FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

イギリス史の本紹介。

2007/11/30
今日は、ちょっととある本を紹介したいと思います

何の本かといえば、西洋史…それもパイレーツとは切っても切れない国、イギリスの歴史についての本です。
…といっても、パイレーツが舞台にしている18世紀ではなく、時代は下って19世紀のイギリスがテーマ。

ヴィクトリア女王―大英帝国の“戦う女王” (中公新書)ヴィクトリア女王―大英帝国の“戦う女王” (中公新書)
(2007/10)
君塚 直隆

商品詳細を見る

この本…うちの研究室のイギリス史を専門に研究されている教授さんが「読みやすくて面白い」と勧めておられたんですよね。

それで読んでみたんですが…なかなか面白いです、コレ
もともと私はイギリス史にはまったく造詣が深くないんですが、そんな私にも分かりやすくて、しかもそんなに堅苦しくなく楽しめます。

さて、内容はというと…

「君臨すれども統治せず」と言われるハノーヴァー朝のイギリス国王。
この本は、そんな国王の1人であるヴィクトリア女王を、「君臨して統治もした」王として見直そう…というもの。

歴史を扱う場合、教科書的な記述や一般的な西洋史の研究では、国王個人がどうしたこうした…というのは、あんまり出てきません。
それよりむしろ、その時々の情勢や経済的・社会的な要因なんかが前面に出てくるわけですね。
とりわけ、19世紀イギリス史…なんていうと、やれ植民地だ、やれ帝国主義だ…というイメージが強くて、「ヴィクトリア」時代とは言うものの、肝心のヴィクトリア女王本人がどう考え、どう行動し、どういう役割を果たしたのか…というのは、あまり知られていないと思います。

この本は、女王本人の日誌や手紙の記述を引用しながら、そういった今まであまり光があてられてこなかった部分を明らかにしているので、新鮮に感じました。

しかも、それでいて、読む分にはおもしろくても歴史的にはわりとどうでもいい女王個人のプライベートな伝記的事実に終始していないところもポイントだと思います。
つまり、この本は、この手の本にありがちな国王個人の面白エピソード集ではないんですね。
そうじゃなくて、ちゃんとイギリス史の流れの中でヴィクトリア女王をとらえ、位置づけているわけです。

そういう意味で、この本は、単なる女王個人の伝記でもなければ、匿名性の高い堅苦しい歴史叙述でもない。
そこが面白いと思いました。

それと、私個人は大陸側のヨーロッパ史をやっているので、したたかに勢力を拡大した19世紀のイギリスの舞台裏みたいなのが分かるのも面白かったです。

おっと、堅苦しいことを書いてしまいましたが、女王とパーマストンら政治家との応酬や、叔父のベルギー国王に宛てた手紙での強気な文章など…単純な読み物としても面白いです

実のところ、まだ半分くらいしか読めていないんですが、卒論の合間をぬって、電車の行き帰りなんかに読もうと思ってます。

ともあれ、イギリス史に興味のある方には、オススメの1冊です


スポンサーサイト



21:44 歴史 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
はじめまして
はじめましてキラといいますm(_ _)m
私もパイレーツのノリントンファンなのでブログの方をいつも楽しく見させてもらってます

ミニアンケートの結果や登場人物について語ろうなどが特に大好きで見てて楽しいです(≧▽≦)

ノリントン達のいたパイレーツの時代といえば18世紀ですがもしpukopuko様がその時代の西洋史に興味あるならシュバリエをオススメします!
シュバリエというのは18世紀フランスを舞台とした多少ファンタジーがかったアニメなんですが、
その時代を舞台にしてるせいか登場人物の格好がみんな1のノリントンやエリザベスっぽい服でアニメとはいえ美しいんです

しかも登場人物にはノリントンにそっくりな人(2のノリントンに髭を剃らせた感じで、外国のwikiに書いてあるノリントンと同じ茶色の髪に緑の目で完璧ですW)やドレスを着たエリザベスにそっくりなキャラクターなどが出てきて見ていて楽しいです
主人公は本当に実在した騎士だそうでその辺りも興味深く見ています

ぜひオススメするのでヒマな時に見てもらうと幸いです(#^-^#)

書きこみに慣れてないため変な文章で失礼しましたm(_ _)m
キラ様、こんばんは&はじめまして☆
コメントありがとうございますi-189

「ミニアンケートの結果や登場人物について語ろうなどが特に大好き」…だなんて言ってくださって、管理人としてはとっても嬉しいですi-237
最近、ノリントン関係の記事が後回しになってしまってるんですが、そろそろ復活していきたいので、また読んでくださると幸いですi-189

18世紀の西洋史…すっごく興味ありますよ☆
18世紀って、服装やなんかも優雅でキレイだし、古い要素と新しい要素が交差した時代…という感じで、面白いですよねi-179

「シュバリエ」というアニメというのは…全然知りませんでしたi-190
1のノリントンやエリザベスっぽい服の登場人物だなんて、なんだかとっても素敵そうですね!
今、wikipediaで見てみたんですけど、ストーリーとかも面白そうなので、また時間のあるときに見てみたいと思いますi-179
紹介してくださってありがとうございました!

また、ぜひぜひ遊びにいらしてくださいねi-194

管理者のみに表示