FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

『ホビット』第2部の邦題決定!

2013/09/06
本日2度目の更新です。

ワーナーさんから発表がありましたが、日本だけ公開が遅い(涙)『ホビット』第2部の邦題がようやく決まったようです。

邦題は、『ホビット―竜に奪われた王国』だそうです。

邦題の決定には、なんとPJも助言したとか。

原題は、『The Hobbit: The Desolation of Smaug(ホビット―スマウグの荒らし場)』だったわけですが、これだと、原作を知らない人には「スマウグって何?」という話だし、「荒らし場」という日本語も分かるような、分からないような…なので、より一般向けの分かりやすいタイトルにしたんですね。

まあ、原題のニュアンスも残しつつ…のタイトルになってるし、第2部ではいよいよエレボールに到着するようなので、いいんじゃないでしょうか。
「奪われた」ってとこで、トーリンたちの悲しみとか悔しさとか憎しみとかが伝わる感じだし。

…で、公開日は、2月28日で正式決定したようです。

あんな大作で、世界的大ヒットしてるのに、日本だけこの混迷っぷり…。
プロモのせいなのか、それとも日本人の洋画離れのせいなのか…。

第3部公開でもまたひどい扱いになってしまわないように、まわりにもせっせと『ホビット』布教をして、第2部の興行成績をあげないと!

スポンサーサイト



15:06 Hobbit DOS | コメント(14) | トラックバック(0)
コメント
No title
せめて「竜の荒らし場」ならなんとか許せますが
このタイトルでは・・・

客は入らんでしょうな・・・

もう、こうなったら「イケメンつかみ取り状態」「女っけナシ」をキャッチコピーにして男祭りを前面に出しましょう。それしかありません。
真正ホモもホモじゃないのも男前な女エルフもすべてそろっています。腐女子大歓迎!
イヌ・クマ・ウサギ・カラス・ワシ、アニマルアイドル総登場♪

そうだ。富士山世界遺産登録記念に「はなれ山」(独立峰)どうし「姉妹山」提携を結んではいかがでしょう?

もう、このさいなんでもありかもしれない。
No title
NEKOさま、こんにちは☆

うーん…難しいところですね。
ま、個人的には、味はないけど、原作を知らない人にとって理解しやすい…という意味では、許容範囲かと思います。

ちょっと子供向けっぽい響きがあるのと、訳文調な(モトの英語がありそうに聞こえる)ところが微妙ですが…。

たぶん「スマウグの荒らし場」よりは一般ウケするんじゃないでしょうか。
個人的には、瀬田訳はすばらしいとは思いますが、「荒らし場」という言葉がどうもピンときません。
「desolation」というどうにもこうにもスマートな日本語にしにくい言葉が難ですね…。

きっとプロモを考えると、これ以上、副題の決定を先延ばしにもできないから、妥当なラインで妥協した…って感じじゃないでしょうか。

とはいえ、タイトルだけでお客さんの入りが決まるわけじゃないですから、むしろ、プロモのやり方が問題なんでしょうね。

特に、今回は第2部で、おまけに第1部を観ないとついていけない類の映画ですから、公開前の第1部とLOTRのTV放映とかに力を入れて、なんとか興味をもってもらうしかないんじゃないでしょうか。

私のまわりでは、LOTRは観たけど、ホビットは観ていない…という人がかなり多いので、潜在的なファンを掘り起こす必要があるんだと思います。

「ホビットおもしろかった?」
「めっちゃおもしろかったよ!」
「ふーん、そうなんや。じゃあ観てみようかな…」
…という会話を一体何人とかわしたことやら…。

『SHERLOCK』コンビ、トーリン&フィーリ&キーリのイケメン・ドワーフトリオ、レゴラス再登場、男性向けの綺麗どころにはタウリエルとガラ様…と、活用できる資源はありあまってるんですからね(笑)
No title
私的には「奪われた王国」でいいんじゃないかと思いますね。
どっちか、です。
この「全部乗せ」感がどうにもダサくて(笑)

「奪われた? だれに?」
「竜だよ。カンバーバッチが演じるんだ」
「へぇ、彼、声優もやるの?」
「違うんだ。彼が竜になるんだよ。モーションキャプチャって知ってる?」
と言う具合に「竜に」がついてない方が引き込みやすいでしょ。

ともあれ、広く浅いプロモがもっとも効果的なのは間違いありません。
地上波放映、直前の限定再上映など、打つ手はさまざまありますね。
No title
NEKOさま、こんにちは☆

なるほど、「奪われた王国」…それもアリですね。
そちらのほうがすっきりしてるし、こちらの想像力を刺激するような気がします。

まあ、原題に「スマウグ」が入っているので、どうしても「竜」がはずせなかったんでしょうね。

昔は、原題と邦題がまったく違う…ということがよくありましたが、最近は、みんなそこそこ英語が分かるからか、それとも単なる手抜きなのか、直訳調やカタカナ表記のタイトルが多いですからね…。
邦題の工夫の余地は狭まってる気がします。
あと、観る側もあまり頭を使わなくなってるのかも…。

プロモに関しては、直前の再上映はぜひやってほしいですね。
DVD発売から日が浅いので、地上波放映は微妙かもしれませんが、プロモ効果を考えると絶対効果はある気がします。
No title
前作のときは、第一部に副題をつけない、という暴挙に出ましたからねぇ(笑)

まぁなんにしても、「思いがけない冒険」をすっとばして第二部を見るのはさすがにきついですし
なんとか工夫してもらいたいものですね。
おさらいサイトを立ち上げる、とかね。
No title
ちなみに、RAはやっぱり川流れのシーンで溺れかけたらしいです
あぶねぇ・・・
No title
NEKOさま、こんにちは☆

そういえば、LOTRの第一部は副題がなかったですね(苦笑)

おさらいサイト、良いかもしれませんね。
第一部を観てないと、「第一部を観てないから、話についていけなさそうだし…」という理由で観に行かない人が多そうですからね…。

>ちなみに、RAはやっぱり川流れのシーンで溺れかけたらしいです

…らしいですね。
樽でのアクション・シーンはやはり結構激しいんでしょうね。
原作みたいに、ただプカプカ浮いてるだけなら、安全だったのに…。

それにしても、LOTRのTTTでは、たしかヴィゴさんが川に流されて危うく死にかけた…という話がありませんでしたっけ?
映画の撮影も命がけですね…。
特に、水の苦手なRAさんには、大変な撮影だったことでしょう。
No title
そうか・・・ヴィゴもだったのか・・・
なにげに危険すぎる現場だったんですねぇ。

9月の声を聴いたことだし、そろそろ新しい情報がほしいところですね。

そういえば、マオリの女性が口元の入れ墨が原因で、日本の観光施設で大浴場への入場を断られたとか。
マオリの方たちにとっては入れ墨は種族の出自などを表す重要なものだそうで、それをやくざの入れ墨と同列に扱ったなら遺憾なことですね。
No title
NEKOさま、こんにちは☆

そうみたいです。
ヴィゴさんの場合は、別に水が苦手…とかいう話は聞かなかったので、ただただ危険な場所で撮影してたようです。

ホビットの新しい情報…そろそろ出てこないですかね。
日本はともかく、他の国は、公開がだんだん近づいてますからね。

入れ墨は、日本ではネガティブなイメージがあって、そっち系の方々と結びつけられますが、ところ変われば文化や習慣も変わりますからね…。
ヨーロッパでは、気軽なファッション感覚でタトゥーを入れる若者も多いですよね。
外国からの観光客が増えるのは良いことですが、そういう文化や習俗の違いにどう対応するのか、これからますます考えていかなければならないんじゃないでしょうか。
No title
第二部予告編のレーティング(今回はPGで、親御さんの監督つきでなら子供も観ていいみたい)が出たようですね。
週明け10/1解禁の可能性が高そうです。
カレンダーのスチルも出たようです。
今回はRAの顔出し多いですが、驚くほどうらぶれた感じの衣装でますます心配が募ります。
ある意味黒ルーカス状態・・・
なんかこっちまで神経をやられそうです・・・
No title
NEKOさま、こんにちは☆

第二部予告編のレーティング出てましたね。
PGなら、妥当なところでしょうか…。

カレンダーのスチル、2枚はビルボの添え物的ポジションでしたが、あとの2枚はトーリンが主役でしたね。
樽のはともかく、樽じゃないほうはなかなか素敵だと思いました。

でも、たしかに衣装はうらぶれた感じですね。
エスガロスに行くまではともかく、エスガロスで準備してもらう衣装もいまひとつなんでしょうかね?
その先も、衣装はあまり期待できなさそうですが、第三部の五軍の戦いでの甲冑姿は期待してるんですが…。

トーリンも、ルーカスと同じく、これから黒トーリン化していきそうなので、覚悟が必要ですね。
でも、ルーカスとは違って、最後は救いがあるのが幸いです…。
No title
まぁ、あれを「救い」とおっしゃっていただけるのは
pukopukoさまならではの深いご理解とトーリン(RA)への愛ゆえですね。
でも、私もほんとにそう思いますよ。
けど、そこに至るまでにどんだけ黒トーリンを見る羽目になるのかと思うとすっかり気が沈みはしますが・・・

ところで、樽のシーンは初めてトーリンの腕がむき出しで見えていますよね。
筋骨隆々のごつい腕でがっつり毛むくじゃらですが、
たしか、メイキングの写真では腕にも「肉じゅばん」がついてたと思います。
あれもやっぱり顔同様特殊メイクなんでしょうかね?
と、そんなことがきになってしまったりするねこなのでした。
No title
NEKOさま、こんにちは☆

トーリン(RA)愛…たしかにそうなんです。
私の場合、原作より映画が先だったので、RAトーリンに贔屓しまくりです(笑)
黒トーリンになっても、何やかんや理由をつけて、無理やり?彼の行動を正当化してしまいそうです…。

いずれにしても黒ルーカスよりはマシですけどね…。
それでも、やっぱり黒トーリンになっていくのを見るのはつらいです。

樽のシーン…(大笑)
NEKOさま、さすがの目のつけどころですね。
そういえば、あのお相撲さんみたいな肉じゅばんは腕もあったんでしたっけ。

少なくともあの毛むくじゃらはきっと後付けですよね、ね?
スマートなルーカスやソーントン氏が、あんなごつい腕に毛むくじゃらだったら…ちょっと笑ってしまいます。
でも、ドワーフだから仕方ないですね(笑)
No title
で、すよねぇ(笑)
ムッキムキの腕にもちょっと惹かれちゃいますが
あれはどうみても「じゅばん」ですわ。
そのメイキング画像では(たしか静止画だったと思いますが)
おなか周りもあんこ詰め放題状態でした。

トレイラーに早くも「黒トーリン」が顔出してますが
その話はトレイラーに関する記事のほうにしますね

管理者のみに表示