FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

ノリントン・グッズget!?

2007/11/18
今日は、午後から仏検を受けに行ってまいりました。
仏像検定…ではなくて、フランス語検定です

試験はなんと3時から…ということで、某所のモ○バーガーで昼食

ココ、何の変哲もない普通のモ○バーガーなんですが、映画館の近くだからか、「ご自由にお読みください」みたいなコーナーに、集英社から出てる某映画雑誌が置いてあるんですよ(私…あんまりモ○バーガーには行かないからよく知らないんですけど、コレってどこの店舗でもそうなのかな?)。

私が座った席はちょうどマガジンラックの向かいだったので、ふと目をやると、なんと表紙はスパロウさん
うっ…気になる…
…と思いつつも、わざわざ手にとって見るような時間もなく、しかもちょっと恥ずかしいのでガマン
遠目に表紙を眺めるにとどまりました。

しかーしっ!

何気ないふりをしながらも、心の中ではいろんな考えがぐるぐると…
以下、しばし私の心の声とおつきあいください。
ちなみに、よりリアルに関西弁仕様でお送りします(笑)

「そっかー、そろそろDVD発売やから、雑誌にもちょっとした特集が出るんやな…
 最近、金欠で○ードショー買うのガマンしてたから忘れてたわ
 …っていうか、ノリントン出てへんかなー?
 いや…望み薄なんは分かってるけど
 めっちゃ気になる…
 あ、でも考えたら、コレって先月発売の号やんな。
 …てことは、明後日くらいに次の号が発売されたらこの号は見られへんやん
 (バックナンバーで買えるけど…)
 じゃあもう試験終わったら帰りに本屋さん寄って立ち読みしよー
 そんで、ノリントンが載ってたら買おーっと

この時点で、仏検のことは頭からすっとんでいる模様です(←オイ!)

とはいえ、決して安くはない受験料を払ってる手前、受けないわけにもいきません
…というわけで、大人しくバスで試験会場へ向かいました。

試験会場はどこかというと、時計台で有名な某K大学
今年になってから、ここの大学に行くのは4回目。
そのたびに思うのが、交通手段的に不便…ということ
私の家からだと京阪に乗りにくいため、バスで行くほかありません。

と…遠い…

ウチの大学は大阪だけど、所要時間が大して変わらない気が…

まあ、それは置いといて。

3時から5時半くらいまで、みっちりとフランス語と格闘したあとは、ノリントン・ターイムです(笑)
駅の近くの本屋さんで、さっそく某映画雑誌をチェック。

すると…ノリントンの写真載ってましたー
しかも2カ所も
コレは買うしかないでしょ

…え、2カ所なんて少ない?
いえいえ、ノリントン・ファンの方なら分かってくださるはず
2カ所っていうのが、どんなに多くて貴重かを

まあ、そんなわけで、買いましたよ、もちろん。
うぅ…予定外の出費は痛い…

…というわけで、この某映画雑誌の『パイレーツ』記事をちょこっとレポしてみます。
(↑どんな長い前置きだよ…

気になる方は、「続きを読む」をクリック



この記事…『ワールド・エンド』のDVD発売を記念したもので、全カラー7ページです。

表紙のあと、最初に「言いたい放題キャラクター関係図」…なるものがありまして、それが2ページ。
そして、『ワールド・エンド』のストーリー解説みたいなのが4ページありました(多分)。
ここには、各俳優さん(ジョニー、キーラ、オーランド、ジェフリー、チョウ・ユンファだったと思う)のコメントも、吹き出しでちょこっと載ってます。
さらに囲み記事で、DVDの仕様なんかも少し載ってました。

さて、肝心の提督はといいますと…

まず、「言いたい放題キャラクター関係図」のページに1ヶ所、写真つきで載ってます。
この「関係図」…主要キャラはほぼ載ってるので、ノリントンが載ってるのは当然ですが…

ココの写真…測ってみると(←ヒマ人…)、タテ5センチ×ヨコ4.3センチでした。
どの場面の写真かというと、フライング・ダッチマンの牢獄に入れられたエリザベスたちを逃がすべく、牢獄の扉を開けて覗き込んでいるところ。
とくに目新しいものではありませんが、なかなか悪くない写真が選んでありますな

ちなみに、ノリントン紹介部分につけられたコメントは…

「最後はいい人で終われてよかったぁ!」

というもの。

…私にとっては、最初から最後まで「いい人」だったんだけどね
一度はベケット側についちゃったから、そう書かれても仕方ないんでしょうね
う~ん…。

さて、気を取りなおして。

次のストーリー紹介のページにも、ちゃあんと載っておりますよ、われらがノリントンは
写真は1ヶ所だけですが…

ちなみに、ここでも載ってる写真の寸法を測ってみました
こちらは、先ほどのものよりも若干大きく、タテ5センチ、ヨコ7.5センチです。
…しかし、こちらはノリントンがピンで写ってるわけではないので、ノリントン単独ではやや小さめ。
場面は、ベケット卿(総督?)のオフィスにやってきた場面です。
こちらもなかなか素敵に美しい写真が選んであります

…ざっと、こんな感じですね。

もっとノリントンを載せて欲しい…のはやまやまですが、『ワールド・エンド』での出番の少なさを考えると、これでも多いくらいでしょうねぇ…(哀)

あ、ちなみに、ダヴェンポートさんのコメント?
そんなのありませんよ…(哀)

ノリントン・ファンの方が買う価値があるか…については、たった2ヶ所の写真に900円近く払ってもいい…というなら、どうぞ
私はそれでも買っちゃいましたけどね

でも、スパロウさん&ジョニー・ファンの方なら、買っても損はないと思います
そもそも表紙がスパロウさんだし、スパロウさんのハード・ピンナップやらポスター(長~い望遠鏡をのぞいてる場面)やらもついてます
そもそも、『ワールド・エンド』の記事だって、スパロウさんメインだし。
さらに、ジョニー・デップ特集の連載みたいなのもありましたよ

ちなみにちなみに、付録で毎年恒例の「スター名鑑」(だったっけ?)…っていうのもついてるんですよ。
コレ、映画俳優さん&女優さん&監督さんのリストになってて、カラーじゃないんですけど写真と、ちょっとしたデータ(出演作、ファンレターのあて先など)が載ってるんですよ。
結構マイナーな人も載ってるので、かすかに期待してみたんですが…。
やっぱり…というか、ダヴェンポートさんは載ってませんでした

あ、コレ、重要なんですけど、ここで私が書いたレポは、集英社から出てる某映画雑誌(『○ードショー』)の12月号です。
↓コレね、コレ。

ROADSHOW (ロードショー) 2007年 12月号 [雑誌]ROADSHOW (ロードショー) 2007年 12月号 [雑誌]
(2007/10/20)
不明

商品詳細を見る


明後日あたりになると、店頭には1月号が並ぶと思いますので、ご注意を


…それから、超蛇足になりますが…仏検はどうだったのか、といいますとですね(ヘンな日本語)。

やっぱり2級ともなると難しかったです
普段、フランス語とかかわる機会なんてほとんどないしなぁ…。
…いや、卒論用にフランス語の洋書やら新聞やらを読まないといけないんですが。
しかし…あの問題を英語に直したら、すっごい簡単な気がするんですけど…。
難しいのは、やっぱり日ごろ見慣れないフランス語だからなんでしょうね

そんなわけで、合否はめっちゃ微妙です…
合格基準点しだいって感じですね
あぁ…どうか、合格基準点が低くなりますように

スポンサーサイト



23:12 ジェームズ・ノリントン | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
こんばんわ&お久しぶりです^^
お久しぶり(?)です^^
この間コメントさせていただいた亜細亜@です。

私もその雑誌を買いましたよ!
ノリントンの写真があるだけで価値ありますよね!^^紳士的でかっこよかったです><

そういえば余談ですが、ダヴェンポートさんに2008年公開のハリーポッター出演依頼があったのを管理人様はご存じですか?
その後のことはいまいちよく分からないのですが・・;;
一応来年度出演が決まっているのは
『The Key Man』だそうですよ

はっ、また長々と申し訳ありません;;

フランス語検定お疲れ様でした^^
私もこの間英検を受けたのですがやはりフランス語検定もマークシート&面接試験がなのですか?
合格になるよう祈っています><

では^^
こんばんわ。

私もこの雑誌の表紙を確認し、もしやと思ってチェックしましたよー。
買おうか迷ったのですが、「最後は良い人で・・・」の文に何だか腹が立ち、辞めました(^_^;)

バーガーショップで雑誌に手を出せないとか、結局購入して写真の寸法を測っちゃうとか・・・そんなpukopukoさんがラブリーです♪
亜細亜@様、こんばんは☆

亜細亜@様もこの雑誌をお買いになったんですねー!
「ノリントンの写真があるだけで価値」…ほんと、ありますよねー。
たった2箇所の、それもかなり小さい写真なのに喜んでしまう自分が哀しかったり…(笑)

2008年公開のハリーポッター出演依頼…知ってますよー。
でも、その後のことは私もよく分かりません。
私はハリーポッターは観たことがないんですが、ダヴェンポートさんが観られるなら…と期待してたんですけどねぇ。
立ち消えになったのかな…とか思ってます。

『The Key Man』というのはアレですよね、ヒューゴ・ウィーヴィングさんとかと共演の。
日本公開されるといいんですが…(><)

ちなみに、亜細亜@様のおっしゃるように、フランス語検定も英検みたいに筆記プラス面接です。
ただ、全部マークシートじゃなくて、やたらと書かせようとするところが仏検の特徴かもしれません。
英検にはない、「書き取り試験」という、聞き取ったフランス語(結構長い文章)を書かせる問題もあって厄介なんですよ。
ほんと、合格してるといいんですが…(^^;)


ニキヤス様、こんばんは☆

ニキヤス様もやっぱりチェックされましたかー!
「最後は良い人で…」の文…、私もちょっとコレは…と思いました(^^;)
ファンにとっては、あまり気持ちの良い書かれ方ではないですよね。

バーガー・ショップで雑誌に手を出せない…っていうのは、やっぱり小心者なんでしょうねぇ…;
そして結局買っちゃうあたりがファンの弱み…(←買うときもちょっと恥ずかしかった人;)
でも、ニキヤス様に「ラブリー」と言っていただけたので、よしとしましょう(笑)
そう言っていただけたなら、寸法も測ったかいがありますよ~(^^)

管理者のみに表示