FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

海外ドラマ、ジェーン・オースティンの『説きふせられて』

2013/10/22
せっかくHuluに登録してるので…と思いつつ、最近、オフラインが結構忙しくて、あんまり観られてません。

…が、ようやく1本、イギリスのドラマを観ることができました。

観たのは、ジェーン・オースティン原作の『説きふせられて』。
Huluでは、『説得』のほうの邦題が使われていました。

説きふせられて [DVD]説きふせられて [DVD]
(2013/10/25)
サリー・ホーキンス/ルパート・ペンリー=ジョーンズ

商品詳細を見る


ジェーン・オースティンの作品は、わりと好きなんです。
『高慢と偏見』とか。

この『説きふせられて』も、『高慢と偏見』系の雰囲気の作品でした。
『高慢と偏見』が好きな人だったら、楽しめると思います。

あ、今日はちょっと忙しいので、感想はまたの機会に。

…1つだけ!

このドラマのヒーローは、海軍大佐のフレデリック・ウェントワースという人物なのですが、それを演じているのは、なんとなんと『MI-5(Spooks)』のアダムさんを演じた俳優さんでした!

リチャード・アーミティッジさん演じるルーカス・ノースがフィッシュ&チップスかなんかを食べてべたついた手で握手した、あのアダムさんです。

『MI-5』は、まだシーズン6以前が観られてないので、アダムさんはシーズン7の第1話でちらっと見た程度だったのですが、なかなかのイケメンさんですね(私好みではないのだが…)。

海軍大佐というには、ちょっと華奢な印象がないでもないですが、長身で、身のこなしが美しいです。
コートの裾揺れも良し!

あと、主人公のアンのいとこ、ウィリアム・エリオットを演じていたのは、これまた『MI-5』で悲劇の内相を演じていた俳優さんでした。
いわくありげで裏がありそうな笑顔が印象に残ってたので、すぐに思い出しましたよ(笑)

最近、イギリスのドラマをよく観るので、なんだか顔なじみ?の英国俳優さんが増えてきたな…。

…ってことで、詳しい感想はいずれまた!

スポンサーサイト



18:33 海外ドラマ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示