FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

100ヒット記念企画の続き…☆

2007/05/29
今日は、ジャック・ダヴェンポートが出てるBBCドラマ、『カップリング』の続きを観ました♪いまだに『パイレーツ~』3作目は観てないんですけど、情報は入ってくるので、最近憂鬱な日々が続いてたんですが…ちょっとは復活したかな?『カップリング』でじゃっくが演じるスティーヴは、ノリントンとは180度違うキャラだし、ドラマ自体もおバカなコメディなので、お気楽に安心して観られるんですよねー(^o^)でも、今日観た回は、スティーヴの出番が少なくて、ちょっと寂しい…。他のキャラも味があって面白いんですけどね☆

…と、まあ、前置きはこれくらいにして、昨日の100ヒット記念企画の続きと行きましょう!!

Amo*Amas*Amat 100ヒット記念企画☆

James Norrington A to Z

…というわけで、今日は昨日の続きのIからNまでです♪

Interceptor(インターセプター号)

英国海軍が誇る超高速船。その速さは、おそらくブラック・パール号に継ぐはず…。フライング・ダッチマン号とかと比べてどうかは分かりませんが…。ノリントン提督は、この船がまんまとジャック・スパロウとウィルに奪われてしまったとき、ドーントレス号から大砲(?)をぶっ放してこの船を沈めようとしましたね。意外と血の気が多い…?ちなみに、このインターセプター号の運命はというと…ノリントン提督ではなく、バルボッサ率いるブラック・パール号によって沈められてしまいました、結局。


James(ジェームズ)

ジェームズといえば、ノリントンのファースト・ネーム。前に記事にも書きましたが、私的には、この「ジェームズ」という名前はノリントンにぴったりだと思います☆「ジェームズ・ノリントン」なんて、響きがカッコいいじゃないですか!!願わくは、もうちょっと「ジェームズ」って呼ばれる機会があったらよかったかな?もちろん、「ノリントン」っていう苗字も好きなんですけど♪


King's English(キングズ・イングリッシュ)

今でいう「クイーンズ・イングリッシュ」のことですが、『パイレーツ・オブ・カリビアン』の時代は、服装とカツラから考えて18世紀、つまりジョージ2世かジョージ3世の時代だと思うので、キングズ・イングリッシュですよね。ノリントン提督が話している英語が、このキングズ・イングリッシュにあたるのかどうか…私は英語に詳しいわけではないので、正確なところは分かりません。でも、ノリントンが、上流階級のニオイのする気どったイントネーション(orアクセント)の英語を話してるのは確かですよね?私としては、あの話し方がまた好きなんですが…(*>_<*)


Looks(容姿)

ノリントンの容姿ですよ!とりあえず、「容姿端麗」とでも言っておきましょうか(^_^)
詳しく見てみると…
まず、髪の色は、地毛は濃いブラウン(ほとんどブルネットに近い感じ?)ですよね。あ、でも、1作目と3作目(…と2作目の登場シーン)では巻き巻きロココ・スタイルの白髪カツラを着用してるので、髪の色はそれほど問題にならないのかな?
それから瞳の色は、ウィキペディアによると、グリーンだそうです。私の肉眼では、グリーンがかったブルー・グレー(どんな表現だ…)に見えるんですが。とにかく、ブラウンではないし、グリーンにしろブルーにしろ、わりと薄い色みたいですね。
あと、長身なのは間違いないです。

ジャック・スパロウやウィルの影に隠れてしまってる感がありますが、ノリントンは絶対に美形ですよね!!集英社の某映画雑誌にも、ノリントン(落ちぶれたバージョン)の紹介文に「英国正統二枚目の面影あり」かなんか書かれてましたしね!それに、1作目でエリザベスが、ノリントン提督のことを「どんな女性も結婚を夢見る相手」みたいなことを言ってるし…(エリザベス自身は夢見てないけどね…)。まあ、これはノリントンの身分や家柄みたいなのも計算に入ってるんでしょうけど、でもそれだけじゃないはず(…と思いたい)!容姿端麗で身分もあり家柄も良く…と3拍子(?)揃ってるからこそ、なんですよ、多分。ところで、彼はモテたんでしょうかね???


Miss Swann(ミス・スワン)

ノリントンは、1作目のプロポーズのシーンではエリザベスのことをファースト・ネームで呼んでましたよね?エリザベス転落シーンでの(ちょっと間抜けな)「Elizabeth? Elizabeth!」というのは鮮明な記憶に残ってますが…。で、彼はそのあともずっと彼女のことを「エリザベス」って呼んでましたよね?確認してないので、ウロ覚えですが。でも!1作目のラスト・シーン、特典映像の未公開シーンで、提督は「Oh, Miss Swann」って呼びかけてるんですよ!!その直前にエリザベスに振られたから、けじめとして「エリザベス」と呼ぶのをやめて、「ミス・スワン」って呼んでるんですよね?なんか、ノリントンの潔さと英国紳士らしさを感じました☆


Norrington(ノリントン)

もちろん、彼の苗字です。今さら書くまでもないですね…。ちなみに、ウィキペディアで調べてみると、結構たくさんの「ノリントン」さんがいます。ジェームズ・ノリントン以外で私が知ってるのは、有名な指揮者の「サー・ロジャー・ノリントン」さんだけなんですけどね。


…ちょっと長く書きすぎたので、今日のところはNまでということで。2回で終わるはずが3回になってしまいました(-_-;)続きは、多分明日に。



スポンサーサイト



22:14 ジェームズ・ノリントン | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
カウントアップ、おめでとうございます!

提督、かなりひいき目ですが、モテたと勝手に思ってます笑

エリザベスのメイドさんがその代表じゃないかと・・・★

あと、ずっとエリザベスって呼んでたのに、最後にミススワンになった・・・コレ、私も激しく気にしてました!!!
やっぱり彼なりのケジメですよね?カッコイイ(惚

ニキヤス様、こんばんは☆
コメントありがとうございます~。

そうですよね!提督はきっと(いや絶対…?)モテたはず…。現代人から見ると、カツラがマイナスかもですが、あの時代の人にとってはそれが普通ですもんね☆

エリザベスのメイドさん…。私も気になってました。彼女は「ウィル・ターナーも素敵」みたいなことを言ってますけど、「も」ということは、「ノリントン提督は素敵」⇒「でも、ウィルも素敵」っていうことですよね。

エリザベスの呼び名の変化、ニキヤス様も気にされてましたか!!
振られてもあくまでスマートに…さすが英国紳士!という感じでカッコイイですよね~☆
カツラは本当に提督のイメージを下げちゃってますよね。顔は格好いいのに(^_^メ)
potc1でウィルに詰め寄る時、カツラの生え際がアップになりますが、まるで地毛のように奇麗な生え際で気になります(笑
毎朝セットが大変だろうに・・・。
エリザベスが海に落ちた時も、飛び込もうとしたところを途中で部下達に制止されましたが、もし飛び込んでたとしたらカツラはどうなったのか・・・飛び込む前に外しただろうか・・・なんて、要らぬ妄想をしちゃってます。

あ、ちょっと暇だったので、提督の企画始めました。
図々しくURL置いていきますので(^_^メ)、もし気が向いたらやってみて下さい☆
「まるで地毛のような生え際」…確かに(笑)
そういえば総督はカツラが脱げちゃってるけど、提督は1回も脱げないですよね。密着してるんでしょうか???毎朝のセット、時間かかってそうですね(笑)床屋さんを呼んで髪粉をふりかけてもらってたんでしょうかね?

…というか、エリザベスが海に落ちたとき、提督は自分が飛び込んで助けようとしてたんですね!そうとは思い至りませんでした。その場合のカツラの行方もかなり気になりますが、「やっぱり海軍だから泳げるのか!」とか「エリザベスのためには無茶もするわけね」とか妄想が広がりました(笑)

50の質問、見せていただきましたよ!!
すごく素敵な企画ですね~(^o^)
『ワールド・エンド』を見終わったら、ぜひやらせていただきますね!

管理者のみに表示