのコンサートだって楽しかったです。
前回、最高の座席を体験できたので、こりゃ、今回は初心に返りなさい…ってことですかね(…といいつつ、あきらめ悪いのでファンチケがあったらとるかもしれないけど)。

ま、これまで一度も使わずにしまいこまれてる、『グレイテスト・ヒッツ』のボックス・セットについてた双眼鏡を使う良い機会かもしれないですね(笑)
…しかしアレ、けっこうしっかりした作りだったけど、機能的にはどうなんだろう?

とにかく、座席はおいといて、無事にチケットは確保できたので、生歌を聴けるのを楽しみにしたいと思います^^

15:53 コンサート | コメント(0) | トラックバック(0)

IL DIVO来日公演詳細決定

2015/10/26
このあいだからちらほら情報が出てる、来年4月のIL DIVO来日公演…ついに詳細が出ました。

札幌 4月14日
仙台 4月16日
大阪 4月18日・19日
名古屋 4月20日
広島 4月22日
東京 4月25日・26日・27日

…ということです。

今回、はじめて札幌と仙台が増えたので、北日本・東北方面のファンの方々には嬉しいお知らせですね。
その代わり、前回あった金沢はなし。
広島は残りましたね。

大阪は、大阪城ホール(4月18日)とフェスティバルホール(4月19日)の2日。
フェスティバルホールは行ってみたいけど、チケット取りが厳しそうなので、大阪城ホールに行こうかなぁ。

お値段は、S席・14,000円、A席・12,000円、B席・11,000円。

…で、今回は、IL DIVO主催のVIPパッケージとやらがあるそうで…(遠い目)。

詳しくは、こちらをご覧いただければ。

今までの公演では、良席はウドーの有料会員とIL DIVO公式サイト(英語)で販売されるチケットが占めていたんですが、今回はじめてこういうのが出てきました。

プラチナ、ゴールド、シルバーとありますが、それぞれ最前列ブロック確約、サウンドチェック参加(ゴールド以外)、M&G(シルバー以外)、限定グッズなどがついてくるようです。

そういえば海外公演なんかで、そういうVIPパッケージってのがあった気がするけど、日本と比べると値段設定がなんか全然違うよね。
どう考えても、必要経費を越えてる気がするんだが…この強気の値段設定って、飛行機と一緒で、需給バランスで値段が決まってるのかね?

プラチナなんて、じゅうさんまんはっせんえんって…。
正直、誰がそんなん払うねん…と思いますが、IL DIVO愛ゆえに払う方は確実にいらっしゃることでしょう。

私は、もちろんそんなお金はどこを探してもありませんので…

プラチナの1コ下のゴールドだと、きゅうまんはっせんえんです。
それかてムリやわ…。
ってか、シルバーでもよんまんはっせんえんですからね。。

公式での販売がないようなら、ウドーの先行(…かつて一度利用したけど、イマイチの席だった)かなぁ。
今までみたいに公式でのチケットのみの取り扱いがあるといいんだけど、今のところ情報ないし、VIPパッケージとの差異化をはかるためにも、良席の販売は厳しいのかなぁ…。

正直なところ、IL DIVO来日、来日公演決定で盛りあがってるときにネガティブなこと書きたくないですけど、こういうファンの愛情につけこんで足もとを見たような(…と言ったら言い方悪いですが)商売のやり方は好かんのです。
お財布に余裕のない人間の負け惜しみに聞こえるかもしれないけど(…実際、そうだけど・笑)、お財布事情でファンのあいだにあからさまなヒエラルキーを作っちゃうのはどうかと思うんですよね。

今までだと、一般販売価格にほんのちょこっとだけ上乗せするだけで、最前列ど真ん中がとれたわけですよ。
M&Gはチケットとは別だったので、M&Gに参加する余裕はなくても、良席で公演を聴くことはできたわけで。

今回、最前列ブロック中央が、このパッケージ購入者に限定されるのかどうかはイマイチ分かりませんが(ウドーの有料会員にも一部開放されてるのかも?公式サイトでのチケットのみ販売があるのかも不明)、一般販売価格の数倍の値段を払わないと良席をとれないんだとしたら、ちょっとひどいなと。
…だって、いくらIL DIVOでも、アーティストの一度の公演に5万も10万も払える人って限られてますよね?

まあ、これだって商売だから、仕方ないんだろうけど。

つらつらと恨み言ばかりを書いてしまいましたが、気分を害されないでくださいませ。
…同じように感じてらっしゃる方がいらっしゃったら嬉しいんだけどなぁ。。

ともかく!

IL DIVO愛は、お財布の中身では測るものではありません!(←ここ重要)
(まだチケットとってませんが)コンサートに行けるだけでも幸せってもんなので、贅沢言わず満足しんといかんですわな。

良席であれ、後ろのほうの席であれ、端っこであれ、あるいはスタンド席であれ、4月のコンサートをみんなで楽しみたいですね^^

12:57 コンサート | コメント(0) | トラックバック(0)

IL DIVO来日とか

2015/10/25
金曜と土曜は毎週忙しい管理人なのですが、その前後にニュースが多くて困るわ~
当サイト…IL DIVOのニュース速報を目的とはしておりませんので、いろいろ遅れてますが、あしからず…。。

まずは、28日発売のニューアルバム『アモール&パシオン』のプロモのために、IL DIVOが来日します



そろそろ着いてるのかな?…まだ?
空港お出迎えとか行かないので、よう分からん…。

…んで、今週は、各種プロモイベントがありますが、どれも東京だし、抽選云々とかいう以前に私は行けないのでスルーしておりまする。
ただ、30日(金)にはNHKの「あさイチ」に出演するそうなので、録画予約しなくちゃ

…で、そろそろワールド・ツアーのお知らせが出はじめてるようですね。

Amazon.ukでアルバム買った人向けのUKツアーのVIP席の先行予約?のツイートは少し前から見かけてましたが…。
日本公演は、来年の4月だとか。

前回と前々回は、いずれも3月だったのですが、今回は4月…。
個人的には4月は忙しいので行けるか心配しましたが、噂では大阪公演は週初めだということなので、それなら行けそう

『プロミス』のときの来日公演は1回だけだったんですが、前回と前々回は2回ずつ公演に足を運んだ私。
IL DIVOのファンは熱心(かつお財布に余裕のある)な方々が多いので、全公演制覇…なんていう話もしばしば耳にしますが…私にとっちゃ2回でもかなりムリしてたわけで…^^;

今回はあんまり余裕もないし、1回だけにしようかな、なんて思ってます。

何度も聴くと、回数を重ねるごとにいろんなことに気づいたりできて良いんだけど、1回だけの場合、これっきり…と思って集中して聴けるというメリットもあるんじゃないかと思ったりして。

これからチケット争奪戦かぁ…と思うと何だか気が重くなりますが(苦笑)、前回、これ以上ないほど良い席で2回も聴かせてもらったので、今回は多少後ろのほうでも良しとしよう(…と、自分に言い聞かせる・笑)。

18:06 メディア露出 | コメント(0) | トラックバック(0)

フランス旅行ハイライト

2015/10/21
以前の記事でちらっと触れましたが、9月のはじめにフランスに行ってきました~
フランスは何年ぶりだろう…えーと、4年ぶりですね。

今年は行くつもりなかったんだけど、直前になってどさくさで決まりました。

今回の行先は、ブルターニュ地方。
日本でも「ブルターニュ産塩使用」とかっていう言葉を目にするので、ご存じの方も多いかと。

なんでブルターニュかというと、私…フランスの端っこに興味があるんです。

フランスっていうと、たいていの人は「パリ!」って思うんだけど、私の場合、パリは嫌いじゃないものの、むしろ地方LOVE
中でも、フランスっていう国の文化的多様性に興味があるので、とりわけ独特な文化が残る端っこが好きなんです。

ひとくちにフランスっていっても、地方によって、たとえば建物に使われてる石とか、建物の形とか、食べものとか、言語とか…ものすごく違っていて、それがおもしろいんですよね。

…で、今回は、ブルターニュ。
ブルターニュは、フランス北西部にある半島で、ケルト文化が色濃く残っている地方です。

詳しい旅行記は、またいずれ別サイトに書きたいと思ってるので(…いつになるやら)、ここでは写真でハイライトのみ。

旅行のメインはブルターニュだったのですが、その前に、あの有名なモン・サン・ミシェルにも寄ってきました

IMG_5881.jpg

フランス自体は何度か行ってるのですが、モン・サン・ミシェルははじめて。
…パリから遠くて行きにくいっていうのもあるけど、あんまりにもメジャーすぎて、なんとなく敬遠してた…(苦笑)
案の定、日本人だらけでしたが、やっぱり素晴らしいものは素晴らしいということが分かりました

今回は、島内に泊まったので、夜のライトアップや朝靄の中に浮びあがるモン・サン・ミシェル、朝日に照らされるモン・サン・ミシェルなど、いろんな表情を見られたのも良かった^^

IMG_6009.jpg

IMG_6110.jpg

モン・サン・ミシェルのあとは、ブルターニュへ。

「フランスの美しい村」ロクロナンを散策したり、

IMG_6454.jpg

IMG_6340.jpg

カルナックで先史時代の巨石群を見学したり、

IMG_6571.jpg

モルビアン湾の小さな港町、オレーにも立ち寄りました。

IMG_6585.jpg

さらに、城壁に囲まれた街、ヴァンヌや、

IMG_6676.jpg

陶器で有名な街、カンペールで街歩き。

IMG_6491.jpg

中世の面影が残るディナンにも行きました。

IMG_7048.jpg

IMG_7159.jpg

美しい風景だけじゃなく、もちろんグルメも忘れちゃいけません

名産の生ガキや、

IMG_5992_20151021211417fef.jpg

モン・サン・ミシェル名物のプレ・サレ(ラム肉)。

IMG_5995_20151021211415ff5.jpg

それから、ブルターニュといえば、シードルとガレット&クレープは外せません。

IMG_7133.jpg

IMG_7135.jpg

IMG_7143.jpg

なんといっても海に近い地方なので、いつもの旅行と違って、お肉は控えめ、シーフードをたくさん食べました。

お鍋いっぱいのムール貝とフリットや、

IMG_6621_20151021212042f49.jpg

お魚料理もさすがの美味しさ。

IMG_6911.jpg

貝のグラタンは特に絶品♪

IMG_6910.jpg

最終日はパリに戻ったのですが、パリ郊外に暮らすフランス人の友人にあらかじめ連絡をとっていたので、一緒にランチをとって、パリ市内を案内してもらいました。

IMG_7324.jpg

IMG_7365.jpg

とにかく滞在中はお天気も毎日のように良いし、景色は綺麗だし、ごはんは美味しいし…で、久しぶりのフランスを満喫しました~(*≧∪≦)

***

…と、かなり駆け足でしたが、写真中心で振りかえってみました。
そのうち旅行記もちゃんとしたやつを書きたいですが、いつになるやら…。

21:32 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)

IL DIVOの「Por una cabeza」ティーザー公開

2015/10/21
いよいよ来週発売のIL DIVOのニューアルバム『アモール&パシオン』。



リリースを前に、収録曲の「Por una cabeza」のティーザーが公開されましたね~



タンゴのラテンなリズムがIL DIVOの雰囲気にぴったりで、今回のアルバムへの期待感を高めてくれます!
今回は、ラテンアメリカをイメージしているからか、ジャケ写といい、ティーザーといい、かなりラフな雰囲気がちょっといつもと違って新鮮味がありますね。

20:50 CD/DVD | コメント(0) | トラックバック(0)

ウルスさんのSNS

2015/10/08
IL DIVOの新譜『アモール&パシオン』のリリースまであと20日になりましたね~



…ところで、IL DIVOといえば、ファンの皆さまはすでにチェック済みでしょうけど、少し前からウルスさんがついにSNSをはじめたことが話題になってましたよね。

メンバー4人中3人がツイッターやFacebookを活用する中、唯一、SNSには抵抗しつづけてきたウルスさんですが。
デイヴィッドさんと一緒にチャリティー目的のバイクツアーをやったのがきっかけになったのか、ツイッターをはじめたと思ったら、ついにはインスタグラムまで…。

ちなみに、何人かの例外をのぞき、私が好きなアーティストは大抵、なぜだかSNS嫌い?が多い…。
ウルスさんだけでなく、リチャードさんももともとはSNS嫌いでした(…今や登録して、定期的に謎ツイートをしてくれてますが…)。
あと、ダヴェさんなんか、いまだにSNSには出没してくれないよね…(涙)

さて、そんなウルスさん。
バイクツアー中は、こまめにツイートしつづけてくれてましたが、ここのところインスタグラムへの投稿が増えている模様。

…で、このあいだから、旅行中なのか、「これどーこだ?」的な投稿が続いてます。

まずはコレ↓

@ildivoursが投稿した写真 -




フランス南西部のカルカソンヌです。
ツイッターでは、カルカソンヌでランチした…とありましたね。

それからコレ↓

@ildivoursが投稿した写真 -




I give you a hint...

@ildivoursが投稿した写真 -




最初の写真の時点でファンの人たちがいろいろ想像してたようで、「ヒントをあげるよ」…と出てきたのが下の写真。
これ、オクシタニー(フランス南部の旧オック語圏)のシンボルになっている十字です。

…ってことで、ウルスさん、カルカソンヌのあともフランス南西部にいたようです。

この写真が出てきて、ウルスさんはどうやらトゥールーズにいたんじゃないか…って話になったようで。
たしかに、最初の写真を見るとピンク色の赤レンガの建物なので、トゥールーズっぽいですね。

…って!

トゥールーズとかカルカソンヌって、私が次に旅行に行きたい…って思ってる場所なんですよ~

そういや、9月に私がモン・サン・ミシェルに行く直前、BLAKEのスティーブンさんがちょうどモン・サン・ミシェルに行ったよ…って写真をアップしてたんでした。
お気に入りアーティストさんが私が行きたい場所に旅する…という現象がなぜか続いてる(笑)

これはやっぱりフランス南西部に行かなくちゃ…っていうお告げだわな。

…と、その前にお金貯めなくちゃ。。

15:22 小ネタ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。