FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

綺麗な部屋づくり(3)

2012/10/28
私の部屋のリフォーム後の試行錯誤の記録第3回です

前回、マスキングテープを使ったパネルのリメイクを紹介したので、今回も、マスキングテープつながりでいこうと思います。

私の部屋を片づけるのに、ネックになっていたのが、紙の多さ
紙…というのは、研究で使う資料や、レジュメやなんやら…という、いわゆるコピー用紙の束でございます。

どれだけあったかっていうと、ほんとに信じられないくらいたくさん。

これらが、リフォーム前は、床に置いた紙袋のなかにつっこんであったり、床に置いたバスケットの中につみあげてあったり…と、まさに悲惨な状態。

これを何とかしなければ、いくらリフォームしても部屋は綺麗にならない!…ということで、どうやったら綺麗にすっきり収納できるか、ずいぶん頭を悩ませました。

…といっても、あまりお金はかけられないので、なんとかもともとあった棚を活用しつつ、見た目にもすっきり…と、考えた結果がコレ↓

IMG_1168.jpg

この棚は、もともとあったものです。
カラーボックスとも違うサイズで、この中にぴったり入る収納ボックスもなく、どうしようか…と考えた結果、A4サイズが縦で入るファイルボックスを3個ならべるとちょうどぴったりなことに気づいて、A4ファイルボックスを買いました。

ファイルボックスは、これまでA4が横に入るものをよく使っていたのですが、それだと、この棚でははみでてしまって不格好。
そこで、縦型のものを使ってみることにしました。

縦型は、書類がふにゃんとなるかな…と心配しましたが、ファイルやなんかも一緒に入れてるので、意外と大丈夫。

このファイルボックスは、幅が10センチあるので、この棚だと合計18個おける計算で、結構たくさんの書類が入ります。
上記のコピー用紙以外にも、各種取扱説明書の類なんかもここに収納。
ごちゃごちゃしたものが一切見えないので、見た目すっきりで、心もすっきり。

ちなみに、ファイルボックスは、当初、無印のピリプロピレンのホワイトを買おうと思ってたのですが、1個あたりのお値段が500円以上するので、18個も買おうと思うと、高額になってしまうため、断念。
結局、同じ無印の紙製のファイルボックスを買いました。
こちらは5個組で800円程度だったと思います。

ただ、ポリプロピレンに比べると、紙はやっぱり強度が心配。
底が組み立て式なので、重いものを入れると、底が抜けてしまったりしそうで怖い。
それに、組み立てると、どうしても隅っこや底に小さな隙間ができてしまうので、そこからホコリが入るのもちょっと心配。

…で、考えたのが、ファイルボックスの前面から底にかけて、幅広(幅10cm)のマスキングテープを貼って補強すること。

2012_0902_134535-P1070882.jpg

右がもともとのファイルボックス、左がマスキングテープを貼った状態です。
マスキングテープだけでなく、100円ショップのセリアで売ってるアンティーク風のラベルシールを貼ってみました。
ここに中身を書いておけば、「あれどこに入れたっけ?」ということにもならなくて済むかと。

マスキングテープはちょうど幅10cmなので、このファイルボックスにぴったり。
横からちょっと見える側面は貼ってないので、もともとのクラフト紙の色が見えますが、まあ許容範囲ということで。

マスキングテープを貼ることで、強度もアップするし、見た目にもちょっとグレードアップした感じになって、われながら、なかなか良いアイデアだったかもー

マスキングテープといえば、木目調のマスキングテープも出ていて…。

IMG_1174.jpg

こんなところに貼ってみました。

IMG_1175.jpg

これ、さっきの棚なんですが、実は、ずいぶん前にこれを買ったとき、不良品で、板の1枚の金具の穴が間違ってあって、組み立ててみると、前面の細い部分の化粧板の面とむきだしの面が逆になってしまってたんです

それで、以前は、ダイソーの木目テープを貼ったりしてたんですが、はがれやすくて、結局とってしまってたんです。

…で、今回このマステを貼ってみると…。
色はなんかちょっと明るすぎたけど、むきだしよりはずいぶんよくなりました。
今のところはがれてもこないので、満足しています。
スポンサーサイト



13:05 インテリア&プチ・リフォーム | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示