FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

やっぱり書き忘れ。

2009/08/21
昨日書いた『アマルフィ』の感想で、やっぱり書き忘れが

…といっても、内容に関することじゃなくって、なのですが。

1点目

映画の公式サイトで、アマルフィ海岸とかローマ市内の名所とかのキレイな写真の壁紙がダウンロードできます。
15種類あって、結構よい写真を使ってるので、おすすめ
イタリア好きの方は要チェックです。

映画のワンシーンみたいなのもあるけど、ほとんどは風景写真のみの壁紙です。
個人的には、アマルフィの町のと、ローマ市街の風景のと、夕焼けのがお気に入り

はしっこに映画のタイトルとかが入っちゃうのがアレですが…
…って、宣伝用なんだから、当然なんだけど。。

2点目

この映画…何気に音楽がよかった…ってことを書き忘れてました。

まずは、サラ・ブライトマンの「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」。
この曲が良い曲だってことは今さら書くまでもありませんが、この映画でのポイントは使い方。

コンサート場面で…っていう部分はちょっとあまりにもストレートかなぁ…と思ったんですが。
コンサートで実際にサラが歌ってる映像が出ないところ、つまり、「テロ発生か!?」…っていう緊迫した映像にあの曲が流れている…っていうのはウマイなぁ…と思いました

あの曲って、全然緊迫感がないじゃないですか。
ゆったりしていて、しっかりと一歩一歩きざむようなリズムで、感情ゆたかなメロディで。
それをあえて緊張感ただようクライマックス・シーンで使うってところが、意外性があるんだけど、むしろしっくりくるっていうか。

そもそも、私は、映画でのああいう音楽の使い方―緊迫した場面で、それとは一見不似合いな音楽を使う―が好きなんです。

それの代表格!…って私が個人的に思ってるのが、前にもどっかで書いたかもしれないけど、ロバート・レッドフォードとブラッド・ピットが共演してる『スパイ・ゲーム』っていう映画。

もうずいぶん前に観たっきりなのでちょっと詳しいことは忘れたんだけど、その映画では、冷戦下の東ベルリンから西ベルリンに逃げるか何かっていうシーンで(…ひょっとしたら違ったかも)、ブラッド・ピットが演じるCIAのスパイが車で猛スピードを出して疾走してて、一方ロバート・レッドフォードが演じるCIAのスパイはパーティ会場でこれまた危険な諜報活動中…っていう2つのシーンが交錯する場面があるんですよ。
そこで使われてる音楽が、なんと、ヴィヴァルディの「春」の第1楽章
ちゃんちゃんちゃーちゃちゃちゃーんっ♪っていう、アレです。

一見、すっごく不似合いでしょ???
この音楽でカー・アクションとかって。

でも、それが見事にマッチしてて、緊迫感をもりあげてたんです!
ウマイなぁ…って、すごく印象に残ってます。

話がそれました。

それから、『アマルフィ』では、この「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」もよかったんだけど、他の音楽もすっごくよかったんです

そもそも、映画冒頭では、「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」のインストゥルメンタル・バージョンが使われてて、その使い方…っていうか、アレンジもよかった!
サラの歌バージョンではヴォーカルが入る部分になる、あのちょっとレチタティーヴォ風?の部分が、路上のヴァイオリン弾きのおじさんが演奏してるって設定になってたりして。

あと、緊迫した場面で使われてた、まさに緊迫感のある音楽も、いかにも映画音楽っぽくてよかったし。

それから、アマルフィの町が映る場面だったかで流れてて、そのあとでも1回流れてた気がしないでもない、「アニュス・デイ」の歌詞をとった曲も、静謐で宗教的な雰囲気がして、とってもキレイな曲でした。
あれは映画のオリジナルなのかな?
それとも、誰かのミサ曲からの抜粋なのかな?

余談ですが、私はミサ曲とか好きで、まあ大学でラテン語を習ってたってこともあって、ミサ曲の中でもメジャーな「クレードー」とか「サンクトゥス」とか「アニュス・デイ」なんかの歌詞は、一部覚えてしまってたりするんですよ(…何回も聴いてると、自然と覚えるの)。
それで、この映画を観てるときにも、「あーにゅす・でーいー、くぃー・とーりーす・ぺっかーたー…」ときたので、「おおっ!アニュス・デイだわ!」と、なんかちょっとずれた?ことを考えてたのでした。

ところで、これらの曲の一部は、こちらのサイトで試聴できます。
上に書いた曲はどれも試聴できるので、ぜひぜひ聴いてみてください!
「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」のインストゥルメンタル・バージョンもあります。
ただし、このページを開けるといきなり映画のTVCFが始まるので、音量には注意です

…というか、サントラ欲しいなぁ。。
邦画ってめったに見ないうえに、サントラ買ったことなんてないんだけど、これは欲しい。
「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」のインストゥルメンタル・バージョンが聴けるだけでも儲けもんだしなぁ。
しかし、今はドロール・プラン(=緊縮財政のこと。フランス史で出てくるので、ウチの家とか仲間内では頻繁に使ってる言葉)なんだよね
しばらくはがまんがまん。
スポンサーサイト



17:34 映画雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示