FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

『エリザベス―ゴールデン・エイジ』感想―その1―

2008/03/06
前回の記事で予告した、飛行機で観た映画の感想第1弾です

…と、いきたいところなんですが、今日はちょっとイレギュラーです。

というのも、実は昨日、レディース・デイということで、映画館に行ってまいりまして、『エリザベス―ゴールデン・エイジ』を観てきたんですよ。
…この映画、私はもちろん飛行機でも観ています。

なので、今日は、飛行機で観た映画紹介+劇場で観た映画紹介の合体版として、『エリザベス―ゴールデン・エイジ』の感想を書きたいと思います

エリザベス:ゴールデン・エイジ [DVD]エリザベス:ゴールデン・エイジ [DVD]
(2012/04/13)
ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ 他

商品詳細を見る


エリザベス:ゴールデン・エイジ [Blu-ray]エリザベス:ゴールデン・エイジ [Blu-ray]
(2012/04/13)
ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ 他

商品詳細を見る


本日は、ネタバレなしのライトな感想になる予定です。

『エリザベス―ゴールデン・エイジ』

この映画…以前、公開前に書いたいくつかの記事からも分かるように、私はものすごーく期待していました。
なので、飛行機に乗って真っ先に観たのもこの映画でした。


…が!!


飛行機で観たときの感想は、正直なところ、あまり良いものではありませんでした。

観ている間、ものすごく退屈に感じたし、淡々としていて盛り上がりに欠ける映画だとも思いました。
ついでに言うと、人間関係なんかも分かりにくくて、1回観ただけでは理解できない部分もありました。


そういうわけで、日本へ帰ってきてから、果たして劇場で観るべきか…迷う部分もありました。


しかしながら、結果的には、映画館で観て大正解でした

映画館では、飛行機での退屈さがまるで嘘みたいに、最後まで飽きずに楽しむことができたんです。


なぜか?

まず、飛行機では個人用の小さい液晶モニターで観ることになるので、暗い場面はほとんど見えなかった…ということがあります。
それから、機体のエンジンの轟音のせいで、セリフが聞こえにくかったこともあります。
これらのために、ストーリーや人間関係の細かい部分がいまひとつ分かりませんでした。

もう一つ、大きな理由は、機内で観られるのは吹き替え版である…ということです。
なんというか…この吹き替え版、ケイト・ブランシェットの演じる主役のエリザベスの言葉遣いと話し方が違和感ありまくりでした…。
女王らしさを演出しようとした話し方なんだろうけど、どうにも不自然…。
日本語で聞くと、カッコいいはずの場面もいまいちクサく思えてしまったりするし…。
それに、やっぱりケイト本人の低く威厳のある声&話し方にまさるものはありませんよね!

そしてそして!
1番大きな理由がコレ。
『エリザベス―ゴールデン・エイジ』は、劇場で観るタイプの映画なんですよ、私が思うに。
壮麗な衣装も、荘厳な建物も、勇壮な戦いも、そして何より、ケイト演じるエリザベスの葛藤の表情も…すべては映画館の大スクリーンならでは、存分に堪能できるというもの。
飛行機の小さいモニターやイヤホン越しの限られた音では、その半分も味わうことはできません。


こういった理由で、飛行機ではぜーんぜん面白く感じなかった映画を、映画館では楽しむことができました

…と、ここで、映画の内容に関する感想…といきたいんですが、今日はこの辺で。
続きは次回に書きたいと思います!!

スポンサーサイト



22:50 映画感想 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示