FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

帰ってきました。

2008/09/13
長いこと更新をお休みしてしまいましたが
昨日、わが家に帰ってきました

どこへ行ってたかというと…
もう知ってるよー…という人もいるでしょうが、ココ↓へ行ってきました。

blog1.jpg

そうです、フランスです
分かりやすいでしょ?(笑)
ちなみに、この写真…横断歩道を渡りながら焦って撮ったので、ビミョーに傾いております…

…というか、卒業旅行で2月に行ったばかりで「またフランスかい!」と思われるかもですね
でも、卒業旅行で行ったのは、南フランス。
今度は北フランス中心です。
フランス好きなので、何回でも行きたいんです。

ちなみに、1年に2回も行くなんて、何だかリッチみたいですが…全然リッチでもなんでもないんですよ?
超ビンボー旅行だったうえに、これから極貧生活が待っております…

さて、旅行についてのくわしい話は、いずれ別サイトを立ち上げる予定なので、ブログ上ではさらっと語るにとどめておきますが、それでもちょっとはお土産話をば。

今回の旅行は、往復飛行機を含めて10日間。
ツアーとかじゃなく、自分でいろいろ手配する個人旅行でした。

行き先は、主にフランスです
ここで、あえて「主に」と書いた意味は、のちほど分かります。

関空からフィンランド航空の飛行機でヘルシンキ経由でパリへ行き、当日は空港ホテルに宿泊。
翌日は、そこからバスと電車を乗り継いで、フランス北東部アルザス地方の街ストラスブールへ。

blog2.jpg
↑ストラスブール旧市街の街並み

アルザス地方は、何百年もの間、フランスとドイツの間で帰属が揺れ動いた地方。
ストラスブールは仏独国境の街です。
今はフランスに属しているとはいえ、街はドイツ色が強く、地元料理もシュークルート(ザウアークラウト)やビールなどドイツっぽいものが多かったです。
そうそう、アルザス地方の地名は、○○ハイムなど、ドイツ語風のものが多かったです。

ストラスブールでは2泊したんですが、そこから近隣のコルマールやリクヴィルといった町や村にも出かけました。
アルザス地方は、コロンバージュと呼ばれる木組みの家が多いことで知られているんですが、それに加えて町中がたくさんの花で飾られていて、とってもメルヘン
どこをとっても絵になる地方でした

blog3.jpg
↑アルザス・ワイン街道の村リクヴィル

ちなみに、このアルザス地方からは、お隣の国へも足を延ばしたりしてみました。

まず1つ目は、ドイツ。
上にも書いたように、ストラスブールは仏独国境の街です。
お隣のケールは、ドイツのバーデン・ヴュルテンベルク州の街。
ストラスブールからは、トラムと市バスを乗り継いで、簡単に行けてしまいます。
今はフランスもドイツもシェンゲン協定に加盟しているので、国境でのパスポート・チェックもなし。

私は、国境手前のフランス側でバスを降りて、そこから歩いて国境を渡りました。
歩いて国境を越える…っていうのに、何だか憧れてたんですよねぇ
フランスとドイツを隔てているのは、ライン川。

blog4.jpg
↑仏独国境をなすライン川

このライン川にかかる橋を渡ると、そこはもうドイツです。
標識なんかも突如ドイツ語になっていて、「おおっ!」と思いました。

隣国訪問2つ目は、スイス。
これは、いわば事故みたいなもんでした…

上に書いたコルマールへ行った日のこと。
ホテルはストラスブールにとってるので、コルマールからストラスブールへ戻るべく、ストラスブール行きの列車に乗りました。
そう…この列車は、ストラスブール行きだったんですよ!

…が!!

ほんの30分ほどの距離のはずが、いつまでたってもストラスブールに着かない。
おまけに、往路で停まった駅には停まらず、覚えのない駅に停車し…。
ついに、1時間ほどたったのちに外を見ると、スイス国鉄のマークが

このときほど焦ったことはありません…

到着した駅…そこは、なんとバーゼルでした。
もちろん、スイスです。

ちなみに、コルマールから見て、ストラスブールは北、バーゼルは南にあります。
思いっきり反対方向やん!…と内心冷や汗の私。
どう考えてもストラスブール行きに乗ったはずなのに、なぜバーゼルに…。
このままこの列車に乗ってたら、チューリッヒだとかに行ってしまうんじゃ…。
…で、近くに座ってた優しそうなおにーさんに、「この列車はストラスブールに行くんですか?」と聞くと、答えはイエス。
どうやら、コルマール→バーゼル→(折り返し)→コルマール→ストラスブールという列車に乗ってしまってたようです…

めちゃくちゃ焦りましたが、無事にその日のうちにストラスブールに帰ることができましたとさ。


このあと、ストラスブールを離れて、パリへ向かったんですが、そのあたりのお話は次回!



スポンサーサイト



18:43 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示