FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

ミニ・アンケート第4弾最終結果。

2007/12/24
メリー・クリスマス


…というわけで、皆様へのクリスマス・プレゼントというわけではないですが、ずいぶん長い間先延ばしになっていたミニ・アンケート第4弾の最終結果を発表しようと思います。

たくさんの方に投票していただいていたのに、結果発表がこんなに遅くなってしまってゴメンナサイ…
まあ、結果は投票ユニットのページでも見られるわけですが、せっかくみなさんに投票していただいたので、管理人としてはやっぱりコメントしないとね!

ちなみに、前もってお知らせしておきますが…この記事は恐ろしく長いと思われます
なので、どうぞ覚悟の上でお読みください(笑)


ミニ・アンケートの第4弾は、「あなたはノリントンのどこが好き?」というお題で調査しました。
その結果、なんとなんと延べ121票もの票が集まりました
たくさんのご参加、ありがとうございましたm(._.)m

さて、早速、結果発表といきましょう



1位 美声とノーブルな英語(追加) 25票(20.7%)
2位 優秀な軍人っぷり 24票(19.8%)
2位 エリザベスへの一途な愛 24票(19.8%)
4位 凛々しくも美しい外見 15票(12.4%)
5位 誠実で真面目な人柄 9票(7.4%)
6位 全て (追加) 8票(6.6%)
7位 ウイットに富んだ台詞 (追加) 5票(4.1%)
8位 勇敢で潔い最期 4票(3.3%)
8位 番外:カツラの似合いっぷり 4票(3.3%)
10位 波乱万丈すぎる人生 3票(2.5%)


結果を見てみると、「美声とノーブルな英語」、「優秀な軍人っぷり」、「エリザベスへの一途な愛」の3強でしたね
「美声とノーブルな英語」が1票差で1位の座に輝いたとはいえ、この3つはそれぞれ25票、24票、24票でお互いに拮抗しています
考えたら、この3項目だけで全体の6割くらい占めてるんですよね
4位の「凛々しくも美しい外見」との票差が10票近くあいていることから考えても、数あるノリントンの魅力の中でも、1位&2位の3要素の人気っぷりが分かります。

…ということは、ノリントン人気(…って一部でだけど)の秘訣を要約すると、彼が「超美声でノーブルな英語を話す優秀な軍人であり、エリザベスという1人の女性を一途に想いつづけた」から…ってことですね

なるほど、どれもノリントンには欠かせない、素敵要素たちです

それにしても、1位の「美声とノーブルな英語」は、投票してくださった方による追加項目なんですよね。
我ながら、アンケートの選択肢を作ったときに、ノリントンの魅力にとっての超重要要素である「美声」を入れるのを忘れてたんですね
すぐに気づいたんだけど、ログインとかの作業が面倒くさくて、追加しないままにしてたら、ちゃ~んとどなたかが追加してくださいました
さすが、ノリントン・ファンの方は彼の魅力をよくご存知です

ノリントンの声…というか、本当はダヴェンポートさんの声なわけですが、本当~に素敵な声ですよね

電車の中で、以前紹介した朗読CDを聞いてるんですけど、聞くたびに聞きほれてます(笑)
でも、朗読CDももちろんいいけど、やっぱり私は、ダヴェンポートさんの声によるノリントンのセリフが一番好きなんです
なんかね…ノリントンのセリフの、あの気どりっぷりがイイんですよ
そう思いません?
1作目で、スパロウさん相手に「北を指さないコンパス…」とかって嫌味炸裂させてるノリントンの声と気どった話し方がイイ
なんか語尾がちょっと上がってて、辛辣な言葉をさらっとふわっと言ってるところが素敵
まさに貴族…って感じです。


ふぅ…コレ、語りだすと止まらなくなるんで次行きます(笑)


えーと…2位は、「優秀な軍人っぷり」と「エリザベスへの一途な愛」。
なんと、どちらも同じ24票を獲得しています

「優秀な軍人っぷり」…というのは、やっぱりノリントンにとっては重要なポイントですよね。
あの凛々しい姿には、なんといっても剣が似合う似合う
1作目の昇進式での決めポーズ(?)は、まさに「優秀な軍人」そのもの。
それから、ドーントレス号上でのガイコツ海賊との戦いの場面での、超正統派な剣さばきも素敵でしたよね
ウィキペディア情報によると、ノリントンは、『パイレーツ』キャラの中ではウィルの次に剣の腕がたつとか。
ウィルより下なの~…と、思わなくもないですが…。
ちなみに、バルボッサとは同レベルらしいですね。

そうそう、剣だけじゃなくて、ピストルも忘れちゃいけません
1作目のドーントレス号上での戦いの初っ端では、見事な腕前を披露してくれてました。
それに、3作目の最期の場面で見せてくれた、エリザベスを逃がすために、細いロープを一発で撃ち落とす…という技もすごかったです

それに、武器の使い方に長けている…というだけではなくって、きびきびと部下に命令する姿がカッコいい
「おーぷん・ふぁいあー」とかね。
部下に対してじゃないけど、総督に向かって言ってた「ざっつ・あん・おーだー」も良かったです
他にもいっぱいあるんですが、挙げだすとキリがないので、これくらいにしときますね


さてさて次は、「優秀な軍人っぷり」と同率2位の「エリザベスへの一途な愛」についてですが…。

これまたノリントンとは切っても切り離せないモノですよね。
1作目から3作目まで、彼の運命を翻弄し続けたのは、やっぱりエリザベスへの愛だったと思います。
何かね…顔よし!身分よし!剣の腕よし!…と、(少なくとも私にとっては)パーフェクトなノリントンが、こと恋愛に関しては超不器用~っていうギャップがイイんですよ
それに、いろんな女性に目移りしちゃうプレイボーイじゃなくて、1人の女性をずーっと想いつづけた…ってとこもポイント高いです
そしてまた…それが報われないところがね…
切ないですよね…
…っていうか、命懸けで愛されたエリザベスが羨ましすぎですよ~


それでは、第4位に移りましょう。

4位は、「凛々しくも美しい外見」

よく考えると、ルックスが上位3位以内に入らなかった…っていうのは、意外かな?
三つ巴の1位&2位とは、10票近く差がありますしね。
思うに、やっぱり外見は基本…というか、前提なんでしょうね。
私自身、やっぱりノリントンの外見はすっごくカッコいいと思うし、それがあったからファンになったんですけど、でもそれだけじゃない…みたいな。
外見だけなら、ウィルとかだって素敵なんですけど、私はやっぱりノリントンが好きなんですよ
そこには、やっぱり外見プラスαが大きく関わってる気がします。
まあ…好みの問題もあるんですけど。

とはいえ!

やっぱりノリントンの外見は素敵です
どこが…って言われても説明しづらいんですけど、私的には好みど真ん中なんですよ(笑)
個人的には、外見はやっぱり1作目だなー…なんて思ってるんですが、とにかく、あの青い軍服と三角帽の似合う凛々しくて端正で貴族的で…(以下略)美しい顔
それから、長身なとこも…


さて、次…5位はというと、「誠実で真面目な人柄」。
9票を獲得しています。

これはいわゆる性格ってやつですね。
2作目~3作目あたり、野心家な一面がかな~り垣間見えますが、それでも彼が誠実で真面目…ってことは否定できないですよね。
任務に忠実な軍人であり、1人の女性を一途に想う人でもあり…。
野心からベケット卿と取引したあとでも、きっと良心の葛藤があったことでしょう。

この項目…2位の「優秀な軍人っぷり」と「エリザベスへの一途な愛」とも通じるところのあるものなので、ちょっとそちらに票が流れてしまった感はあります。
とはいえ、どれもノリントンの「中身」に関するこれら3つの項目が、合計57票という多くの票を獲得したことを考えると、やっぱりファンの皆さんはノリントンの中身までしっかり見ておられるんだなぁ…と嬉しくなりますね


次、6位です。

6位は…これも追加してくださった項目ですが、ずばり「全て」
…激しく同感です
もう、これに関しては言うことないです(笑)


次の7位も追加してくださった項目です。

「ウィットに富んだ台詞」
全体の4.1%にあたる5票を獲得しています。

なるほど、これもまたノリントンの大きな魅力の1つです
私が最初にノリントンに注目したのも、(もちろん外見もありますがそれ以上に)あの皮肉で辛辣な台詞ゆえでした。
ブラウンさんの小屋で、「この日を覚えておこう…」って言うじゃないですか。
アレが強烈に印象に残ってたんですよ。
スパロウさんの決めゼリフをうまい具合に皮肉って返すところに、並々ならぬ知性を感じます(笑)
もちろん、3作目のラストのエリザベスへの名ゼリフみたいな正統派なセリフも良かったですしね


次の8位は、4票どうしで2項目あります。

「勇敢で潔い最期」と「カツラの似合いっぷり」。
…なんとも対照的(?)な…(笑)

まず、「勇敢で潔い最期」…。
これはもう…ねえ?
最愛のエリザベスを助けるために、命を懸けたノリントン…。
切ないです…
例のセリフとか、お別れのキスとか、ピストルを撃つ瞬間の表情とか…。
うんうん。

ただしね…欲を言うと、もうちょっと印象的な映像にしてほしかったですね。
アレはちょっとあっけなかった…
デイヴィー・ジョーンズに対して最後の力をふりしぼって剣を突き刺す場面も、もっと見せ方があったんじゃないかと思います。
超ノリントン・ファンな私から見ても、ちょっと感動不足だったので…
総督とエリザベスのお別れシーンの方がぐっと来ちゃいましたね。
もっと印象的な最期だったら、この項目の順位ももう少し上だったんじゃないかな…なんて思います。


それから、同率8位の「カツラの似合いっぷり」

何はともあれ、この項目に投票してくださった方にまずはお礼を
いや…だってね、巷じゃカツラが不人気なのはよーく分かってるので、票が入ってただけでもう嬉しいんですよ
私と同じ趣味の方がいらっしゃるな~って(笑)

とにかく、ノリントンのカツラの似合いっぷりは、私にとってはもう…奇跡犯罪的…なんですよ(笑)
あの美しい生え際を実現したヘアメイクさんの優秀さもさることながら、あんな真っ白の…ヘタすると滑稽になりかねないロココ・カツラを、あれだけ見事に違和感なく着こなし(?)ているダヴェンポートさんはスゴイ
私がこれまで見てきたロココ・カツラ人(?)の中で、彼がベストであることは間違いありません。

おっと、コレまた語りだすと止まらないので、この辺にしときましょう。


では、次が最後ですね。

10位は…「波乱万丈すぎる人生」。
全体の2.5%…少ないながらも3票を獲得しています。

これも感慨深いものがありますね。
『パイレーツ』キャラは数居れど、彼以上に波乱万丈な人生を送った人はまずないでしょう。
いや…スパロウさんとかウィルもかなりなもんですけどね。
あ、バルボッサも1回死んで生き返ってるし。
でも、まあ、ノリントンはそういうファンタジー的波乱万丈さとは違って、普通の人間として浮き沈みの激しい人生を送ったってことで。
出世街道まっしぐらでエリート軍人として順風満帆の1作目→青天の霹靂で何もかも失ってどん底に落ちてしまった2作目→ベケット卿との取引で地位を取り戻すも最後は…な3作目。
こうやって振り返ると、すさまじいものが…
それとともに外見まで変わっちゃうんだからねぇ。
そんな人生を送ったことが良いことなのかどうかっていうのはちょっと微妙ではありますが…、とはいえ辛酸をなめ続けてきたことは、きっと彼の男っぷりを上げるのに一役買っていることでしょう。


以上、アンケートの結果についてはこんなところでしょうか。
というわけで、最後に、皆様からいただいたコメントを紹介しますねー


○「美声とノーブルな英語」へのコメント

「セクシーボイスを耳元で囁かれたいに一票☆」

これはもう…同感です
ノリントンの声…というかダヴェンポートさんの声は、艶があるっていう感じで、まさしく「セクシーボイス」だと思います

○「優秀な軍人っぷり」へのコメント

「一作目と2作目のノリントンって同じヒトがやってるの?」

そうですよー
まったく別人に見えてしまうところが、ダヴェンポートさんの演技のスゴイところですよね

「どこまでも御供させて頂きます!!」

…私も御供させて頂きます!!
心はジレットさんかグローブスさんってことで(笑)

「冷静で剣技が強く美しいv」

ノリントンの剣技は、エリート軍人らしい、正統派~なところがカッコいいですよね
2作目でがむしゃらに剣を振りまわしてる姿もワイルドで捨てがたくはありますが。

「エリザベスへの愛と迷ったけどこれで」

やっぱり「エリザベスへの愛」と「優秀な軍人っぷり」は基本要素なんでしょうかね。

○「エリザベスへの一途な愛」へのコメント

「彼がロリコンでも構いません!!スワン嬢への思いは本物の『愛』だと思います…ごにょごにょ…」

出ました、ロリコン(笑)
「ロリコンでも構いません!!」…っていうところがイイですね
それから、エリザベスへの思いが「本物の『愛』」だっていうのは、同感です。
そうじゃなかったら命を懸けてまで彼女を助けたりしませんよね。

「好きなとこはいくつかあるんですが一番はこれですね」

うんうん、やっぱり好きなところはいくつもあるものですよね。
私の場合はなかなかどれが1番…というのを決められないんですが…

「エリザベスになってプロポーズを承諾します。」

激しく同感です
これはすべてのノリントン・ファンの願望を代弁したかのようなコメントですね(笑)

「優秀な軍人っぷりするか迷ったんですがYOUTUBEで提督とエリザベスのMAD見て切なかったんでこっちにします」

先ほどの「優秀な軍人っぷり」へのコメントの反対バージョンですね。
やっぱり、この2要素で迷う方が多いんでしょうか?

「あんな風に一途に想われたいものです。」

これまた、すべてのノリントン・ファンの願望を代弁していますね
…というか、ある意味、ほとんどの女性の願望って言ってもいいかも。
あれだけ一途に想われたら、それはそれは幸せだと思います。
…やはりエリザベスが羨ましい…。

「一途な姿に惚れました!」

やっぱり「一途」っていうのがポイントですかね?
ふらふらしていなくって、ちょっとストイックなくらいのところがまたカッコいいという…
そういう意味では、ノリントン・ファンってやっぱり女性が多いんでしょうか???

「全部といいたいところですが、やはり不器用で一途な愛がホント彼らしくて・・・」

またまた「一途」です。
それと、「不器用」っていうのも、普段のパーフェクトな姿とのギャップが大きくて素敵なんですよね

○「凛々しくも美しい外見」へのコメント

「未公開シーンのノリントンは最高に美しかったと思う!」

未公開シーンっていうことは、1作目の…ですよね?
うんうん…アレは本当に美しかったです
目の保養になります

「英国貴族って感じで良いです!」

そうなんですよねー
ノリントンの外見は、まさに「英国貴族」
落ちぶれてもなお漂う気品は、ただ者じゃありません(笑)

「やはり美男子にまず一票!」

やっぱり、美形だっていうのは、前提って感じですよね
何だかんだ言っても、やっぱりまずは外見でしょう(笑)

○「誠実で真面目な人柄」へのコメント

「例え軍人じゃなかったとしても、誠実で真面目なんだと思います。」

これも同感です。
軍人じゃないノリントン…というのは想像しづらくはありますが、彼の誠実さ・真面目さは生来のものだと思います。
1作目のラストで彼が言っていた「実に見事な剣だ。これを作ったものは人生にも~」のセリフ…「剣を作った」というところは別として、彼自身にもあてはまるんじゃないでしょうか?

○「勇敢で潔い最期」へのコメント

「彼は、我が英国海軍の誇りです。」

ほんと、そうですよね。
一度はベケット卿に魂を売っちゃった形になったとはいえ、最後は軍人として一人の人間として、立派な最期だったと思います。

○「カツラの似合いっぷり」へのコメント

「右に出る者無しでしょう」

これまた激しく同感
同じ思いを分かってくださる方がいらっしゃって嬉しいです


以上、皆様から寄せていただいたコメントの紹介でした~
たくさんの投票とコメント、まことにありがとうございましたm(._.)m

ちなみに、現在実施中のアンケート…期限が「無期限」となっていますが、もちろんそんなことはなくってですね
私の卒論が仕上がった頃に締め切りたいと思います。
なので、う~ん…1月10日にしますね!
なので、まだ投票されてない方は、それまでにどうぞ
スポンサーサイト



15:09 ジェームズ・ノリントン | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
こんばんは、お久しぶりです。
結果、楽しく拝見させて頂きました☆
私もイロイロと投票させてもらったんですが、ノリントンとダヴェン氏を混同しちゃいそうになっちゃって困りましたよ(笑)

ノリントン、ダヴェン氏、どちらも魅力的ですものね。

ノリントンはノリントンで、ダヴェ氏はダヴェ氏で好きなのですが、思うとダヴェ氏がノリントン役で本当に良かったなって思います。
(カツラ的に、美声的に、美顔的に、文法的に??)

外見的な事を置いて考えると、優秀な軍人っぷりとか、一途な云々がやはり魅力ですね~☆
個人的には、POTC1での、スパロウに対するあの貴族ならではの高飛車な感じがたまらなく好きだったりします。
「剣はてっきり木製かと思ったよ」とか、「船が見当たらないが、"キャプテン"?」とか・・・たまりませんな。
あ・・・・個人的萌え処ですみません汗

pukopukoさん、楽しい企画、ありがとうございます☆
現在進行形のアンケートも、楽しく投票させていただいております(張り切って☆
こちらも結果が楽しみですね♪
ニキヤス様、お久しぶりです&こんばんは☆

こんなに長~い文章を読んでいただいて、ありがとうございますm(._.)m
それと、投票もしてくださったみたいで、重ねてお礼を申し上げますi-189

ノリントンとダヴェンポートさんを混同…はすごくよく分かります。
アンケートの項目に入ってたものでも、「声」とか「ルックス」っていうのは、ノリントンのものでもあるしダヴェンポートさんのものでもあるし…アレ???という感じで。

ほんと、ニキヤス様のおっしゃるように、「どちらも魅力的」だから困ってしまいます(笑)

それと、ダヴェンポートさんがノリントン役でよかった…というのも同感ですi-189
ノリントンという人自体もちろん魅力的なんですけど、やっぱりあのルックスと声etc.あっての素敵ノリントンなんだと思います。
ある意味、ダヴェンポートさんはノリントンの生みの親なんでしょうね。

…ところで、「文法的に」…大ウケなんですがi-278

それから、やっぱり外見以外だと、「優秀な軍人」と「一途な愛」なんですね~i-189
私も基本的にはその2つがポイントかな、と思います。

ちなみに、「貴族ならではの高飛車な感じ」…私も大好きですi-178
現実世界でそんな人がいたらムカつくのかもしれませんけど、ノリントンの場合、あの上から目線で気どった皮肉っぷりが素敵すぎますi-178i-178
ニキヤス様が書いておられるくだりのセリフ…ほんとたまりませんねi-237
あとは、記事中でも書いたブラウンさんの鍛冶屋での「スパロウ船長が逃げそこなった日…云々」とか、ドーントレス号上での「"墓石のように無言"」の言い方とか…i-178
ああいう英語の話し方をぜひともマスターしたいものです(笑)
(↑誰に対して使うんだ…)

最後になりましたが、現在進行形のアンケートも投票してくださったとのこと、ありがとうございます~i-189
アンケートは、自分以外のノリントン・ファンの方のご意見(?)を知る機会なので、私もいつも結果を楽しみにしてるんですよi-179
また、このアンケートが終わったら、次のネタももう考えてありますので、またご参加してくださいねi-189

「墓石のように無言」
コレって考えると笑っちゃうくらい凄いセリフですよね(^_^メ)

「言葉を慎みたまえ」とかなら解りますが・・・。
しかも墓石に例えちゃうところが恐ろしい(汗

そして言い方がソフトなんで余計に怖い。
ヒョエ~っとなっちゃいますよ(ヒョエ~って何だ!?

あのシーンは、100歩譲って洞窟に向かうと決めた瞬間なんで、これ以上スパロウ氏に主導権を握られない様にするための強い意志が現れたんでしょうねぇ・・・。

私もいつかどこかで使ってみたいと思います・・・・・・・。

アンケートの次ネタも有るんですか!凄いですねぇ(笑)
勿論、参加させて頂きます。
楽しみにしてますね☆
ニキヤス様、こんばんは☆

「墓石のように無言」…は、どうやら英語圏の格言(?)みたいですが、あえてソレを使っちゃうノリントンが恐ろしいですよね(笑)
ニキヤス様が書いておられるように、ストレートに「言葉を慎みたまえ」って言えばいいのに、あえて回りくど~く言ってるところがノリントンらしいというか何というか…。

「言い方がソフト」…というのも、ほんと、そうですよね~!
「さいれんと・あず・あ・ぐれいぶ(…でしたっけ???)」の「ぐれいぶ」の発音がまたやたらとエレガントで…i-189
冷静に言ってるぶんだけ、凄みがありますよねi-201
ほんと、「ヒョエ~」っとなっちゃいそうです(笑)

「これ以上スパロウ氏に主導権を握られない様にするための強い意志」というのは、なるほどですねi-190
その直前がノリントンにとっては踏んだり蹴ったりな(エリザベスとかエリザベスとかエリザベスとか…笑)展開なだけに、これからは気を取り直して自分が主導権を握るぞ!…という感じでしょうか?

アンケートの次ネタは、ノリントンのセリフにまつわるものを考えていますi-179
1月初旬~中旬ごろに載せる予定ですので、お楽しみにi-189

管理者のみに表示