FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

『ワールド・エンド』のサントラ感想―その2―

2007/06/07
『ワールド・エンド』のサントラについては、昨日ちょこっと感想を書いたんですが、なにぶん1回しか聴かずに書いたので記憶がかなり曖昧でした。そんなわけで、今日はもう1回、オススメの曲ごとに感想を書くことにしますね☆

パイレーツ・オブ・カリビアン:ワールド・エンド オリジナル・サウンドトラックパイレーツ・オブ・カリビアン:ワールド・エンド オリジナル・サウンドトラック
(2007/05/23)
サントラ

商品詳細を見る

サントラの収録曲は…

1.旗を掲げよ
2.シンガポールで
3.さまよえる海賊たち
4.マルチプル・ジャック
5.上は下、下は上
6.死者を乗せた舟
7.海賊の評議会
8.パーレイ
9.海の女神カリプソ
10.何に命を懸ける
11.それどころじゃない
12.また会える日まで
13.さあ飲み干そう

の13曲です。

私のオススメは…


2.シンガポールで

冒頭、いかにも東洋風の音楽から始まります。そこもいい感じなんですが、後半部は1作目の「黄金のメダル」の変化形になっていて、そっちも好きです♪

3.さまよえる海賊たち

この曲はAWEのサントラの中でベスト3くらいに入るくらい好きです☆前半の盛り上がりの部分のメロディーは、このあとも色々な曲で使われてるんですけど、ほんと壮大な感じがする感動的な音楽です。それと、後半のデイヴィー・ジョーンズのオルゴールの音楽とそれのオーケストラ版の部分も切なくて好きです。管楽器が活躍していて何とも重厚な感じです♪

5.上は下、下は上

コレは、ブラック・パール号のメンバーが甲板を走り回って、舟を揺らすシーンの曲。3の曲なんかと比べるとアップテンポで、ちょっとコミカルだけどカッコイイ曲です♪あのシーンにぴったり☆

6.死者を乗せた舟

この曲は、冒頭、オーボエ(ですかね?)のソロが続くんですけど、それが何とももの悲しくて美しい音楽です♪

10.何に命を懸ける

この曲は、映画の冒頭で海賊たちが合唱した1曲目の「旗を掲げよ」のオーケストラ版です。最後のほうでは合唱も加わるんですけど、重厚で勇壮な感じの音楽です♪

11.それどころじゃない

この曲では、1作目で使われていたテーマや3作目で出てきたテーマなど、様々なテーマがいろんな形で次々と登場して、『パイレーツ~』の一大交響詩…みたいな感じです♪

12.また会える日まで

この曲を聴いて、『ダヴィンチ・コード』の映画音楽に似てるなーと思ったんですけど、よく考えたら、『ダヴィンチ・コード』の音楽を担当してるのはAWEと同じハンス・ジマーなんですよね☆私は『ダヴィンチ・コード』のサントラは持ってないので、DVDを観たときの記憶だけが頼りなんですが…AWEの「また会える日まで」の冒頭の小刻みな弦の動きが、『ダヴィンチ・コード』のラストでラングドンがルーヴルに走るあたりの音楽にちょっと似てる気がします。
ちなみに、この曲の2分ごろからのメロディーは壮大で感動的☆オススメです♪

13.さあ飲み干そう

この曲では、1作目の「彼こそは海賊」のテーマとか、3作目で出てきたテーマ(3曲目冒頭や「上は下~」のテーマ)も出てきます☆カッコイイ&感動的ですごく好きです♪


ところで、私は映画音楽が結構好きで、サントラもいくつか持ってるんですけど、この『ワールド・エンド』の音楽は、私の中でベスト5にランクインしそうな勢いです☆(ちなみに、他に好きなのは、『ロード・オブ・ザ・リング―二つの塔』とか『仮面の男』の音楽)
1作目の音楽もすごく好きだったんですが、3作目の音楽は感動的、コミカル、勇壮、壮大、東洋風…などなど色んな要素が入ってるので、飽きないしオススメです☆

スポンサーサイト



18:05 パイレーツ・オブ・カリビアン | コメント(0) | トラックバック(2)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドパイレーツ・オブ・カリビアン シリーズ3部作の完結編「ワールド・エンド」を観て来ました。ジョニー・デップのクレイジーな魅力は健在だし、迫力のアクションシーンも満載だったのですが、パート2のハイテンションなサワ..
【小学生でもわかる!】■スタービーチで毎日6万2千円を稼ぐ方法【18歳未満閲覧禁止■極秘洗脳■悪用禁止】■どんなに美しい女性でも、たった1つの質問でセックスできる「超洗脳プログラム」【復縁マニュアル】男性限定!■寄りを戻す復活愛!元カノと復縁する方法■【無料