FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

嬉しすぎて昨日はなかなか寝つけなかった(笑)

2010/07/04
昨日は、W杯準々決勝、ドイツvsアルゼンチン戦でした!

この試合に負ければ、そこで終わり。
この試合に勝てれば、準決勝と決勝あるいは準決勝と3位決定戦の2試合への出場が保証されます。

…というわけで、ドイツ代表大好きな私にとっては、ものすごーく大事な試合でした。

私が気になるのは、順位よりも試合数。
もちろん順位も気になるところですが、それよりも私にとって大事なのは、ドイツが4強に入ってあと2試合に出場する権利を得ること。

…だって、できるだけ長いあいだ、ドイツ代表が戦う姿を見てたいから。

しかし、今回の相手は、マラドーナ率いるアルゼンチン
メッシにテベスにイグアイン…という、攻撃力と個人技を誇るスター選手ぞろいのアルゼンチン

…というわけで、非常に油断できない試合でした。

アルゼンチンは、そのそうそうたる顔触れにもかかわらず、南米予選では苦戦したそうですが。
とはいえ、W杯開幕後は黒星なし。
ある意味、南米のチームっていうのは、ノリも大事っていうか、ノってる時にはとことん行きそうなイメージもあり。

正直、ドイツもここまでか…とも覚悟していました。
このあいだの記事にも書いたとおり、ミロも「論理的にはアルゼンチンのほうが上だ」…というような分析をしてたしね。

とはいえ、ここ一番のW杯に強いのがドイツ代表。
そういえば、4年前のドイツ大会の準々決勝でも、同じくアルゼンチンとあたって、延長戦の末、PKで勝ってました

そんなわけで、まさにフタを開けてみないと、どうなるか分からない試合でした。

試合は、メルケル首相に、レオナルド・ディカプリオ、ミック・ジャガー、シャーリーズ・セロン…等々、観客席にはセレブがたくさん。
いまだ準々決勝なのに、まるで決勝のような華やかさ。

でも、ドイツ・ファンにとって1番重要だったのは、怪我で今大会欠場の元キャプテン、バラックが来てたことですよね
それから、ビアホフも!

そんな状況の中で行われた試合は…。

結果。

なんとなんと、アルゼンチン相手に4-0でドイツの圧勝

ドイツ・ファンの私にとっては、あまりにも素晴らしすぎる試合でした
…ドイツ代表チームの素晴らしいプレーの数々を堪能することができて、ほんとに最高です

おまけに、ミロは2得点の大・大活躍
これでW杯通算得点記録が14ゴールになり、ドイツの英雄ゲルト・ミュラーに並んで2位タイになりました

しかも、今大会での得点も、これで4点になりました。
今のところ、1位はスペインのビリャですが、スナイデルやらトーマス・ミュラーらと並んで2位タイ。
前回大会に引き続き、得点王に輝くのも夢じゃなくなりました

それでも、試合後のコメントでは、ゲルト・ミュラーと並んだことを「光栄」としつつも、ミュラーは2大会出場、自分は3大会出場だから、「彼と自分を比べるのはフェアじゃない」と言ったとか。
おまけに、自分個人の記録よりも、チームとしてのW杯での優勝することのほうが大事…とコメントしたそうです。

さすがフェアで誠実でエゴの少ないことで知られるミロ
もともと大好きだけど、ますます惚れこみましたよ
ほんと、ミロはあらゆる意味で素敵なプレーヤーです

ドイツの他の選手もみんな好きなんだけど、彼ほど好きになれる選手っていないなぁ…ってしみじみ思います。

そして、ミロといえば

2002年の日韓大会では毎ゴールやってたけれども、その後は特別なときにしかやらなくなってしまったSalto(宙返り)
昨日の試合の2ゴール目で、ついにやってくれました

いつ出るかなー…って、ずっと楽しみにしてたので、めちゃくちゃテンションあがりました

なんか今大会のドイツ代表は若い選手が多いこともあって、弱冠?32歳ながら実況なんかではほぼ年寄りあつかい(失礼!)されてるミロですが。
さんざん走りまわったあとの後半44分に、あんな宙返りできるなんて、十分若いよ!

しかも、黒ユニで宙返りみるのはじめてだったので、そういう意味でも新鮮でした

ほんとに、昨日の試合ほど、ドイツのファンで良かった、ミロのファンで良かった…っていうのをしみじみ実感したことはないです!
勝ったから…っていうだけじゃなく、ね。
彼らの意気込みというか、W杯にかける思いというか…やっぱりゲルマン魂?に感動しました

そんなわけで。

もちろん、昨日はライブで観てたんですが、終わったあとは、興奮しすぎてなかなか寝つけませんでした(笑)

90分の試合中は、開始早々ドイツが先制ゴールを挙げたとはいえ、アルゼンチンが攻める時間帯が続く場面もあり、緊張の連続。
90分もこんなの観てたら、間違いなく胃に穴があく!…って思いました

ドイツは終始冷静に守りながら追加点のチャンスをうかがってたし、アルゼンチンはドイツの組織的な守りの前に精彩を欠いているようにも思えたし、客観的に見たら、そこまで心配しなくていい展開だったのかもですが。
ヘタに(?)ドイツに入れこみまくってるがゆえに、2-0になってもなお、まったく安心できない私

…が、さすがに後半の後半になってくると、いかにもドイツ・ペースになってるのが明らかで、アルゼンチンもちょっと崩壊気味で。
このときになってはじめて、余裕をもって試合を楽しむことができた私なのでした(笑)

***

試合は、前半開始早々から、ドイツが先制。

FKのチャンスに、蹴るのはシュバインシュタイガー!
彼の絶妙の位置へのキックに、ミュラーが頭で合わせてゴール

ミュラーはこれで4点目。
やっぱりダテに13番をしょってるわけじゃなかった!!

その後、前半は1-0のまま終了。

後半の立ちあがりは、逆転を狙うアルゼンチンの激しい攻撃にさらされるドイツ。

…とはいえ、組織的な守りで、なかなか決定的な場面を作らせませんでした!

この試合を通じて、ドイツの守りは安定してましたよね

アルゼンチンの決定的な場面があまりなかったとはいえ、GKノイアーも安定してたし、ここぞ!…ってときのラームの守備も光ってました
ラームは、小柄だけど、攻撃に守備…にと最初から最後まで走りまわってくれますよねw

あとは、個人的にツボだったのが、アルゼンチンのテベスのシュートを顔面で防いだメルテザッカー(笑)
…結構な勢いのあるボールだったよね

痛かっただろうに、その直後にGKのノイアーとハイタッチして「やったね!」って感じで喜んでたところが、めちゃくちゃツボでしたw
メルテザッカーとノイアーという、長身&金髪のいかにもドイツ!コンビがこうやって可愛く喜んでる様がなんとも…(笑)

それから、後半の中ほどからは、完全にドイツの独壇場

後半23分には、相手ディフェンダーにからまれて倒れこんだミュラー(?)が、倒れながらのパス。
ほぼフリーに近かったポルディがそれを受けとり、横目でミロの位置を確認しながら、いたって冷静なパス。
相手ディフェンダーとGKが倒れる中、これまたフリーに近かったミロは、悠々と確実にゴール

見事な連携で、この試合、ミロの1点目です

さらに、そのあと後半29分には、左サイドからシュバインシュタイガーがドリブル突破!
相手ディフェンダーをすばやくかわしてゴール前にパス。
ゴール前に詰めていたDFフリードリヒがそれを押しこんでのドイツ3点目

ここのシュバインシュタイガーのドリブルは見事でした
前半の1点目のFKもだったけど、彼は良い仕事をしてくれますw

そして、3-0になって、もう守りに入ってもおかしくないはずのドイツ。
でも、まだまだ攻撃の手はゆるみません!

このころになると、さすがのアルゼンチンも疲れてきたのか、はたまた3-0という予想外の経過に士気をそがれたのか…疲れ知らずのドイツについていけなくなってきました。

そんななか、カウンターから、エジルがゴール前のミロに絶妙のクロス!
これまたフリーだったミロは、ここでも落ち着いて確実にゴールを決めてくれました

そして、出ました、ミロの宙返り

この4点目は、ミロにとって「特別」なゴールだったんでしょうね~
そう思うと、しみじみしちゃって、なんともホロリとしかけました
ほんとに感動です

ゴールの瞬間には、バラックも大喜びしてましたね

この場面では、エジルのクロスの絶妙さが光ってましたが、こういう場面でうっかり外したりせずに確実に決めるところが、ミロのミロたるゆえん…

この試合、1回はポストの上に外してしまい、めちゃくちゃ悔しそうだったミロ。
でも、結果的にはちゃんと2得点も決めることができて、彼もきっと満足でしょう
(…あ、でも謙虚なミロはそれくらいでは満足しない…のかな?)

そういえば、ミロは途中交代することが多いですが、この試合では最後までフル出場でしたね!

彼の場合、単なる「点取り屋」というわけじゃなく、前線からせっせと守備にも尽くして、攻撃のチャンスには確実に備える…そんな選手なわけですが。
最後まで疲れ知らずに走りまわって、2得点のみならず存在感を発揮してたと思います

相手にからまれても倒れないし、ボールのキープもしっかりやってる…そんなタフさの光るミロには、さすがの実況&解説の人たちも大絶賛なのでした

これが、ドイツ代表としての通算100試合目のミロ。

そんな記念すべき試合が、こんなに素晴らしいものになって、本当によかったです

***

さて、対するアルゼンチンですが。

私は、アルゼンチン代表チームも決して嫌いではない…というか、むしろ好きなわけで。
今大会では、地上波でやってるかぎり、アルゼンチン代表の試合も観てきました。

こんなふうに、ドイツとの対戦じゃなければ、アルゼンチンを応援してたところなんですが。
まあしかし、私にとってのダントツ1番は常にドイツ代表なわけですから。
今回は、あくまで「敵」ということで観てたんですけどね。

彼らの戦い方は、ドイツとはまた全然違うんですが。
だからこそ、また一味違ったおもしろさがあるわけで。

でも、昨日の試合では、これまでのアルゼンチンの輝きがくすんでしまってたようにも思いました

個人個人の能力も高いチームだし、正直、ドイツとは互角あるいはそれ以上だと思ってたんですが。

昨日は、個人技はあっても、それを活かせない、決定機を作れない、得点に結びつけられない…そんな感じでした。
アルゼンチンを応援して観ていたら、きっともどかしく思ったことでしょう。

メッシは風邪で体調を崩してた…という話でしたが。

実際、それが原因なのか、それともドイツの守備が完璧だったのか…メッシもいまひとつ精彩を欠いてましたね。

得意のドリブルで魅せる場面はあるにはあったんですが、そこから決定機に持ちこめない。。
ドイツは、チーム全体で守備につとめてて、メッシがボールを持つと、すぐさま集団で(笑)かこんで、ボールを奪いに行ってました。

そんなわけで、ミドルやらなんやら、シュートはたくさん放ったものの、惜しい…というまでの場面もなく。
結局、メッシは今大会無得点に終わってしまいました。

バルサにいるときに比べて、代表としての彼が輝けないのは、やっぱりポジションとかチームの問題があるんでしょうね…。
逆に、バイエルンで輝けないけど代表で輝けるミロは、やっぱり代表チームの水があってる…っていうか、チーム・メイトや監督もミロの活かし方をよく分かってて、お互いに相乗効果をもたらしてる…っていうか。

とはいえ、このドイツ戦はともかくとして、これまでの試合では、メッシ自身の得点はないにしても、絶妙のアシストやなんかで、チームへの貢献は計り知れないと思います

彼はまだ23歳なので、まだまだこれから!
次回W杯には、もっと強くなって帰ってきてくれることを期待しています。

とりあえず、おつかれさまでした…ですね。

***

それから、そんな個人技を誇るスター軍団のアルゼンチンに対して、チーム力で圧倒的な勝利をおさめたドイツ。

これは、とてつもなく自信になると思います。
とりわけ、今回のように若い選手主体のチームにとっては、W杯での1試合1試合での経験が財産ですよね

実際、セルビア戦はさておき(ガーナ戦も微妙でしたが)、勝ちすすんでいくごとに強くなってる…??って思わせるドイツ代表。

今回のチームって、バラックをはじめとして開幕前に負傷者が続出してしまって、正直、ベストメンバーじゃなかったわけですよね。
だから…っていうのもあるけど、前評判は決して高くなかったし、優勝候補として真剣にドイツを推す人ってそうそういなかったと思います。

…にもかかわらず、始まってみたら、ドイツはサプライズな絶好調の戦いぶり
エジルやミュラーのようなW杯初出場の有能な若手の活躍に、ベテランのミロの落ち着きが加わって…昨日の試合なんかは、すごく噛み合ってるな…って思いました。

ある意味、W杯を通じてすごく良いチームに仕上がってきてると思うので、あと2試合、このメンバーの戦いぶりが見られると思うと、嬉しいかぎりです

今大会は、勝っても負けてもあと2試合ですが、4年後…あるいはそれ以前にEURO2012やなんかでは、さらに強くなったドイツ代表に会えるんじゃないか…そんなふうに期待させてくれるチームだと思います。

次は、スペインとの準決勝。

スペインは、今大会を通じて、決して好調とは言えないチームではありますが。
強豪には違いないし、得点王レースのトップのビリャもいるし、守護神カシーリャスもいるし…。
簡単に勝たせてくれるチームではないですよね

おまけに、ドイツにとって痛いのは、アルゼンチン戦でイエローカードをくらってしまい、ミュラーが次の試合に出場できないこと。
ミュラーは今乗ってるだけに、彼が欠けることは心配です。。
レーヴ監督…誰を代わりに入れるんだろ??

私としては、やっぱりミロの得点が気になるところ。
ミロ自身はああ言ってるけど、ファンとしては、そんな謙虚なミロこそ、サッカーの歴史に名前を刻むに値すると思います(もう、すでに刻んでると言ってもいいほどだけどね)。

でも、欲ばりだけど、それに加えて、ミロが望むドイツ代表チームの優勝…っていうのも見てみたいです、やっぱりね。
ドイツを応援しはじめて以来、いまだドイツがW杯を手にするところは見たことがないし。
過去のドイツ代表チームも大好きだったけど、今のドイツ代表チームはまた格別だと思うので、彼らにぜひW杯を手にしてほしいです

とにかく、もうあと少し、最後までドイツ代表を応援したいと思います

***

すでに長文ですが。。

あとは、試合とは関係なく、少し思ったことをつれづれなるままに。

エジルの髪型とポルディ

なんか、よく分かんないんだけど、昨日の試合でのエジルの髪型…いつもと違った??

試合中に、走りまわったからそうなったのかと思ったけど、ダイジェストで見たら最初からそうだった。

なんていうか…オールバック?
でも、髪の量が多めだから、リーゼントみたいにも見えたりして(笑)

今大会大注目のエジル君ですが。
遠目に見ると、目の下のクマ(…じゃないよね?)みたいな窪みが目立っちゃって、21歳という若さには見えなかったんだけど、アップで顔が映ると…若いね!!

目の下の窪み的なのは気になるけど、それもご愛敬。
よく見ると、若干少年ぽさも残る、整った可愛らしい(失礼)顔立ちをしてますよね

そして、ドイツ代表といえば、白×黒ユニが素敵で、私も大好きなんですが。
このエジルだけは、なんかアウェイの黒ユニのほうが似合ってる!!

基本的に、他の選手は白ユニが似合うと思うんだけど、彼の場合、黒髪っていうのもあるけど、黒ユニのほうが締まって凛々しく見えました

ちなみに、彼はトルコ系のドイツ人。
ミロやポルディ、トロホウスキはポーランド系ですよね。

このあたりに、現代ドイツの社会状況を感じます。
他のヨーロッパ諸国も、それぞれ他国からの移民やその子孫の選手がたくさんいますが、国によってその出身国が違うんですよね。
やっぱり、歴史的なつながりとか、地理的なものとか…そんなのを反映してて。

そういうところも、W杯のおもしろいところです。

それから、そのエジル。

昨日の試合後には、ポルディとずっと肩を組んでました。
しかも、ネットで見た写真では、ライオンの子供?か何かの前で、ポルディとエジルが記念撮影してたし。

2人は仲良し??

なんか、微笑ましかったよw

ミロの黒ユニ

そして、忘れちゃいかんのが、ミロの黒ユニです

これが見るのはじめてだったんだけど…悪くはなかった(笑)
黒はやっぱり締まるよね。

でも、国旗カラーの黄色と赤が入るので、センスは感じるんだけど、爽やかさには欠ける黒ユニ。

どちらかといえば、ミロには白ユニのほうが似合ってる…と思いました。

でも、両方見られて嬉しいw

TV放映には不満。。

これはね…もうね…。。
書きたくないけどさ

予想どおり、TV放映のスタジオの会話やら実況やらは、明らかにアルゼンチンより??な感じでした。。

マラドーナも人気だしね。
メッシも超有名だしね。

それに対して、ドイツはどっちかっていうと地味だしね。

メディアうけするのは、アルゼンチンだっていうのは分かってたんだけれども、はい。

うーん…。。

ハーフタイムのときとかも、「えっ、何?ドイツ勝ったらいかんのかい!?」…って思ってしまった。。
日本にはドイツ・ファンもいるってことをお忘れなく~!

まあ、さすがに実況は、後半の最後でドイツが押しまくると、ドイツのことをやたらと誉めはじめたけど。
終わったあとも、ドイツの強さを強調してたけど。

でもね。

昨日の、その某民放の放送がね…アルゼンチンよりやん!…って不満に思ってたけど、まだそれは良いほうだったってことが判明…orz

今日、午後5時から、N○Kで、ハイライト番組があったんですよ。
昨日、試合の録画をしなかったから、今日こそは!…って、楽しみに、ビデオ(古っ!)をセットして観てたんですよ。

そしたら…。。

何、アレ
ありえないですよ!!

あれはない…!!

それくらい、ドイツ・ファンとしては、めちゃくちゃショックで傷つく内容でした。。

何がってね…明らかにアルゼンチン・ファン目線だったんですよ。
アルゼンチン・ファン目線っていうより、むしろもう、アルゼンチン・サポーターだったんです

ゲストが某日本代表の選手でね。
アルゼンチンを応援してた…って認めてましたけどね。
日本代表はがんばったと思うし、そのがんばった選手を批判なんて、絶対にしたくないんですよ?

でも、TVであれはない…。。
そして、スタジオのその他の人々もそれに同調してたし…。。

シュバインシュタイガーの素晴らしいドリブルも、「すごいですね」とかいう乗り気じゃない一言くらいだったし、エジルについても中途半端なコメント、おまけにクローゼの2点目については、「アルゼンチンを応援してたので…」的なコメントのみ

…ええっ!?
つまり、ミロはあの1点を奪った憎い奴…ってことですか??

まあ、ミロのはずしたシュートについてのフォローはありがたかったが。。

対して、アルゼンチン側へのコメントは、メッシについてをはじめ、めちゃくちゃ力入ってたんですよ。

おまけに、駄目押しが、「もう1回ドイツvsアルゼンチン戦をやってほしい」…という趣旨のコメント。
「アルゼンチンがドイツを倒すところを見たい」…って??

これはどーいうことですか??

ドイツが勝ったらダメなんですか??

全体としては、そのハイライト番組では、素晴らしい選手をそろえたアルゼンチンを4点もの無慈悲な得点で蹴散らした悪役ドイツ…的なあつかいに思えた…のは、ドイツ・ファンの私のゆがんだ感想でしょうかね??
ドイツの強さを強調しつつも、それがむしろ強すぎてムカつく…みたいなあつかいに思えたんですけども。

でもね、ドイツだってね、最初から順風満帆でもなんでもなかったんですよ?
主力のバラックを欠くという逆風の中、チーム全体で団結してここまで勝ちあがってきたんですよ?

予想外に大活躍してるドイツをもっとプッシュしてくれたっていいんじゃないですか??

スター選手を欠くなかで、組織力と有望な若手と経験豊富なベテランの団結で、強豪に勝利をおさめてるドイツって、そりゃあ派手さはないけど、すごく魅力的なチームだと思うんですよ!

もちろん、アルゼンチンだって、魅力的なチームですよ。
私だって、メッシ好きだし!

でも、だからって、ドイツにあのあつかいはないでしょ??

もうちょっと、両方のチームを尊重する番組作りはできないもんなんでしょうかね???

しかも、もう1つの準々決勝のスペインvsパラグアイ戦は、ハイライトのあとちょっとした分析?みたいなのもやってたのに、ドイツのほうはスルー…。

イングランド戦のときもそうだったけど、それはないでしょ!…って感じです。。

ドイツのように地味なチームは、決勝くらいまでいかないと日本のメディアではとりあげられないのか。。
なんて不公平なんだ…。

なんか、文句ばっかり書いてしまってすみません。。
でも、ドイツ・ファンとしては、ドイツがあれだけの活躍をしたのに…って思うだけに、やっぱりめちゃくちゃ悔しいです。

とっても素晴らしい戦いぶりを見せてくれたドイツ。
日本のメディアも、それに見合う敬意を示してほしいものです。

以上、とりとめもなく。。
スポンサーサイト



19:51 サッカー | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
こんにちは☆
いや~やってくれましたね~ドイツ代表
文句無しの圧勝で大興奮しましたね!
自分も試合後なかなか寝付けなかったですよ
興奮しながらビールをグビグビ飲んでました
クローゼやってくれましたね!4点目の時ビアホフも大喜びしてましたクローゼは4年前のアルゼンチン戦でもヘディングでズドンっと同点ゴール決めてくれたし(このゴールはかなり感動したので今でもハッキリ覚えてます)ホント頼りになりますね
この調子で次のスペイン戦も決めてもらって得点記録と決勝進出してもらいたいですね!

自分も昨日のN○Kのハイライト見ましたよ!
ドイツが圧勝したからドイツの事スゴイ扱いされると思い楽しみに見たら…番組の前半は某日本代表選手の特集みたいのでしたね
ドイツ対アルゼンチンのハイライトの時はホント酷かったですね!
ドイツ代表ファンの人は聞いてられないコメントばかりでイライラするだけでしたね
某日本代表選手のコメント…あれわないですよね!
最後はみんなで「オランダ!」って終わりましたね
見終わった時は怒りだけが残りました…せっかく無理して見たのに…見なきゃ良かったです。

長文ゴメンナサイ!
No title
BR-13様、こんばんは☆

長文コメント大歓迎です!
ありがとうございますm(_ _)m

ドイツ代表、ほんとに文句なしの圧勝でしたね!
家のテレビで観てたんですが、試合中は大興奮で叫びまくってました(笑)

クローゼの大活躍は、本当にうれしかったですi-237
ここぞ!…というときに頼りになるクローゼ…決勝Tでは、セルビア戦とガーナ戦の鬱憤を晴らすような活躍ぶりで、このあとも楽しみです!

4点目のとき…そうですね!
心の底から嬉しそうなバラックやビアホフの表情に、見てるこっちもすごく感動しました!

BR-13様も昨日のハイライトご覧になったんですね!

>ドイツ対アルゼンチンのハイライトの時はホント酷かったですね!

…ですよねi-201
楽しみにして、ビデオまでセットしてたんですが…期待してただけにショックも大きいというか。。

日本のメディアでのこういうパターンは今にはじまったことじゃないとはいえ、アルゼンチン戦でのドイツ代表の戦いぶりが素晴らしかっただけに、あの扱いはさすがに悲しかったですi-241

最後の「オランダ」…っていうのも、まあ日本が戦った相手に優勝してほしい…という気持ちは分からなくはないんですけど、それよりもむしろドイツに優勝してほしくないだけ??…というニュアンスを感じましたi-201

個人レベルでどう思おうと自由ですけど、テレビみたいな公の場面でああいうことを大っぴらに言うのは、ちょっと配慮に欠けるんじゃないか…と思いましたi-201
実際、それを不快に思う人間もいるわけですし…。

次の試合も、結果はどうあれ、メディアの報道には期待できないと思いますけど、最後までがんばってドイツを応援しましょうねi-179

管理者のみに表示