FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

フランスのミュージカルと白髪カツラの動画

2012/07/04
これ…一体どのカテゴリに入れようか悩む記事だな。

さて、前にも書いたように、ときどきAmazon.fr(フランスのアマゾン)とかフランスのiTunes Storeでヒットチャートをチェックしたりするのですが。

そしたら、なかなか良い感じの曲を見つけました。

それだけだったら、このタイトルの記事にはならないんだけど。

その曲というのが、「Pour la peine」というタイトルで、「1789: Les amants de la Bastille(1789―バスティーユの恋人たち)」という、この秋パリで公開予定のミュージカルの中の1曲だそうで。
このミュージカルは、TF1なんかも関わってる、かなり大きなプロジェクトみたいです。

タイトルからも分かるように、ミュージカルは、フランス革命期が舞台で、マリー=アントワネットなんかも出てくるような物語。

…あ、いよいよ白髪カツラっぽくなってきましたね。

ちなみに、最近このブログにお越しになった方はご存知ないかもしれませんが、私は無類の18世紀好き、ロココ・ファッション好き(コスプレするという意味ではない、念のため)、白髪くるくるカツラ好きでして。
引かんといてくださいね。

話をもとに戻すと。

それで、18世紀のフランス革命期が舞台のこのミュージカル。

そう言うと、クラシカルなミュージカルをイメージされるかもですが、このミュージカルは、いたって現代的な音楽を使っているようです。
ポップスとかポップ・ロック的な感じでしょうか。

そんなんだから、ミュージカル自体は公開前というのに、楽曲の売り上げが伸びているようです。

ま、それは置いといて。

そのミュージカルのオフィシャルの動画がありまして。

ミュージカルの中で使われる曲にあわせて、プロモ動画が作られてるんです。
実際には、ミュージカルは、映画ではなく舞台のようですが、映画の予告編みたいな感じで。

その動画ですよ、問題は!(笑)

動画を見てみたら、なんと、ノリの良い音楽にあわせて、18世紀の軍服に白髪くるくるカツラ(カール1個)の集団が踊ってる!
しかも、超今風のダンス!!

これは衝撃的です。

まずはご覧あれ。



私の感想は、衝撃的としか言いようがないですが。。
音楽もなかなか悪くないのですが、いかんせん白髪カツラの集団に目が行ってしまい…。

日本白髪カツラ愛好会(笑)メンバーとしては、他の方の感想も聞いてみたいですね。

おまけで、最初にiTunes Storeで聴いて気に入った曲、「Pour la peine」の動画も載せておきます。

こちらも白髪カツラのおにーさんが登場。
しかも、それをとるところも出てきます(笑)



しかし、このミュージカル…観てみたい
スポンサーサイト



14:01 18世紀 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示