FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

Les Stentorsの新譜の予約受付開始

2014/09/16
締切前でオフラインが忙しくなると、ブログの更新頻度があがる…(苦笑)
こういうのを、現実逃避というんですね(←解説してる場合か!)

さて、日替わり更新で、今日は、Les Stentorsの話題。

このあいだニューアルバム発売が発表された彼らですが、いよいよ詳細情報が明らかになってきました。

iTunes Storeではすでに予約が始まっていて、全曲試聴もできます♪
あ、日本のiTunes StoreもOKです。

収録曲はこちら↓

1. Vois sur ton chemin
2. Les moulins de mon cœur
3. Une histoire d'amour
4. Tous les visages de l'amour
5. Paris en colère
6. La ballade des jeux interdits
7. Exodus
8. La complainte de la butte
9. Qu'est-ce qu'on attend pour être heureux ?
10. Nous voyageons de ville en ville
11. Un homme et une femme
12. I want to spend my lifetime loving you


タイトルだけ見ると、6(禁じられた遊び)と11(男と女)くらいしか知らんわ…と思ったのですが、試聴してみたら、意外と知ってる曲が入ってました。

タイトルがフランス語になっちゃってるのでピンとこなかったんですが、3は「ある愛の詩」、4は「シー」でした。
「シー」は、IL DIVOやBLAKEも歌ってる、あの「シー」です、念のため。
エルヴィス・コステロのカバーが有名ですが、もと歌はアズナヴールなので、そっちバージョンの歌詞&タイトルのようです。

今回は、『Rendez-vous au cinéma(映画館で会いましょう)』というタイトルで、映画音楽ばかりを集めたコンセプト・アルバム。
…といっても、見た感じ+聴いてみた感じ、やっぱり往年の音楽が中心のようです。

一応、どの映画の曲か、調べてみました。
ざっくり調べただけで間違ってるかもしれないので、参考までに。

1. 『コーラス』
2. 『華麗なる賭け』
3. 『ある愛の詩』
4. 『ノッティングヒルの恋人』
5. 『パリは燃えているか』
6. 『禁じられた遊び』
7. 『栄光への脱出』
8. 『フレンチ・カンカン』
9. 『Feux de Joie』?
10. 『ロシュフォールの恋人たち』
11. 『男と女』
12. 『マスク・オブ・ゾロ』

わりと新しい映画は、『コーラス』と『ゾロ』くらいですね。
Les Stentorsは、どっちかっていうと懐メロを歌うことが多いので、往年の名曲系が多いのは仕方ないか…。

今までのアルバムでは、フランスの歌というのにこだわってきた感がある彼らですが、今回は、必ずしもフランスの曲に限定していないのが新鮮かな。

新鮮といえば、「I want to spend my lifetime loving you」は、英語で歌っててびっくりしました。
これまでLes Stentorsは、ブルトン語やコルシカ語では歌ってたけど、英語ってのは初めて。

どういう心境の変化?…っていうか、この選曲を見てると、どうしてこの曲が選ばれたのか、すごく謎なんですが…。
往年の名曲系が多いなかで、『マスク・オブ・ゾロ』ってなんだかマニアックな感じがするんだけど、そうでもないのかな?

英語も悪くはないけど、「Un homme et une femme」なんかを試聴してたら、やっぱり彼らにはフランス語が合ってるな…と思うのでした(笑)


Les Stentors - Vois Sur Ton Chemin (extrait) 投稿者 purecharts

スポンサーサイト
14:06 その他クラシカル・クロスオーバー | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。