FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

映単語☆第5回

2009/03/06
ここのところ、毎日、修論のためのフランス語文献を読んでる私…。

フランス語は(←「も」)まだまだすらすらと読めるようなレベルに達してないので、やたらめったら時間がかかってしまって、憂鬱なことといったら…
今のところ、20分で1ページが精一杯なんですよねー
…これでも大分ましになったんですけど

はぁ…まだまだ当分読み終わりそうにないなぁ。

…ってことで、ストレス発散(?)に、今日は英語ネタを。

映単語第5回です。

今回は、映画『仮面の男』より、「musketeer」を紹介

「musketeer」とは、「マスケット銃兵」のことを指します。
要するに、「マスケット銃(=musket)」を持った兵隊さんのことですね。

マスケット銃って何?…という話ですが、銃腔にらせん状の溝がついていない歩兵銃のことだそうです。
何でも、ライフルの前身だとか。

さて、この「musketeer」…『仮面の男』では何度もセリフに登場するので、否が応でも覚えてしまいます。
特に、印象深いのは、ラスト近くで、アンドリュー(アンドレ)さんが言ってるセリフ、「Musketeers, salute!」(←確認してないので、スペルとか違うかも…)かなぁ。

ところで、この単語、日本語では、「マスケット銃兵」という訳よりも「銃士」という訳で知られていますよね。
そう、「三銃士」の「銃士」です。

「三銃士」というのは、もともとはアレクサンドル・デュマの小説のタイトルから来てるわけですが、デュマはフランスの小説家なので、もとはといえばフランス語。
「Les Trois Mousquetaires(れ・とろわ・むすくてーる?)」というのが原題だそうです。
英語では、「The Three Musketeers」。
そのまんまです。

あ、ちなみに、この「musketeer」という単語、辞書によると、「愉快な仲間」という意味もあるとか。


それにしても、またもや使う機会がなさそうな単語ですな…。

スポンサーサイト



19:43 映単語 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示