07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

BLAKEのクリスマス・アルバムが届きました!

2015/12/06
またまたお久しぶりの更新です。

さて、Twitterではすでに書きましたが、11月末は、BLAKEの新しいアルバム『A Classic Christmas』の発売日でした♪



タイトルのとおり、BLAKE初のクリスマス・アルバムです

私は、いつものように、彼らがアルバム制作&プロモ資金調達のために利用しているPledge Musicを通じて、サイン入りのCDを注文していたのですが、先日、無事に届きました~↓

CU1MVUHVAAEspST.jpg

オレンジ色のトーンといい、なんだか30~40年前のカホリがするジャケ写ですが…(笑)

Pledge Musicでは、サイン入りCD以外にもいろんなプレミアグッズや権利がお手頃価格で出されていて、前回は、私もサイン入りバースデーカードを注文したのですが。
今回、メンバーからのビデオメッセージを注文しようかな…と思っていたのですが、旅行に行ったりして金欠だったため、サイン入りCDのみを注文しました。

それにしても、『Start Over』以来、BLAKEのサイン入りグッズが着実に増えている…(笑)
でも、アーティストを応援してる…って実感できるところが、このPledgeのシステムの良いところですよね。

***

さて、このアルバム『A Classic Chirstmas』についてですが。
クリスマス・ソングって、親しみやすい曲が多いので、すでに脳内再生できるほど記憶に残ってる(笑)

ちなみに、収録曲はこちら↓

1. The Christmas Song (Chestnuts Roasting on an Open Fire)
2. Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!
3. Christmas Time is Here
4. Frosty the Snowman
5. Have Yourself A Merry Little Christmas
6. It's Beginning to Look a Lot Like Christmas
7. Little Saint Nick
8. Walking in the Air
9. In the Bleak Midwinter
10. O Holy Night
11. I'll be Home for Christmas
12. Back in Your Arms (For Christmas)
13. Silent Night


「ザ・クリスマス・ソング」や「きよしこの夜」のような定番曲も入っていますが、私は3分の2くらいが知らない曲でした。
ちなみに、3は、スヌーピーの曲なんだとか

IL DIVOも以前にクリスマス・アルバムをリリースしていますが、「O Holy Night」と「Silent Night」以外はかぶってません。

選曲がいかにもBLAKEらしいな…という感じで、アップテンポでノリの良いポップス調の楽しい曲(2、4、6、7)もあれば、ムードたっぷりに情感を込めて歌うスローテンポの曲(1、3、5、11)もあり、さらには教会の神聖な空気を感じさせる美しいハーモニーのアカペラで歌うキャロル(9、13)があるかと思えば、オペラのように朗々と歌いあげる曲(10)もあり…。

BLAKEの場合、これまでもそうでしたが、1枚のアルバムの中に「これ、ほんとに、1つのグループが歌ってるの?」と首をかしげたくなるほど、歌い方や発声、スタイルのバラエティに富んだ曲が収録されていて、彼らの歌唱力と器用さに驚かされっぱなしです。
それでいて、美しいハーモニーという彼らのアイデンティティが、すべての曲に共通してるんですよね。

いや、ほんとこの選曲、BLAKEじゃないとできないですよ。

さて、今回のアルバムの目玉の1つは、デイム・シャーリー・バッシーとデュエットした「ザ・クリスマス・ソング」。
複数のジェームズ・ボンド映画の主題歌を歌い、「デイム」の称号をもつ伝説的歌手とのデュエットということで、BLAKEのメンバーもさすがに興奮気味(笑)

「デイム・シャーリー」は御年78歳だそうですが、それをまったく感じさせないパワフルな歌声で、BLAKEのハーモニーとも相性ばっちり。
MVが公開されているので、ぜひとも聴いてみてください↓



***

『A Classis Christmas』というタイトルのように、わりと往年の曲のカバーが中心のこのアルバム。
古臭く感じるかな…と思いましたが、クリスマス・ソングって、妙に新しいよりもむしろちょっとレトロで昔懐かしいような曲のほうがしっくりくるみたいで、全然大丈夫でした。
BLAKEの先のアルバム『In Harmony』も良かったけど、むしろ個人的には今回のほうがより気に入ってさっそくヘビロテしてます。
…クリスマス・ソングばっかりなので、1年中聴くにはちょっと…というのが残念ですけど(笑)

収録曲すべてについて語るつもりはありませんが、このアルバムの中で私が特に好きな曲について少し。

このアルバムの中で、私が特に気に入った曲は、「Walking in the Air」「Back in Your Arms (For Christmas)」の2曲。
あと、「The Christmas Song」も好きだし、スティーヴンさんが可愛らしい「Frosty the Snowman」も気に入ってます。
…いや、どれも好きなんですけどね(笑)

ま、ここではとりあえず上の2曲について書きたいと思います。

まず、「Walking in the Air」

これ、イギリスのTVアニメ『スノーマン』の挿入歌として有名だそうで、私は知らなかったんですけど、母が知ってました。

どこか物悲しいような雰囲気のとても美しい曲で、中心的にソロを務めるハンフリーさんの澄んだピュアな歌声が曲の雰囲気を盛りあげています(ハンフリーさんといえば、最近、子守唄のソロアルバムをリリースしたそう)
さらに、バックコーラスを務めるスティーヴンさんとオリーさんの重層的なハーモニーがまた美しい…!

BLAKEといえば、やっぱりハーモニー。
そんなBLAKEの魅力をひときわ輝かせてくれている一曲だと思います。

それから、「Back in Your Arms (For Christmas)」

この曲は、このアルバムで唯一、カバー曲ではなく、オリジナルです。
しかも、BLAKEのメンバー3人も曲作りに参加したということで、そっちの才能も感じさせてくれる一曲になっています。

故郷を離れて暮らす人たちのことを思って作ったというこの曲、わりと往年の雰囲気の曲揃いのアルバムの中にあって、この曲は、モダンな中に懐かしさのあるメロディで、クラシカルクロスオーバーというよりは、ウエストライフみたいな爽やかなポップスをイメージさせます。
メンバー3人それぞれの良さを活かしたソロもあって、とても素敵な仕上がりになっています。

***

ほんとに素敵なアルバムなので、ぜひぜひ皆さまも手にとってみてくださいませ~^^


スポンサーサイト
19:04 BLAKE | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。