FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

忘れないうちに…。

2008/09/21
唐突ですが、私は記憶力にだけは自信がありました。

トランプで得意なのは、神経衰弱。
百人一首も特に苦労しないで全部覚えられたし…。
そうそう、小学生のときには、好きなアニメの毎回のタイトルを全部覚えたりとかいう無意味なことをしておりました…。
どうでもいいけど、ラテン語の試験では、教科書の例文を200個くらい覚えて点数を稼ぎました…(←本末転倒)。

その分、理解力とかはパーなので、全然自慢にも何にもならないんですけど

でも。

最近、結構物忘れが多い…。
年かな?

なので、忘れないうちにパリの思い出を語っとこうと思います。

ふぅ…前置き長かったね…(笑)


えーっと…アルザス地方のストラスブールから超高速列車TGVに揺られてパリに到着したところからでした

パリといえば華の都です
ファッションやらお料理やらのメッカです。
そんなこんなで、パリに憧れる人は多いはず。

…が。

そもそも、私はフランスが好きなのであって、パリが好きなんじゃない…と思ってました。

フランスとパリって違うんかい!?…というツッコミをされるかもですが

私は違うと思ってましたし、今でも違うと思ってるんです。
いや…たしかにパリはフランスの首都だし、フランス共和国に含まれるんですが。
でも、なんか違うんですよ
なんかね、パリはパリなんです(謎)
フランスの中にパリっていうひとつの「国」があるっていうくらい。
ほら、イタリアの中にバチカンとかサンマリノとかがあるじゃないですか。
あんな感じ。
それから、東京と日本は違う…みたいな。
いや、東京も日本なんだけど

まあ、とにかく、私は田舎生まれの田舎育ち…ってこともあって、パリみたいな大都会よりも、いかにもフランスー!…と私が勝手に思うような地方都市とか田園風景とかが好きだったんです。
つまり、私が「フランス好き」って言ってるときに、頭の中にあったのは、パリじゃなくって地方だっていうことです。

…かといって、別にパリが嫌いだったわけでもないんですけどね
ただ、なーんとなく敬遠してたんです。
パリは私なんてお呼びじゃないわ…みたいな。

で、今回初めて行ってみてどうだったかっていうと…。

ごめんなさい、パリ…って感じです。
とっても素敵な街でした

日本の都会に比べて、あんまり都会都会してないっていうか。
もっとゴミゴミしてて、汚いんじゃないかと勝手に想像してました
まあ、郊外とかはどーなのか分かりませんけど、観光に行く分には、フツーにというか、かなりキレイ
毎朝歩道とかを掃除してるのでそんなにゴミも落ちてないし、犬のフ○もそんなに見ませんでした
それから、何と言っても緑が多い
歩いてて、とっても気持ちの良い街だと思いました

…っていうわけで、パリのレポート。

私がパリで何をしたかっていうと…まず「超」がつくほど有名な観光ルートをまわってみました。
…ベタだけど、初めてだし。

まずはノートル・ダム大聖堂。

朝っぱらから、何百段とかっていう階段をのぼって塔の上からパリの街を眺めました

うーん…思ってたほどキツくはなかったかな。
でも、日ごろ運動不足なので、息切れしました

でも、上から見る景色とか、キマイラの像とか…のぼった甲斐はありました

塔の上からの眺めはこんな感じ↓

P1010001.jpg

端っこに写っているのは、もちろんエッフェル塔です

大聖堂の中では、ミサの聖体拝領の儀式を見学したりもしました。
私はクリスチャンではないですが、宗教音楽とかに興味があるので、ミサって1回見たいと思ってたんですよねー
なので、興味深かったです。

大聖堂の内部は、大きなステンドグラスのバラ窓があったりして、とっても綺麗
薄暗い空間で見るステンドグラスの美しさは、格別でした。

ピンボケだけど、こんな感じ↓

P1010025.jpg

大聖堂のあとは、セーヌ川を走る路線船(バトビュス)に乗って、エッフェル塔の足元まで行きました
パリの街は、セーヌ河岸に見どころがたくさん集まっているので、船の上からひととおり観光ができてしまいます。

船の上から見た景色はこんな感じ↓

P1010051.jpg

ちなみに、これはオルセー美術館です

エッフェル塔に到着すると、まずは足元から記念撮影↓

P1010058_20080923205647.jpg

エレベーターとか階段でのぼることもできるんですが、ノートル・ダムの塔にのぼったあとだったので、やめておきました。
高いところばっかりのぼっても面白くないので…。

代わりに…といってはなんですが、エッフェル塔を見るための絶景スポット、シャイヨー宮のテラスからエッフェル塔を記念撮影↓

P1010072.jpg

曇っててどんよりしてるのが残念だなー

ちなみに、このエッフェル塔…何か気づくことはありませんか?
よくよーく見ると、真ん中あたりに黄色い星が円を描いてます

このマーク、どっかで見たことありますよね?
そう、EUのエンブレムです

フランスは、ただいまEUの議長国。
なので、それを記念して、期間限定のエッフェル塔EUバージョン
夜になると、もっとすごいこと(?)が待ってるんですけど、それは後ほどのお楽しみってことで。

エッフェル塔の次は、これもパリ観光に欠かせない凱旋門を見てきました。

P1010077.jpg

こちらも、別にのぼったわけでもなく、下からただ見ただけ。
…でかいです。

その後、「お~、しゃんぜり~ぜ~♪」と歌いながら…というのは嘘ですが、シャンゼリゼ大通りを歩きました。

通り名の看板を記念撮影

P1010085.jpg

で、有名なサロン・ド・テの「ラデュレ」でお茶して、マカロン・アイスを食べました

…これ以上なくベタな観光ルートですな

それから、フランス美術がすっごくすっごく好きな私
なので、もちろんルーヴル美術館とオルセー美術館にも行きました(もちろん別の日…)。

でも

ショッキングなこともありました。

私が愛してやまない画家ミレーの代表作『落穂拾い』と『晩鐘』がどっかの美術館に貸し出し中でお留守…。
しかも、その他のミレーの有名な作品も、部屋が工事中だとか何だとかで見られませんでした

なんかそれがショックすぎて、他にも印象派の有名な作品がたくさんあるのに、テンション低めで見てしまいましたよ

そんなこんなで、オルセーはちょっと期待はずれな感じ。
むしろ、ルーヴルが良かったなぁ
大好きなフェルメールの絵も見られたし

それから、ベタな観光ルートといえば、サント・シャペルも行きました。

サント・シャペルは、ノートル・ダム大聖堂と同じシテ島(セーヌ川の中州)にある礼拝堂なんですが、壁がないんじゃないの…っていうくらい一面のステンドグラスがとーっても綺麗
「パリの宝石箱」とか呼ばれてるっていうのも納得です。

というわけで、サント・シャペルのステンドグラスの写真をば↓

P1010566_20080923211628.jpg

そんなこんなでパリの観光をしたわけですが。
1番心に残っているのは、やっぱり夜のイルミネーション

お昼にエッフェル塔に行ったときに、足元にある照明器具を見た私。
そこには青いセロファン(?)が。
…つまり、エッフェル塔のイルミネーションが青だっていうことです。

いつもなら、エッフェル塔のイルミネーションは、シンプルなオレンジ(黄色?白?)なはず。
それが今は青なのです。

なぜか?

ヒントは、上に書いたEUの星マーク。
EUの旗は、青地に12の黄色い星。

つまり、今は、フランスがEU議長国なのを記念して、イルミネーションもEU仕様というわけ。

「期間限定」という言葉に弱い私。
ついでに言うと、研究テーマがそっち関係(?)なので、そういう意味でもEUイルミネーションは気になるところ。

…というわけで、パリで夜出歩くなんて怖いんじゃないの???という心配もとりあえずはムシして、イルミネーションを見に行くことに。
観光船から見るのが1番手っ取り早くて安全そうだったので、夜のセーヌ川クルーズに参加してみました

それで見たのがコレ↓

P1010536.jpg

写真ではあんまり伝わらないかもですが、それはそれは感動しました
なんか分からないけど、ご利益すらありそうって思えるくらいに。
昼間に見たエッフェル塔も綺麗だったけど、青いEUエッフェル塔は格別でした

それにしても、エッフェル塔をEU仕様にしてしまうなんて、やることが大胆というか、斬新というか…さすがはフランス!という感じです。

さてさて、パリお土産話はこれで終わりかっていうと、そうでもなかったり。
ベタな観光地めぐりはこんなもんなんですが、あとちょっとマニアックな場所にも行ったりしました。

まぁ、何せモーツァルティアンなので、モーツァルト関係の場所はまずおさえとかないといけないし。
…ってことで、マレ地区のかつてモーツァルトが滞在した館とか、モーツァルトの母の葬儀を行ったサントゥスタッシュ教会とかも行きました。
サントゥスタッシュ教会では、ちょうどパイプオルガンの無料コンサートの日時にあわせて行ったので、パイプオルガンのすごい音色を聴けました
しかも、偶然その日のプログラムにはモーツァルトの曲が入ってて、感激したり

あとは、研究の関係で興味を持ってる政府関係の建物とかも無駄に見たりしました。

これはパリじゃないんですが、ストラスブールではEUの欧州議会の議場とか、欧州審議会の建物とかも見ました。
パリでは、大統領官邸のエリゼ宮を前の通りからちらっと。
門のところから中をのぞかせてほしかったけど、前になんか豪華な衣装の護衛兵みたいな人がいて、しかもまわりは警察だらけだったので、小心者の私は通りからささっと写真だけ撮って立ち去りましたとさ。
…なんか、悪いことしてる人みたい、私(苦笑)

9月後半の文化財公開の日だったら中も見られたんですけどねー。
うーん、残念。

あとは何したっけ???

あ、スーパーとかで買い物しました
パリだからって、ヴィ○ンやらシャ○ルやらで買い物できる身分でもなく、またまたそういうのに興味もないので、地元スーパーでお買い物♪
さすがフランスというか…スーパーとかでもおしゃれーなストールとかバッグとか売ってて、いろいろ欲しい物はたくさんありました。
…が、いくらスーパーでも、そんなに買うお金はないので、カラフルなボタンのついたカーディガンと、ストールと靴を買うことに…。
どれもお手ごろ価格のわりには可愛い

まあ、パリはそんなとこです。
パリから日帰りでいくつかの街にも行ったんですが、すでに長々と書いてしまってるのでこの辺で


スポンサーサイト



23:22 旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
こんにちは。
パリって、エッフェル塔と凱旋門くらいしか知らなくて、こうして町並みを見たのは初めてです。
近代的な大都会ってイメージでしたが、高層ビルとか無いのですかね?
エッフェル塔周辺も、近くに大きな建物が無くて存在感が有りますね。
ノートルダムから写された写真、手前に有るお城みたいな建物が凄い!
サントシャペルのステンドグラスもお見事ですね。
いつの時代に造られたのでしょうか、設計した人尊敬します。

ヨーロッパの歴史建造物って、天井が高くて装飾も素晴らしくて、それを見てるだけでちょっと貴族になった気分に(笑)
と言っても行った事は有りませんが(^_^;)
No title
ニキヤス様、こんにちは☆

パリは、何気に街並みが素敵なんですよーi-189
19世紀末のナポレオン3世の時代に大改造をやったおかげで、中世以来のごちゃごちゃした汚い部分が一層されて(つまり壊した…)、古いものを残しつつもすっきりとした美しい街並みになってるんです。
高層ビルもあるにはあるんですが、中心部は景観規制がとっても厳しいので、新しい建物も高さやデザインをまわりの景観に調和させないといけないみたいです。
とりわけエッフェル塔などのモニュメントなんかは、絵葉書に出てくるような眺望を守るために、視界を遮る建物の建設が禁じられている…というような話も聞いたような…。
何ていうか、自分を一番美しく見せる方法を知っている街…という気がします(笑)

それからノートル・ダムの塔から見た景色の手前の建物…間違っているかもですが、警視庁か何かだったと思います。
あと、サント・シャペルはルイ9世くらいの時代に造られたらしいので、13世紀の建築だと思います。
現代の技術でもこんなの建てようと思ったら大変そうなのに、何百年も昔にそれができたなんて…ほんとすごいですよねi-189

>ヨーロッパの歴史建造物って、天井が高くて装飾も素晴らしくて、それを見てるだけでちょっと貴族になった気分に(笑)

たしかにi-179
18世紀の建物とかも見たんですが、ロココ・スタイルの貴族さんたちがぱっと出てきてもおかしくない雰囲気でした。
そういうところでは、現代のラフ~な服装で歩いている私たちがすっごく場違いに思えてしまいました。



管理者のみに表示