FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

ノリントン・グッズを作ろう☆その2

2007/07/20
手作りノリントン・グッズ第2弾ですキラ

昨日の記事で忙しい…みたいなことを書いといてなんなんですが…絵文字名を入力してください
これじゃあ暇人ですよね…sc06
勉強しろよ…私。

まあ、でも作っちゃったものは仕方ない(?)ので、ここで紹介しときましょう!
手作りノリントン・グッズの第2弾は、前回の記事のコメント欄で予告(?)したように、携帯ストラップですキラ

今回のコンセプトは、ノリントンのイメージ・カラーである紺色を基調に、ロココ風のクラシックな優雅さと海軍の象徴をミックス…というものです。このご大層なコンセプトが実現されてるかどうかは…皆様の判断におまかせします(笑)

まずは材料の写真を…と行きたいところなんですが、実は携帯カメラで撮って保存しておいた写真を消してしまった(←バカ)ので、今回は材料の写真はありません…。

…というわけで、いきなり完成品の画像から。

20070720155649.jpg


紺色リボンのすぐ下の「くるん」となった金具と真ん中の透かし模様の金属パーツあたりが「クラシック」なイメージです。もっとロココっぽいパーツがあればよかったんですけど、売ってるものの中ではこれくらいしか見当たりませんでした…絵文字名を入力してください 真ん中のパーツなんか、ちょっとくどいくらいなので、ロココというよりバロックっぽいかもですね。

それから、一番下の「いかり」型の金属モチーフは、もちろん海軍のイメージです。それと、ビーズは紺色&白&金色という提督軍服カラーで統一してみました。

でも!!今回のノリントン・グッズで一番のこだわりは、上部の紺色リボンですよ!!

このリボン…何を表してると思います?

ノリントンご愛用のヘアー・リボンです(笑)
…ノリントン愛用品は黒いリボンなので、私も黒リボンを使おうかな…と思ったんですが、全体のバランスを考えて、ここはあえて紺色リボンで。

以上が完成品の説明になります。
…どうでしょう?ノリントンらしさは出てるでしょうか?

さて、作り方紹介といきましょう!

(材料)

*完成品の上部から

○携帯ストラップ・パーツ:色は銀古美、1個
○ナスカン:色は銀古美、1個
○丸カン:色は銀古美、小1個
○紺色リボン:サテンっぽいもの、幅5㍉(これより細くても可)、長さは適当
○三連ブレスレット用金属パーツ:色は銀古美、1個(写真では紺色リボンのすぐ下にある丸い穴が3つついた金具です。これは本来太めのブレスレットを作るための金具ですが、私が勝手に転用)
○Tピン:色は銀古美、0.7×30㍉、2本
○9ピン:色は銀古美、0.7×30㍉、2本
○丸小ビーズ:色はゴールド、8個
○スワロフスキー・ビーズ:色はダーク・サファイア、ソロバン型6㍉2個とソロバン型4㍉4個
○チェコ・ビーズ:色はホワイト、4㍉、2個
○透かし模様の金属パーツ:色は銀古美、1個(クラシカルなデザインのものなら何でもOK)
○いかり型金属モチーフ:色は銀古美、1個
○それからやっぱりノリントンへの…(以下略)

(道具など)

○ニッパー
○やっとこ(or丸ペンチ)
○はさみ

用意するものは以上です。

予算はというと…

○携帯ストラップ・パーツ:ビーズ専門ショップで10個290円
○ナスカン:ビーズ専門ショップで10個220円
○丸カン:ビーズ専門ショップでいっぱい入って100円くらい
○紺色リボン:手芸用品店で50センチ105円
○三連ブレスット用金属パーツ:ビーズ専門ショップで2個200円
○Tピン:ビーズ専門ショップで5g100円
○9ピン:ビーズ専門ショップで5g100円
○丸小ビーズ:ビーズ専門ショップで10g95円
○スワロフスキー・ビーズ(ソロバン型6㍉):ビーズ専門ショップで5個60円
○スワロフスキー・ビーズ(ソロバン型4㍉):ビーズ専門ショップで1個5円くらい
○チェコ・ビーズ:ビーズ専門ショップで25個100円くらい(?)
○透かし模様の金属パーツ:ビーズ専門ショップで1個190円くらい
○いかり型金属モチーフ:ビーズ専門ショップで1個170円くらい(?)

道具については前回の記事で書いたので省略します。
使った分の値段だけで計算すると、大体600円弱ってとこでしょうか。

(作り方)

これまた作り方はわりと簡単☆
所要時間は1時間程度。

①Tピンに丸小ビーズ→スワロフスキー6㍉→丸小ビーズの順に1個ずつ通す。これを2つ作る。(完成図のリボンの下の三連パーツの左右にぶらさがってるもの)

②①で作ったもののTピンの先を丸める分だけ残してニッパーでカット。やっとこ(orペンチ)で残した先を丸める。
*初心者の方は、ここの作業をネットやビーズ入門本などで確認されることをおすすめします。

③②で作ったものを三連ブレスレット用金属パーツの左右に装着。(ペンチを使う)

④9ピンにスワロフスキー4㍉→丸小ビーズ→チェコ→丸小ビーズ→スワロフスキー4㍉の順に通す。これを2つ作る。(完成図のリボンの下の三連パーツの中央と透かし模様の金属パーツの下にぶらさがってるもの)

⑤④で作ったものの9ピンの先を丸める分だけ残してニッパーでカット。やっとこ(orペンチ)で残した先を丸める。

⑥⑤で作ったものの1つを三連ブレスレット用金属パーツの中央に装着。もう一方の端は、透かし模様の金属パーツに装着。

⑦⑤で作ったものの残りの1つを透かし模様の金属パーツに装着。このとき、⑥で装着した正反対にくるように。

⑧⑦のもう一方の端は、いかり型金属モチーフに装着。
*この時点で、完成写真のリボンの下の部分が完成。

⑨丸カンを三連ブレスレット用金属パーツの上部の穴とナスカンに通す。

⑩ナスカンを携帯ストラップ・パーツに装着。

⑪丸カンの部分あたりに紺色リボンをリボン結びでつける。

⑫完成!!

文章で作り方を説明すると難しく感じられるかもですが、そんなに難易度の高いものではないです。

…というわけで、私が考えたしょぼいノリントン・グッズではありますが、作りたいという奇特な方はどうぞ挑戦してみてください☆
分からないことなどあれば、どうぞ遠慮なく質問してくださいね~♪


そうそう!
前回のブックマーカーですが…1個ビーズが抜けてた分を作り直して(今度こそ)完成しましたキラ
…ので、最終完成品の画像をここでアップしておきます。
今度は、ブックマーカーとして実際に使ってみた写真です☆

↓本を開いたところ

20070720160010.jpg


↓本を閉じたところ

20070720155930.jpg


こんな感じです♪
丁寧に扱わないと接着剤で貼り付けたビーズがとれそうですが、何とか使い物になるみたい…(笑)
スポンサーサイト



23:14 ジェームズ・ノリントン | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示