FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

たまには別の映画のお話を…☆

2007/06/16
ノリントン&ノリントン以外の登場人物企画の真っ最中ではありますが…(^_^;)
今日は別の映画のお話をちょこっと☆


何の映画かというと、ヘレン・ハント&スカーレット・ヨハンソン主演の『理想の女(ひと)』です♪

理想の女(ひと) [DVD]理想の女(ひと) [DVD]
(2006/04/07)
スカーレット・ヨハンソン、ヘレン・ハント 他

商品詳細を見る


『理想の女(ひと)』―A Good Woman―

監督:マイク・バーカー
キャスト:ヘレン・ハント、スカーレット・ヨハンソン、トム・ウィルキンソン、スティーブン・キャンベル=モア、マーク・アンバース他
製作年:2004年
製作国:スペイン、イギリス、イタリア、ルクセンブルグ、アメリカ
登場人物:
・ステラ・アーリン夫人(ヘレン・ハント)
・メグ・ウィンダミア(スカーレット・ヨハンソン)
・ロバート・ウィンダミア(マーク・アンバース)
・タピィ(トム・ウィルキンソン)
・ジョン・ダーリントン卿(スティーブン・キャンベル=モア)
公式サイトはこちら
(アマルフィ海岸の素敵な壁紙もあります☆)


この映画、何ヶ月か前にGyaOの無料放送で観たんですけど、「久々に上質な映画を観た~」という感じがしました☆それで、DVDを買おうと思ったんだけど、まだ買えてないんですよね…。


とにかく、この映画!

詳しくは、「続きを読む」以下に書きますけど、本当に素晴らしい作品でしたsc03
女優さん&俳優さんの演技はもちろん、機知に富んだセリフが散りばめられていて、質の高さが感じられます。

それに、上流階級の物語なので衣装もおしゃれだし、イタリアのアマルフィ海岸を舞台にしてるので、風景もキレイなんですよねー☆

それから、これはどうでもいいことかもですが、超私好みの美形俳優さんが出演しておられますはーと3つダヴェンポートさんとはまたちょっと違ったタイプですけど(笑)、イギリス人で貴族的で端正な顔立ち…というところは似てるかな???

今またGyaOで無料放送されてるので、興味のある方はぜひぜひ観てみて下さいね!7月1日までやってるみたいです。
GyaO 『理想の女』

ハッピー・エンドなので安心して観られるし、観終わったあとも爽やかな感動が残りますよ♪


それでは、詳しい感想などはコチラ↓
(ネタバレはあんまりしてません)
この映画、原作はオスカー・ワイルドの戯曲『ウィンダミア夫人の扇』らしいです。…といっても、私はこの作品を読んだことないんですが(^_^;)
とはいえ、完全に原作に忠実というわけではなく、舞台を1930年代のイタリアの社交界に移しかえてあります♪
ちなみに、この『ウィンダミア夫人の扇』、ダヴェンポートさんが舞台で出演してませんでしたっけ?彼はウィンダミア氏を演じたのかな?だとしたら、なかなかオイシイ役どころかも…。



さて、この映画のオススメ・ポイントは…

まずは何といっても、主演のヘレン・ハントとスカーレット・ヨハンソンですね☆
この2人、年齢も性格もまったく異なる2人の女性を演じてるんですけど、それぞれにとても魅力的です(^_^)
特に、ヘレン・ハントの演じるミセス・アーリンは、はじめは男性を惑わす嫌われ者の悪女という感じなんですけど、それが徐々に魅力的で余裕のある大人の女性という印象に変わっていくんですよね。そのあたりの演技が、さすがはオスカー女優の素晴らしさです。
このミセス・アーリンと、トム・ウィルキンソン演じるタピィの会話は、機知に富んでいて大人のエレガンスを感じさせますおんぷ2つこのタピィも、大人の男性の貫禄と余裕を感じさせる素敵な人ですよ。


それから、ストーリーも、さすがは文芸モノだけのことはあって、最後まで飽きさせなし無駄のない展開でした☆
しかも、後味のわるい終わり方じゃなくて、最後は爽やかな感動が残ります♪


全体的に、とてもエレガントで上品な空気が漂ってる映画です。
同じようにイギリス文芸モノである、キーラ・ナイトレイ主演の『プライドと偏見』とちょっと雰囲気が似てるかな。
機知に富んだ素敵な名言もたくさんありますしね☆


ちなみに、上に書いた超私好みの美形俳優さんについてですが…(笑)

スカーレット・ヨハンソン演じるメグに想いを寄せるものの、結局フラれてしまうイギリス貴族、ジョン・ダーリントン卿です。演じるのは、イギリスの俳優さんでスティーブン・キャンベル=モアという人です。主に舞台とかテレビ中心に活躍してる俳優さんみたいなので、他の映画で観ることは今のところなさそうかも…。

このダーリントン卿、独身主義者のプレイボーイなんだけど、映画の中ではいっつも老紳士たちとばかりお付き合いしている模様(謎)…それでまあ、プレイボーイなんだけども、友人の妻のメグに本気の恋をするんですよ、このダーリントン卿は。…でも、メグは夫のウィンダミア氏一筋なわけで…。切ない男です(>_<)特に、パーティーでメグに想いを告げる場面なんか、すごく切ないです…。
ノリントンといい、私が好きになるキャラって、どうしてこう切ないんでしょう???(←別にそういうキャラを選んでるわけじゃないですよ)まあ、このダーリントン卿の場合、ノリントンほど不幸ってわけじゃないですけどね。


とにかく!

この映画は、ほんと、私が今までに観た映画の中ではベスト5くらいに入るいい映画です☆


スポンサーサイト



19:21 映画感想 | コメント(3) | トラックバック(1)
コメント
こんばんわ。
鑑賞しました☆
全く予備知識なしだったので、ストーリーの変化に驚かされた部分もチラホラありで、面白かったです。
キャラの心情なんかをもっと深く理解するのにまたユックリ見たいです☆

独身・既婚者・離婚歴アリ・親の立場・老若男女・・・それぞれの立場からこの映画を見た感想を比較するとかなり面白そうですね。

私的にはタピィさんに惚れました~。
あと、おじさん達の会話が何気にオシャレと言うんでしょうか・・・素敵です。

ダーリントンさん、ホント・・いい男ですね^m^
彼なりに頑張ってましたよね。
行く末がどうなるかドキドキでしたが、
ぇえ!タピィさんがそうなっちゃうの!?と驚き。
そのタピィさんはじめ、途中で悲しくなった他キャラのフォローもちゃんとアリで、後味良かったです(^_^)

音楽も良い感じで☆
こんばんわ~

そういえばダヴェンポートさん、「ウィンダミア卿夫人の扇」を舞台で演じてましたね。確か役はダーリントン卿のはず…ですよ。
駆け落ちを迫って振られる役…(そんな役ばっかり…)。

私、恋愛モノはホントにマジメにダメで、文学系も苦手で…、ダヴェンポートさんというニンジンをぶら下げてくれないと観れないかな…。ごめんなさい(汗
ニキヤス様、こんばんは☆

『理想の女』、鑑賞されたんですね♪
確かに、この映画、自分が置かれている立場によって、違った見方ができそうですねー。登場人物の立場もイロイロだし、何より、それぞれの登場人物の心情が丁寧に描かれてるので、どの登場人物にも感情移入しやすい気がします☆

タピィさん…私も素敵だと思います(^o^)
何というか、大人の男性の余裕とか懐の大きさが感じられる人ですよねー。
おじさん達の会話も、ほんとおしゃれで、ヨーロッパ的なエスプリのニオイがしますね♪

この映画のポイントは、ほんと、後味のよさだと思います♪全部のキャラにちゃんとフォローがしてあるので、観たあとにすっきりしますよねー。特にタピィさん&アーリン夫人は、もしラストのちょこっと手前のまま終わってたら悲しすぎます…。あのラストになっててよかったよかった(^_^)

Zappy様、こんばんは☆

ダヴェンポートさんの役、ダーリントン卿なんですか!それはなんとも…ハマリすぎです(笑)

ダーリントン卿って、プレイボーイっていうところは違いますけど、ノリントンと重なる部分もあるんですよね…。貴族的&最愛の女性に振られる&切ないキャラ…などなど。

原作は読んでいないので映画での話になりますが、私は正統派素敵キャラのウィンダミア氏(ある意味ウィルと重なる…)よりも断然ダーリントン卿が好きなので、ダヴェンポートさんがダーリントン卿役というのは嬉しいです~☆舞台は見られないので、ダヴェンポートさん=ダーリントン卿バージョンの映画を作ってほしいです(>o<)

Zappy様は恋愛モノ&文学系が苦手なんですかー!
私の場合、恋愛モノは好きなんですけど、文学系はモノに寄る…かな。ラストがハッピー・エンドじゃないものとか、頭を使わないと分からないような「結局どうなんだー!?」的映画はダメです(^_^;)
あと、私は基本的にホラー系&流血系が完全にダメなんですよね…。ダヴェンポートさんが出てても観られないくらいに…。なのに、ダヴェンポートさんの出演作にホラーっぽいのが多くて悲しいです…(ToT)


管理者のみに表示
トラックバック
プリズン・ブレイク シーズン2 DVDコレクターズBOX1 プリズンブレイク シーズン2 DVDコレクターズBOX1+(マイノリティ・リポート) プリズン・ブレイク DVDコレクターズBOX プリズン・ブレイク DVDコレクターズBOX+「X-MEN1・2」セット プリズン・ブレイク シーズン1~2 コン