FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

ノリントンにまつわるトリビア???

2007/05/23
『パイレーツ~』のメンバーが日本にやってきましたねー!
…スパロウのジャックは来るけど、ダヴェンポートのじゃっくは来ないですねー。キーラもだけど…。


今日は、公開のイブ・イブということで…
ノリントンにまつわるプチ・トリビア(…ってほどのこともないんですけど)をお送りしまーす☆


…ちなみに公開は明後日だけど、私は来週にならないと行けないんですよね…(;_;)
今、オフラインがすっごく忙しくて、時間もお金もないので。あと、ノリントンの運命が不確かなので、様子見もかねてます…。


ノリントン提督&元提督にまつわるプチ・トリビア

…といっても、私が気づいたことをまとめただけですが…(^_^;)



1.ノリントン提督は、自分の剣を作ったのがウィルだということを知っていた。

…『呪われた海賊たち』で、ノリントンの提督への昇進式(?)の際に使った剣、あれがウィル自らが作って総督に届けたものだというのは、たぶん有名な話。そのとき、総督はウィルに「私が褒めていたと親方に伝えてくれ(ウロ覚え)」みたいなことを言いましたよね。これってつまり、総督は、剣の制作者がウィルではなく親方のブラウン氏だと思ってる…ってことですよね?で、ラスト・シーン。ノリントン提督は何て言ったか…。

「実に見事な剣だ。これを作った者は人生にも愛情と真心を注ぐだろう。間違いない」

名ゼリフですよね~(惚れ惚れ…)。…じゃなくて!
これはウィルに対して言ってるわけで、つまり、提督は、剣の制作者がウィルだっていうことを知ってたんですよね?なぜ!?ブラウン氏が飲んだくれだって分かってるから?


2.落ちぶれたあとの髪型に注目~!

…『デッドマンズ・チェスト』で、落ちぶれたノリントン。最初の登場シーンでは、薄汚れてくるくるがとれたカツラ(…の残骸)をかぶってますが、そのあとのシーンでは地毛である褐色の長髪スタイルに。その髪型をよく見ると、黒いリボンで髪を後ろで束ねてるんですよ!もちろん、カツラ時代には、同じような黒いリボンで白い髪を後ろで結んでるわけですが…。落ちぶれてもやっぱり結ぶんですか!リボンで!
毎朝起きて身づくろい(…をしてるのかはギモンな汚れ具合ですが…)をするときに、髪をリボンで結んでるノリントン…なんていう姿を想像(妄想?)してみたり…。提督時代ならともかく、落ちぶれたノリントンには結んでくれる人(付き人みたいなの)もいないだろうし、床屋さんを呼ぶ余裕もないだろうしね…。やっぱり自分で結んでるんですよね?リボンを。



以上、ノリントンにまつわるプチ・トリビアでした~☆
もうちょっとネタはあるんですけど、今日のところはこの辺で…。
スポンサーサイト



23:23 ジェームズ・ノリントン | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
こんにちわ。
いやいやいやいやぁ~ヤバいです!素敵過ぎなブログです!ハイテンションです!

リボンですね!?
私もつい最近気付いたんで、またまた共通な注目所に嬉しくなりましたo(^-^)o
「とうとうカツラを辞めた時点で提督のプライド棄てたか」と思ってたんですが、あのリボンこそが「まだ諦めちゃいないぜ」の証なのではないかと!(笑)
カツラに付いてたリボンをわざわざ外したんでしょうかね?その辺りが激しく気になります!
砂浜で剣を抜いた時のリボンの揺れに熱い志を感じます(笑)

ウィルに言葉を贈るシーン、あのワンシーンだけで提督の人柄全てを表してますよね。
…て、よそ様でこのシーンについて語り出すとブログ乗っ取りになっちゃいそうなんでf^_^;、いつかゆっくり語り合いましょう(笑)

でわでわ。
ニキヤス様、こんにちは~☆

おおっ、リボンに注目してたのは私だけじゃなかったんですね!話が通じて嬉しい…♪
熱い志とはいいですね!リボンを前にかつての栄光を取り戻すことを誓うノリントン…とかいう場面が、今、一瞬頭の中に浮かびましたよ(笑)

ラスト・シーンはほんと、いいですよね~。
私も思い入れがあって、語りだすと長くなりそうです…。
いずれ機会があれば、遠慮なく熱く語ってくださいねー(^o^)

管理者のみに表示