FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

『MI-5(Spooks)』で覚えた英単語

2014/08/15
ずっと以前、このブログで、映画で覚えた英単語を紹介する…って企画をやりはじめて、何回か書いたあと放置しているのを覚えている方がいらっしゃるかどうか。

…で、何年かぶりに番外編?ってことで、今、絶賛鑑賞中のドラマ『MI-5 英国機密諜報部(Spooks)』で覚えた単語をつらつらと紹介したいと思います。

これ↓は、今観ているシーズン7。


Mi-5: Volume 7 [DVD] [Import]Mi-5: Volume 7 [DVD] [Import]
(2010/01/26)
Peter Firth、Hugh Simon 他

商品詳細を見る


リチャードさん演じるルーカスが登場するシーズン7-9のうち、シーズン7が一番好きかも。

昨日は、ルーカスが銀行家のフリをする回だったけど、(よく考えたら着こなしが難しかろう)赤ネクタイ×ピンストライプのスーツがお似合いで
ルーカスは、基本的にはネクタイをしないので、貴重な回よね。

普段はノータイだけど、お決まりファッションの濃い色のシャツとか、黒っぽいコートとか、ルーカスのファッションセンスは私好み
おまけにそれがリチャードさんに似合いすぎるほど似合ってるから、RAファンには美味しすぎるドラマです。

顔のアップも多いけど、全身が映るショットも好きなんですよね。
リチャードさんは、脚がびっくりするほど長くてスタイルが良いし、何よりも姿勢が良くて、立ち姿や歩き方が美しい。
やっぱり舞台経験のおかげなんですかね?

リチャードさんの出演作のうち、実際に観たことがあるものは少ないのですが、観てない作品の画面キャプチャなどを見ても、リチャードさんの美しさという点では、このドラマがダントツかなぁ…と思ったり。

…あ、話がそれてる。

映単語の話にもどります。

もともと、この企画のコンセプトは、何度も出てくるから知らず知らずのうちに覚えたはいいけど、一体いつ使うねんという、イマイチ役に立たない英単語を紹介することでしたが、今回も、もちろんそれは踏襲(笑)

あと、何となく記憶に残った単語を思いだしながら書くのであって、ドラマを観ながらメモったりはしてないので、思いついたものだけ書いていきます~。

その1 spook (n.)

何を隠そう(?)、このドラマの原題は「Spooks」。

もともとは、「幽霊」とか「亡霊」とかいう意味だそうですが、転じて「スパイ」という意味で使われているようです。
辞書を引いてみると、特にアメリカ英語で使われるそうですが、このドラマで普通に使われてるってことは、イギリスでもわりと使うってことなのかな。

ドラマ中でも、しばしば「お前、スパイか!」とかいうようなシチュエーションで、「spy」ではなくこの「spook」という単語が使われています。

「spook」という単語が幽霊とか亡霊とかいうところから来てるのは意味深というか、それがタイトルになっているのは、このドラマの底流に感じられる、国家のために時には汚れ仕事にも手を染め、時には自分の命を犠牲にすらして働くスパイたちだけど、いくら彼らが国家の危機を救っても、存在しないものとしてあつかわれる…というテーマ(…でもないけど)を思わせるタイトルだなぁ…と。

その2 mole (n.)

これまたドラマ中で、何度も何度も出てくる単語。
本来は、「モグラ」の意味ですが、仲間内に潜む裏切り者、密告者などを指すのに使われています。

ちなみに、Huluの字幕では、そのまま「モグラ」と書かれています。

…使う機会がなさそうな単語その2でした(笑)

その3 detonator (n.)

最近、シーズン6と7を観ていて、やたらと耳にするので覚えてしまった単語です。
意味は、「起爆装置」。

自爆テロや爆弾テロが出てくる回で、爆弾が見つかったあと、爆弾を解除する場面なんかでよく使われています。
手動、遠隔、タイマーなど、いろんな形式があるそうで…。。

この単語は、セクションDの技術屋さん、マルコムが発してるのをよく聞く気が。

…一生、身近で聞きたくない単語です

その4 Whitehall (n.)

ドラマ中、何度も何度も出てくる固有名詞。
本来は、ロンドン中心部にある通りの名前だそうですが、そこが官庁街であることから、イギリス政府を指す言葉として用いられているとか。
日本で言う、「霞が関」みたいなもんかな。

「ダウニング・ストリート(=首相府)」とかは聞いたことがあったけど、イギリスのことはよく知らないので、「ホワイトホール」というのは、このドラマで初めて知りました。

ドラマでは、しばしばこのホワイトホールの内務省が登場。

同じ固有名詞シリーズでは、MI-5の本部がある「テムズハウス」も頻繁に登場。

…というか、私、リチャードさん好きとか、ダヴェンさん好きとか、BLAKE好きとか言いながら、ホントにイギリス情報に疎くて、ロンドンの地理もさっぱりなんだけど、ドラマをきっかけにちょっと興味をもちました。

いつかロンドンに行く機会があったら、ロケ地めぐりとかしてみたいなぁ。
でも、テムズハウスの前で写真撮ったりしてたら、怪しまれるのかな…

その5 negative (adj.)

いわゆる「ネガティブ」ですが、ドラマの中で、しばしば「No.」に代わる返事として「Negative.」というのが登場していて、こういう風に使うことがあるんだ、へぇ~…と思いました。

もともとは軍隊か何かで使われてたみたいですが、それ以外でも使うようです。
「No.」よりもはっきり否定する必要がある場面で使ってる印象。

その6 頭字語シリーズ

ドラマを観ていて思うのは、長ったらしい単語のイニシャルだけとった言葉が結構たくさん出てくるなぁ…ということ。
この手の表現は、何となく知識としては知ってるんだけど、実際、耳で聞くと、あらためて確認した気分になるというか、「おおっ!ほんまに言うてるわ」となぜだか感心。

いくつもあるけど、1番よく聞くのは、やっぱり「PM=Prime Minister(首相)」かな。
PMがああした、こうした…ってよく出てきます。

あと、逆に「MP=Member of Parliament(国会議員)」もよく出てくる気が。
それから、「DG=Director General(長官)」も、ハリーがよく言ってますね。

ちょっとびっくりしたのは、どの回だったか、ハリーのセリフで「ASAP=as soon as possible(できるだけ早く)」と言ってたこと。
あんまり英語のこと知らないんで、これって手紙とかで使う表現かと思ってたら、口語でも言うんですね。

それにしても、こんなふうにアルファベットばっかりで喋られると、もはや暗号みたい(笑)

その7 お役所シリーズ

上に、ホワイトホールのことは書きましたが、お役所の呼び方、大臣の呼び方なんかも、へぇ~…っと思いながら観ています。

たとえば、「the Foreign Office(外務省)」。
こういう表現って、国によって違うんですね。
日本やフランスの外務省は、英語表記だと「the Ministry of Foreign Affairs」のように呼ぶはず。

おなじ「Office」といえば、内務省も「the Home Office」と呼ばれています。
内務大臣は「the Home Secretary」で、「Minister」とは呼ばれないみたい。

***

…と、なんだか物騒な単語や、縁のなさそうな単語ばっかり覚えてしまいました(汗)

使う機会は…なさそうです。

他にもあると思うんですけど、今のところ思いだせるのはこんなもんかな。
また、思いだしたら続編書くかもしれません~。

スポンサーサイト



13:25 映単語 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示